2010年03月14日

ベトナム人は何故に親日家が多いのか編

良くベトナム人は親日的だと言われる。

まぁ秀さんもそう思っているが・・・
果たして本当だろうか?

 1941年7月に日本軍は当時のフランスのヴィシー政権の許可を得て仏印南部に進駐した。
しかし英米の反対を無視した進駐は在英米国等の日本資産凍結、日英通商条約の破棄、アメリカの対日石油禁輸等の強力な制裁を受け、結果的に日本は連合国側に宣戦布告し太平洋戦争に突入した。

太平洋戦争開始後も、フランスのヴィシー政権による植民地統治が日本によって認められ、軍事面では日仏の共同警備の体制が続いたのですが・・・ これ脱線しそうなので止めますわ。
でも以後の歴史も大変面白いですぞぃ。 

さて、この日本進駐の間に日本軍を原因とするコメ不足により約200万人が餓死したと伝えられておりますが、これについては賛否両論ありまして・・・
日本が実際に実権支配したのは5ヶ月間 その間で200万人もの人間が餓死する訳はないと言う歴史学者もいますが、やはり日本軍によって200万人は誇張があり過ぎるとしてもかなりの餓死者が出たのは間違いないようです。
 

今は亡きミトーのフォンの親父さんがこのことを秀さんに話していた事が思い出されます。

まぁ、戦争に負けた日本ですので何でもかんでも日本軍人のせいにしておけと言う戦勝国側の思惑もあったでしょうな。
 

ですので年取った人を含めるとベトナム人の国民全部が親日とは限らないのであります。

しかし今は戦争時代を経験した人達よりは戦後生まれの若い世代が大きなウエイトを占めるベトナムですのでそういったことも忘れ去られて行ったのでしょうな。 

だとすると・・・何故に親日なのでしょうか?

 話しは飛びますがベトナム人とよく話していると中国に対してはあまり良い感情を持っていないことが分かります。
まぁ最近の領土問題やカンボジア侵攻時の対立、約千年に渡る中国支配の歴史から考えても無理もないかなぁと思います。
 

トルコと日本のようにトルコの難破船救助の折に地域漁民が懸命に救助介抱をした。また時の天皇が生存者を手厚く保護しトルコに送り届けたことにトルコ政府が恩義を感じ両国の親善交流が増してトルコ人が親日になったと言うような美談のような話はベトナムと日本の関係においてはありませんねぇ。

この話は続きがありましてイラク・イラン戦争の時に両国の都市爆撃の応酬が続く最中の1985317日、48時間の猶予期限以降にイラン上空を飛ぶ航空機は、無差別に攻撃するとサダム・フセイン統領が突如宣言した。
宣言後、イランに住む外国人についてはそれぞれが国籍を置く国の航空会社や軍による脱出が急遽計られた。

日本航空は労働組合の危険だから反対だ!を理由に日本人救助に向かうことが出きなかった。
まぁこんな組合は潰れてもしかたないですな ったく。

その時トルコ政府がわざわざ2機の救援機を急遽日本人の為に出しイランに滞在する日本人を救った話は有名です。
そのせいで500人ものトルコ人が陸路で脱出したとのことです。

時のトルコの大臣が言うには・・・
トルコ人は昔のトルコ船難破の時に日本人が示してくれた愛情ある恩義に今応える、トルコ国民はそのことを今でも忘れてはいないと 言った言葉には胸が熱くなりますねぇ。
 

話を戻して・・・

ベトナム人の親日的という理由はなんでしょうか?

幾らホンダのバイクが長い間使用しても故障しないと言ったことくらいでは親日家にならないでしょう?
またベトナムに対する日本のODAが世界でダントツなんてことは一般のベトナム人は知りゃしませんのでそれが理由とも思えない。 

秀さんが思うに・・・戦後アジアの中で唯一欧米をも凌駕する経済発展を遂げた国。
その経済発展により日本人は豊かになりました。その豊かさへの憧れ。
同じ肌の色をしたアジアの日本人がアメリカに次いで世界第2位の経済大国になった、その驚きと憧れではないでしょうか?

戦後ベトナムは長い極貧時代を迎えドイモイ政策により市場経済が育ち以前に比べて豊かになったとはいえ日本に比べるとその桁が違います。

ベトナムに観光や仕事で来る日本人も増え、日本人と接するベトナム人が増え、日本人の持つ礼儀正しさや優しさに触れファンになった人もいるでしょう。
 

過去長い長い戦争に明け暮れたベトナム人、そこには物質的な豊かさなんて望むべくもなかったでしょう。

そんな底辺の意識から来る豊かさへの憧れ・・・・

それをアジアで最初に達成した日本はベトナム人が憧れる国になったのではないでしょうかねぇ? 

ま、早い話が日本人は お金持ってるから好きだわぁ と言うことかも知れませんねぇ。

逆説的に言えば仮に日本人がアジア一貧乏な国だったら今のような親日的なベトナム人はいないかも・・・・

 賢者の皆さんどう思もわれますか? 

どんな理由にせよ、親日の方が我々ベトナムに住む日本人にとっては好ましいことに違いありません。はい。 

それでは皆さま、おやすみなさい。

posted by 秀さん at 03:29| ハノイ 🌁| Comment(13) | TrackBack(0) | ベトナム人の性格編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 現行の児童手当と同様の支給要件にしたためだが、子ども手当は破格の支給額になる。居住外国人が比較的多いといわれる東京都荒川区では、2010年度の半額支給だけで、約2500万円が海外の外国籍の子に支払われる計算だ。

 委員会では自民党の大村秀章、棚橋泰文両氏らが「日本人の子が借金を背負い、海外の外国籍の子を養育するのが友愛精神か」と批判を強めた。

国が金持ちなのに
国民は給料やすいし
仕事がないし
どうなってるの
おかしな国ですね^^
vnでは、ありえない話
おもしろいです(笑話)
☆お邪魔しました☆
Posted by 賢者VN人 at 2010年03月14日 11:57
VN賢人さん どうもです

国が稼いだ富の分配が上手くいっていないのが原因でしょうねぇ。
小泉政権時代の市場原理主義がその原因かも知れないですわ。

そうは言っても、ベトナムの貧困と日本のそれとでは桁が違います。
南国故生きていけますが、寒い国だと凍死者が出ると思いますよ。

いずれにせよ、政治は大切です。
良い国にあるように国民が賢くならなければいけませんね。

コメント有難うございます。

Posted by 秀 at 2010年03月15日 02:22
秀さん。こんにちは。
本日のブログ、全く同意見です!

あ・こ・が・れ

の部分が多いと存じます。
Posted by かんぶつ at 2010年03月15日 11:01
かんぶつさん どうもです

そうですねぇ、今の日本景気悪く失業者も多いと言ってもベトナム人はあまりピンと来ないようで日本=お金持ち のイメージばかり先行して実際の日本の現状まで知っている人は少ないです。

まぁ秀さんを見れば分かるかも・・・?

貧乏でもいい、お腹のお脂肪様はたくましく育っています!

コメント有難うございます。
Posted by 秀 at 2010年03月16日 06:45
「ベトナム人 性格のキーワード」でこのブログにやってきました。「確かにそうですね」と思うところも多かったです。ちなみに僕はベトナム人で現在日本の大学で勉強しています。
ベトナム人はなぜ親日家が多いかという質問なんですが。
秀さんが書いた通りに日本が物質的に豊かな国が大きなひとつの理由だと思います。
ただし、日本は物質的に豊かだから好きだといわないベトナム人も沢山いると思いますよ。
僕は3年間日本に住みました。日本に結構影響されました。まぁこれは自然なことですね。この前、久しぶりにベトナムに帰って、日本人のようにちゃんと挨拶して、そして日本人のよう礼儀ただしかったんですよ。それで、沢山年配の方にほめられました。日本でも礼儀正しい人は礼儀を知らない人よりも評価が高いことがありますね。これはアジアの文化でしょうね。聞いたら、ベトナムでも今の日本のように礼儀正しさが重視されました。ご飯食べる前に家族の全員に「どうぞ」等など、礼儀がいっぱいありました。しかし、戦争が起きて、人間は生きればいいんだと思うようになったんですよ。礼儀などというよりも戦争生活に適切な行動でした。偉さに関係なく、防空壕に先に着くものは先に入った方がいいみたいな感じですかね。後輩や年下の方がドアを開けて、先輩、年上の方が先に入れる見たいな事はただ時間の無駄でした。それで人間はちょっと適当になってしまいました。そして、礼儀正しい日本人とであって、その礼儀正しさを取り戻したいという人も少なくないと思います。それで日本をあこがれたんでしょうかね。
また、物質的に豊かの別の言い方と思われるかもしれませんが、日本は焼け野原から経済大国になったのもベトナム人にいい印象を与えますよ。日本人はそんなに発展を遂げたのになぜわれらベトナム人はできないのだと思って日本人はとてもすごい!と思い込んでいる人も沢山いると思います。日本に留学している僕の友達の多くはこのように考えていたと思いますよ。もちろんすべての日本人はまじめで勤勉で親切ではないですが。ブラジル、ハワイなどのような外国に移民した時代とは違って、管理職や旅行などの目的で外国に行くことが多い今はは、たぶん日本の名誉のために自分を犠牲する事もするでしょう(実際僕の友達がベトナムに行った時やりました)。このように日本人のいいイメージができて、そして、それが先入観になってしまいました。教科書まで「日本人はまじめで勤勉」と書いてありますよ。このように本、新聞、教科書を通して日本についいていいイメージを持って親日家になる人も多いでしょうね。
まぁ、以上は僕の考えだけです。なぜphan boi chauはほかの国ではなく自分の学生を日本に留学させたかを考えたらもっと近い答えが得られるのではないでしょうかね。
下手な日本語なのに長々と書いてすみませんでした。
Posted by とんかつ at 2010年06月25日 01:02
とんかつさん 初めましてどうそ宜しくです

てっきり日本人だと思ってコメント欄を見ましたが・・・驚きました。

素晴らしい日本語の文章能力に加え内容のある文章ですね。
きっと優秀な頭脳をお持ちなのでしょう。

決してお世辞ではないですよ。
沢山のベトナム人技術者に対して日本での就職のお世話を長い間して来た私の経験から言ってもトンカツさんの日本語及び知識は今までの中でも群を抜いています。

ベトナムの方からコメントを貰えるとは・・・大変喜んでおります。

日本の大学に留学中と言う事ですがベトナムに帰国された時には是非ご一報下さい。

一緒にお食事でも如何でしょうか?

本日はサッカーワールカップの試合があります。
日本を応援して下さいね!

素晴らしいコメントをどうも有難うございました。

これからも時々はコメント下さいね。

では失礼します。
Posted by 秀 at 2010年06月25日 02:32
ベトナムでは、日本人は笑い者だ!外人価格と人民価格で町中で、3倍の値段を吹っかけるように、政府から案内が出でいるのだ。国家をあげて、日本からぼったくるのが、ベトナム政策なのだ。これで、何故皆ぼったくるのか分かるだろう。国が言っているから安心してやるのだ。
Posted by よっしー at 2011年06月30日 01:09
「よくどんなに疲れている時でも子供の顔を見ると元気になるとか言いますが
これ絶対ウソですねー

私の父親は疲れて帰ってきたとき子供の顔を見ると元気になるタイプでしたね

それよりも10万円くらいの現金をパーッと机の上にでも撒いて眺めるほうがよほどいいですよ」

Posted by のはら小林浩 at 2011年07月08日 15:25
私の妻はベトナム人です。
日本人優しいといってますが、理解の仕方でしょう。
日本の戦後発展を真似したのはベトナムです。
でも、赤、社会主義です。
にんげいせいには影響ないですが。
私は国家公務員ですが、嫁の家族は親日、理解力あります。
もう少し頭の硬い政治家さんが勉強して欲しいのは愚痴で、言い訳になるしとベトナム人が言ってました。
行って交流が大事。
自民党のゴリ押しは日本最低。
消費税はしょうがない。
もう少し日本の政治家さんは説明を詳しくしないと誤解だらけになる。
公務員の発言はしません。
言うと報道されるので。
人間としてです。
あげあしとか人の悪いことを報道しないようにいっておきます。
誤解の無いようにおねがいします。
これを報道した方は私の将来責任お願いします。



Posted by おりべえ at 2013年10月10日 01:03
知らぬ間にコメント欄が増えておりました。
コメレス返すのが遅くなり申し訳ございません。

賛否両論、OKです。

しかし、私含めベトナムに住んでいる日本人は、異国に住まわさせて頂いているという感謝の気持ちでベトナム人、ベトナム国に対して接しなければと日々感じております。

お役人さんの要求する黄金のお饅頭と言う悪しき風習もありますが・・・

今では好きな国の一つになりました。

コメント頂いた皆さま、有難うございます。





Posted by 秀 at 2013年10月12日 13:28
>やはり日本軍によって200万人は誇張があり過ぎるとしてもかなりの餓死者が出たのは間違いないようです。

「飢饉」があったとされる時期にベトナムの日本軍は高々2万5千人の兵で、しかも北部にだけいたのにどうやってかなりの餓死者を出すことができるんですか?
それどころか日本軍は仏植民地政府から食糧を買って炊き出しを行ったりしているのですが。
Posted by 多野 at 2015年02月26日 00:31
地雷や不発弾の撤去に
インフラ整備
なんと云っても
ベトちゃんドクちゃんの
医療が親日に繋がっているのでは?
Posted by 只の通りすがりすがり at 2015年05月06日 14:21
多野さん
とおりすがりさん

2年後にコメント拝見しました。
どうもスミマセン って遅すぎですがね。

いまもベトナムにお世話になっております。住めば都と思うようにしております。


コメントありがとうございます。


Posted by 秀 at 2017年02月19日 08:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143578845
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村