2016年11月30日

ボールを打ちに行くな 手や腕の力、クラブの軌道は意識するな のゴルフ練習編

へい、またしてもどうでも良いような秀さんのゴルフ練習(レッスン)の続編話ですわ。スマソ。

前回と重複しますが・・・若い時は体力腕力に任せて手打ちというより腕打ち(身長の割に腕周りは太いです)スイングでもそこそこの飛距離は出ていたのですが・・・
とは言ってもアベレージ素人ゴルフそのまんまなのですがね。

60歳を超え体力が衰えてくると手打ちスイングでは飛距離は落ちる一方でPWで100ヤード位飛べば・・・お! 今日は、まぁまぁ いいじゃん ってな感じでした。

ゴルフに限らず何でもそうですが、本来その人が持っている能力差というか人には向き不向きがある! と飛距離の無さスコアの悪さを個人の潜在的な能力差や向き不向きの問題だと言い訳にしておりました。
そんな考え方ですのでいくら練習しても格段に飛距離が上がるとは正直全く思っていませんでした。

ですので・・・過去愚息に教わる時も心底言われる通りにしたことはなかったですわ。
って言うより自己流の方がまだマシじゃぃ! と直ぐに癇癪を起こしてレッスンをやめ元の我流に戻っていました。
日本では過去ベスト87という燦然と輝く金字塔?をこころの拠りどころにして90台半ばが自分の平均レベルだと長い間勝手に思っておりました。
へい、しかしですね・・・
数年やめていたゴルフをベトナムで再開した時のスコアがまさか、まさかの120には驚きというか何かの間違いではないかと・・・何度も自問しましたよ。
いや、いや俺の実力はこんなもんじゃない! 絶対に違う、俺じゃない! ってね。

へい、それが今では 90台? はぁ〜 運が良ければ年に1〜2回は出るかな?
通常は100オーバー当たり前田のクラッカーで時には110台はおろか120台も出るでよ ハヤシもあるでよ って感じで長くベトナムで すみませ〜ん ご迷惑をおかけしま〜す 初心者で〜す! ゴルフをしておりました。
それが・・・最近では100が切れなくなったどころか飛距離も出なくなりチョロにダ振りにトップにシャンクにと悪いとこてんこ盛りどうにもこうにもブルドッグ状態に陥りましてね、それから脱却できないままゴルフすること自体がだんだんと楽しく無くなってしまいましてね、練習は年に1回か2回という状態にまで落ち込みましたわ。

そこで今回は、意を決してキレること無く素直にレッスンを受けています。
今まで4回位でしょうか・・・驚異的な持続力です。はい
言われることは ボールを打ちに行くな 手や腕の力、上半身の力は不必要、テイクバックのクラブ軌道は意識するな 下半身のフットワーク&足の蹴り上げ下げ体重移動(股関節の上下)すればボールは自然に当たるし方向性飛距離も改善する! って
本当なの? って疑いながらも言われるとおりに違和感&苦痛を感じながらも挑戦しております。

へい、それが本日、ほんの少しですが開眼?しましてね・・・
飛距離はいきなり15ヤードアップ、10球に3球だけですが方向性・弾道も以前とは違う良い球が出来るようになりました。正直二十数年間のゴルフ人生の中での初めて・・・今まで無い感触&感激です。
正直、狐につままれた感じがしております。

愚息いわく・・・理にかなった体の動き=科学的・物理的裏付けのあるゴルフスイングをすればどんな人でも手打ちスイングは100%改善できる! 俺を信じて真面目にレッスン続けてみたら・・・と言われ
へ、へへい〜 今までにない打感と飛距離に気持ち良く素直に愚息に従っている秀さんでごわす。

ま、ゴルフに興味の無い方はごめんなさいです。
という事で60爺の手打ちスイング大改造計画のお話はこれにて終了っと!


posted by 秀さん at 02:15| ハノイ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーチミンでゴルフ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村