2017年03月22日

3月は何かと家庭内行事多し編

3月生まれの誕生日が秀さん、Vちゃん、マー君と3名、愚息とVちゃんの結婚6周年も3月ですわ。
また、3月は卒業や人事異動の時期、また、桜の開花時期でもありますねぇ。
今月は賢者の皆さまも何かと忙しくしているのではないでしょうか?

ホーチミンも日中は暑さが厳しくなっております。
季節の変わり目でもありますので体調管理に気を付けなければいけませんねぇ。
今週、マー君の幼稚園の制服も到着しまして4月から毎日幼稚園に通うようになります。
ついこの前まで赤ん坊だったのに・・・・
月日の経つのがこの歳になるとことさら早く感じられます。
ついこの正月だと言っていなのですがもう3月ですわ。

一休さんの狂歌ではないですが・・・

門松は冥土の旅の一里塚・・・
めでたくもありめでたくもなし ですかね?

かのデービット・ロックフェラーのおじさんも101歳までしぶとく生きていましたが先般亡くなったようです。世界のダビデ王と呼ばれた大金持ちの爺様でしたが寿命には勝てなかったようです。

そう考えると人間様は死ぬために生まれて来たと言っても間違いではないですね。
まぁ、そう悲観しても仕方がないので

人生は冥土までの暇つぶし

人間、生きているだけでも丸儲け

という考えで日々暮らした方が気持ちは楽ですね!

秀さんのブログトップのプロフィール欄の好きな言葉に
人間、死ぬまで生きる と書いてありますがこれは秀さんが自分で考えた言葉です
過去様々な困難やアクシデントに遭い二進も三進も行かなくなり逃げるわけにも行かずあの世に自ら行く勇気もなく八方塞がり状態に日々呻吟していた時に
ふっと 出てきた言葉ですわ

結局、人間寿命が来て死ぬ時まで生きていかなければいけないのだから・・・この苦しみを抱えながら
いや、逆に友として開き直って生きるしか他に逃げ道はないとアホなりに悟った?時ですわ

人間は有るものを失うのを恐れるから不安になるのですが・・・
よくよく考えると元から有ったものなんて自分の身体一つだけです
人生を歩んでいくに従い様々なものが手に入りなかには大金持ちになる方もおられるでしょう
でもそれらのものはこの世での借り物ですので死ぬ時にはすべて置いて行かなければなりません
秀さんのような貧乏人は残していけるのは自分の子孫くらいですわ

愚息夫婦に孫2人・・・
この世に生あるかぎり仲良くしていきたいものです

おやおや、また本日も話が脱線してしまいましたわ
まぁ、過去の人生も脱線しまくりでしたのでどうかお許しを!

では、また次回まで



posted by 秀さん at 00:53| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村