2019年04月26日

何となくの不安感の原因は編

普段、様々な分野の記事を読むのが好きな秀さんです。← 要は暇なんですかね? へい

物理や医学、またまたジョークや漫才まで いろいろな記事がネットには満載です。
買い物もできれば友達とのコミュケーションも即時に取ることが出来る、世界がより広くまたより親密になりました。
インターネットが無い時代を考えると何と! 今の世の中は便利になったものかと爺さんは思いますぞぃ。

そのネットの中で今日はストンと秀さんの心に響く伊勢白山道さんの記事がありましたのでそのまんま転載します。

要は不安は自分自らが勝手に作り出しているものなんですね。
秀さんも過去の過ぎ去ってしまった大変事(破産や父妻との突然の死別が立て続けに起こった)を今考えると 

ふむ? 大したことなかったねぇ と簡単に言えるのですが

当時は寝ても覚めても元に戻らないことばかりをまるで牛が反芻するように考え悩み
また、将来に対しての不安で押しつぶされそうになっておりました。
しかし、その真っ只中にいる間は前には進めませんでしたし不安は解消されるどころか更にますばかりで負の悪循環を繰り返しておりました。
秀さんが前に進むきっかけは太陽さん、そうお天道様、正確に言えば眩しい朝陽を疲れ切って動けなくなった時に漫然と眺めたことからです。

済んでしまった起こってしまったことに対していくら考えようが悩もうが元には戻れない、それより生活のために早く仕事を探して生活の基盤を作らんかい! 俺だって毎日毎日嵐が来ようが大雨が降ろうが二日酔いだろうが朝早ようから起きて世の中に陽を灯しておろうが! この怠け者め! とお天道様に言われたような気がして過去に拘泥していた重苦しい気持ちが吹っ切れたのでした

自ら命を絶たない限り人間は寿命ある限り生きなければならない、逆に考えれば寿命が来るまでは生きていけるということです
何が起ころうと人間命まで取られやしません ブログトップの言葉がその時に浮かんだのでした

人間死ぬまで生きる 

だから何の心配をもしなくても良いですよ! という言葉をお天道様から頂いたような気がしましたよ へい
まぁ、秀さんの過去話はこの辺で 伊勢白山道さんの転載記事をお読みくださいね! 以下転載開始



何となくの不安感の原因は、先を心配する気持ちから
2019-04-24 02:30:40 | Weblog

何となく不安感を感じている人は多いです。
では、何が原因か?
これが自分でも、人は分からないものです。

私が感じますには、その原因の元は、
・ 先のことを心配する不安。
・ 未来の自分への不安。
・ 今の目の前のことよりも、先を知りたがる心の不安。

人間の心は、今・現在を離れますと、不安感が起きるように出来ていることを感じます。
だから、占いが好きな人ほど、不安感に包まれます。

未来を心配するとは、まるで足場の無い空中に立とうとすることに通じます。
まだ実態が無いからです。
だから、「落ちる」不安感を人は本能で感じています。

実態は、今の次元にしか無いのです。
今の瞬間・瞬間の目の前だけが現実であり、地に足の着いた状態に成れます。
では、今の目の前だけに生きれば、不安は消えるのか?
答えは、そうです。

赤子は、今の瞬間・瞬間に生きています。嬉々とした、心配の無い笑顔をします。
動物も、未来を心配することがありません。
目の前だけを、生き切っています。

小学生に成りますと、宿題をしなければ生けない心配。
次のテストの心配が始まります。
未来への心配が始まります。
テストが悪ければ、親に怒られるという未来への心配です。

このような先への心配が、年齢が進むにつれて、生涯にわたり人間に付きまといます。
入試への心配。就職。結婚。病気。金が尽きる心配。・・・・すべて先の事への想像の心配心が、人の意識の奥に存在して消えることがありません。
未来への心配が、テーマを変えて憑いて来ます。

これが最初に述べた、何となく不安感を感じている人が多い原因に関することに感じます。
もし、何となくの不安を感じ出せば、

・ 先のことを考えることを止めてみること。
・ 今の目の前のことに集中する努力をすること。
・ 二度と来ない今の瞬間・瞬間を大切にすること。
これを参考に試して見てください。

過去の聖者たちも、
・ 今という瞬間だけに生き切る重要性。
・ 今だけに、永遠性へのカギが在る。
・ 過去も未来も実在せず、全ては今という1つだけだった。
という示唆をしています。

神道でも、以上のことを「中今」(なかいま)と呼んでいます。
今に集中して生きることが、永遠性に繋がります。

人は、過去にも、未来にも、住めないのです。
足場の無い世界に、住もうとしては生けません。


住めるのは、今の現在、この瞬間・瞬間だけです。
今に生き切れば、嬉々とした躍動感が、自分の心に戻って来ることでしょう。

生かして頂いて 有り難う御座います


以上転載終了




posted by 秀さん at 03:57| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナム生き方編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

日本は10連休ベトナムは5連休、ベトナム雑感編

両国ともゴールデンウィークがもうすぐ始まりますねぇ。
ベトナムでは各地に行楽に出かける人や会社が多いいでしょうが・・・毛細血管企業の秀さんの会社には縁がありませんわ。
まぁ、人数も少なく家族のようにコミュニュケーションを日々取っているので問題はないのですが、出来ることなら会社が大盤ふるまいをして
海外社員旅行にでも連れて行ってあげたいのですが中々先立つものが無くて どうもスミマセン(ー_ー)!! といった状況です。

長くベトナムで吹けば飛ぶような会社をやっておりますがこんな小さな会社にでもお役人さんはことあるごとに何らかのいちゃもんをつけて黄金の御饅頭を取ろうとするのであります。中でも絶大な権力を持つのが税務署と税関ですわ。

秀さんの会社も現在輸入に関して税関から根拠のない言いがかりをつけられており頭が痛いですわ。
マフィアの女親分のネットワークで過去も問題解決して来たので今回もそれ程心配はしておりませんが根拠のない問題提起ってどうよ! と言いたくなりますがここベトナムでは担当のお役人の胸先三寸で法律の解釈も曲がるので法治国家というよりは完全な人知国家と言えるでしょう。

お金が行きかう部門は強いというか有力者の子弟が多く就職しておりこれらの一連の権力ネットワークの強さは半端ではないですわ。
ベトナムも中国のように汚職撲滅を目標に一応新しい法律なども作ってはいるのですが作っている連中が汚職をしている大元なので何のこっちゃい! といった感じでこの国が透明性を増すのには、ある知り合いのベトナム人曰く、1000年単位の時間がかかると・・・
ヘタにお役人に逆らっても逆恨みされて後で大きなしっぺ返しが来るのである程度の金額はベトナムにおいて円満にものごとを進めるための潤滑油だと思うしかないですわ。へい

ベトナムでは経理部門が一番重要ですが、現地採用している経理担当も税務署や関係役所の人間とグルになることも多々あります。
一体全体誰を信用すれば良いのか途方に暮れてしまいますねぇ、コミュニケーションを日頃から良くとっていてもある日いきなり裏切られる、
日本人の感覚では理解できないというか・・・日本人が性善説過ぎるのですがね!

そんなこんなでベトナムでの事業に疲れ果てた方を何人か見て来ましたわ。
家族以外は絶対に誰も信用しない!というベトナム人も多く、ここベトナムで腹の底から信じ合える仲間を持つことの難しさを実感します。
秀さんの場合は女親分との出会いが超ラッキーというか過去様々な問題を未然に防いでもらったり大きな問題をさらっと解決してもらったりと
今まで口に出して言ったことはありませんが心から感謝しておりますぞぃHさん!

さて、この連休をどうしたもんかと悩んでいるのですが、いつものように孫と遊ぶかゴルフにでも行くしか思い浮かびません。
ほんと! 出不精になりました。年取ったせいですかね? 

皆さまはどうかこの連休を有意義にお過ごし下さいね!

それではまた次回まで!





posted by 秀さん at 20:17| ハノイ ☀| Comment(2) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

タイガーウッズやりましたねぇ編

マスターズ2019ですが愚息の事前予想とおりタイガーウッズが優勝しましたわ。

う、うぅ・・・と涙がちょちょぎれるのではないかと思っていたのですが苦節十数年、大復活劇でタイガーウッズがマスターズ5回目の優勝ですわ。ったく! こ奴は凄すぎるばい!

無論、秀さん親子は眠い目をこすりながら4日間見ましたよ。
秀さん的にはモリナ〜リのオッチャンが逃げ切るのではないかと思っていたのですが・・・おいおい! 
無念の池ぼちゃ2回で自滅してしまいました。

いずれにしろ今年のマスターズは見ごたえがありました。へい

秀さんもイメージ的には一流プロ選手のスイングなのですが・・・
イメージと実際には月とすっぽんでしてイメージはタイガーウッズ、実際は100切りも最近では難しい初心者レベルのぼてぼてスイングですのであれこれゴルフについて能書き垂れる権利はないのですがやっぱゴルフが好きなのでついつい素人が口を出してしまいますわ。

残念ながら日本選手は全滅でしたね。それに引きかえアメリカの選手層の厚さは半端ないですねぇ。

まぁ、ゴルフ場が全国に1万5千か所以上あるアメリカと2300位しかない日本とではゴルフ場数が違うのでなんとも言えませんが愚息が言うにはゴルフが気軽な値段で出来るアメリカとまだまだ金のかかる遊びと思われて日本とではジュニアゴルファーの数が違うそう言ったゴルフ環境の違いが大きいと・・・。

日本は80年代バブル期に狂ったようにゴルフ場建設ラッシュがありバブル崩壊後は1部のゴルフ場を除いてはどこも青色吐息状態ですね。
近年ではアコーディアやPGMなど外資資本の傘下に入ったり、コースが閉鎖されて太陽光パネルが敷き詰められた土地と化す所も増えており、残念な限りですわ。

日本みたいな狭い国にいきなり大量にゴルフ場作ってしまう目先の利益に走った考え方ではゴルフの本来の意味から離れてしまって今のような状態になっても そりゃ! あんたが悪い と言われても仕方がないですわ。

何事も欲にに目が眩んで一時的な金儲けのためにやると決してうまくいかないですね。

ということで、本日は連載記事と2連荘でお届けしました。

また次回



ヘタでも良いと言われる方、秀さんをゴルフに誘って下さ〜い!
posted by 秀さん at 02:35| ハノイ ☔| Comment(0) | ホーチミンでゴルフ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田中宇さんの分析が正しいのか賛否両論ですが・・・編

秀さん的には正しいのではないかと思っておりますぞぃ。

現在アメリカは裏では内戦状態だと言われております。
空前の痴呆が首相でもOKと思っているノー天気な国ではなく頭脳明晰できれ切れの頭を持った人物しかアメリカの国のトップは務まりません。
トランプ大統領はマスコミではアホだ何だと呼ばれていますが実際はめちゃ頭の良い人物ですわ。
今回のアサンジ逮捕でまたトランプの二枚舌なんてことを言われていますが、これは田中宇さんの予測が正しいと思いますぞぃ。

今回は転載記事のみですが、この記事は読む価値あると思いますよ。
数年後振り返ってみて今年が様々な意味でエポックメーキングの年であったと言われるのではないかとアホの秀さんは思ちょります。
九州弁はご勘弁を!

それでは転載です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★アサンジを米国に連行し民主党と戦わせるトランプ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月11日、英国ロンドンの警察が、駐英エクアドル大使館に7年間住んでいた
ウィキリークスのジュリアン・アサンジを逮捕した。アサンジが07年に創設し
たウィキリークスは、米国政府などの大量の機密文書を、内部告発者からの情報
提供を受けて公開し、米国の戦争犯罪の実態などを暴露してきた。2010年に
イラク駐留米陸軍の情報分析官だったチェルシー・マニングが、イラクとアフガ
ニスタンに関する米国防総省の文書、国務省の外交電文など合計75万件もの米
政府の機密文書をウィキリークス経由で公開したことが特に有名だ。米政府は、
マニングが国防総省のサーバーに不正に侵入して機密文書をダウンロードしたこ
とにアサンジが関与しているとして、アサンジを起訴することを昨年に正式決定
している。英政府は、米国に頼まれてアサンジを別件(強姦容疑の保釈規定違反)
で逮捕しており、身柄を米国に送致すると予測されている。

http://news.antiwar.com/2019/04/11/imf-deal-for-ecuador-paved-way-for-assanges-arrest/
IMF Deal for Ecuador Paved Way for Assange’s Arrest

アサンジの逮捕や米国での起訴は、マニングと結託して米政府の機密文書を公開
した事件に関してだが、私の見立てによると、トランプがアサンジを今のタイミ
ングで逮捕して米国に連行して起訴することにした真の理由は、別のところにあ
る。それは、トランプが当選した米大統領選の選挙戦最中の2016年、何者か
が米民主党本部(DNC)のサーバーに不正侵入してヒラリー・クリントン候補
やその他の民主党幹部たちが送受信したメールの束を盗み出し、ウィキリークス
経由で暴露した事件についての話だ。この暴露で、クリントン陣営がDNCと謀
り、ライバル候補だった左翼のバーニー・サンダースを妨害していた不正などが
わかり、問題になった。

http://tanakanews.com/180226dossier.htm
ロシアゲートで軍産に反撃するトランプ共和党

http://www.opednews.com/populum/pagem.php?f=MEDIA-MANIPULATION-DNC-le-by-Gustav-Wynn-Bernie-Sanders_DNC-Chairman_Leaks_Media-Bias-160805-423.html
MEDIA MANIPULATION: DNC leaks reveal NY Times, MSNBC helped sabotage Sanders

その後、このDNCメール漏洩事件は、民主党支持(トランプ敵視)のマスコミ
や諜報界(軍産)によって「DNCのサーバーに不正侵入してメールの束を盗み
出したのはロシアの諜報機関に違いない。プーチンは、ロシアの味方をしてくれ
そうなトランプを大統領選で勝たせるために、配下の諜報機関に命じてDNCの
サーバーからメールの束を盗み出し、ロシアの味方になってくれるウィキリーク
スのアサンジにそれを渡して公開させた。DNCメール漏洩事件は、プーチンと
トランプとアサンジが結託してクリントンを不利にし、ロシアのスパイであるト
ランプを勝たせるための謀略だったのだ!!!」という筋書きへと歪曲された。
この歪曲により、クリントンやDNCがやっていた選挙不正や、トランプでなく
クリントンの方が英国(スティール報告書)やロシアと結託してトランプを潰そ
うとしていたこと(=ロシアゲートの本質)はそっちのけにされてきた。

http://www.zerohedge.com/news/2017-07-06/dnc-server-most-critical-evidence-proving-russian-hacking-being-withheld-mueller-why
DNC Server: Most Critical Evidence To Proving "Russian Hacking" Is Being Withheld From Mueller, Why?

http://en.wikipedia.org/wiki/2016_Democratic_National_Committee_email_leak
2016 Democratic National Committee email leak

トランプ当選後、DNCサーバーからメールの束を盗み出したのはロシアでなか
った、という説が定着した。ロシアでなく、DNCの内部者(ネット経由のハッ
キングでなくUSBメモリによる持ち出し)もしくはロシア人を偽装した米諜報
関係者が犯人でないかという説が有力になった。

http://original.antiwar.com/justin/2017/03/23/rush-to-judgment/
Rush to Judgment - Justin Raimondo on the Russia-DNC hack

http://news.antiwar.com/2016/08/01/after-repeated-allegations-us-officials-now-question-wisdom-of-blaming-russia-for-dnc-hack/
After Repeated Allegations, US Officials Now Question Wisdom of Blaming Russia for DNC Hack

だが、DNC事件の真犯人を探す話になる前に、軍産がトランプに圧力をかけて
FBIのモラー(ミュラー)特別捜査官にロシアゲート(トランプとロシアの関
係)を捜査させる話が大騒ぎになり、その状態は、昨秋の中間選挙でトランプが
共和党の乗っ取りを完了して政権内に入り込んでいた軍産を一掃していき、今年
に入ってトランプ支持のウィリアム・バーを司法長官に据えるまで続いた。バー
が先日、ロシアゲートの捜査を終わらせることを決め、モラーが最終報告書を作
り、本件で誰も起訴されない(=トランプはロシアのスパイでなかった)ことが
確定した。このロシアゲートの終結をふまえ、トランプは今後、民主党・軍産・
諜報界に対する報復を開始すると予測される。トランプの報復作戦の一つの道具
がアサンジなのでないかというのが私の読みだ。

http://www.businessinsider.com/democrats-hillary-clinton-julian-assange-wikileaks-tool-for-russian-intelligence-2019-4
Democrats accuse Assange of being a tool for Russian intelligence, but it remains unclear if he'll face charges over publishing

http://tanakanews.com/190329russiagate.php
ロシアゲートとともに終わる軍産複合体

アサンジは、誰がDNCのメールの束をウィキリークスに持ち込んできたかを知
っている。持ち込み者を特定できないと情報の真贋を確定できず、ウィキリーク
スとして自信を持って公開できないからだ。持ち込み者がロシア当局でないこと
は、米諜報界も認めている。ロシアでないなら、残るは米国側しかいない。義憤
に駆られたDNCの内部者(サンダース陣営の者や、殺されたDNC事務局のセ
ス・リッチ=民事裁判では立証できていないと判決されているが)、もしくはト
ランプを潰したい軍産・諜報界(もしくはトランプ潰しのふりをして最終的に軍
産側を自滅させたい軍産内の隠れ多極主義者)とかだ。いずれにしても、アサン
ジがDNCメール事件の真相を語ることで、この件でのトランプの無実が確定す
るとともに、トランプに濡れ衣をかけようとしてきた軍産・民主党側の謀略が露
呈していく。全容の解明はないだろうが、民主党や軍産との交渉でトランプの優
勢が強まる。

http://www.washingtontimes.com/news/2018/sep/30/retraction-aaron-rich-and-murder-seth-rich/
Retraction: Aaron Rich and the murder of Seth Rich

http://tanakanews.com/190402russiagate.htm
大統領の冤罪

ロシアゲートの本質など、トランプと軍産の政争における最近のトランプの巻き
返しのダイナミズムについては、法輪功系の「エポックタイムス」(大紀元の英
語版)が本質を突いた仮説満載の記事を連続して出しており、非常に面白い(と
くにBrian Catesが書いたもの)。法輪功だからといって毛嫌いしてはならない。
統一教会系のワシントンタイムスも面白い。共和党からリークを受ける反共メデ
ィアを馬鹿にするのは間違いだ。民主党・軍産からのリークを受ける歪曲だらけ
のリベラルな主流のマスゴミよりましだ。権威=糞。権威好きの日本人もカス。

http://www.theepochtimes.com/will-assange-be-offered-a-plea-deal-for-revealing-source-of-dnc-emails_2877931.html
Will Assange Be Offered a Plea Deal for Revealing Source of DNC Emails?

http://www.theepochtimes.com/the-spygate-insurance-policy-coup-never-had-a-chance_2841536.html
The Spygate ‘Insurance Policy’ Coup Never Had a Chance

http://twitter.com/drawandstrike
Twitter by Brian Cates

アサンジ逮捕後、一般に「身柄を米国に送致されたら終わりだ」みたいな印象が
流布しているが、実のところ、米国に送致され起訴されてもアサンジは重罪に問
われない。無罪で終わる可能性すら意外に高い。ウィキリークスに持ち込まれた
機密情報を公開するだけなら、その情報公開が米政府などにとってどんなに危険
なものであろうが、米国で罪に問われることはない。機密情報の公開が、米国民
の知る権利を満たすための報道の自由に沿ったものであるなら、米憲法修正第1条
に記された合法な行為であり、犯罪に問えない。ウィキリークス(反軍産)と
米マスコミ(軍産傀儡)は、リークされてきた機密情報を必要に応じて公開する
「ジャーナリスト」として同じ権利を持っている。国防総省のサーバーに侵入し
て機密情報を盗んだマニングは、軍事法廷でスパイ罪に問われて35年の禁固刑
を受けた(オバマが政権末期に恩赦して7年に短縮)。だが、アサンジはジャー
ナリストとみなされるのでスパイ罪を適用されない。

http://www.zerohedge.com/news/2019-04-12/no-constitutional-difference-between-wikileaks-and-new-york-times-dershowitz
'No Constitutional Difference' Between WikiLeaks And New York Times: Dershowitz

http://www.wsj.com/articles/julian-assange-arrested-in-london-11554976241
WikiLeaks Founder Arrested, Charged With Computer-Hacking Conspiracy

アサンジが受けた容疑は「マニングが国防総省のサーバーに不正侵入することを
けしかけ、手伝った」という、サーバーへの不正侵入を罰する法律( Computer Fraud and Abuse Act )に基づくものだ。この法律だと最長でも5年半の禁固刑
だ。米国の検察は、アサンジが匿名のチャットシステム(シスコのジャバー)を
通じてマニングとやりとりし、その中で「グァンタナモについての機密情報も送
った方が良いか」と尋ねたマニングに対し、アサンジが「好奇心はとどまるとこ
ろを知らないので、あっても良いかも」という感じの返答をしたのが「マニング
に不正侵入をけしかけた」ことの証拠であると主張している。だがチャットは完
全匿名であり、マニングがチャットでやりとりした相手が本当にアサンジだった
のかどうか立証されていない。しかもマニングは、こうしたやりとりの前にウィ
キリークスに膨大な機密情報を送りつけている。マニングの「犯行」の大半はア
サンジからけしかけられたからでなく、マニング自身が一人で考えてやったこと
だ。これらの理由から、アサンジは無罪もしくは微罪で終わる可能性が高い。

http://www.zerohedge.com/news/2019-04-11/dojs-entire-case-against-assange-hinges-one-critical-piece-evidence
The DOJ's Entire Case Against Assange Hinges On This One Critical Piece Of Evidence

http://newrepublic.com/article/153558/us-charges-julian-assange-well-exactly
U.S. Charges Julian Assange With ... Well, What Exactly?

米民主党やその系統のリベラルな米マスコミ(NYタイムス、ワシポス、CNN
など主流各社)は、かつてアサンジを支持していた。だが16年の大統領選で
DNCメール事件が起こり、アサンジがDNCとクリントン(=軍産)にとって
不名誉なメールの束をウィキリークスで公開した後、民主党とリベラルマスコミ
はアサンジを敵視し始めた(トランプはウィキリークスを礼賛した)。これ以来、
リベラル系の米マスコミは「アサンジをDNCメール事件で起訴断罪すべきだ」
と主張し続けている。だが実のところ、DNCメール事件は、軍産側が引き起こ
した内部犯行あるいは自作自演の事件であり、アサンジは合法的な「ジャーナリ
スト」として機能しただけの第三者だ。今回のアサンジ起訴からもDNC事件は
外されている。

http://original.antiwar.com/cook/2019/04/12/after-7-years-of-deceptions-about-assange-the-us-readies-for-its-first-media-rendition/
After 7 Years of Deceptions About Assange, the US Readies for its First Media Rendition

http://www.wsj.com/articles/accountability-for-assange-11555023206
Accountability for Assange

民主党やリベラル米マスコミは、DNCメール事件を機にアサンジを敵視(さか
うらみ、逆切れ)しており、売られた喧嘩を買いたがるアサンジも民主党や米マ
スコミを嫌っている。こんな状態の中で、トランプの米政府がアサンジを米国に
連行してくる。すでに書いたようにアサンジの罪状は、微罪もしくは無罪であり、
アサンジは濡れ衣を晴らし、犯罪者から英雄に変身していく可能性が高い。しか
し、アサンジに濡れ衣を着せた民主党や主流マスコミはアサンジとの敵対を解消
できず、アサンジはDNCメールを漏洩した真犯人の名前を言うことで、民主党
や主流マスコミに一矢報いるかもしれない。これは、トランプを有利にする。
トランプは、アサンジを自分の政争のエージェントとして使っている。

http://www.cbc.ca/news/world/julian-assange-arrested-london-hero-or-villain-reputation-1.5095027
How the liberal tide turned against Julian Assange and WikiLeaks

アサンジ逮捕の直後、トランプは「私はウィキリークスについて知らない。(ア
サンジ逮捕は)私がやったことでない」と、逮捕から距離を置く発言を放った。
これは、選挙戦時代にトランプがウィキリークスを礼賛していたので、今になっ
て逮捕するとは何事かと政敵やマスコミから非難されるためだ。加えて、アサン
ジが無罪や微罪で終わる可能性が高いので、あらかじめ逃げを打っておく意味も
ある。実際のところ、アサンジ逮捕はトランプが以前から計画し、今の時期を見
計らってやったことだ。トランプは昨年3月、アサンジに対する起訴状を司法省
に作らせている。ちょうど、DNCのメール漏洩はロシアが犯人でなく内部犯ら
しいと米諜報界(軍産)が認め始めた時期だ。トランプはそれ以来、ロシアゲー
トの濡れ衣が晴れて自分が優勢になるのを待っていた。

http://www.zerohedge.com/news/2019-04-11/julian-assange-arrested-london
Trump Responds To Assange Arrest: "I Know Nothing About Wikileaks"

http://original.antiwar.com/thomas-knapp/2019/04/11/pardoning-assange-would-be-the-first-step-back-toward-rule-of-law/
Pardoning Assange Would be the First Step Back Toward Rule of Law

アサンジが米国の敵とされたのは、トランプ就任よりはるかに前、マニングが
75万件の機密情報を漏洩させた2010年のことだ。当時のオバマ大統領は
「ジャーナリスト」として機能しているアサンジの訴追が困難であると判断し、
起訴を見送った。それから8年も経ってトランプは、オバマが検討したのと同じ
罪状でアサンジを起訴することを決め、1年後の今になって逮捕に踏み切った。
トランプは、アサンジが微罪か無罪で終わることを知りながら動いている。これは
司法でなく政治の事件だ。アサンジが微罪や無罪で終わると、マスコミは「トラン
プの責任だ」と騒ぐだろうが、この事件でより大きな被害を被るのはマスコミや
民主党、軍産・諜報界の側だ。トランプではない。

http://www.irishtimes.com/news/world/europe/democrats-want-assange-held-accountable-for-hacking-their-emails-1.3858947
Democrats want Assange held accountable for hacking their emails

http://nationalinterest.org/print/feature/what-does-assange-arrest-mean-press-freedoms-america-52037
What Does the Assange Arrest Mean for Press Freedoms in America?

16年に表面化したDNCメール事件では、クリントンやバイデンといった民主
党の主流派(軍産エスタブ、覇権運営勢力)が、サンダースら党内の草の根の左
派を妨害していたことが暴露された。それから3年たち、民主党内では左派が台
頭し、主流派が退潮している。党内では、左派と主流派の主導権争いが続いてい
る。今回、アサンジが米国に連行されてきてDNCメール事件の真相をさらに暴
露していくと、民主党の主流派がいかに汚いことをやっていたかが露呈し、民主
党内の政争で左派が主流派を追い落とす傾向に拍車がかかる。これは、米政界内
で軍産の居場所がさらになくなることを意味する。共和党はすでに「トランプの
党」であり、軍産は民主共和の両党から追い出されていく。AOC(オカシオコ
ルテス下院議員)ら民主党左派は、米国の自滅に拍車をかける「トランプ革命
(多極化)の別働隊」である。

http://tanakanews.com/190319brandon.php
世界経済のリセットを準備する

http://www.zerohedge.com/news/2019-04-12/trump-approval-rating-hits-record-high-independents-surge-after-mueller-report
Trump Approval Rating Hits Record High As Independents Surge After Mueller Report

ここまで、アサンジが米国に送致され起訴されることを前提に延々と書いてきた
が、アサンジは米国に来ない可能性もある。英国では労働党が「アサンジを米国
に送致すべきでない」と言い出しているし、フランス政府も「アサンジから申請
があればフランスへの亡命を受け入れる」と言っている。新たな事態は、まだ始
まったばかりだ。

転載終了



posted by 秀さん at 01:58| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナムで政治・経済雑感編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

第117回ホーチミン品友会開催のお知らせ編

失念爺の秀さんですわ。
案内が遅れて誠に申し訳ございません。
バタバタですが・・・お参加をお願い申し上げます!



第117回ホーチミン品友会開催のお知らせ

日時 2019年4月13日(土) 午後7時〜

場所 肴や(ATEYA) 50 Mê Linh, Phường 19, Q. Bình Thạnh (37 Phạm Viết Chánhのコンビニ(ミニストップの直ぐ近く)
電話 0125 200 4323

予算 40万ドン前後を予定

3月12日(金)午前中くらいまでにご参加の可否をブログ下にあるコメント欄にお書き頂くか または ymt@yhk.com.vn(秀さん)まで
ご連絡をお願いいたします。

初参加の方も大歓迎です。
皆さまのご参加をお願い申し上げます。

posted by 秀さん at 21:44| ハノイ ☀| Comment(3) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

下の孫も幼稚園篇

普通は3歳から幼稚園ですがホーチミンにいるのも1年を切った(秀さんは残りますぞぃ)ので兄弟でホーチミンの幼稚園に一緒に通うのも良いかな?と思い2歳から通園することになりました。

その下の孫のター君の入園式ですが息子は土日は仕事なので爺が同行しましたぞぃ。
にやけた秀爺の写真と共にご覧あれ!

孝寛入園式2019.jpg

また、リクエストがあった元捨て猫のチーの最近の写真も併せて添付します。

IMG_1972.JPG

参加された親御さん達の年齢が若いというか爺様で来ているのは秀さんだけで・・・・
ベトナムでよくある爺と若い娘の歳の離れた国際結婚か! と思われたくないのか義娘のVちゃんはことさらお義父さん お義父さんと人前で呼ぶのであります。
歳の差結婚もベトナムでは珍しくないので仕方がないことですがね!

過去、ある場所で4歳くらいの女の子を連れた初老の方にお会いした時にお孫さんですね! といったところ娘です! と言われむっとされたことがあり秀さんとしては要らぬことは言うまいと反省したことがあります。へい


2歳児3歳児ばかりの入園式ですので大泣きする子も多々おりまして喧噪の中での開催ですわ。
秀さんの心配は上のマー君とはちがい下のター君はめちゃ強いというか全て自分の物だと思っているふしがあり幼稚園のおもちゃも独り占めしてしまう、それに逆らう者は押さえつけるのではないかと・・・今から心配するほど自我が強いことです。
同じ孫でも上と下では性格はまったく違うのであります。面白いもんですねぇ

上のマー君は怖がり気弱で優しい性格ですが下のター君は怖いものなし、俺が一番じゃぃ! の性格です。
運動神経も下の方が格段に上のような気がします。

5歳と2歳半ですが兄弟仲は良く二人で何がおかしいのかよく笑いながら遊んでいます。
秀さんの部屋のベッドで二人してお絵かきをするのは良いのですがシーツがクレヨンだらけになるのが問題ですわ。
孫がこんなにかわいいものとはなってみるまで分からないものですねぇ、いつまでも兄弟仲良く将来助け合って協力して行ってくれたらなぁ〜 と爺の秀さんの希望です。

ほい、本日は孫バカ爺さんのブログでした。


ではまた次回



posted by 秀さん at 02:36| ハノイ ☁| Comment(4) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

日本は春ですがベトナムは雨季の始まりです編

秀さんの一番好きな季節が春です。とは言ってもそれは日本の四季での話ですがね!
ここベトナムには四季なんてものはありゃしません、二季ならあります。

雨の降る夏と雨の降らない夏ですわ

これからホーチミンは雨季の季節に入っていきます。
ついこの前テトだ旧正月だと言っていたのですがもう4月です。
時の過ぎゆくスピードは歳を重ねるに従い早く感じられます。

ふと松尾芭蕉の奥の細道の序文の句が浮かびましたわ。

「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり」


月日というのは、永遠に旅を続ける旅人のようなものであり、来ては去り、去っては来る年もまた同じように旅人である。
へい、まさにそのとおりですね。

芭蕉は45歳で奥の細道の旅に出て50歳で’病に倒れて亡くなる前に読んだ辞世の句が

「旅に病んで 夢は枯野を かけ廻る」


現在とは違い平均寿命が短かった時代の話ですが、いやはや何ともすがすがしい生き方に秀さんはめちゃ感銘を受けるのであります。
この年齢で達観していたというか天賦の才能と多次元からものごとの本質をみるその洞察眼、卓越した表現方法は素晴らしくまさに天才肌の人ですね。

それにひきかえおんとし64歳の秀爺はどうよ・・・
些細なことが気になり世俗の垢に真っ黒になるまで染まったほんに小さな人間ですわ。ったく!

もっと心大きく広く泰然自若とした生き方が出来ないものかと思うのですが生まれ持ってのこの性格の変身は’無理なようです、へい

孫二人の屈託のない笑い声や遊び声は汚れを知らず怖いものを知らずで大きく広がる大空みたいな自由闊達な気持ちに満ち溢れています。
秀さんもそんな時期があったのでしょうが当然思い出せません

日々熱気に満ちた喧噪の街、ホーチミンに住んでいると 静寂 という言葉はこの国の辞書にはないのだろう・・・なんてことを考えてしまいます。

昔会社が倒産して無一文になった時に、秀さんの地元の人しか知らない皿倉山(標高622m)に何も考えずに1ヶ月ほど毎日早起きして登ったことがあります。緑の木々の中を登り山頂でにじむ汗を拭きながらただただ自然に身を委ねる心地よさに日々の嫌なことは忘れてしまいました。

ここホーチミンではひょいっと 山登りに出かけるなんてことは出来ません。
ほんと山が無い街です、ホーチミン市は
権謀渦巻くレタントン界隈の怪しげなおねえちゃんのいる飲み屋街に繰り出すよりは松尾芭蕉ではありませんが矢立(やたて)でももってひょいと自然を巡る旅にでも出かけられたら良いのでしょうが・・・貧乏様という秀さんに憑りついたなぜか陽気で憎めない神様が中々そうはさせじと頑張っているので今しばらくは自然散策はお預けですわ

やれやれまた訳のわからない投稿になってしまいましたねぇ

四季を感じられる日本にお住いの方々へ、良い国です日本は!

ということで本日はこれまで!





posted by 秀さん at 04:07| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村