2017年01月30日

大愚さんは視点がやはり面白い編

不動産投資はババ抜きの面がある  


不動産屋のタチの悪いのはおだててカスをつかませて売り逃げるというのが基本路線です。

医者や外資系なんか、基本お勉強バカですので、業者は金欲しさにおだてているだけなのに自分も信じちゃったりして。

低金利で駆動されてきた不動産ミニバブルが終わるかも

どうなんでしょう

開始>
不動産ミニバブルの崩壊迫る!! 高金利融資はまた、同じ悲劇を繰り返すのか?
2016年12月5日付の週刊全国賃貸住宅新聞の一面トップニュースは、「自己破産する家主が増加 業者にカモにされた医者や外資系サラリーマン」でした。

高属性の方(医者・外資系サラリーマン等)が、金融機関や不動産会社に勧められるがまま、高金利・フルローンで、地方築古大規模SRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)一棟マンションを購入。空室が増え、キャッシュフローが大赤字で回らなくなり、かといって、抵当権を抹消する価格では売るに売れず、自己破産という内容でした。

地方SRCだと、積算価格(土地・建物)の評価が出易いので、融資も通り易く、且つ、フルローンも出易いのです。しかし、実質相場という面では、地方築古は今一で、抵当権価格では売るに売れないということです。

■借入の仕方でへたをこくと怪我をする!?

勿論、高金利でも、融資が早い、フルローン等融資額割合が高い、融資期間が長い等、融通がきくというメリットがある場合もあります。よほどの優良物件が割安で購入できる場合には、取り敢えず、物件を押さえて購入し、後で、金利引き下げ交渉、借換をするという手法もあり得ます。(確実ではありませんが)

売り急ぎ物件・相続絡み物件等、優良物件を割安価格で購入できればこそのフルローンですので、不良物件を割高価格で購入する場合のフルローンは、債務超過となってしまいます。

借入金は、鋏・包丁と一緒で、うまく使えば便利ですが、へたをこけば、怪我をします。
確かに、借入金には、

・金融機関が自分、物件をある程度第三的な目で見てくれる
・時間を買う発想でいい時期に高額の物件も購入対象にできる
・低金利で資金調達し高利回りで運用できる(イールドギャップ・レバレッジ)
・保険機能(団体信用生命保険)を活用できる、節税(所得税・住民税、相続税)ができる
・インフレに強い

などのメリットがあります。

云々(うんぬん、でんでんではない)

終わり>

リスクはお前、もうけは俺さま。

これが強奪資本主義の構造で、大きくすれば帝国主義になり、小さくすれば、騙し不動産屋になります。

同じ原理で動いている。マネタリー経済学もおなじ。根っこに騙しが入っている。

一方、三方得の江戸時代型資本主義、低成長型資本主義は、最初は安定的にゆっくり成長します。質素な生活をして、ゆっくり大きくなる。3代くらいかかることが多い。

評判がある一点を超えると爆発的に大きくなる。顧客も得するので、どんどん顧客が寄ってくるのです。

で、飢饉や大火災になれば大放出して米倉をすっからかんにします。そうすると、利益も顧客のためのものだという納得になって、飢饉が終わると周りは恩を受けた人だらけになって

あっという間に回復し、さらに大きくなります。

これが経世済民の動態です。こういう人を

長者、と言います。

せこい奴はいくらもいるが、三方得は滅多にいない。その率1万分の1くらいでしょうか。


posted by 秀さん at 18:32| ハノイ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっとテトが来ました編

1月は様々な問題処理で多忙で心休まる時間がなく本日やっと落ち着いた感じです。
長くベトナムに住んでいても会社を経営して行く上において日々問題多し。
特にお役所関係の処理と言うか言いがかりと言うか社会主義独特の風習に憤りを感じることもしばしばで
ほんと! 嫌になりますわ。
まぁ、勝手に異国の地に住んでいる身分なので気に食わなければ自国に帰りなさいよ! と言われてしまえば

いえいえ、いえいえ、外国人には何かと住みにくい国ではありますがもうしばらくおかせ下さいとお願いするしかないの身分の秀さんですがね


まぁ、嫌なことは忘れてテトを迎えましょうか
愚息夫婦家族は義娘の田舎のダクラック省に全員帰省中でFBにマー君の恋人?の写真が載っておりましたので貼り付けます。
何か・・・積極的に口説いているような雰囲気を感じるのですが・・・
お主もやるのぅ マー君よ!
どちらも3才前後だと思いますが中々お似合いのカップルですわ。へい
16265484_1330139657046017_8517811151836917619_n.jpg

日本からみの仕事が多い秀さんですのでテトといっても100%フリーになることはありませんで
テトのお休みでも自宅で少し仕事もしなければなりません。

テト休み期間中を利用して3〜4日間ほどプチ断食をしようかと考えております。
秀さんと同じお留守番の飼い猫のチーも最近はキャットフード食べ過ぎで肥満猫になっておりまして

おし! お前も断食じゃぃ! 
ということで1日ほんの少しの餌しか上げないことを秀さんが決めて実行しております。
現代人は過食です。猫も犬も・・・ かも?
1日24時間内臓は動きっぱなしで休む暇もなく働き続けております。
断食することによって疲れた内蔵を休ませ体内に溜まった余分なものを排出しなければと思い年数回の断食を実施しております。
3日目を過ぎると空腹感はなんとも感じなくなり鈍い頭もほんのすこしだけ冴えて来ます。

妻が亡くなって長いこと一人暮らしの秀さんでしたので一人の生活には慣れていると思っていたのですが・・・ここ2年近く愚息家族と同居していつも家に家族がいる状態に慣れたのか・・・

やっぱ、孫の顔見ないと寂しいですわ。

はぁあぁぁあ〜 お前また孫の話か! ったく と言われても返す言葉がないのですが
愚息夫婦よりは孫に会いたい孫バカ爺の秀さんですわ。

はぁ、やれやれですわ。

少し落ち着いて来ましたのでアホブログもぼちぼち更新してまいりますので
引き続きどうぞ宜しくお願い致します。



posted by 秀さん at 00:17| ハノイ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

第90回(2017年度新年会)ホーチミン品友会開催のご案内編

新年明けましておめでとうございます。
皆さまの今年1年のご多幸をお祈りしております。

日本の正月休みは終わりましたが、ここベトナムではテト(旧正月)の大型連休を待ちわびている方も多いでしょうねぇ。
ベトナムの方々の嬉しそうな顔を見るたびに秀さんもなぜか喜んでしまいます。

さて、品友会も早いもので7年半が経過いたしました。
今年の1年のハッピーを願って新年会開催のお知らせです。
初参加の方を含め多くの方のご参加をお待ちしております。


第90回(2017年度新年会)ホーチミン品友会開催のご案内

日時 2017年1月14日(土) 午後7時〜

場所 和食 花水木 15A5Le Tan Ton Dist.1(スカイガーデンの前)

予算 35万ドン前後を予定

1月13日(金)午前中までにご参加の可否をブログ下にあるコメント欄にお書き下さるようお願いいたします。

以上宜しくお願い申し上げます。

posted by 秀さん at 02:22| ハノイ ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

確かに親孝行は親が生きている内にやるべき編

エエ歳こいて時々思うことは・・・
もう少し親孝行しておけば良かったなぁ〜 とか 亡き妻ともう少し一緒にいる時間を意識して取るべきだったとか・・・後になって後悔の念がふつふつと湧いて来ますがもう遅いであります。

後から悔やむから後悔と言うのでありまして、逆に何もないのに先に悔やむ人は秀さんのようなアホだですね  へい

結局、俺がおれが! 自分がじぶんが・・・と何事にも自分中心でしか行動できなかったことがその原因ですわ。まぁ、仕事やその他様々な理由や言い訳はあるにしてもね

誰しも子供時代は与えられるばかりで自分で子供を持ち大人に育てるまでは親の苦労の1/10も理解できないのが実際でしょうねぇ。 そういう秀さんもまたしかり・・・

秀さんは姉2兄1弟1を入れて5人兄弟でしたがそれぞれ平等に親の愛情を受けて大きくなりましたわ。
しかし お前(秀さん)は特に可愛がられたと・・・他の兄弟からよく言われましたわ。

まぁ、親にとってみればどの子も同じでしょうが相性は多少影響があるのかも知れませんねぇ
秀さんの場合は父親との相性が良かったのか大変可愛がられた記憶が今でもこころの奥に残っています。

その受けた愛情に対してのお返しはまったく出来ませんでした・・・
ただ、4番目で次男の秀さんがどういう訳か・・・(いや、訳はあるのですがね=要は長男から押し付けられた?)両親の老後の面倒をみることになりましてね。加齢による度重なる病気やら痴呆やら色々ありましたが両親を最後までお世話出来たことが唯一の慰めですわ。

叶うなら・・・もう一度会いたい、でも不可能・・・

そう考えると人間の一生は儚いですねぇ。

若い時、人生時間は有り余るように考えていたのですが、今年取って思うに・・・
実際はあっと言う間というか自分が思うより短い 短すぎると言っても良いかもです
お金でモノは買えますが人生という貴重な時間は買えません
そう考えると今この世に存在して生きているだけでも感謝すべきことなのかも知れませんねぇ。

昔、観たSF映画のように大金持ちの人は他人の人生時間を買うことが出来るようになって
仮に500年1000年 永遠に生きることが出来たとしても・・・
家族友人知人が全ていなくなった世界で一人生きることは果たして楽しいのか?・・・・

アホの妄想が続いておりますねぇ、 スマソ

そう考えると
愚息夫婦と孫2人に囲まれて同じマンションに同居させてもらっている秀さんは幸せ者ですわ
まぁ、愚息の嫁が良く出来た娘でこんなクセのあるアホ爺の秀さんにも良くしてくれます
有難いことですわ

その代わりと言っては何ですが孫めちゃ可愛がっています 

って・・・
お前が相手してもらっている方だろう! と言われたら反論できません。
だって可愛いもん! 


へい、駄話はこの辺でやめまして
こんなブログを書くきっかけとなった記事を転載して本日は終了っと!


皆さま、良い週末をお過ごし下さい。




転載開始・・・・

生きている間に親孝行をして置いた方がいい。何がいいか。
それは両親が死んでから自分の気持ちに差が出る。

◆独身人生は両親が死んでから本当の天涯孤独の人生がスタートする。貯金なんて役に立たない

自分の老後って、老後、老後と貯金や年金くらいしか今の現役世代は考えてないんじゃないだろうか?

確かに老後にお金があれば急な医療費や困ったときに食材の宅配なども頼めるし、身体が不自由な分、周りにお金で助けてもらえることは多い。

だけど、最近思うのはそこまでして生きたところで何があるのか?ということである。

結婚をして、子供がいれば、親子関係が良好ならば子供とも少々接触する期間があるだろう。だが、昔からのことわざで「親孝行、したいときには親はなし」というものがある。

つまり、実際は親が生きているときに感謝して親孝行しようと思う人は少ないのである。

人生の終焉になる頃に近づいて、自分が親をありがたいと思う頃、親は寿命でもう居ないのである。つまり、自分の子供だってなかなか自分たちのところへは来てくれないだろう。これは結婚相手によるところが大きい。

変にブランド好き、浪費家の嫁と結婚した息子は、親孝行なんて思うどころか、親にお金を借りに来る。そして、そのお金は返ってこないのである。

ここまでの話は、結婚をしている人を前提に話しているが、今日の話の重要な部分は、ここではない。独身の場合で老人になった場合である。

孤独の世界がさらに本格的に

日本でも世界でも人はいっぱいいる。だが、昔の個人商店なら、買い物をしつつ、ちょっとした近所の会話があったが、コンビニの店員と世間話なんてしない。ものの売買が非常に工業化され、人間味なんてない世の中になった。

電車に乗るのも降りるのも改札口でタッチして、人との関わりはない。

ここで両親が死んでしまった後の世界を考えたことがあるだろうか?と言うことである。

ここから本当の天涯孤独な老人の人生がスタートする。会話する人はゼロ。本当に頼れる身よりもゼロ。都会のアパートで孤独死でもしてしまったら、無縁仏として共同墓地にゴミのように捨てられてしまうのである。

最後はそういう人生であったとしてもだ、そこまでの期間が長い。痴呆になり、体力もなく、関節が痛み、持病の薬を毎日飲む。

毎日、毎日テレビを見るくらいで、どこかへ行く体力すらない。実家もないし、両親も知り合いもいない。

友達?先にもう死んでいないよ。

これって何の罰ゲーム?

本当の老後の世界って今のネットがあふれている若者には分からない。老後、お金。これくらいだ。だが実際は生きていても楽しくない、死ぬまでの期間を延々と何もせずに孤独に待ち続けるような人生になるのである。

孫が遊びに来るなんてことはない。

いま結婚している同世代を見て、家庭があってうらやましい。子供が生まれて成長していくのを見ていいなぁと思う。それが老人になり、まわりで孫を連れて遊びに来ているのをみて、いいなぁと思う。そして強烈な孤独に襲われる。

自分の人生は何だったのだろうか?何の意味はなかったが何となく生きてきた。その結果だ。そういうことを考えられるような脳も退化し、痴呆が入り、モヤモヤと何も考えられない。

本当の老後というのは、いまの現役世代が考えているような五体満足な貯金だけあり、老後はハッピーに旅行にでも行ってというものではない。

痴呆で持病を持ち、気力と体力もなく、死を待つ天涯孤独の強烈な人生となる。

重要なことは、年金をもらうことや貯金を老後に備えて貯めておくことではない。いま、今こそ重要なのである。

貯金をした老後になんて何もハッピーエンドはない。地獄の孤独の牢獄で、お金が日々減る恐怖にも怯えるのである。もう現役世代ではないので貯金すら増えずに切り崩す。その減りは早く、あっという間に数年、そう5年も持たずに枯渇する。

現役世代は、孤独地獄に備えよ。

生きている間に親孝行をして置いた方がいい。何がいいか。それは両親が死んでから自分の気持ちに差が出る。親には何もしてあげられなかったと思う自分。自分はやることはやったから、親はいい人生だったのだろうか?

どう思うかでまた違ってくるものである。

なぜ日本人は孤独を選ぶのか

お金持ちの相手がいないから?イケメンじゃないと結婚できない?

ならばその孤独の結果も自業自得だ。だが、世の中にはそういう人ではなく、まじめに生きてきて結婚もしたが結婚後にうまくいかなく離婚し、そのトラウマから生涯独身になる人もいる。

結婚だって一生に1回ではなく、3回も4回もする人だっている。

昭和の時代は、こういう人も普通に近所に存在していたものである。そもそも誰もが結婚し、離婚もせず、耐える時代であった。男尊女卑。そういう時代である。

男としてはいい時代であったが女性としては姑との地獄の日々など、結婚して幸せとは言えない時代でもあっただろう。

今の時代、女性が結婚してこんなに苦労が少ない時代は人類の歴史上ない。初めての文化である。

それが年収600万円以上、イケメンなど、色々言っているのである。そういう人もいればそうではない女性もいる。

そうではない女性はもう結婚し、子供もいる。もしかしたら収入も良く、イケメンかもしれない。だがそういう人を見ていると大抵は、女性の家柄もいいし、アナウンサー並に美人だ。

男性側もしっかり選別している。

自分には無いのに求めることが大きい。結局はそこなのである。孤独は自分が選んだ道の先にたまたま現役世代の時に見えていなかった道の先にあるものであり、誰かのせいでもない。

そして歳をとると、道を変更したり、引き返すことは二度と出来なくなるのである。間違えて先がない道をゆっくり自動歩道のように無理矢理進められていくのである。その先は断崖絶壁の崖である。


posted by 秀さん at 07:59| ハノイ | Comment(2) | TrackBack(0) | ベトナム生き方編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

新年明けましておめでとうございます編

いよいよ年も明けて新しい年の始まりですね。
明けましておめでとうございます。
本年もどうかこのあほブログにお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

新しく家族の仲間入りした2番めの孫も加え家族5人で仕出しを頼んで食事をとり日本の親戚等に電話を入れたりしておりました。 
ベトナムでは正月と言えば旧正月のテトが最重要期間ですので一般のベトナム人にすれば西暦の正月は通常の祭日より少し休みが長いので嬉しいといった感じでしょうかねぇ。

昨年1年を振り返ってみると・・・当初計画していた事案が遅れに遅れ予定どおりには進まなかったことなど仕事の面では停滞気味でしたがその分、また来年に持ち越せばよいかぁ〜 って調子で気長に考えるようにしております。
家庭面では二人目の孫も生まれ家族間の諍いもなく皆仲良くしておりまして何も言うことはありません。

反省面があるとすれば、へい、お酒を飲んだ時にクドくなったというか酒量が落ちたというか早く酔ってしまい・・・酒癖が更に悪くなり申した。もっと自省しなければといつも感じているのですが・・・・
毎年同じことの繰り返しでバカにつける薬はない状態です。

今年の個人的な目標は、ゴルフで過去一生に一度だけ出した80台のスコアの夢よ再びよ! と・・・再度挑戦したいと思っております。
仕事の目標は、会社の社員全員にもう少し満足できる給与を出して上げることが出来るよう会社の基礎体力を強くしたいですねぇ。
後は、家族&ご縁のあった方々の健康と発展をお祈りするだけです。

皆さまのこの1年のご健康とご多幸をお祈りして正月のご挨拶をさせて頂きます。

また、1年どうぞ宜しくお願い致します。

2017年 元旦

秀拝

posted by 秀さん at 21:34| ハノイ ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村