2018年06月23日

トミカ・プラレール新幹線の取り合い編

長くからの知り合いのUさんから孫向けのおもちゃをもらった。
Uさんおもちゃのみならず数々のお土産有難うございました!

さて、そのお土産のおもちゃですが4歳のマー君にはトミカプラレールの新幹線セット、1歳半のター君には幼児向けのおもちゃを・・・
ところが下のター君はお兄ちゃんが遊ぶ新幹線が気になって仕方がない。というのもレールの上を動くから。

そこで当然ター君は手を出そうとする
そうなるとマー君が、これは俺の! これは俺の! と言って一切触らせない。

結果どうなるかというと・・・ター君は大泣きしてママを呼ぶことになる
その鳴き声は半端ではなく家中に響き渡るので家族一同大迷惑なのであります。
泣くことは赤ちゃんの持つ唯一最強の兵器ですわ

そこでマー君にお兄ちゃんだから弟にも遊ばせてあげなさいとVちゃんがいうが、

だめ! たかひろは新幹線壊すもん と自分のことは棚に上げてのたまうのであります。
挙句の果てにはおじいちゃん、マー君が幼稚園に言っている間、プラレールを預かっておいてなんてことを言う誠に器量の狭い孫に秀さんあんぐりでごわす。

上の子がセコいというか下の子が年より成長がはやいのか約3歳違いではありますがトミカのプラレール紛争が毎日繰り広げられている秀さん一家ですわ。

そこで息子と考え出した案は、昔秀さんが買ってやってマー君が粘土をつけまくって壊した同じトミカの新幹線プラレールを分解修理することになり申した。

ドライバーを使ってその蓋を開けてみると粘土が各部品に詰まりまくり、配線の断線、電池接触部分の金属の断裂、連結部分の破損などとてもじゃないが直ぐには修理できないと判断するが一応、配線の断線は半田ごてで直してみた。

すると愚息、親父なんでベトナムで半田ごてなんか持っているの? と不思議な顔をされてしまいやしたぞぃ

自分でも不思議でなんで半田コテあるのだろう・・・? 
そういえば10年ほど前に半田コテとハンダをベトナムで買ったことを思い出しましたが何故買ったのかは不明?のアルツハイマー予備軍の秀さんでごわす。へい

さて、断線はひとまずOKと電池を入れ替えてみたがモーターは回らず。

やっぱこりゃ無理や と愚息にいうと、モーターやギヤを取り付けてあるボックスの外から眺め細いドラーバーでしきりにボックス内に詰まった緑色の粘土を掻き出しているではないですか
いやぁ、そんなことをしても動かないとおもうよ・・・と秀さん
ひとしきり粘土を掻き出した後、愚息がスイッチを入れてみると なんと! 弱々しいながらもぶ〜んと動いたであります。

粘土を掻き出すことでモーターの切替部分の接点が復活したのだと思うと・・・少し自慢げな愚息の顔

こうなれば3両編成のつなぎ目の破損箇所もごそごそとあちこちから代わりになりそうなものを引っ張り出して来て切削、接着して
かれこれ2時間近くかかって修理完了したのが下記の写真ですわ


IMG_1804.JPG

親子2代での涙のトミカ・プラレール新幹線の修理完了、しばらく二人で鑑賞しましたぞぃ

最後はター君のためというよりは二人の大人がどうせやるなら全て直そうと半分意地になって半分楽しんで親子の共同作業が完了したのであります。

このように孫も男の子2人となると所有欲のせめぎ合い、葛藤があるのでございます。
所詮、男、オスはあらゆるものの所有のために闘争を行う生き物ですのでマー君、ター君も自然といえば自然ですね。
ましてこの生き馬の目を抜くようなベトナムですのでみんなで仲良く順番に遊びましょう! なんてことを言っても生き残れません へい

良か、よか、 男は闘争してナンボのもんじゃ! と時代に逆行したことを言うアホ爺の秀さんですわ
それにしても、孫の話以外のブログ書かんかい! おりゃ〜 と言われる前に本日は終了っと!

皆さん、良い週末を!








posted by 秀さん at 08:20| ハノイ | Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

我が家は全米オープン、ベトナム人はワールドカップ編

同じような時期にゴルフメジャーの全米オープンとサッカーのワールドカップの開催ですね。

秀さんは息子と眠い目をこすりながら松山君はじめ日本人選手の応援&タイガーやマキュロイ、ダスティンジョンソンなどトップクラスの選手のプレイを見ながら楽しんでいましたが・・・
義娘のVANちゃんの兄弟(息子夫婦はアパートの11階、義娘のVANちゃんの長兄が同じアパートの8階、弟夫婦も10階)は全員でワールドカップを見るために同じ部屋で集まって観戦とのこと。

まぁ、ベトナム人はサッカー大好き、サッカーきちがい人間が多く家でゴルフ番組なんぞを見ている人はほとんどいないでしょう。
趣味は人それぞれですので自分が好きな番組を楽しめば良いですね。

さて、全米オープンの初日ですが・・・
難関コースということで世界のトッププロが5オーバー、10オーバーと驚きの悪いスコアを出しておりましたわ。
仮に同じコースを秀さんがラウンドしたら・・・300くらい叩くのではないかと想像しましたわ。
まぁ、その前に超名門コースですのでラウンドさせてもらえないから関係ないですがね。

下手なりに過去20数年ゴルフをたしなんで来ましたが、いまだに上達はせずベストスコア87というのが奇跡的に1回ありましたがこれは事故みたいなもので現在では100切るのも年に数回、100〜120の間を行ったり来たりと全く話にならないスコアばかりですわ。
100%言えることはベトナムのコースは日本のコースより格段に難しい! 結構距離もありますしハザードも多し、ドライバーはボールが転がらないので距離も出ません。まして御年63歳の爺となれば200ヤード飛べば お! 今日はメチャ調子が良いわ なんてレベルですのでスコアが伸びないのは仕方がないですわ。

・・・・・・て

そう言えば過去に 今回こそは愚息に頭を下げて100%正しいスイングを身につけるため真剣にレッスンをする なんてことを何度もほざいておりましたが

いつものように三日坊主という古くからの有名な老師が出てまいりまして 無駄 むだ 無理 むり やめとけそげんことは! と変な呪文を唱え、やる気満々だった秀さんの心に響きわたっていつの間にやら元のぐーたらな人間に戻されてしまうのでありやす。

ベトナムに長く住んでいると日本と違い物事がスムースに流れることはありません、仕事でも人間関係でも・・・秀さんのゴルフでも
社会の共通認識がまったく違うお国柄に加え公務員様たちの理由なき介入&お礼強要、一般ベトナム人も日本人に比べると社会公共性に欠けた人が多く長く住んでもう慣れたとはいえこの秀さんでも時にはストレスがたまる時もありますわ。

そんな時には気分転換にゴルフでも行くかぁ〜 となるのですがあまりにも自分の下手さ加減に嫌気がさして出発時とはちがい帰路はふさいだ気持ちで帰宅するので何のために行ったのやら? と自問する日々でごわす。

人生と同じかも知れませんねぇ

自分が思い描いた夢や計画とは大きくかけ離れた現実、全て己の責任から生じた結果だと心底では理解しても いや、あの時こうやってれば違った結果になった、あいつと付き合わなかったら今頃はもっと良い結果が出た、この人と一緒にならなかったらもっと幸せだった、俺は生まれつき運が悪い等など・・・・

あらゆる御託や言い訳を並べ立てても自分の奥の心は良く知っております へい、全て自分のせいだと!
他に原因を求めるのは自分可愛さの言い訳、詭弁ですね

ほい、そこで頭の切り替えが必要です、今ある自分をいとおしむ、なには無くても健康で生活できていることに喜びを感じる、ゴルフが下手でも親子でラウンド出来るなんてなんて幸運なのかと思い直す、金がないのはもめごとや心配ごとが起きない証しと喜ぶ、彼女がいないのは様々な男女間の面倒を抱え込まなくてラッキーと思う、へい、要は気持ちの持ち方次第ですわ ストレスを抱えない生き方が人生を楽に生きる処方箋かもね?

と・・・ぐーたら、有言不実行の爺が変なことを言っておりますが、賢者の皆さまは、もっと真面目に真剣に気を張り詰めて緊張感満杯のベトナム生活をエンジョイして下さいな〜 って やっぱこの国では無理ですね

へい、気楽に行きまひょ 生きまひょ 



posted by 秀さん at 14:38| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナム生き方編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

第107回ホーチミン品友会開催(肴やさん)のご案内

すっかり失念しておりました。
スマソ

107回品友会開催のご案内です。
是非大勢のご参加をお待ちしております。



第107回ホーチミン品友会開催(肴やさん)のご案内


日時 2018年6月9日(土) 午後7時〜

場所 肴や(ATEYA) 50 Mê Linh, Phường 19, Q. Bình Thạnh (37 Phạm Viết Chánhのコンビニ(ミニストップの直ぐ近く)
電話 0125 200 4323

予算 40万ドン前後を予定

6月8日(金)午前中までにご参加の可否をブログ下にあるコメント欄にお書き下さるようお願いいたします。

初参加の方も大歓迎です。
皆さまのご参加をお願い申し上げます。

posted by 秀さん at 15:10| ハノイ | Comment(4) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村