2015年08月18日

日々の雑感編

東京五輪のエンブレムコピー疑惑問題で元博報堂社員のデザイナーが叩かれていますね。
ネットの力はすごくて彼の過去の作品もコピーしまくりだと探しまくり、とうとうサントリーがキャンペーンで使用する景品のトートバッグ8点を対象から外したようです。
それ以外にも彼がデザインした過去の様々な作品も盗作ではないかと非難されております。

アホな秀さんが思うに、嘘や偽りはいつかはバレる、天網恢恢疎にして漏らさずであります。

話は飛びますが御巣鷹山の日航機123便の墜落事故も将来必ず真実が暴露されると思いますよ。

ここ最近では、中国天津の大爆発事件ですが・・・中国政府は単なる事故だと隠蔽しておりますが爆発後に開いた巨大なクレーターから911で使用された新型小型水素爆弾ではないかと・・・1部では言われております。秀さんも同意見ですがね!
911と同じように消火にあたった消防士が大勢被曝していることでしょう。
消防士同士が水をかけているのは除染のためだとの見方もあるようです。
いやはや、中国政府も今は黙っているでしょうが、必ず報復を考えていると思いますよ。
はぁ〜 やれやれですわ。

国際ユダヤ連中に対してロシアと中国はノーと言い出し始めIMF,FRBの体制から新たな世界金融の枠組みを創ろうとした一連の動きに対しての恫喝、また天津を含め中国のエネルギー資源を牛耳っていた江沢民派でユダヤ連中とのコネクションが強かった周永康の失脚に対する報復という見方も出来ます。
金融とエネルギー利権を侵されればユダヤマフィアも黙っちゃいないぜ! と言うことでしょうかねぇ。

平和ボケの日本人には理解不能な世界政治情勢というか世界的な規模の熾烈な勢力争いがいたる所で勃発している混沌とした世界情勢は今年に入ってから過激さを増しているようです。

国内に目を転ずれば、愛知県大府市で魚介類販売卸会社の女社長47才が23才のアルバイト男性の腹を殴る蹴るで殺してしまう事件。カネ目当てで爺を殺す話は良くありますが、あ〜た、中年のオバハンが若いアルバイト男性を蹴り殺すなんて・・・いやはや世も末ですがな ったく!

昨日、会社の事務員さんから出た話ですが、最近はベトナムも幼子を含めた一家皆殺し事件や親殺し、子殺し事件といった凶悪な殺人事件が多過ぎます と話していた所です。

感情の抑制がきかないというか、人間の激情のリミッターが切れた人間が増えすぎですね。
日本でも昔、金属バッド事件というのが話題になったことがありましたわ。

経済が発展しお金中心の生き方に変化せざる得なくなった世相を反映しているのでしょうかねぇ
悲しいことですわ。

昔々、秀さんがご幼少の頃の日本、昭和30年代の日本は今のベトナムより貧しい時代ではありましたが人間の気持にはもっとゆとりがあったような気がします。

幸・不幸、どんなことが起きようと 人間様は誰しも必ず死んで行く定めの悲しい生き物です
それじゃ、何のために生を受けたのか・・・と人間がもっと真剣に考えるようになれば今よりはずっと良い世の中になるような気がしている秀さんです。

さてさて、ここら辺でアホな駄文を書くのをやめましょうかね


何があっても動ずることなく淡々と生きていきましょう。へい


posted by 秀さん at 04:30| ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナムで政治・経済雑感編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424348561
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村