2006年07月11日

好意を無下に出来ず犬料理編

前回、一緒にカントーへ同行したH部長の部下であるK君から電話があった。

「○○さ〜ん 話あります。私」と文法やアクセントは少しおかしいが、K君は日本語が話せる。
K君は、落語のこぶ平を少し痩させた感じの顔立ちで、憎めない顔をしている。
そのK君が、「○○さ〜んと犬料理犬を食べたいです。H部長が言ってます。どうですか?」とphone toでのたまう。
メコン川.JPG
>>クリック眼鏡拡大
 

犬 いぬ犬 イヌ犬・・・そう言えば昔、中国で犬の鍋は食べたことがある。

OK 日越位置情報親善の為に一肌脱いでやるべぇ〜 と思い、「OK です。行きます。私」とK君と同じような話し言葉で返事。
夕刻、犬料理屋レストランに到着。
店名はキャンキャンではなくハイフォア。結構有名な所です とのHA部長の説明を聞きながら店内を見回す。
独特のふらふら臭いが・・・これは後で判ったことだが魚醤ならぬ、エビ醤? どうもエビから作った塩辛みたいなタレ(名前は忘れた)の臭いだと判明。
この、エビ醤?の鼻をつんざく強烈な臭いの洗礼を受け、いざ着席。 
出席番号モータースポーツいちば〜ん!出てきました、犬のタタキ風?刺身風?のスライスされた犬肉。
この肉にエビ醤?を付けてH部長が一言、「いやぁ〜 1年ぶりに食べますが、やっぱりわーい(嬉しい顔)ここの犬は最高っす!

ささ、○○さんもタンと召し上げれ!・・ワンワン・」の言葉に甘えたくも無いが、ひと箸つまんで食べたが
これが、・・・う〜ん・・・不味い。どう味わっても爆弾不味い。

数品の犬料理を前にたたずむ私の脳裏に浮かんだのは、ホーチミンの食堂、あの魚の骨を食わない犬の顔。
ひょっとしてこの肉はお前かぁ?
違うな、あいつはいつも美味い肉の部分しか食わない犬だから、あいつだったらもっとうまいはずだ。

多分、この犬は地方で飼われていた貧乏農家の犬に違いない。
その家の子供が泣きながら、なぁ おとうあせあせ(飛び散る汗)、このポチを売るのは止めてけれや、なぁ おとうあせあせ(飛び散る汗)、おら これから何でも言うことを聞くけ  ポチを売るのだけは止めてけれ・・・、んだことはいまさら出来ねぇ、母ちゃんの病気の薬代が払えねえので、ポチを売るしか仕方があんめぇ おとうを恨むでねぇよもうやだ〜(悲しい顔)、恨むんだったら貧乏を恨むべや と いつものように勝手な想像をするホーチミン生活だよりであります。

実際は、養殖、犬の養殖だそうです。
小さい時から食われる為に飼われる犬もいる。それに比べれば、ミトーの犬は貧乏でも100倍幸せかも。
嬉しそうな顔のH部長、犬肉にはこのビールが良く合いますと勧められたのが、ヤモリの焼酎。ゲッコーなお味です とつまらない英語の洒落を言うゆとりも無く、一気飲みを強要され乾杯の連続。犬肉を喰らい、ヤモリ酒を飲み、まるで山賊ドコモポイントのような宴会は無事終了。


外に出た、雨。今晩食った犬のお母さんの涙か?食われた子犬はあの世で、将軍 綱吉に訴えているかも知れんが、これも日越親善、仕事の為、許せよ、いつか神社にお参りしてお前の供養はするからな 嘘こけ!手(チョキ)

posted by 秀さん at 16:34| Comment(1) | TrackBack(0) | ベトナム食べ物編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秀さん、はじめまして。
「犬料理。ホーチミン」でググっていたらこちらのブログにたどりつきました^3^

この冬、ホーチミンに遊びに行ってワンちゃんを食べたい!!と思っています。
ぜひ『ハイフォア』の所在地等を教えていただけないでしょうか?

また、ワンちゃんより‘にゃんこ’を食べる方が一般的(?)ということも知りました。 もしホーチミンで猫を食べれる店・屋台をご存知でしたら、そちらもお願いしますm(--)m

ちなみに犬は韓国で経験済みです♪
Posted by みみめんま at 2009年11月28日 17:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村