2017年09月24日

慎ましい生活でも幸せな日々編

今日は久しぶりに親子で1区の日本食レストランに繰り出そうか!
ということでタイバンルーンの時津洋というちゃんこと寿司の店に行きました。
まずまずのお味でした。

下の孫の孝君はお手伝いさんとお留守番だったのですが・・・
お手伝いさん曰く、ず〜と泣きっぱなしだったとのこと。
生後9ヶ月の赤ん坊でも一人にされたのが分かるのがすごいというか驚きです。
遠い異国の地で親子3代にわたって暮らせることだけでも幸せと思っております。
昔の破産を経験していなかったら今のように親子3代で暮らすことはなかったでしょう。
神様は試練と引き換えに代わりのものを用意してくれました。
出来ることなら亡き妻にもこの幸せを味あわせてあげたいのですが無理な話ですね。

人間の一生には様々なことがありますがなぜか帳尻が合うというかよく出来たものです。
金は無くても家族と共に暮らせる喜びがある。
孫のマー君が母親に叱られた時には 爺ちゃん 爺ちゃんと言って秀さんの部屋に遊びに来てくれる
心底可愛いと思う孫バカの秀さんです。

食事から帰ったら下の孫が泣き止み笑顔になった・・・
こんな些細なことに今は幸せを感じております。
こういう生活が出来るのも息子の嫁が一緒に住もうと声をかけてくれたからです。
有り難いことです。
愚息も良い嫁をもらって果報者ですわ。
あと欲を言わせて頂ければ家族全員の健康を願うばかりです。

久々のブログがお前の幸せ自慢かい!

と言われても はい、そうですとお返ししておきます。

最後に賢者の皆さまのご健康もあわせてお祈りいたします。

有難うございます。


posted by 秀さん at 01:37| ハノイ ☀| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

品友会に久しぶりの寅さん出現編

今回の品友会は4名と非常に少なかったのですが・・・
何と懐かしい寅さんご夫婦?が飛び入り参加で驚き桃の木山椒の木でごわした。

IMG_1596.JPG

かれこれ7年ぶりでしょうかねぇ。
様々な話に旧交を温めましたぞぃ。
御歳78歳になるというのに新大久保でまた新しい事業を始めると聞いて2度驚きましたよ。
散々ご苦労したようですが淡々と語る姿はやっぱ、寅さんは寅さんそのままでごわした。

朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや・・・

長く会を続けて良かったと思う一場面でした。

また、来月もどうぞ宜しくお願い致します。


posted by 秀さん at 15:36| ハノイ ☁| Comment(2) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

第98回ホーチミン品友会開催のご案内

9月もいつものごとくホーチミン品友会を開催です。
これまたいつものごとく何の役にもたたない食事会ですがそこはご勘弁頂いて
是非皆さまのご参加をお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

第98回ホーチミン品友会開催のご案内

日時 2017年9月9日(土) 午後7時〜

場所 和食 花水木 15A5Le Tan Ton Dist.1(スカイガーデンの前)

予算 35万ドン前後を予定

9月8日(金)午前中までにご参加の可否をブログ下にあるコメント欄にお書き下さるようお願いいたします。

以上宜しくお願い申し上げます。

posted by 秀さん at 16:48| ハノイ ☀| Comment(3) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

松山英樹残念無念の予選落ちゴルフ編

年間王者を決めるフェデックスカップ ランク1位で進出したプレーオフ初戦ザ・ノーザントラスト2日目まさかの予選落ちにはあまりびっくりしなかった秀さんです。
回る相手が松山キラーの異名を持つジャスティン・トーマスとジョーダン・スピース。2人共いかにもアメリカアメリカした若手選手、松山君には嫌な組合わせなのでひょっとしたらと・・・思っていたらいやはやそのとおりになってしまいやした。
結局ジョーダン・スピースが冗談でなくプレーオフ初戦トップの12アンダーで9月に行われる最終戦 優勝賞金11億円を手にする可能性が大きくなりました。

それにしても優勝賞金11億円には驚きです。アメリカのスポーツ業界の大きさを実感させられます。へい

秀さんが思うに・・・
ゴルフ界でも強心臓と言われるのさすがの松山君でも苦手な相手ジャスティントーマスに加えこの若さでアウェーのアメリカで一番の優勝候補と言われて臨んだ試合はメンタル的にしんどかったのではないかと思いますぞぃ。最終戦に巻き返しを期待したいものです。

ゴルフは観ている内は面白いのですが・・・
実際にコースに出てみると秀さん場合、100は上出来、ヘタしなくても110台、ヘタこくと120台も出てしまう秀さんですのでゴルフの難しさはよ〜く分かっております。
しかし何十年もゴルフやっていてよくもここまで上達しないものだと自分でも呆れております。

今度こそ息子から真剣に習う、練習も欠かさずに行く 上達するぞ! と誓った決意は・・・

情けないかないつの間にやら生ビールの底に沈んでしまったようです。
この持続力のなさが秀さん流というかベトナム風土に合わせた生き方かもね! へい
まぁ、根性無しの極みのような秀さんの軟弱な決意どす。

しかし・・・
日本にいる時は90台で回ることは別段珍しくもなかったのですがね! ここベトナムでは年に1〜2回しか90台は出ておりません。

それは何故、なぜ・・・?

はぁ、要はベトナムはコース自体が難しい&青ティ(後ろの地点から回る)で回るせいでしょうよきっと。
日本にいる時は秀さんのようなヘタくそは白ティ(前の地点から回る)が基本でしたがベトナムでは誰もかれもが後ろの青ティから回るので当然距離が長くなります。飛距離の出ない秀さんにとっては青ティと白ティの違いはメチャ大きいのであります。
日本だと秀さんの力量では青ティはキャディさんからNG出される可能性大でごわす。
その点、ベトナムはヘタ上手に関わらず殆どの人が青ティから回るので来越当初は驚いておりましたよ。
ゴルフは一人で戦うスポーツですが他人様にご迷惑をかけないという暗黙のルールがあります。
ヘタくそが青ティなんかで回ると後ろの組に迷惑をかける恐れがあるので進行が遅くなってはいけないという他のプレイヤーを思いやる心が必要です。

ベトナム及びベトナム人が他人を思いやる・・・?
なんてことは日頃の行いを見て分かるように土台無理な話ですね。
だから・・・皆さん力量に関係なく青ティから回るのでしょうかねぇ?

おっと、ゴルフをされない方にはどうでもよい話ですね。

まぁ、楽しめれば良いだけの秀さんゴルフですので今後も上達することはないでしょう、きっと!
将来、孫も含め親子3代でゴルフが出来れば超ハッピーですね。
健康に留意して長生きしまひょ へい

では、本日はこの辺で



posted by 秀さん at 09:11| ハノイ | Comment(0) | ホーチミンでゴルフ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

なるべく癇癪を起こさないように気を付けているのですがね編

歳もとしなので出来るだけ癇癪や怒りの感情を抑えるようにと努力はしているのですが・・・
はぁ〜・・・ここはベトナムですもん精神修行するには厳しい環境でごわす。

というのも約1週間ほど前から税務署さんがご挨拶にやって来ておりまして5年前の経理処理についてお調べをしておりましたがどこにも不備やごまかしはない。
問題有馬温泉ですので では、これで失礼しま〜す。さようならお元気で!

ってなことにならないのがここベトナ〜む でごわす。
何も問題がないのが問題かもね?
長い間5人で担当しましたのでお一人様〇百万ドン×5人で〇千万ドンでどうでっか 大将?
と・・・意味不明のご説明でごわした。
どうするか思案することもなく喜んでご寄付をさせて頂きますのでご安心下さい。
と言いたいところですが秀さんも人の子でごわす
血管がピクピクしながらこのいわれのない仕打ちに地球のマントルのような激熱の感情が抑えきれずに
もう、こんな国は☓☓になってしまえと大声を張り上げた次第ですわ

まぁ、最近は日本も他の国のことを言えた義理ではないのですがね
仮に突っぱねたところで後々のことを考えると江戸時代の農民のようにお上に逆らっちゃならねえぞ、留三よう
お代官様のどんなあくどい要求にもへいへい唯々諾々と従うのがワシら百姓の習いじゃ我慢するのじゃ、よいか・・・・

そう言っても おとう・・・このままじゃ銀シャリは一生食えないとしても麦やヒエやアワも食えない
水飲んで生きろっていうのかい おとう・・・

・・・・・

百姓とはそうして地べたを這いつくばって生きていくのが定めの民じゃ
増してわしらは異国の民じゃ 逆らうてもどうにもならん 辛抱するのじゃ 辛抱じゃ 
わしらのように学もねぇコネもねえだだ地べた掘り返すしか脳のない人間じゃが
きっとお天道さまはわしらの生き様はお見通しじゃ
我慢が肝心じゃ  留三
あの世ではきっと極楽浄土がまっていると思うて頑張るのじゃ 我慢が大事じゃ生きていきたければのぅ

・・・・

おとう、おら悔しくてくやしくてならねぇだよ
こんな国に毎年お江戸の幕府から1千億両単位のODAってどういうことだよ! ったく
おらあ、もう死にたくなっただよ おとう・・・・

まあまあ、そう短気を起こすでねぇ!
こんな時にゃ こんなコントでも見て気を紛らわすのじゃ 笑う門には福来たるじゃ 



ってことで世界では超有名な がまるちょば のパフォーマンスで心慰めております。

ま、明日大金拾うかも? と楽天主義で生きていくしかないっす この国ではね!








posted by 秀さん at 22:25| ハノイ 🌁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村