2016年07月31日

ベトナムの良いところ編

もう7月もあと1日で8月が顔をのぞかせております。
意識しようがしまいが刻々と時間は過ぎて行きますねぇ、

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也・・・

とかの松尾芭蕉の奥の細道の書き出しは有名ですね。
元禄時代、世の中が安定して江戸庶民文化の全盛期に出現した俳壇界の巨匠の言葉です
学生時代は なんにも感じなかったのですがこの歳になってみると芭蕉の文学的な偉大さが理解できるようになりました。

さて、昨日はヤクザな事務員さんの11才になる娘さんの誕生会にお声がかかりましてね
参加させて頂いたのでありますが、総勢40名位でしょうか
昼の部は子供たちだけ、夕方の部は大人の部と2部構成の誕生会でした。

ベトナムは子供だけではなく大人の誕生日にも多くの人を招いて誕生のお祝い会を開催します。
何かにつけて人々が集まって親睦を深める行事が日本よりは格段に多い国ですわ。
このような会食に関しては皆、無礼講というか年齢の違いや身分の上下、貧富の差など関係なく和気藹々と
食事をとりお酒を酌み交わすざっくばらんな風習は良いものですねぇ
日本人とは多少違いオンとオフの使い分けがうまいベトナム人らしさが現れていて秀さんこのようなところがベトナムの良さのひとつだと思っております。
とにかく何かにつけて人が集まり和気藹々と歓談し親睦を深めるベトナムの風習は良いですね。

へい、いつものように少々お酒を飲み過ぎましてね
家に帰ると孫のマー君がくりくり坊主の元気な顔をのぞかせていましてね
酒臭い顔を近づけて思わず頬ずりをしてしまいやした。
最近は言葉も増えて、秀さんの顔を見ると じいちゃん じいちゃん と言ってもらえるようになりまして
可愛さ100倍の秀さんでごわす。

今年の12月には2人目の孫が誕生する予定です。
これまた男の子の孫確定です。

二人の孫が成人するまで生きておられるのか否かは神様次第ですが秀さんが両親から受けた愛情に負けないくらい可愛がってやりたいと思う孫バカぶりはもうどうしようもありません。
賢者の皆さま、どうかお許しを!

ということで本日のあほブログは終了です。

皆さま、良い週末をお過ごし下さいね!



posted by 秀さん at 04:55| ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム風習編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

最近はブログ更新も月に5〜6回に減りました編

今までの投稿数を管理画面で見てみたら1,483回と出来ていた。
1/3くらいは転載記事かもしれないので自分の考えで書いたものは1,000くらいかも?です。
まぁ、それでも良くも書くことがあったものですわ。

軽いメモ代わりのつもりで書き始めたこのあほブログも最近では爺孫ブログと言うか、こまごました家庭内の出来事を書き綴るだけで有益なベトナム情報のひとつも書いておりません。
ここベトナムでの生活は、日本に暮らしておられる方には想像も出来ないことが日常茶飯事に起きるお国柄ですが、当初5〜6年間は日越の様々な違いについて書いていたものですが、ベトナム生活も10年を軽く超えてくると慣れてしまって何事にも驚かなくなってしまっている自分に驚くのでありやす。

いまだに信頼していた者に裏切られるようなことが再々起こっているのですが、そんなマイナスなことをブログで書いたところで楽しいはずもなく敢えて書かないようにしております。

昔はベトナムの悪いところを悔しさのあまりぐちぐちと書いておりましたわ。

よくよく考えると、そんじゃ あんたは何でそんな所に長い間住んでいるの? なんて言われると返事に窮してしまいますね。

何度も言いますが、別段ベトナム政府やホーチミン市から 秀さん 是非、是非ベトナムに来て下さいと懇願された訳でもなく、社命で赴任して来ている駐在員でもないので自分の勝手な目論見? 運命? 日本に帰っても仕事が無い?

などなど理由を考えると様々ありますが・・・・
結論としては、日本に今更一人帰ったところで寂しい老人の独り身生活が待っているだけですわ。
奥さんをなくしてから人一倍寂しがり屋になった秀さんには 今更独り身の日本での生活は無理でごわす。

少なくともベトナムにいる限りは、今にも潰れそうな会社ではありますが何とか毎月最低限のおまんまを食べるだけの糧は確保できておりますし、可愛いマー君や義娘、会社のスタッフさん達らと楽しく語らうことも出来ます。義娘の両親より秀さんの方が5〜6歳は年齢は上ですので、ベトナムの良い所というか、年長者にはそれなりの敬意を払ってくれる有難いお国柄ですので親戚との仲も良く居心地は決して悪くはありません。

昨晩は、秀さん急にエビチリが食べたくなり義娘に生エビを買ってくるようにお願いして・・・
二人して作ってはみたのですが・・・
結果は、ゴルフレッスンから帰宅した愚息から100%ダメ出しされてしまいましてね、義娘と二人無言で目を見合わせてしまいましたよ。
ったく 此奴め!・・・と一瞬思いはしたのですが、愚息の言うとおり味の方はいまイチというか落第点なので二人して無言で耐え忍びましたよ。へい

喜んだのは飼猫のチーですわ。こやつは生エビの皮を取る音だけで好物の生エビの存在を嗅ぎつけましてね、すっ飛んで来て流し台の高さまで背伸びして催促の嵐でしたわ。

はぁ〜 またまた小市民的などうでも良いようなことを書いてしまいましたね。
どうか・・お許し下さいな。

明日からまた通常の生活が始まります。
気負わずダレず、無理せず張り切って、良い塩梅に流して参りましょう!

へい、本日はこれにて終了っと!

おやすみなさい。












posted by 秀さん at 02:50| ハノイ | Comment(1) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

ブンメトートの葬儀から戻って来ました編

ベトナムの航空会社の定番、遅延すること1時間遅れのフライトで義娘の祖父の葬儀からホーチミン市に戻ってまいりました。

地方ですので埋葬は土葬でしたわ。
いわゆる老衰による自然死ですが、年齢も87歳ということなのでベトナムの基準から言えば大往生だと思います。大勢の孫に囲まれての葬儀に天国の祖父も喜んでいることでしょう。

帰宅後、深夜のマンションのドアを開けるとお化けが・・・
じゃなくて、餌やりをせずに出かけたので元捨て猫のチーが余程お腹が空いていたのでしょう、飛び出して
来ましたわ。チーも孫のマー君が産まれるまでは家族の皆からまめに可愛がってもらっておりましたが現在では存在を完全に無視されておりまして少しかわいそうになりましたわ。
家のソファを爪でゴリゴリするので愚息からめちゃ怒られて最近では秀さんの部屋に避難していることが多いチーですがこの猫は子猫の時から躾が出来ておりまして大小便も必ずトイレに行って用をたします。

まだオシメが取れないマー君とチーの2ショットの写真です。

IMG_1063.JPG

義娘とマー君は金曜日にホーチミンに戻るとのこと・・・
野郎2人では晩ご飯を作るのも面倒で結局は冷凍していた残り物のカレーをチンして済ましましたわ。

はぁ〜 殺風景なもんじゃのう と義娘と孫の帰りを待ちわびる野郎2人でごわす。

ということで本日のブログは終了っと

皆さま、明日も元気に良い一日を!


posted by 秀さん at 05:07| ハノイ | Comment(4) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

第84回(7周年)品友会終了のご報告編

へい、7周年記念の品友会12名のご参加を頂き無事終了いたしました。
おかげさまで楽しい時間を過ごすことが出来ました。
ご参加頂いた皆さま、どうも有難うございました。

次回は8月13日(土)のお盆の時に開催になりますが
お暇な方はご参加のほど宜しくお願い致します。

さて、ご挨拶も終了したところで何を書こうかと考えるのですが
過去、散々ベトナム生活のことを書いてきたのでもうこれといって書くことは無いのが実情です。
最近のベトナム情勢に関しては他の大勢のブロガーさん達が日々多くの記事を書いていることですしね!
品友会でも、秀さん、最近は孫の話ばかりですねぇ、ブログのトーンが変わりましたね 何て
ことを言われてしまいやした。
まぁ、海外で暮らすボケ爺の世迷い言みたいなブログですので、決して人さまのお役に立てる内容ではなく
時々に感じたことを落書きするみたいな感じで日々書いている次第ですわ。

改めてベトナム生活を振り返ってみますと
何でこんなに長い期間あたいはベトナムで暮らしているの? と自分でも不思議に思います。
まぁ、考えて見ればええ年こいた耄碌爺ですので日本で良い就職先があるわけでもなく
絶世の美女が どうか! 秀さん一緒になって下さい! てな夢物語みたいなことが起こるわけでもなく
仮に日本に居たとしたら年金暮らしの独居老人しか残された道はありゃしませんわ。

縁あって愚息夫婦家族と同居させてもらい、日々食事を作ってもらい、
2才の孫の成長を日々観察できることだけでも幸せなことですわ。
過去には秀さんにも様々な不幸なことがここベトナムで起こりました。
何故にもっと慎重に物事を考えなかったのか? と反省することも多々ありましたが
人間様は過ぎてしまった過去へは戻れない定めですのでウジウジと昔のことを考えても
詮なきことですので、どんな嫌な出来事も辛いことも、これも人生の肥やしかも?
と無理にでも?思うようにしております。

いや、やはり悔しかばい!

いったいどっちやねん! と批判があろうかと思いますが・・・・
そう簡単に達観出来ないから秀さんのような凡夫は悩み多き人生を歩むのであります。

本日は中部のブンメトートに行かなければなりません。
義娘の母方の祖父が老衰により亡くなられたのでその葬儀に参席するために2日間ほどホーチミンを離れます。

生あるものは必ず死を迎え、また新しい生命が誕生し成長し老いて死ぬ その永遠の繰り返しが人間様の定めではありますが永久のお別れはやはり寂しいものです。

死期を迎えた時にこころの中に去来するものは何でしょうかねぇ?
ワシの人生は色々あったが結果としては満足だったわ! といえるような生き方をしたいものです。

え! お前には無理だって・・・

そう思われても返す言葉がない秀さんですが、残り少ない人生ですので
これからは出来るだけ自分の魂を汚さない生き方を心がけたい・・・

と思うばかりの嘘つき爺の戯れ言ブログはこれでおしまいどす!

皆さま、良い週末をお過ごし下さいな!


posted by 秀さん at 07:49| ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

晩ご飯は鯖の塩焼き、ほうれん草のごま油あえ、味噌汁、ぬか漬け編

なんじゃい! とお怒りになららいで下さいな。へい

本日の晩ご飯でごわす。えらい質素な晩ご飯とお思いでしょうが、一週間の断食終了後ヘルシーで控えめなおかずを義娘にお願いした結果ですわ。
昨晩は、刺し身に野菜の炒めものに味噌汁、漬物、食後は果物でしたわ。
何と! 奇跡的にここ一週間アルコールは飲んでおりません。

直行直帰、アルコール無し、ヘルシーな食事、孫との会話・・・はまだ無理なのでお遊びで1日が暮れております。

皆さん、どう思われますぅ? なことたぁ〜 どうでも良い って言われますか?
へい、そりゃそうですね。

はい、話を戻しまして・・・
ここ1〜2週間程で外出型人間から家型人間へ秀さんは変身してしまいましたわ。
もう歳も歳ですので衰えた体力に鞭打って頑張ることもなかろうよ と世捨爺みたいなことをほざいております。

思えば働き盛りだった30代40代では考えられなかったような何の変哲もない生活ですわ。ったく!

でもね、家族と過ごす何気ない1日、1日がとても幸せなのですわ。

日本全国、時には海外、24時間ビジネス漬けの生活が当たり前というか仕事の出来る男の証じゃい!
なんて当時密かに思っておりましたわ。その激務を軽減するためには高給ホテルに宿泊し、飛行機はビジネスクラスやグリーン車が当たり前だ と・・・息巻いていた若い時代の考え方を今思うと・・・

へい、アホですわ。

そこには家族との会話なんて物理的に無理、金銭的なゆとりはありましたが。精神的なゆとりは皆無、
家にいても仕事のことをどこかで考えており、日頃の罪滅ぼしで家族を年に1、2回は海外旅行に連れては行きましたが自分自身は義務感の方が大きく心から楽しんでいたのかどうかは不明。
人間調子の良い時ばかり無く、20年ほど前に立て続けに妻と父が病死、残されたのは会話の少ない愚息と痴呆の母、その後ある事件を契機に無職無一文になり実家で半年間の引きこもり生活・・・
ある方のご縁で就職、ベンチャー企業設立に参画、再度の転職、赴任先のホーチミンでいきなりの失職事件、心底砕けそうになった時に縁ある方の助けで再スタート、発展的解消、再度の立ち上がり、ベトナム人に騙され失意の底でのたうち回りながらも意地を片手によろけ立ち・・・ベトナム人スタッフの助けを借りながら未だに下半身はぷるぷると震えながらもギリギリの生活は何とかキープ出来ているから人生って不思議ですわ。

秀さん、金は無くても人間何としてもでも行きて生ける! 

と・・・アホな経験を人さまより少しばかり積んだおかげか変な自信があるのですわ。
食えないのではなく食えなくなるという不安が人を惑わすのでごわす。
心配&不安に押し潰されること無く食&職を得るために必死こいて動きまわってさえおれば結果、何とかなるもんですわ。
まして、ここベトナムは日本とは違い生活にかかる費用は格段に安いのですから

はて? 話がいつものように脱線してしまいましたね。

人の生き方は人それぞれ、どんな生き方をするかはその人次第
先の見えない時代だと言われておりますが、何時の時代でも人間の営みは同じ
人生苦もありゃ楽もある ん?  水戸黄門の歌ですがな

そんじゃこの歌を最後に本日の支離滅裂のブログは終了どす! へへぃ

人生楽ありゃ苦もあるさ
涙の後には虹も出る
歩いてゆくんだしっかりと
自分の道をふみしめて

人生勇気が必要だ
くじけりゃ誰かが先に行く
あとから来たのに追い越され
泣くのがいやならさあ歩け

人生涙と笑顔あり
そんなに悪くはないもんだ
なんにもしないで生きるより
何かを求めて生きようよ

人生一つの物なのさ
後には戻れぬものなのさ
明日の日の出をいつの日も
目指して行こう顔上げて


posted by 秀さん at 01:18| ハノイ ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ベトナム生き方編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

やはり大愚さんは面白いわ編

そのまんま、転載のみです。


今起こっていることは  

大規模な西欧文明の福祉概念の放棄です

銀行もいきづまっているように見えますが

債務というものは、ドンと机に包丁を突き立てて

取れるものならとってみろ

と脅して取ればいのです。

つまり金の回収とは武力のことです。

暴力団と町の金融が合体しているのは武力が必要なだけで、極めて合理的。

銀行が暴力団と(表では)くっついていないのは、警察や裁判所、すなわち国家武力とくっついているから。合法的手段では回収困難と見ると、債権を暴力団に叩き売るのです。


いま銀行の中の銀行であるFRBは戒厳令と大量逮捕という、机の上の包丁突き立てをするタイミングを狙っている。

債務帳消しで逆らうやつはあの世行きか刑務所行き。刑務所にいれると食わせないといけないから、たぶん、大量虐殺。

アイゼンハワーはドイツ兵300万人を餓死させた功績で大統領になったそうだが、

今度はトランプがそれをするのか?


で、労働者に払ったお金を循環させて、需要を喚起しようと福祉社会という概念を作ったのですが

老化した庶民はもらうばかりで働けなくなった。

消費喚起のために、お金を循環させていたものが

循環させても溜めこむばかりとなった。原因は長寿恐怖

老後のために100歳がかねを溜めこむ社会になった。

あおりを食ったのがわかもので

株主となった老人は配当で食っているので若者から奪い取るばかり

日本も、たぶん、アメリカも欧州も老齢化と長寿化が生命の循環を狂わせている。

死んでもらわねばならないのは老人たちだが

老人が金も権力も握ってる、金を離さない、医療資源を独占する、

ということで、子育ては極度に困難になって

人口が減る

これが行き着いて、じじばばが早めに死滅すれば

人類は再生するかもしれない。

(いま医療で一番儲かっているのは白内障手術と人工関節手術と不妊クリニックだ。じじばばは必ず白内障になり、ばばあはかなりの効率で大腿骨頸部骨折を起こす。貧乏で若いうちに子供が作らない男女は高齢出産が必要で、老化した卵子を叩き出して、人工授精する)

*********

早めに再生させる

きっかけは大戦争、経済崩壊、大災害、天変地異、太陽の異変だろう。


ロシア崩壊はその実験だったかもしれない。

あの時もしがみついた老人福祉国家になって全く回らなくなっていたソビエトが、自由経済の荒波(実態はギャング)の中に老人が粛清されて

廃墟の中からプーチンが不死鳥のように舞い上がって、民族が生き返った。

人類は行き詰まると、直観で行動を変えて、何か本能的な動きをしているように見えるのである。

いま日本経済はビッグクランチ、ブラックホールになっている。

全てを冷凍保存して、「100歳の老後」のために溜め込んでいる

この極限状況をつくったものこそ

国民皆保険という人類の夢である

本当は医療費の老人負担を50%にして、若者負担を0%にすべきだが

実態は全く逆で、補助金と給料天引きを考えると

若者が50%負担で、老人が0%どころか生保という名前で長生き補助金を出している。マイナス負担。

で、人類の直観はなにを選んでいるかというと

福祉概念の大規模な放棄である。

弱肉強食の回復である。

ヒラリーもトランプも(たぶん習近平も)両方とも弱肉強食の徒である。

世界の指導者では一人プーチンだけが社会システム破壊の歴史の悲惨を乗り越えて、福祉概念を再生堅持しているのである。

だから世界の指導力がかれに集中しているのだ。

つまり一回り、世界歴史の現実を早く経験したわけだ

次は日本の番だ。。。。。。
posted by 秀さん at 10:53| ハノイ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

第84回ホーチミン品友会開催のご案内

気持ちも身体もボテボテしていたらあっという間に7月ですわ。
秀さんの身体も日頃の不摂生がたたり肥満に加え身体のあちこちが痛みましてね、
こりゃぁ イカンぜよということで・・・
よし、1年ぶりに断食するぞ!と決意を決め3日前から1日水以外は摂らない断食を実践しているのでございます。過去に何度も実践しているので殊更身構える必要はないのですがやはり食べ物というよりはお酒とつまみがとれないことが辛いでごわす。
出来れば一週間と言わず10日間ほどやりたいのですが果たして可能かどうかは秀さんの根性次第ですわ。
いずれにせよ品友会の開催日の前には終了していると思われますので当日、バカ食いしてリバウンドしないようにしなければ意味がありません。

人間様には様々な欲がありますが、食欲もその中のひとつですね。
あらゆる欲望を抑えきったら聖人君子になれるのでしょうかねぇ?
いやいや、せっかく幸運にもこの世に生を受けたわけですから欲望の赴くまま好きなことを目一杯やって
生きて行くのも良いでしょう。まぁ、他人様に迷惑をかけないことがその前提条件ですがね。

ほい! 前置きが長くなってしまいました。
では、品友会開催のご案内です。
少しスマートになっていると思われる秀さんの老体をご覧になりたい方は是非、ご参加下さい。
初参加の方も大歓迎です。

宜しくお願い致します。

第84回ホーチミン品友会開催のご案内

日時 2016年7月9日(土) 午後7時〜

場所 和食 花水木 15A5Le Tan Ton Dist.1(スカイガーデンの前)

予算 35万ドン前後を予定

7月8日(金)までにご参加の可否をブログ下にあるコメント欄にお書き下さるようお願いいたします。

皆さま、奮ってご参加のほど宜しくお願い申し上げます。


posted by 秀さん at 00:36| ハノイ ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村