2016年07月08日

晩ご飯は鯖の塩焼き、ほうれん草のごま油あえ、味噌汁、ぬか漬け編

なんじゃい! とお怒りになららいで下さいな。へい

本日の晩ご飯でごわす。えらい質素な晩ご飯とお思いでしょうが、一週間の断食終了後ヘルシーで控えめなおかずを義娘にお願いした結果ですわ。
昨晩は、刺し身に野菜の炒めものに味噌汁、漬物、食後は果物でしたわ。
何と! 奇跡的にここ一週間アルコールは飲んでおりません。

直行直帰、アルコール無し、ヘルシーな食事、孫との会話・・・はまだ無理なのでお遊びで1日が暮れております。

皆さん、どう思われますぅ? なことたぁ〜 どうでも良い って言われますか?
へい、そりゃそうですね。

はい、話を戻しまして・・・
ここ1〜2週間程で外出型人間から家型人間へ秀さんは変身してしまいましたわ。
もう歳も歳ですので衰えた体力に鞭打って頑張ることもなかろうよ と世捨爺みたいなことをほざいております。

思えば働き盛りだった30代40代では考えられなかったような何の変哲もない生活ですわ。ったく!

でもね、家族と過ごす何気ない1日、1日がとても幸せなのですわ。

日本全国、時には海外、24時間ビジネス漬けの生活が当たり前というか仕事の出来る男の証じゃい!
なんて当時密かに思っておりましたわ。その激務を軽減するためには高給ホテルに宿泊し、飛行機はビジネスクラスやグリーン車が当たり前だ と・・・息巻いていた若い時代の考え方を今思うと・・・

へい、アホですわ。

そこには家族との会話なんて物理的に無理、金銭的なゆとりはありましたが。精神的なゆとりは皆無、
家にいても仕事のことをどこかで考えており、日頃の罪滅ぼしで家族を年に1、2回は海外旅行に連れては行きましたが自分自身は義務感の方が大きく心から楽しんでいたのかどうかは不明。
人間調子の良い時ばかり無く、20年ほど前に立て続けに妻と父が病死、残されたのは会話の少ない愚息と痴呆の母、その後ある事件を契機に無職無一文になり実家で半年間の引きこもり生活・・・
ある方のご縁で就職、ベンチャー企業設立に参画、再度の転職、赴任先のホーチミンでいきなりの失職事件、心底砕けそうになった時に縁ある方の助けで再スタート、発展的解消、再度の立ち上がり、ベトナム人に騙され失意の底でのたうち回りながらも意地を片手によろけ立ち・・・ベトナム人スタッフの助けを借りながら未だに下半身はぷるぷると震えながらもギリギリの生活は何とかキープ出来ているから人生って不思議ですわ。

秀さん、金は無くても人間何としてもでも行きて生ける! 

と・・・アホな経験を人さまより少しばかり積んだおかげか変な自信があるのですわ。
食えないのではなく食えなくなるという不安が人を惑わすのでごわす。
心配&不安に押し潰されること無く食&職を得るために必死こいて動きまわってさえおれば結果、何とかなるもんですわ。
まして、ここベトナムは日本とは違い生活にかかる費用は格段に安いのですから

はて? 話がいつものように脱線してしまいましたね。

人の生き方は人それぞれ、どんな生き方をするかはその人次第
先の見えない時代だと言われておりますが、何時の時代でも人間の営みは同じ
人生苦もありゃ楽もある ん?  水戸黄門の歌ですがな

そんじゃこの歌を最後に本日の支離滅裂のブログは終了どす! へへぃ

人生楽ありゃ苦もあるさ
涙の後には虹も出る
歩いてゆくんだしっかりと
自分の道をふみしめて

人生勇気が必要だ
くじけりゃ誰かが先に行く
あとから来たのに追い越され
泣くのがいやならさあ歩け

人生涙と笑顔あり
そんなに悪くはないもんだ
なんにもしないで生きるより
何かを求めて生きようよ

人生一つの物なのさ
後には戻れぬものなのさ
明日の日の出をいつの日も
目指して行こう顔上げて


posted by 秀さん at 01:18| ハノイ ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ベトナム生き方編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、色々検索してここにたどり着きました。主人がハノイ赴任で7年4月に戻ってきましたが、どうやらハノイ日本人カラオケの女の子に4年、日本に帰ってくるたび、バック、化粧品、香水など買ってたことが分かりました。メールも頻繁で、学費が足りない、給料落とした、バイクほしい、最後車欲しいです。何年も前に、カラオケの女の子について書かれたのを主人に見せて、今頃気が付く主人。私の気持ちボロボロです。気が収まらず書き込みしました。
Posted by にゃんこさん at 2016年07月08日 17:59
にゃんこさん

初めまして

アホの秀さんが考えるに・・・
ご主人はきっと真面目な方なのでしょう。

手練手管を駆使し隙あらば真面目な日本人男性を嘘で固めた作り話で騙そうとするベトナム女性、いや日本女性も多い昨今、相手の言われることを真に受ける純真なご主人・・・
決して悪い人ではありませんぞぃ。

ストレス多い単身の駐在生活ですので
お怒りはごもっともですがどうか寛大な心で許して上げて下さいな。

宜しくお願いしま〜す!







Posted by 秀 at 2016年07月10日 08:04
こんばんは、お返事ありがとうございます。
誰にも相談できず、毎日暮らしてます。

秀さん聞いてもいいですか?主人カラオケお姉ちゃんとは何もなかったといいます、信じていいのでしょうか?

向かうからのメールは、お金と物の要求ばかりでしたが、主人からのメールは、そうゆう関係ができればと・・・必死のメール内容でした。

今年で主人60歳、孫も7歳5歳なのに、駐在生活大変なのはわかりますが、ショック大きいです。




Posted by にゃんこさん at 2016年07月10日 20:35
にゃんこさん

こんばんわ!
秀さんの豊富な人生経験?から言っても何もないと思いますよ!
安心して下さいな。
ってか、亭主焼くほどモテもせずですわ。まぁ、秀さんも同じですが・・・

少しでも邪な気持ちがあったことは事実ですが、それは今回に限りどうか許して上げて下さいな。長く連れ添ったご夫婦ですので。

これに懲りず今後ともコメント下さいね。

有難うございます。









Posted by 秀 at 2016年07月13日 04:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村