2018年12月16日

東南アジアサッカー選手権大会ベトナムがマレーシアに勝ちましたね編

ここ最近ベトナムサッカーの実力は上がってきており今回は10年ぶりの優勝になりベトナム国内は大騒ぎで週末が終わりましたわ。
秀さんが尊敬するマハティールさんが首相をつとめるマレーシアは負けてしまいました。
ベトナムの健闘を称えるべきですね。おめでとうございます!

サッカーだけでなく経済も順調なベトナム今後大きく成長して行くことでしょうねぇ。
18年近くこの国の変遷を見て来た秀さんですが、ここ数年は高層ビルが立ち並び、場所によってはトップクラスの先進国かと見間違えてしまいそうです。若く勢いのある国は良いですねぇ、誰もが今日よりは明日、今年より来年が良くなると信じている国はエネルギーが充満しています。
日本から見たらうらやましい限りですわ。へい

一方、マレーシアですがマハティールのお爺ちゃんが今年92歳でマレーシアの首相に返り咲いたのには驚きましたわ。
元開業医から政治家に転身した方で「立ち上れ日本人」などの書籍も出している大の親日家ですわ。
シンガポールのリークアンユー氏がグローバリストなのと対照的に反グローバリストです。

日本に見習えの・・・「ルック・イースト」政策は有名ですね。。マレーシアが見習ったのは、米欧ではなく日本の近代化です。マハティール氏がここ長い間うつむきがちな日本人に対して、いつも賞賛と励ましを忘れない方ですわ。
首相返り咲き後一番最初に訪問した国は日本です。

1990年にその日本を核にして、EAEG(東アジア経済グループ)構想を打ち出す。日中韓にASEANなどアジア諸国が協力するもので「マハティール構想」と呼ばれた政策ですがしかし、盟主に担ぎ出されようとした肝心の日本が二の足を踏む(アメリカ怖さ?ですね、情けない!)。アジア諸国だけで経済圏が創設されることに、ベイカー米国務長官らが反対し、日本に参加を見合わせるよう圧力をかけて没になってしましました。

はぁ、独立国ではない日本の不甲斐なさは今も変わりませんわ・・・ったく!

1997年タイを震源地(タイバーツ暴落)とするアジア通貨危機(ユダヤ金融資本連中が仕掛けた!)はフィリピン、インドネシア、マレーシア、韓国の五カ国に伝染した。そのなかで、各国が変動相場制に移行するなかで、マレーシアだけは固定制に復帰する。その旗を振ったのがマハティール首相です。1998年、資本取引規制を導入し、管理フロート制から、1ドル=3.8リンギットで固定制に逆戻りさせる。合わせて、国際通貨基金(IMF)の要求とは正反対の財政出動と金利引き下げで経済を刺激して立て直したのである。

このように見てみるとこの人は反ユダヤ金融資本の人でもあります。

サッカーは娯楽ですので楽しめば良いだけですが、フランスを代表するようにEUは反ロスチャイルド暴動で混沌としておりますねぇ。

日本のお札を刷っている日本銀行ですがジャスダックに上場はおかしくね? ということは再々述べていますが、下記日本銀行の紋章はロスチャイルド家の紋章によく似ていますねぇ。調べて見てください。
日銀紋章.jpg
幕末&明治維新もロスチャイルドの息がかかっていたことは歴史から明らかです。ロスチャイルドの子飼いはマセソン、そのマセソン商会に席を置いていたのが幕末長崎の武器商人グラバーですわ。クラバー商会を通じて坂本竜馬は武器を仕入れ、長州ファイブまたはマセソンファイフと言われる5人(伊藤博文(総理大臣)、遠藤謹助(造幣局局長)、井上馨(外務大臣)、井上勝(鉄道庁長官)、山尾庸三(法制局長官)はマセソンを通じてイギリス留学。日本に中央銀行を設立した松方正義は、フランスのロスチャイルド家に見込まれて日本に中央銀行設立案をたずさえて帰国し、後に権力の中枢についた人物でです。

まぁ、救いは日銀は株式会社ではなく日銀法によって設立された行政庁の認可法人です。出資総額は1億円で、日銀法では政府の出資は5500万円を下回ってはならないと決められ、残りの45%は民間からの出資ですが出資者名簿はなぜか非公開ですわ。まぁ、過半数以上を国が持っているだけ日本はまだましかもね!

アメリカはFRBがドル紙幣を刷っていますが連邦 (Federal)という語があることから、連邦政府系の機関であると思うでしょうがFRBの株式は民間金融機関が所有しており、連邦議会による監査などは一切行われていないのですわ。

民間企業がお札を刷って何の監査もチェックも受けない・・・・彼らはこれを独立した機関だと言い張っています。トランプのオッチャンはこのFRBが私にとって最大の脅威だと言っています。

トランプが今続いているアメリカの内戦?に勝利すれば民間企業のFRBは解体され過去、ケネディ大統領が大統領令で合衆国紙幣を財務省に発行させたアメリカ政府発行の財務省証券(新しいUSドル)が出てくるのではないかと秀さんは思っておりますぞぃ。

まぁ、リンカーンやケネディのように暗殺されなければ・・・ですがね。


おいおい、今日もまたまた脱線してしまいました。

それじゃ、本日はこの辺で










 
posted by 秀さん at 18:02| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

ベトナムはサッカー騒ぎフランスは黄色いベスト騒ぎ日本は・・・?編

グローバリズムで何も良くならなかった生活は貧困化し日々の生活もままならないわ、 大企業富裕層だけにメリットがある政策はもういい加減にせんかい! とフランスの民衆が黄色のベストを着用してマクロン(ロスチャイルド銀行財閥のパペット)に連日の抗議行動ですね。

ちなみにこの黄色いベスト作業服には意味があるのですわ。
アルゼン・ブエノスアイレスで開かれるた要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席するためにフランスのマクロン大統領が28日夜(日本時間29日午前)、現地の空港に到着した。仏政府専用機を降りると、アルゼンのミケティ副大統領が待ち受けるはずだったのに、出迎える要人の姿はなかった空港で出迎えなく困惑…とりあえず近くにいた黄色いベストの空港作業員と次々に握手したことから派生したことだと思いますよ。連絡ミスとの報道ですが・・・・一国の、ましてや大国のフランス大統領の出迎えなしは通常では考えられないのでこれは意図的な何か裏があると考えた方が良いでしょうねぇ。世界の覇権体制が大きく動き出している証拠ではないかとアホの秀さんは邪推していますぞぃ。

一方ベトナムでは東南アジアサッカーの決勝でマレーシアと試合があり昨晩はベトナムが途中まで勝っており最終的には引き分けでも大騒ぎ。15日もう一戦ありますがもっと大騒ぎでしょうねぇ。
腐敗著しい共産主義の国ですもん、サッカー試合にかこつけてどんちゃん騒ぎで日頃のうっぷんを晴らす若者、いや馬鹿者が大勢繰り出してもよかろうもん といった感じでしょうかねぇ。

ひるがえって我が国日本では・・・・水道事業民営化法案を強行採決、種子法、移民法と日本の財産を棄損する売国奴政権に対して何の抗議行動もない体たらく・・・というか奴隷になるべく自ら進んで行進している羊の群れ・・・日本ですわ。
フランスでは右翼も左翼も一緒に抗議行動しており国民全体の意思なのですがね。

今、世界の権力構造が大きく変化しています。
マケインに続いてパパ・ブッシュの死・・・これは単なる死ではなく大きな流れの中で考えなければならないのですが割愛します。
日産のゴーンのいきなりの逮捕、カナダで中国財閥のHuaweiのCFOが逮捕された事件、サウジアラビアの資金で調子こいていたソフトバンクの通信障害事件(Huaweiと協業している)など世界の裏権力闘争として俯瞰してみればよく分かるのですが、大手メディアは一切報道はしませんねぇ。
まぁ、連中も仲間ですので仕方がないのですが、これからの1年は世界情勢が大きく変化することは間違いないでしょう。

てなことを書いたところで何が変わるわけでもなく・・・という秀さんのような考え方の人間が大半なので今の貧富の格差拡大した現状があるのですがね。消費税が10%に上がったら日本はさらに貧困層が増加して若い世代の将来は夢も希望もない世界となりますぞ。
まぁ、日本国民のおとなしい性格はいよいよ土壇場にならないと、または死ななきゃわからないのでしょうねぇ。残念ながら・・・・

12月も1/3が過ぎました。来年は様々なことが大きく変化する年だと思います。
個人的には来年も変わり映えしない貧乏生活が続くでしょうが・・・戦後から続いた体制、いや日本だけでなく世界の統治システムの大きなバラダイムシフトが起きる年だと秀さんが考えております。また、楽しみにしております。



posted by 秀さん at 09:44| ハノイ ☁| Comment(3) | ベトナムで政治・経済雑感編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

第113回(2018年忘年会)ホーチミン品友会開催のお知らせ編

恒例の月1回のホーチミン品友会です。
何をやるかって?  へい、単なる食事会です。

最近は一般の方には陰謀論とか都市伝説と呼ばれるブログ記事をあえてアップして来ました。
我々人間は常識や一般論といったものにとらわれており中々自己の基準から逸脱した出来事や事実を認めたくないという面があります。
自己防衛なのか未知なものに対する不安なのか・・・
世の中の常識なんて過去の歴史を見ればコロコロと変わっているのが実態なのですが、今を生きるのに忙しくこういったことに対して深く掘り下げはしません。

あんた暇だねぇ と言われても事実ですので反論はしません。
我々は日々仕事があり生活があるもん、時間に追われ金儲けに忙しく自分や家族、せいぜい地域社会のことくらいは考えるがより大きなことに対しては無関心ですわ。その無関心が今の現状を生み出しているのかも?

何世紀にわたり、これだけ文明が発達したにもかかわらず一向に飢餓や貧困がなくならず戦争ばかりしている人類って何よ?
仮に宇宙人に言われたらどう答えるのでしょうか?

あんた誰よ? というか驚愕して大砲やミサイルをぶっ放すのでしょうか・・・
過去アメリカの大統領が宇宙人に言及しているビデオなど日本では放映されたことがありません。
もうそろそろ我々日本人も井の中の蛙からより大きな世界に目を向ける時だと思うのですが・・・
まぁ、アホな爺さんの世迷いごとと言われても仕方がないのを承知であえて今回の品友会でこういった話題を取り上げたいと思っております。
少なくとも911に関してはそう遠くないうちに事実が暴露、判明することでしょう。

さて、今年最後の品友会の案内です。



第113回(2018年忘年会)ホーチミン品友会開催のお知らせ

日時 2018年12月8日(土) 午後7時〜

場所 肴や(ATEYA) 50 Mê Linh, Phường 19, Q. Bình Thạnh (37 Phạm Viết Chánhのコンビニ(ミニストップの直ぐ近く)
電話 0125 200 4323

予算 40万ドン前後を予定

12月7日(金)午前中くらいまでにご参加の可否をブログ下にあるコメント欄にお書き頂くか または ymt@yhk.com.vn(秀さん)まで
ご連絡をお願いいたします。

初参加の方も大歓迎です。
皆さまのご参加をお願い申し上げます。

posted by 秀さん at 07:49| ハノイ ☀| Comment(5) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

追記:911の連邦大陪審請願が受理された&前回はabove majesticの紹介でしたが今回はステーィブン・グリア博士のプロジェクトの紹介です編

追記:
9/11調査弁護士委員会が出した911の連邦大陪審請願に対してニューヨーク南部地域の連邦検事局からの法規的に処理をするとの
回答があったそうです。やっと911の闇が暴かれる時が来たのかと思うと感無量ですわ。
いずれアメリカのメィデアでも大騒ぎになると思います。楽しみです。




UFO ディスクロージャー・プロジェクトというビデオですが登場人物は秀さんのようなアホは一切登場していないですわ。
その道の権威または政府機関の高位のレベルの方々ばかりです。
もうそろそろ今まで隠され洗脳されて来た事実から本当の真実に目覚める時代に入ったと思います。
亡き父が良く言ってきた言葉・・・

天網恢恢疎にして漏らさず・・・
良いことも悪いこともお天道さまはすべてお見通しである。

ではご覧くださいな!



posted by 秀さん at 20:49| ハノイ ☀| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

12月になりましたねぇ編

あっという間に今年も師走の月を迎えるようになりました。
11月には会社事務所の移転もありバタバタしておりブログの投稿も2回だけという体たらく・・・
もうね、自分でも呆れるほどの怠慢さ、やる気の無さに部屋の隅ですすり泣いております。へい 嘘ですが・

60を超えてからの1年の経つ早さにはアインシュタインのおちゃんも年寄りには別次元の時空が存在するのかと・・・
天国で悩んでいるのではないかとアホが勝手な想像をしております。

愚息夫婦&2人の孫も大病もせずここまで家族一同皆健康で過ごせたことに感謝しております。

雨季も終わり乾季の季節になりました。これから数ヶ月は涼しくなります。
まぁ、日本のように、女将さん 湯豆腐に熱燗一本! という訳にはいきませんがベトナムの1年で一番過ごしやすい良い季節になります。

複雑怪奇な世界情勢や嘘にまみれた政治経済のことなんかすっかり忘れてこの良き季節を楽しみたいと思っております。

思えば・・・日本にはもう1年半ほど帰っておりませんわ。
両親が他界してからは一族の紐帯というか集まる要のようなものが無くなり定期的に兄弟姉妹が集まることもほとんど無くなってしまいました。
さみしいことですが甥っ子や姪っ子もそれぞれ仕事につき自分のことで精一杯なので歳こいた叔父さんがたまに帰省してもおいそれとは時間が取れないのではなかと思いますぞぃ。
そうやって世代交代が進んで行くのですね。

永遠の命は誰も叶いませんので生まれ成長し家族を養い歳をとり棺桶に入る・・・
太古の昔から繰り返されて来たことですわ。
肉体がこの世から消えても魂は永遠だと秀さんは思っている変な人なので過去に亡くなられた秀さんファミリーのご先祖の面々が生暖かく見守ってくれていると考えると心強くなります。
まぁ、ご先祖様の中には秀さんのように出来の悪い方々もおられたのではないかと思いますぞぃ。
綿々と切れ間なく続いたDNAの連鎖によって秀さん家族の今があるのだと思うと生命の不思議さと欠けることなく続いたご先祖さまの努力に
頭が下がると同時に・・・・男女ともやることはやられて精力的にも頑張ったんだなぁ〜 と思う不謹慎でアホな秀さんですわ。

現代社会は目に見えるもの至上主義みたいなところがあり目に見えないものに対しては冷淡というか存在そのものを否定する傾向がありますねぇ。決してそうではないと秀さんは確信しています。
これらのことも近い将来科学的に証明されるような気がしてなりません。


ほいほい、またまた駄文を書いてしました。
ま、今年も残り1ケ月・・・泣いても笑っても金持ちにも貧乏人にも平等にお正月はやって来ますので気持ちを楽にあまり悩んだりしないで
のほほん といきまひょ、へへい〜

本日はこのへんでまた次回まで!




posted by 秀さん at 18:13| ハノイ ☔| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村