2016年12月25日

クリスマスですが爺には関係ありませんわ編

今年も1年あと僅かですねぇ
ベトナムでもクリスマスはイベント盛りだくさんで街中に繰り出すカップルや家族も多いですね。
人間様はなにかかにか理由を付けてお祭りをしたい生き物なのでしょうねぇ
独り身の爺さんはクリスマスなんて関係が無いというかキリストからも お前には縁がないことだわ・・・
と言われるかもですわ。
しかし、クリスマスは一般的にはイエス・キリストの誕生日と言われていますが実際は違うのが真相です。
一節にはバベルの塔を築いた古代バビロニアの王であるニムロドという説もありますが秀さん的にはこちらの方が正しいと思っております。

ま、そんなことはどうでも良いことですがね。

クリスマスと言えば・・・
43年前・・・
今は亡きおカアチャンと新宿に遊びに二人して繰り出した思い出があります。
実はそのクリスマスの一週間前に駆け落ち?(親に内緒で九州から東京に抜け出して来た)したのですわ。
まだ青二才の大学生のくせにですわ。
恋は盲目と言うか、肥はドツボというか、若気の至りで衝動的に東京と九州でお互い示し合わせた行動でしたわ。
その後親に見つかり連れ戻され両方の親から説教 & まだ若い 卒業するまで待て! なんて説得を喰らいましたが二人して強行突破・・・
結局大学を卒業するまで同棲して卒業後結婚式を上げたのでありやす。
今思うと両方の両親に心配かけまくりで本当に申し訳ございませんという心境です。
若い時の激情に突き動かされ突っ走った若く熱い情熱ゆえの出来事でごわした。はぁ〜

へい、今は爺の仲間入りの年になりましてその情熱の欠片もひとしずくも今はありゃしませんわ。
よく老いらくの恋なんて言葉を聞きますが・・・爺婆の色恋話なんて気持ちが悪いと思う若い人が多いのではないでしょうかねぇ〜 
秀さんの年齢よりはるかに年上の方で女性に対する情熱のめちゃ熱い(うむぅ?、脂ぎった情熱?)方が時たまおられますが孫と散歩が楽しみになった枯れ木の秀さんにとってはいやはや何ともコメントのしようがありませんわ。お盛んですなぁ〜 というしかありません。へい

いよいよ今年も残りわずかデレデレとしていたらあっという間に1年が過ぎた南国の生活
ま、来年も同じようにま〜たり と気追い込むことなしにボチボチとやって行くと思います
生き急いだ人生の2/3ですので残りの1/3はのんびりと行こうと決めましたの

では、本日のまとまりのないブログはこの辺で

皆さま、良い一日を!


posted by 秀さん at 17:22| ハノイ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村