2020年06月24日

VAPEで虫よけじゃあるまいし・・編

たばこの代わりに数ヶ月前からVAPEに変えた秀さんですが・・・
今まで使っていたVAPEのPEN型機械に合うコイルがベトナムでは売っていないのが問題ですわ。

そこで、あれこれ思案橋ブルースしましてね、新しいVAPEを買おうと思いやけに安い価格のものがnetであったので飛びついてしまいました。

その結果は・・・へい、安物買いの銭失いとはそのまんま秀さんのことでありまして届いて来たものをみたら、あ〜た ほとんど味がしない粗雑な作りのコピー品ではありませんか!

スタッフにLAZADAで買ったから安心していたのに・・・と言ったところベトナムじゃLAZADAやショッピーは中国製のコピーがめちゃ多いとのこと、アマゾンもしかりとのことで店に行って買えばよいものを横着して慣れもしないベトナムのwebでコピー物をつかまされる羽目に陥ってしまった世間知らずの爺さんですわ ったく!

仕方がないので別のものを購入したのですが、今度は今までのものとは味が違う、リキッドは同じものなのに機械によってこんなに違うとは思いませんでしたわ。

そこでベトナムで売っているバニラ風味のリキッドを購入したのですが中に入っている食品用グリセリンの甘さがどうも気になってまたまた思案橋ブルースその2ということになりましてね

何か解決策はないかと無い頭を絞った結果、メンソールを足せば良いんじゃね ってことでメンソールを

(秀さんのガキん子のころはこれをはハッカと呼んでおりましたわ、それを知らない子供は友達からハッカではなくバッかかぁと・・・)

買ってきてリキッドに足したのですが・・・

どのくらい入れたら適量なのか事前に良く調べておけば良いものを・・・・適当に入れたらメンソールが強過ぎ 強烈! 

お前は虫よけ吸っているのかという状態になってVAPEではなくペーブになってしまいましてね、最後には頭に来てVAPEの機械やリキッドごと壁に投げつけて ハッカい、いや間違い 破壊しました というのは真っ赤なウソですが一体全体わたしゃ何をやっているんでしょうか? とめちゃ落ちこんでいる秀さんですわ。

まぁ、何事も経験 とは言われますが、やはり頭の悪い人間は賢い人の何倍も、いや何十倍もしなくて良いアホな経験と要らぬ出費を生むのであります。当然の帰結としてお金を浪費してしまい、その結果いまの貧乏生活が生じているわけであります。

物事の結果にはすべて最初にそうなる原因があるわけですが、秀さんの場合は頭が悪い! という一言に尽きる。


おお! 孫たちよ! こんな人生を送らないように・・・網とカゴを持って裏庭に行き精力・根性込めて全力で蝉を取りなさい、そうすればだんだんと頭が良くなると思う・・・



で、その心は・・・・


真剣蝉! じゃない進研ゼミ ってアホなことをいって本日は自分自身を慰めます へい





posted by 秀さん at 00:56| ハノイ | Comment(4) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

知らぬ間に気を張り詰めているベトナムでの生活編

義娘のVちゃんといつものように1日のお互いの報告を兼ねてLINE会話、孫の様子や天気の話、
昨年の11月に日本での生活を始めてから半年くらい経ったねぇ〜 なんて他愛の会話ばかりですわ

そんな中でVちゃんが、コロナの影響でベトナムに帰国できないのは寂しいけれど、毎日ここ(福岡北九州市)で生活してみて感じることは知らない者同士が道で互いに笑顔であいさつをするのが最初は不思議で驚きだったが今では皆人柄、もしくは地域の雰囲気が良くて心地よいのだと・・・言っておりました。

ふと、ベトナムでの出来事と重ね合わせてみたそうな・・・

今秀さんが住んでいるアパートの電気温水器が故障したのでVちゃん経由でVちゃんの兄弟が修理の手配をしたのだが・・・業者が工具の忘れものをしたらしく2度手間をかけたからか午前中、最初に言っていた金額より10万ドン高い金額をこっそりと請求書に書いた
最初言っていた金額は110万ドンだったでしょう、覚えているわよ! 勝手に金額上げないでよ ・・・ということがあった。

道を歩けばバイクや車優先が当たり前、何でも我先にと・・・あまり人様のことは考えない人が多い、町中バイクだらけでクラクションの音を鳴らしまくって ほらどけ! おらおらそこどかんかい! といった喧騒が当たり前
無論、知らない人と道ですれ違っても挨拶なんかしない、そもそもそんなに道を人が歩いていない、いや歩けないのだが・・・
エレベーター下りるのに乗る人間が我先にと押し寄せて下りるに降りれないことはしょっちゅうあるが当たり前だと驚かなかった・・・

その他いろいろ


いったい、Vちゃんは何が言いたいかというと・・・・

ベトナムにいた時はそういうことに慣れっこになって知らず知らずの内に自分でも気を張り詰めていたのかなぁ〜?

今の家に住んでから毎日のように買い物や子供の通学の付き添いや出迎えに近所に行くが、みなさん優しくて笑顔で道を譲ったり挨拶したするのが当たり前なのが嬉しいし 住んでいて気持ちが良いの・・・お義父さんと言うではありませんか!

秀さんが一番最初にベトナムに来た時のカルチャーショックとは逆のカルチャーショックみたい・・・

望郷の念でそりゃ、ベトナムの親や兄弟友人には会いたいけれど・・・・今ここでの生活は落ち着きがあって当初思っていたよりはすごい気持ちが楽と言っておりましたぞぃ!

まぁ、秀さんの田舎は爺婆ばかりで尖がった人がほとんど居ないのもあるでしょう、また北九州特有の情に厚い土地柄もあるでしょうが
義娘からそう言われりゃ 単純に嬉しくなっている秀さんですわ だんだんと日本での生活に馴染んでいるようで何よりですわ へい


ベトナム人でさえ、大都会ホーチミンでの生活は気を張って生きていかなければならないのなら・・・我々日本人はなお更ですね!
日本人的なゆったり感を長いホーチミン生活で忘れてしまった秀さんですのでVちゃんの話には考えさせられる面がありましたぞぃ

ということで本日の、北九州良いとこ一度はおいで こりゃよい良い という話でした〜

また、次回まで




おまけ!
お揃いの服を自分で縫った写真

おそろいの服.jpg


posted by 秀さん at 04:55| ハノイ | Comment(4) | ベトナム生き方編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

NETFLIXは解約してU-NEXTに変更した編

やはり欧米系の配信サービスなのかこれと言った番組を観てしまったらあとそれほど興味が湧かないので有線さんがやっているU-NEXTに切り替えましたわ。

海外在住なのでそのままでは視聴できないのでVPNをかましてベトナムで観ております。VNPは筑波大学がやっている無料のVPNサービスですわ。

主にドキュメンタリーが好きで最近ではNHKオン・デマンドの各種ドキュメンタリー番組を観ております。


はぁ〜 ふぅ〜


要はひとり身の生活の寂しさのつれずれに手紙を書く代わりにU-NEXTですわ


退屈しのぎにこんなもの観ているようじゃ棺桶も近いかもね? それで 棺桶に入るのは次はお前の番じゃ ってことで 

U-NEXTかいな! ってまたバカなことを言ってしまう己が怨めしい  へい


しかし、なんかいいことないっすかねぇ? 

と聞いてみたところで じゃぁ お前のいいことって何よ と問われれば 金? 女? 地位? 

金ってものは円も無けりゃ ドンもないですがな、

女? 家族構成を考えると想像するだけで顰蹙を買いそうでまたそんな自信ももありゃしません

地位? そりゃ一体なんですの? の秀さんですので関係ありませんな! 昔飼い猫で チィ〜 という猫はおりましたが・・・


早い話が良いこと=望むもの と考えると何もないのですわ 
贅沢しなくても構わない 女の人にモテる気力体力精力勢力いずれも無し、
地位や権威なんてものにそもそも何も感じない秀さんですので いずれも必要なし! という結論になってしまいます。

日々生きていますとそりゃ何かと問題が起きるのがここベトナムですが どんなことになっても命までは取られやしないですし、仕事に命を懸けるなんて顎がはずれそうなことは20年前に卒業したし、結局平々凡々な生活が性にあっているのでしょうかねぇ

でも一人はやはり寂しい、そんでもって毎日のように息子の嫁や孫たちにLINEをかけるのですが・・・・
暇な爺さんの相手するのも大変なのか、特に孫はTV-ゲームの方が爺より良いわ! なんて態度で悲しくなってしまう秀さんでごわす

会社の社員さんたちも今では要介護老人扱いで秀さんに対応しておりますわ

そう考えると・・・・爺って寂しい生き物ですねぇ 特に秀さんのように死に別れた爺は 何〜んにも ありゃしませんわ!

でも何もないのが幸せなのかもね? だって昔の破産時代のことを考えれば心の軽さは100倍幸せですもん!

コロナが終わり日本に帰省するのが今のところ第一希望ですわ 

まったく小市民的なささやかな望みですねぇ

家族との何気ないふれあいが一番の幸せ という秀さんですが飲みに出かけると人がころっと変わる この性格さえ治せば皆様から好かれる良い爺になること間違いなし! ・・・と思いたい へへい

それじゃ 本日はこの辺で






posted by 秀さん at 01:20| ハノイ ☀| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

コロナウイルスに関しての田中宇さんの記事の転載です編

孫の話しか書くことがないので手抜きの転載記事ですわ。

確かにコロナに関しては大騒ぎし過ぎと秀さんも思っております。
表に現れる発表と裏の情報は違うことを我々一般ピーポゥは考えなければなりませんねぇ
それにしても世界中てんやわんやのふりをして今後将来どうしたいいのかあほな秀さんにはよくわかりませんが
まぁ、凡夫は凡夫らしく平々凡々に悪いことをせず生きていくしか方法がないですね!


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
★新型コロナの脅威を誇張する戦略
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年3月、欧州のデンマークの政府が新型コロナウイルスへの対策を決め
ようとしている際、政府内の保健省の専門家たちが「新型コロナは、感染時の重篤性が
あまり高くなく、致死率もそれほど高くない。それほど危険な病気でないので、
人々の外出禁止や集会禁止、店舗や企業の強制閉鎖などの都市閉鎖策をやる必要
はない」という見解を保健省としてまとめた。だが、フレデリクセン首相をはじ
めとする政府上層部はこの見解を拒否し、与党を巻き込んで議会で保健省の政策
決定権を剥奪して実権のない顧問役に格下げする非常事態法を制定し、都市閉鎖
策を強権的に実現した。当時、保健省の役人側の専門家のトップである次官
(Per Okkel)が、政治家である保健省の長官(Soren Bostrom)に対して「政治面
のアドバイスをする時は専門家としての判断を停止することにした(専門家から
見て間違っている都市閉鎖策を政府が挙行するのを保健省は看過せざる得ないの
で、われわれ保健省の専門家は、専門家としての思考を停止することにした)」
という趣旨の抗議・皮肉的な電子メールを送った。

http://www.thelocal.dk/20200529/leaked-emails-show-how-denmarks-pm-steam-rollered-her-own-health-agency/amp
Leaked mails reveal battle over Denmark's lockdown

最近になって、世界的に、コロナの致死率が実際よりはるかに大きな数字として
誇張されてきた(コロナ以外の死因の死者が多数コロナの死者として計上された
り、致死率の分母である感染者数が実際よりはるかに少なく見積もられてきた)
ことが発覚し、都市閉鎖策をやるほどの病気でなかったという議論が、世界的に
専門家たちの中から出てきている。都市閉鎖策は、経済破壊と外出禁止による失
業急増やコロナ以外の健康被害、精神的打撃などの人々への悪影響が巨大であり、
コロナ以外の死者が急増する愚策だ。都市閉鎖策は、コロナ自体の解決策として
も不必要に事態を長期化させる(一時的に感染拡大が減るが、都市閉鎖を緩和
すると感染が再拡大し、何年も閉鎖と経済停止を続けねばならない)。都市閉鎖
策はひどい失策だという指摘が世界的に増える中、3月末に保健省の次官が長官
に送った抗議皮肉のメールが先日、地元の新聞にリークされ、デンマーク政府の
政治家たちが保健省の専門家たちの意見を抑圧して愚策の都市閉鎖策を強行した
ことが明らかになった。

http://www.zerohedge.com/health/its-all-bullsht-3-leaks-sink-covid-narrative
"It's All Bullsh*t" 3 Leaks That Sink The COVID Narrative

似たような話が最近、ドイツでも暴露された。ドイツ政府の内務省では専門家た
ちを集め、独政府のコロナ対策を評定する報告書を作らせた。報告書は、新型コ
ロナが毎年流行するインフルエンザなど一般的な他の病気のウイルスと同程度の
危険性しか持っていないのに、コロナがとんでもなく危険な病気であると誇張さ
れ、その誇張をもとに悪影響が巨大な都市閉鎖策が行われてしまったと指摘して
いる。報告書は「コロナで死ぬ人は、もともと他の持病などで今年じゅうに死ぬ
ような人々であり、コロナは、それ自体だけで死ぬ人がほとんどいない重篤性の
低い病気だ」「コロナに関しては、国家が最大のフェイクニュースの発生源だ」
「コロナの都市閉鎖のせいで病院に行けないコロナ以外の病人が急増、ガンなど
の手術が延期され死者が増えている」「政府は、都市閉鎖すべきでないと指摘し
た政府内の専門家の忠告を無視して都市閉鎖を挙行した」「都市閉鎖の悪しき副
作用が今後何年も続く」とも指摘。ドイツを含め世界的に採られている都市閉鎖
策を厳しく批判している。報告書の内容は、コロナ危機の発生以来、私が米欧の
オルタナティブメディアなどを見て書いてきた分析と大体同じだ。

http://www.strategic-culture.org/news/2020/05/29/german-official-leaks-report-denouncing-corona-as-global-false-alarm/
German Official Leaks Report Denouncing Corona as ‘A Global False Alarm’

報告書は5月初めに完成したが、内務省の最上層部(大臣ら政治家)は報告書を
公表しないことを決めた。内務省内には、鋭く厳しい内容の報告書を隠蔽しよう
とする最上層部のやり方に不満な勢力がおり、彼らは報告書をマスコミにリーク
した。ところがマスコミは最上層部とぐるで、もらった報告書について報道しな
かった。仕方がないので内務省筋はドイツのオルタナティブメディアに報告書を
リークし、こちらは報道された。この報道に対し、内務省の副大臣(Gunter Krings
国会議員)は「これは、省内の個人が勝手に書いたもの。妄言の陰謀論であり、
まじめに検討すべき内容でない」と、報告書を陰謀論扱いして取り合わなかった。
マスコミも、オルタナティブメディアの後追いで報告書の存在を短く報じたが、
その内容について分析や議論をすることを避け、事実上無視した。報告書を
リークした内務省内の専門家(Stephen Kohn)は更迭された。

http://www.ichbinanderermeinung.de/Dokument93.pdf
KM4 Analyse des Krisenmanagements

人類の多数を占める、政府やマスコミの発表を鵜呑みにしている軽信的な人々か
ら見れば、デンマークとドイツの事例はいずれも政府上層部の方が正しく、反対
論を出して潰された政府内の専門家たちの方が「陰謀論者」であり間違っている。
「どんな事案でもおかしな異論を言う少数派がいる。そういう奴らは潰されて
当然」「コロナはとても危険な病気なんだから都市閉鎖は当然だ」という話で終
わる。しかし、コロナ関連のこれまでの私の記事を読んである程度納得している
人は「新型コロナの危険性は大したものでないのに、各国政府はコロナの危険性
を誇張し、まっとうな反対意見を出す専門家たちを陰謀論扱いして潰し、悪影響
がものすごく多い愚策の都市閉鎖策を強行した」と思うだろう。これは「闇夜の
枯れすすき」を「単なる枯れすすき」と見破れるか、扇動されて「恐ろしい化け
物」に見えてしまうか、という話だ。

http://tanakanews.com/200516lockdown.htm
都市閉鎖の愚策にはめられた人類

http://tanakanews.com/200529corona911.htm
911とコロナは似ている

ロシアでは5月末、政府のコロナ関連広報の責任者であるミャスニコフ
(Alexander Myasnikov。医師・元テレビタレント)が、ロシア人にコロナに関す
る「正しい知識」を教えるためのテレビのインタビューの中で、コロナの危険性
についていろいろ語った後、最後にすでにインタビューが終わってテレビカメラ
が止まっていると勘違いしたミヤスニコフが「すべてはインチキな話だ。すべて
誇張されている。本当は、致死率がとても低い感染症なのに。なぜ、こんな大し
たことない病気への対策として、世界を破壊せねばならないのか。私自身、理解
できない」と本音を言ってしまった。この出来事からは、ロシアでも、ドイツや
デンマークと同様、プーチン大統領ら政府上層部が、コロナの危険性を誇張して
悪影響ばかり多い都市閉鎖策を続けていることがうかがえる。

http://www.themoscowtimes.com/2020/05/27/its-all-bullsht-russias-coronavirus-information-chief-says-of-virus-fears-a70398
‘It’s All Bullsh*t,’ Russia’s Coronavirus Information Chief Says of Virus Fears

ドイツやデンマークやロシアは、3月後半から4月前半にかけて、都市閉鎖の策
を開始した。この時期に英国や日本、フランス、イタリア、スペイン、米国など
世界の多くの国々が都市閉鎖策を開始した(日本は強制の少ない準都市閉鎖)。
時期的な一致から考えて、各国はバラバラに検討して都市閉鎖策を決めたのでな
い。当時、都市閉鎖策が妥当かどうか世界的・国際的に議論された痕跡もない
(国際議論があったなら非公式でも全く秘密裏でなく、何らかの情報が流布した
はずだが、何も出ていない)。考えられる筋書きとして、米国の覇権運営筋
(米英、軍産複合体、トランプ。トランプに乗っ取られた軍産)が、同盟諸国や
非米諸国を加圧したり説得したりして全世界を都市閉鎖策に誘導した、というシ
ナリオがある。国際社会、とくに同盟諸国をある方向に隠然と誘導する策をやれ
るのは軍産しかいない。生物化学兵器を研究している米軍や、世界中のウイルス
研究所にスパイに仕立てた研究者を潜り込ませている米英諜報界も軍産の一部な
ので、武漢でのコロナ危機の発症から軍産が手がけた可能性すらある。

http://www.webnewsys.com/2020/05/many-us-states-have-seen-lower.html
Many US states have seen LOWER infection rates after ending lockdowns that are are now destroying millions of livelihoods worldwide, JP Morgan study claims

米国(米英)の覇権運営筋である軍産はこれまで3回にわたり、覇権を強化する
ために脅威を誇張してきた。(1)第2次大戦の敗戦国となった独日の「悪さ」
を誇張して「永久の極悪」のレッテルを貼り、独日を半永久的に米英に従属させ
たこと。(2)ソ連やロシアの脅威や悪さを誇張して冷戦構造を作り、西側諸国
に対米従属を強いたこと。(3)911事件の犯人像を歪曲し、アルカイダなどイ
スラムテロの脅威を誇張して「テロ戦争」の構図を作り、世界各国をその構図下
に従属させようとしたこと。以上の3回のやり口と、今回のコロナの脅威の誇張
のやり口の類似性から考えても、コロナ危機の「解決策」として世界に都市閉鎖
を隠然と強要したのは軍産だと考えられる。

http://www.zerohedge.com/health/cdc-admits-covid-19-antibody-tests-are-wrong-half-time-virus-isnt-deadly
CDC Admits COVID-19 Antibody Tests Are Wrong Half The Time & Virus Isn't That Deadly

軍産は以前から、世界的な感染症(パンデミック)が起きた場合、その危険性を
誇張しつつ、同盟諸国や国際社会の全体に同じ対策を取らせ、世界的な感染症対
策を口実に世界政府的な覇権機能を行使・拡大する策を持っていた。米国のジョ
ンズホプキンス大学やMITなどの軍産の「研究(と称するプロパガンダ発案)
機関」が、それっぽいシナリオを何度も出してきた。Jホプキンスは昨秋、今回
のコロナ危機を先取りするかのようなシナリオを出している。シナリオは以前か
ら繰り返し出されてきたが、パンデミックが本当に覇権運営の道具に使われたの
は今回のコロナ危機が史上初めてだ。新型コロナの都市閉鎖策が持つ強烈な国際
政治性(パンデミック対策として頓珍漢なのに上から国際的に強行されたという
面)と比べると、以前のスペイン風邪もHIVエイズも、それほど国際政治的に
使われていない。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-8278009/it-TWO-MILLION-deaths-reach-herd-immunity-political-scientists-say.html
It could take TWO MILLION deaths across the US to reach herd immunity says political scientist at Johns Hopkins

覇権運営権を握る軍産の目標は従来、米国(米英)覇権の維持拡大だった。しか
し今回のコロナ危機の対策として世界的に上(軍産)から強要されている都市閉
鎖は、長期的に、世界経済を破壊して米連銀のQE急増からドルの基軸性喪失・
米経済覇権の崩壊につながり、世界各国をバラバラな人的鎖国状態にし続けるの
で政治諜報的にも米覇権低下を加速する。都市閉鎖は軍産の目標と正反対に、米
国覇権を自滅させる。世界への都市閉鎖の強要は、やり口から見て軍産の仕業だ
が、損得の道理からは軍産の仕業と考えにくい。

http://www.zerohedge.com/health/500-doctors-write-trump-warning-lockdown-will-cause-more-deaths
500 Doctors Write To Trump Warning Lockdown Will Cause More Deaths

この矛盾点は、すでに私の中で解決している。トランプ米大統領は、軍産と米国
覇権体制を潰して、世界の体制を軍産製の米単独覇権から、軍産登場前の多極型
(ヤルタ体制)に戻すために当選・就任した。トランプ当選後、軍産はロシアゲ
ートなど濡れ衣的な事件を作ってトランプを潰そうとしたが、この暗闘は逆にト
ランプの勝利となり、軍産は弱体化した。トランプは、弱体化した軍産を乗っ取
り、軍産の皮をかぶって軍産的な戦略を過激に稚拙にやって意図的に失敗させる
ことで、米国覇権と軍産を自滅させようとしている。軍産の皮をかぶったトラン
プによる覇権自滅策の一つが、コロナ危機で世界に都市閉鎖を強要することだっ
た(ほかに、中国敵視を強化して中国を対米自立させる策などがある)。軍産(
に入り込んだ多極派)が自滅策をやるのはトランプが初めてでなく、ブッシュ政
権のネオコンによるイラク戦争が先例としてある。トランプはネオコンのバージ
ョン2である。

http://www.zerohedge.com/political/unspoken-reason-lockdowns
The Unspoken Reason For Lockdowns

http://tanakanews.com/190527spygate.htm
スパイゲートで軍産を潰すトランプ

トランプに乗っ取られた軍産(軍産の皮をかぶったトランプ)は、どうやって各
国政府の上層部に、経済自滅を引き起こす都市閉鎖策をやらせるように仕向けた
のだろうか。ひとつ考えられるのは、情報や印象を歪曲する軍産の策を駆使して、
各国政府の上層部が誇張された新型コロナの脅威を信じ込み、自国政府内の専門
家たちの反論を軽視無視抑圧するよう誘導した、という筋書き。もうひとつ考え
られるのは、有事体制である都市閉鎖策をとることで各国の権力者や与党が強く
なり、野党や反対派を抑えられる点だ。ドイツのメルケルはもともと軍産系の
権力者だが、コロナ危機前に落ち目で、若手への権力継承を迫られていた。しか
し、都市閉鎖策の導入とともに権力を再掌握して強くなった。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-8347635/Lockdowns-failed-alter-course-pandemic-JP-Morgan-study-claims.html
Lockdowns failed to alter course of pandemic, JP Morgan study claims

http://tanakanews.com/180724trump.htm
軍産の世界支配を壊すトランプ

日本は、日米同盟の維持と引き換えに準都市閉鎖(非常事態宣言)を強要された。
英国も、米国との同盟維持と引き換えに、集団免疫策を引っ込めて都市閉鎖策を
やった。いずれも、都市閉鎖の自滅性をしりつつも、それより米国との同盟関係
を重視せざるを得なかった感じだ。米国自身も都市閉鎖策を導入し、その結果、
大量の失業と金融のQE依存、各地での暴動発生など、覇権の自滅への道を着々
と歩んでいる。

http://www.bloomberg.com/news/articles/2020-04-28/top-aide-to-u-k-s-johnson-pushed-scientists-to-back-lockdown
Johnson’s Top Aide Pushed Scientists to Back U.K. Lockdown

http://www.zerohedge.com/health/us-dramatically-overcounting-covid-19-deaths
The US Is Dramatically Overcounting COVID-19 Deaths

今回の記事ですでに書いた、ロシア政府のコロナ広報担当責任者であるミャスニ
コフが、テレビ出演時に、コロナの危険性が誇張されて広報されており、都市閉
鎖策がトンデモな愚策であることをうっかり認めてしまったことからは、ロシア
政府の最上層部つまりプーチン大統領が、コロナの脅威を誇張しつつ都市閉鎖を
やる愚策を同意ないし主導していることを示している。ロシア諜報機関の出身で
あるプーチンは、この愚策が米国の軍産(の皮をかぶったトランプ)の誇張策・
歪曲術であることを知っているはずだ。いや、最初は知らなかったので騙された
のか??。ロシアは4月初めから都市閉鎖策を急にやり始め、その時点でミャス
ニコフがプーチンからコロナ広報責任者に任命されてコロナの脅威を誇張した。
だがその後、5月半ばにプーチンは都市閉鎖をやめる方向に転換し、ほどなくし
てミャスニコフがテレビでうっかり(を装って)コロナの危険性が誇張されてい
ることを暴露した。プーチンが一時的にトランプに騙されていたのか、それとも
最初から愚策と知りつつあえて乗っていたのかは不明だ。

http://www.businessinsider.com/russia-coronavirus-info-myasnikov-says-alarm-virus-is-bullsh-t-2020-5
Russia's head of coronavirus info says alarm over virus is 'bulls---' - Business Insider

世界中の諸国が、コロナの危険性を誇張して都市閉鎖をやる愚策に乗ったが、唯
一この愚策を自国に導入するのを拒否し続けたのがスウェーデンだ。スウェーデ
ンは、都市閉鎖の強要以前に欧州などが採ろうとしていた集団免疫策を採り続け
た。軍産傀儡のマスコミやうっかり軽信者たちは、都市閉鎖の愚策性を棚に上げ、
集団免疫策を危険な愚策だと喧伝誹謗し続けている。国際的(軍産的)に信用さ
れている国であるスウェーデンを一定以上誹謗することは難しいので「集団免疫
はスウェーデンの特殊な文化に基づいた政策であり、スウェーデンと文化が異な
る他の諸国にはやれないことだ」という、まことしやかな解説のふりをした大間
違いのプロパガンダも流布している。集団免疫策は、奔放でない慎重な国民性
を持った国なら、どこでもうまくやれる。日本は、4月初めにトランプからの加
圧で都市閉鎖に転向するまで、宣言も検査もしない「こっそり集団免疫策」をや
って成功していた。

http://www.wsj.com/articles/freedom-and-swedens-constitution-11589993183
Freedom and Sweden’s Constitution

http://tanakanews.com/200428corona.htm
都市閉鎖 vs 集団免疫

奔放な民族性のイタリアは、スウェーデンの逆を行っている。イタリアは3月後
半から都市閉鎖をやり、同時にコロナ以外の死因の死者をコロナの死者統計にど
んどん入れることで死者数を誇張し、大変な状態を演出した。イタリアは、ドイ
ツが主導するEUから資金援助をもらうため、この演技を展開した。だが、ドイ
ツやEUはイタリアのインチキな演技を見抜き、思ったような資金援助をしてく
れなかった。あきらめたイタリアは都市閉鎖を解除し、こんどは逆に、できるだ
け早く外国人観光客にイタリアに戻ってきてもらって観光業で稼ぐ態勢に戻すた
め「もうイタリアのコロナ問題は解決した」「イタリアの新規のコロナ感染者は
弱いウイルスしか持っておらず、他人に感染させない」と言い出している。すべ
てはカネだ。軍産との約束も、儲からないなら終わりだ。イタリアは奔放で素晴
らしい。

http://uk.reuters.com/article/uk-health-coronavirus-italy-virus/new-coronavirus-losing-potency-top-italian-doctor-says-idUKKBN2370OP
New coronavirus losing potency, top Italian doctor says


この記事はウェブサイトにも載せました。
http://tanakanews.com/200604corona.htm

以上転載終了


posted by 秀さん at 01:07| ハノイ ☀| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

ビワの実をむしゃむしゃと食べてLINE編

すっかり寂しがり屋の爺になってしまった秀さん、ほぼ毎日のようにLINEで北九州の家族と連絡を取り合っています。

本日、日本の秀さん家族、いや間違い愚息家族は、家の庭で生ったビワの実を結構な数取って来たようでビワをむしゃむしゃと食べながらのLINEでしたわ。

しかし数百個以上もなっているこのビワの木は秀さん家族が植えたものではありません。
以前、20年近く家を貸していたご夫婦の旦那さんが庭いじりが好きで植えたものですわ。
ビワ以外にもあるとあらゆる野菜や果物を植えていたようでそのご主人が他界してからは放ったらかしになっていたので、収穫はほとんど無くなったようですがビワの木だけは根性があるのか亡きご主人を偲んで筑前琵琶を弾いて慰めているのかどうか分かりませんが沢山の実をつけて愚息家族を喜ばせているようです。

特にに愚息の嫁のVちゃんはビワを食べたことがなくえらく気に入っています。
ベトナムにはビワは輸入物以外は売っていないそうでその味を想像するのは難しいとのこと。仮に輸入物のビワを食べようと思ったら1Kgが400万ドン(約19,000円)位すると・・・Vちゃんが言っておりましたぞぃ。

LINE会話の相手をしてくれるのは主にVちゃんだけで孫二人は任天堂ゲームの あつまれどうぶつの森(ただし爺は集まらなくてもヨロシ!)なんてものにはまっておりまして秀さんの相手もなおざり・・・というかちょこっと顔を出したきり暇な秀爺の相手なんかしてくれやしません! 

ふむ~・・・これも成長して行く過程の一コマなのでしょうねぇ

上も下も孫たちには小学校、幼稚園で新しい友達が何人か出来たようで今後ますます秀爺の相手はしてくれないだろうなぁ~ と一人ホーチミンのアパートで寂寥感でむせび泣く・・・

というのは大げさですが一緒に住んでいた家族が離れるとこんなに寂しくなるとは思いもしませんでしたわ。

その寂しさを紛らわすために よしゃ! レ・タントンに繰り出そうなんて元気も最近ではなくなってきております。
軟弱極まりない男に秀さんはなってしまいましたわ、あ~ 情けないたらありゃしない

昔はどんな’ことがあっても男はくっとこらえて耐え抜くのじゃ なんて思っておりましたが、へい 今ではそんなものはどこへやら 
お父さん、そんなに寂しいのなら日本に帰ってきたら? という言葉に 垣根の垣根の曲がり角 焚火だ焚火だ~♪ へいこれは童謡ですね、そうじゃなくてそのお誘いに 動揺 している秀さんでごわす。

石川啄木の 

ふるさとの訛なつかし 停車場の人ごみの中に そを聴きにゆく

てな感じで望郷の念で一杯の本日の秀さんのブログでした。


秀さんもひとつ

ふるさとの訛おそろし ヤンキーの人込みの中 下を向きて走りいぬ



訂正! 北九州は今ではそんなに柄の悪い街ではありませんぞぃ! と小さく呟く秀さんでした

では、また次回



posted by 秀さん at 21:08| ハノイ | Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村