2010年12月03日

バイク事故、絶対に!許してあげない編

いつもの喫煙爆滅運動家の事務員さん、
子供を幼稚園に迎えに行く途中で園に入るためにバイクを減速したところ、後ろのバイクから追突され転倒して顎の下を数針縫う&左足の骨に軽くヒビが入るというアクシデントに見舞われましたわ。

幸い命に関わるようなことにはなっていませんが一歩間違えばお顔に大きなギズが付くところだったかも知れず精神的に少しメゲているようですわ。

さて、問題は追突した方ですが、これが何と15才の無免許の悪ガキとのこと。
事故を見に集まった中にその悪ガキの両親兄弟などがいまして、
血を流している事務員さんに向かって、謝るどころか犯人の息子を逃し、
言うには・・・
「わしは、この地元の役所の上の方の人間じゃい!」みたいな威圧的な態度とって事務員さんをビビらそうとしたそうですわ。

そこで怯む事務員さんではありゃしませんわ、警察を呼んで下さいと言ったそうな。

日本で言うならば交番のおまわりさんみたいな感じの地元の警察官が現場に来たのですが、地元の役人である悪ガキの親父さんを見て、何事も無かったように帰ってしまったそうです。

さてどうする事務員さんよ・・・

へい、その警察官のやる気の無さ(ま、その役人の親父と顔見知りだったんでしょうな)に事務員さんは諸肌脱にで桜吹雪の刺青を見せる代わりに・・・ 

バイクで追突されてゲガをしているのに、犯人の親父さんは私を威圧するし、地元の警官は何も無かったように帰ってしまったの、お兄さん助けて! と電話したそうな。 

すわ!妹の一大事、そのお兄さん事務員さんが住む地元の警察署のトップに電話をし、そしてホーチミン市の他の区の警察から数名の警官を現場に出動させた。
大勢の警察官と野次馬の現場はごった返したそうですわ。
駆けつけた警察官が事務員さんを地元の病院に運んだとのこと。
2台のバイクは地元の警察所へ移動。

地元の警察署のトップに最初に駆けつけた警察官が何事も無かったように現場から帰った事実を告げ、その警察官が誰か突き止めよ、もしそうしないと私が現場に出向いて全ての指揮を取る! と言ったそうな。
ビビったのは地元の警察署のトップと事故を起こした悪ガキの親父さん家族。 

後日・・・素直に詫びて私を病院に連れて行ってくれればこんな大騒ぎになるようなこともしなくて許して上げたのに・・・あまりにもひどい扱いだから高級警察幹部のお兄さんに電話したの・・・と笑いながら秀さんに話しましたわ。 

まず親父さんが無免許でバイクを運転して事故を起こした悪ガキを逃がして役人風を吹かせて威圧したのがそもそも大間違いの始まりですわな。
普通の家の人間だったらそれでうやむやに出来たかもしれないのですが・・・

おいおいおい!黙っておればいい気になりおって、このあたいを誰と心得る! てな感じですかな。
ホーチミン市警察ではかなり上の階級のお兄さんに加えお姉さんは裁判所勤務のバリバリの公務員家庭の妹と知らず哀れ悪ガキ親子の運命は如何に・・ですわ。 

その後、小役人風情の親父さんは事務員さんの実家の親父さんにお詫びに上がり、どうか許して下さい と懇願したのですが、娘が判断することですので私としては何とも言えませんと答えたそうな。
事務員さんの家には立派な菓子折りやら果物を持参にして両手を縛るような礼(下の者が上の者に対して行うベトナム風の礼儀のしぐさ)をとって平謝りにあやまるが・・・事務員さんの怒りは収まらないまま。

その後、秀さんに許してあげた方が良いかしら? と聞いた。

秀さん、問題の悪ガキは謝りに来たのかと聞いたところ
悪ガキは一度も来ていないとの返事に、そりゃアカンわ 許すべきでないわ と言いましたぞぃ。


そうよねぇ と事務員さん。


そして笑って話すことには・・・
悪ガキと最初に来た地元の警察官には厳罰が、そして悪ガキの乗っていたバイクは永遠に警察のバイク置き場に留め置かれたまんまとのこと。

いやはや、なまじ権力者風を吹かすからこういうことになるのですわ。
それにしても、こういう背景のない一般家庭の娘だったら泣き寝入りしなければならないベトナムの役人体質とアホな子供を溺愛する風潮には呆れてものが言えない秀さんですわ。 

まるで時代劇の水戸黄門みたいな展開でしたわ。 

まぁ、バカ息子をかばう日本の政治家も多いことですのでベトナムのことをどうのこうのは言えないですが・・・ね。 

しばらくはバイクにも乗れない事務員さんのケガの早い回復を願って

本日の「あたいを誰と心得る!の巻」のお話は終了でごわす。
 

賢者の皆さまも、どうか事故にはお気をつけ下さいな!

ではまた次回・・・・


posted by 秀さん at 00:14| ハノイ | Comment(10) | TrackBack(0) | ベトナムぼやき編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱ凄いですね事務員さん。
マップちゃんのチョコは重要だと心得ました。
まあ、自爆事故でしょうがないですかWWW
Posted by 須崎です at 2010年12月03日 08:59
ドモデス((*uдu≡uдu*))ドモデス

喫煙爆滅運動家委員長さんは大丈夫ですか??

にしても ゆるせんっ!!クソ餓鬼がぁぁぁぁ〜〜〜!!謝りにも来ないとはっ!!プンスコo(`ω´*)oプンスコ

やはり権力社会ですね。

オイラがぶつけられた立場だったら そこで Ω\ζ°)チーン もみ消されてますね・・・。
Posted by ISAPPI at 2010年12月03日 12:13
題名を見て一瞬どきっとしてしまいました。
秀さんで無くて何より!
事務員さんも命に別状無くて何より!
でも、痛いのは事務員さんだし、傷残るし....
秀さん、労わって上げて下さい。
Posted by TRINH at 2010年12月03日 14:53
事務員さんの綺麗なお顔を傷物にするなんて許すまじ!相手が悪かったくらいにしか思ってないんでしょうね。。。
Posted by にう at 2010年12月03日 18:35
ご無沙汰しております。

生活習慣、社会情勢、いろんな違いがあるん

ですね。勉強になります。
Posted by すろっさん at 2010年12月03日 21:14
須崎です!さん どうもです

マップちゃんも権力者の家族の一員、幼い時から付け届けを渡しておけば・・・将来は役に立つかも?(笑)

いつもお土産有難うございます。スマソ。

Posted by 秀 at 2010年12月04日 04:12
issapiさん どうもです

その悪ガキ、あとから詫びに来たそうですわ。本人は許してあげても良いかな? と思っているそうですが・・・お兄さんが怒り心頭でまだまだ当て逃げ家族の不幸は続きそうですわ。

本日よろしくです。
Posted by 秀 at 2010年12月04日 04:15
TRINHさん どうもです

警察の指導?でキズついたバイクは全て新品部品交換だそうです。
当然修理費は相手が払うそうですわ。
私の場合・・過去の路上意識不明自損事故のトラウマはまだ解消できていませんが、ベトナムは相手があることだけに自分の注意だけでは事故回避は無理がありますねぇ。

お互い気をつけましょう。へい。
Posted by 秀 at 2010年12月04日 04:20
にうさん どうもです

美人?の事務員さん・・・
本人が聞いたら飛び上がりそうなお世辞、ゴマすり、ヨイショ、この女殺し! を言われそうなにうさんのお気持ちだけ伝えておきます。

コメントサンクスです。
Posted by 秀 at 2010年12月04日 04:23
すろっさん どうもどうもです

はい、ベトナムの役人体質には驚いてしますます。
しかし・・・子供にベタ甘の親御さんが多すぎですわ。
中国の太子党のようにならなければ良いのですが・・・

コメント有難うございます。
Posted by 秀 at 2010年12月04日 04:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村