2016年09月07日

入ってはダメ! 毒の部屋編

へい、いつも秀さんが帰宅後には必ず2〜3回は孫のマー君が秀さんの部屋に遊び(じじい酒の飲み過ぎで死んでいないかと・・・チェック?)に来るのですが、

マー君が秀さんの部屋のドアを開ける音がすると・・・・

ダメ!駄目! だめ! と義娘の大きな声が台所からするのですわ
その声に部屋のドア付近で入るか入らないかと躊躇するマー君の姿が・・・

お爺ちゃんの部屋に入ってはダメ! そこは毒の部屋だからと叱られるマー君

はぁ〜、そうなった原因は秀さんの喫煙でごわす。
タバコ臭い部屋=毒の部屋 に入ってはダメ、身体悪くなるからね! と・・・大声の義娘のVちゃん。


秀さん、沈黙・・・・


ベランダに出て吸うのが面倒になってついつい部屋の中で吸う時が多くなったせいで
上記のような、毒の部屋宣告を出されてしまいやした。
英語で書けば Room of poison でしょうか・・・まるで悪の巣窟みたいな言われようです。はぁ〜

まぁ、秀さんが100%悪いのですがね 昔からあれこれ考え事をしなければならない時は
タバコを吸いながらでないと中々仕事が捗らない悪い習慣がついてしまって・・・← へい、言い訳です!

よくよく考えるとこのマンションは息子夫婦が購入したマンションでごわす。
その1部屋に居候させて頂いている秀さんの弱い立場としてはどのような反論もムリポですわ。
会社ではベランダに出て吸っているのですが、夜、自分の部屋では ま! 良いか なんて甘い考えでいた秀さんが悪い。

思い起こせば秀さん、ガキん子の頃、会社から帰宅した親父さんに玄関まで走って抱きついた時に臭う親父さんのタバコの臭いが好きでした。← 変な?子でしょうか?
親父さんもヘビースモーカーでしたので親譲りかも知れませんが秀さん途中、訳あって行った10年の完全禁煙期間中を除き21才から今までず〜とタバコ愛好者ですわ。
好きなタバコはピースでごわす。ベトナムでは手に入らないのでカルバン(ベトナムではコンメオ=猫ちゃん)と言われる赤いパッケージのイギリスの会社のベトナムOEM生産のタバコを吸っています。
ひと昔前は30円位だったのですが、今では90円以上するようになりました。
10数年前に比べると約3倍の値上げでですわ。まぁ、給料も同じくらい上がっていますのでインフレ下のベトナムではしかたのないことではありますがね。

さて、話を戻して・・・

ほい、毒の部屋宣告をどうるべぇ〜 と思案橋ブルースの秀さん
出した答えが

シャープさんのプラズマプラスター空気清浄機を購入することに・・・
理由は割愛しますが秀さん前からシャープという会社は好きでしたわ。
このシャープさん、シャープペンシルの名付け親というかシャープの創業者である早川徳次さんが開発した早川式繰出鉛筆がシャープペンシルの元祖ですわ。悲しいことにシャープさんも今では台湾のホンハイさんの傘下に入ってしまいました。
天国にいる早川さんも悲しんでいるのではないかと・・アホが勝手な妄想を膨らませております。

さて、話を戻して・・・
部屋のニオイ対策&空気清浄を兼ねて本日、シャープ製プラズマプラスター空気清浄機ネットで注文を出した次第です。

ベトナムでも売っております。下記のURLから購入しました。

http://www.viet-jo.com/sharp/

ベトジョーさんにアフリエイト手数料が入るのかもね?
メールでのやり取りの後、配達日を指定して届けて頂く予定です。
商品到着後は・・・毒の部屋宣告を外してもらえるかどうかは義娘次第ではありますがその性能に期待している秀さんでごわす。

さて、本日はこの辺で



PS:品友会へのご参加も宜しくお願い致します!

posted by 秀さん at 05:22| ハノイ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441698050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村