2016年03月12日

やはり大愚さんの視点はユニークですわ編

虚需と実需の2大勢力で成立する世界経済  

今の世界は、ユーラシアの実需経済学と、英米の虚需要の世界が

欧州と日本というさかいめで両方混合して対立。虚の経済が実の経済と交換される装置が日本とドイツだということもできる。


もともと貨幣は虚数でそれは商品やサービスと結びついて実体に転換される

交換から生じたものだが、それが実体と離れているのが英米経済学、いわゆる金融資本主義

金融資本主義の成立条件も実需資本主義と異なっている

まずは宣伝と嘘。嘘で需要を膨らます。もともとが虚の世界だから。

もう一つは、軍事力。軍事力と嘘の結合物が実感を作る。軍事力はリアルな軍事力というよりも

虚の軍事力は先進性イメージの軍事力。月へ言ったり、ステルス戦闘機(実はレーダーの波長を変えると丸見え)。相場操縦のために軍事力を使う。暴落の先読みと言いながら実は暴落を起こしている。だから儲かる。ヘッジファンドという経済侵略軍。

(原子力空母が撃沈された時に虚の経済体制の基盤を作っている軍事力優位が終わるんだろう。虚の経済の実感を作っているのは軍事力の優位だ)

しかし虚の経済学の弱みは、嘘がばれること。プーチンはこの弱点を突こうとしている。シェールオイル債権を崩せば連鎖的に中央まで崩壊し、嘘がばれる。

じわじわと実需経済学が伸びてきている。虚の経済学は米国のしかもわずかな数の支配家族の恣意によって左右され、相場の上下に何の必然性もないので、世界の金持ちから忌避されだしたのだ。

政治体制でいうと自由主義陣営が嘘の体系で、ユーラシアの専制体制が実の体系。

うーむ。

我ながらなかなかユニークな分析軸だ。

さらにいうと英米の虚の経済の支配層には、みんなのためという概念はない。権力の根拠は独占と収奪である。アメリカの挙動を見ていると秩序形成の責務を感じていないようだ。

ところが実経済の支配層にはみんなのためというものがある。非常に古い歴史の蓄積があって、権力の正当化の根拠は秩序形成である。
posted by 秀さん at 13:42| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナムで政治・経済雑感編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434851141
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村