2015年12月31日

この1年お世話になりました。来年の品友会は1月 9日(土)開催です編

はい、皆さまこの1年お世話になりました。
本日で今年も終わるわけですが、皆さまにとんな1年だったでしょうか?
人それぞれでしょうが明日からは新しい年が明けます。
良い思い出だけ持ち越して悪い思いは置いていきましょうね。

来年の品友会は1月9日(土)にいつものように花水木さんで19時より開催です。
お時間のある方は是非ご参加をお願い致します。

今年1年の感謝を皆さまに申し上げるとともに
皆さまの来年のご多幸をお祈りしております。

来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

有難うございました。


posted by 秀さん at 08:49| ハノイ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「婚活居酒屋 相席屋」って・・・編

今年最後の記事がこれかよ! って言わないで下さいまし〜。

自分でもこんな店が日本には出来ているのかと思うと複雑な気持ちです。

昔々テレフォン喫茶なるものがありましたが、何かなぁ 男性の複雑な心理を弄んでいるようなシステムでしたわ。まぁ、今の若い方はご存じないかも知れませんのでググッて見て下さい。

さて、少子高齢化に加え晩婚化が進んでいる現在の日本、秀さんの時代とは違い30代40代&50代でも独身の方が多いと聞きます。ベトナムとは大違いですね。
まぁ、ベトナムもホーチミンやハノイといった大都市では婚期も田舎に比べると遅いようですが、それでも日本のようなことはないですね。

このようになった原因はいったい何なんでしょうかねぇ?

結婚に夢が持てなくなった?

縁が無い、いや間違い 円がない?

独身でいる方が何かと気楽と考える人が増えた?

まぁ、様々な原因が考えられるのでしょうが・・・

結婚なんて損得勘定で考えたら出来ないですわ。若い男女が好いた惚れたの勢いでやるものかも知れませんねぇ。年こいてくるとあれこれ考えてしまい、自分の持っているリソースと相手の持っているそれとを比較検討してしまうことにより打算的な考えが結婚を邪魔して悩んでしまう。そういった方々が増えたせいかもね?

アホの秀さんの場合は・・・
俺、お前のこと好いちょるけ、将来俺が嫁さんにもらちゃるけのぅ と・・・相手の気持ちを確かめもせず
強引に口説いた中学生時代、最初は????だったおかあちゃん・・・も
終いには根負けして秀さんのお嫁さんになってしまいやした。
少々強引でもかまわず口説き落とす根性と持続力が男には必要なんです! とアホの爺がボケたことをほざいております。へい、スミマセン!

さて、この「婚活居酒屋 相席屋」なるものとは何でしょう?
ある記事を読んでいたらその内容をレポートしている記事がありましたので勝手に転載ですわ。

題して、アラフォー婚活女子が「婚活居酒屋 相席屋」に行ってみた です。

以下転載・・・・・・・・・・・・

アラフォー婚活女子が「婚活居酒屋 相席屋」に行ってみた

こんにちは、さとちゃんです。

最近、えらい勢いで店舗数を増やしている(フランチャイズみたいですね)婚活居酒屋「相席屋」。

「相席屋にタダメシ目的で来ている、愛想の悪い女マジむかつく!」的な憤り男性客のブログをよくお見かけするので、あまり良いイメージを持てない相席屋。

最近、上京したての大食い貧乏女子学生が出禁になったという噂も聞く相席屋。

いくら私がこれから婚活サロンを始めるとはいえ、相席屋に潜入調査する勇気は無いわ〜と思っていたところ、勇者な友人(独身43歳女)からメッセージが。

43歳独女
相席屋に行って来たよ〜
さとちゃん
へ?まじで?

今日はそんな勇者による「43歳独女の相席屋体験レポート」をお届け!

決して冷やかしの取材などではない、リアルな独身アラフォー女性の【相席屋潜入レポート】が読めるのはさとちゃんブログだけ!!

スポンサーリンク

aisekiya1.jpg


まずは事前知識を入れておこう!

興味はあれど、参加しないと見えてこない「相席屋」独特の基本システムを押さえておこう。
相席屋基本ルール

@男性も女性もひとりでの入店はNG。2名以上で行かないと入れてもらえない。

A女子は飲み食いタダ!(だから貧乏上京女学生が棲息)

B専用アプリをインストールすると、各店舗の「混雑状況」「男女比率」をチェックできる。

C女性が先に席に通されて飲み食いしているあいだに、店員に連れられてきた男性が向いの席に座る。

さあさあ、基本はOKでしょうか?

では、勇者のレポートをどうぞ。

スポンサーリンク
43歳独身女性Kちゃんの体験レポート
40女でも楽しめる?相席屋

行ってきました、相席屋!

知人の50代男性に聞いた話では「30代前半の女子が席について、話が盛り上がって面白かった!」ということだったので、どんなものかと興味があったの。

基本、女性は無料で食べ放題、飲み放題だから、
懐も痛まないし、とりあえず行ってみるかと39歳の女性を誘って行って来た!

第一希望は、赤坂のR30のお店。
(食べ物も他よりはちょっとだけ高い。ゆえに、食べ放題じゃない)
でも日曜日は営業していなかったので、仕方なく新宿東口店へ。
店員に絶句される

店内に入ってみると、全体席数の3割ほどにすでに女性客が通されている。
男性客は、まだほとんどいない。

入口で店員に年齢を聞かれ、ツレが馬鹿正直に答えたら、ちょっと絶句された。
おい、サバ読もうって言っておいたじゃないか。そのために若作りしてきたんだから!

「全然大丈夫ですよ!見えませんしね〜!」
という店員さんの優しくも苦しいフォローとともに、入店。

見渡す限り、20代(しかも20代前半)ばかり。
・・・明らかに場違い。
黙々と無言で食べ続ける若い女

とりあえず、席に通されたあとは生中を頼んで、ビュッフェでごしらえ。
激しく美味しくないフードで腹を満たし、2杯目からは自分でドリンクを作りつつ、周囲を観察。

ほとんどの女性は、合コン仕様の綺麗めな格好だけれど、「単に食べにきてるだけと思われる適当な格好」「話す気などまるでなし」の女性が1〜2割いる。
となりのテーブルがそんな感じの女性二人組で、テーブルにつく男性が会話に困っていた。男性が何度交代しても事態は変わらず、沈黙しつつ黙々と食べてる彼女たち。

女性客は17時開店から入ってくるけれど、男性はだいたい19時くらいから入ってくる様子。男性の客層もやっぱり20代。

私たちが帰る頃(20時前)には、男性が外にズラっと並んでいて、入店待ちになっていた。
相席屋なのに相席成立せず!

結論:周りの20代女性席に男性客が次々と案内されていくなか、私たちの席に男性客が案内されることは遂になかった……。

「お客様……すみません、2時間制なので、そろそろ……」と、追い出されました!!(ぎゃふん)

2時間、誰も席に着かないと帰らされるらしい。(強制退場)
そろそろ帰ろうと思ってたからいいけど〜、失敗した感満載。

もう行くことなないでしょう。。。

R40店があればまた行ってもいいけど!
さとちゃん
行くのかよ


まとめ:っていうか質問!質問!!(さとちゃん)

さとちゃん
そのR20とかR30とか、リクルートの無料情報誌みたいなのはなに?年齢?
43歳独女
そう、年代!ラウンド30!

※注)R30と付いているお店は、30代以上を対象としているそうです。今回、Kちゃんが行ったのは無謀にもR30ではない店。

さとちゃん
相席させる相手決めが「店員の采配次第」なのだとしたら、アラフォー席に男性が来なかったのは、店員が男性客に気遣ってということ?
43歳独女
男性の年代を見て勝手に判断してるんじゃない?20代の男性にアラフォー女性はマッチングさせないんだと思う。ほんとに若い男しかいなかったから。

さとちゃん
20代男性は「食べることに夢中でこちらを見もしない感じの悪い20代ピッチピチ」と「誰とでも愛想よく楽しくお喋りできる40女」のどちらがいいんだろう?究極の選択・・・?
43歳独女
ウチらのほうがいいに決まってるじゃん!

さとちゃん
そ、そうだよね・・・



さあ、世の男子に広く問いたい。あなたならどちらを選ぶか。

A:食べることに夢中でこちらを見もしない、感じの悪い20代ピッチピチ♪と過ごす30分

B:誰とでも愛想よく楽しくお喋りできる・・・40女と過ごす30分

C:どちらも無理!


尚、「40オーバーで相席屋行くっていうのが痛すぎる・・・」という、至極真っ当なご意見は受け付けません。
そんなことは、本人も重々承知しております(たぶん)。




以上転載終了っと!

それにしても今の日本・・・アホ爺の秀さんには理解できない?新業態のお店が出来ております。
こんなアイデアを考えた奴は頭が良いのでしょうが・・・
何故か賛同できない昔気質の秀さんですわ。

おっと! 秀さんも考えてみました。

「夢よ再び バツイチ屋」 ってどうよ!

離婚、死別などが原因でバツイチになった者限定で・・・・愚痴をたらたら言いながら飯を食う。

ふむぅ、 誰も入らないか! 

それじゃ次案としてこれは・・・・
「金持ちブサ面爺いとお金大好き娘のための居酒屋」

日本はともかくベトナムでは大当たりかもね?

へい、もうやめておきますね。
スミマセンでした。

秀さんの会社は明日の午前中までお仕事です。

それでは、賢者の皆さま、良いお年をお過ごし下さいませ〜
来年もどうぞこのアホブログを宜しくお願い申し上げます!


posted by 秀さん at 04:45| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村