2018年11月22日

アメリカを中心に今までと違う動きの世界政治の裏編

アメリカの中間選挙の結果が下院で民主党が過半数を取りましたが上院はトランプの所属する共和党が過半数を守りました。
今アメリカは見えないところで内戦状態だと言われています。
ホンジュラス発の大量移民のアメリカ行軍も裏ではジョージソロスらの資金が出ておりヨーロッパと同じように仕掛けられた政治的な裏工作ですわ。カルロスゴーンのオッチャンがいきなり逮捕されたのも当然裏があります。
今アメリカで4万件とも5万件とも言われている極秘起訴 https://definitions.uslegal.com/s/sealed-indictment/ の件数は下記のとおりです。
アメリカでは大陪審制度が普通ですが例外的に大陪審の代わりに下級裁判官または他の判事が保有する「予備審問」をしばしば適用する。裁判官が被告人が犯罪を犯したという十分な証拠が見つかった場合、被告人は適切な裁判所に裁判のために送られるように命令される。この極秘起訴は、起訴状が密封されて開封されるまで非公開のまま起訴される起訴ですのことでひょっとしたらあっと驚く為五郎になるかも知れないですねぇ。先ほどのジョージ・ソロスを始め。パパブッシュ、息子のブッシュ、ヒラリークリントン、オバマさん達がいきなり逮捕起訴ということが起きるのではないかと半分期待しているのですが・・・

DhDLACgVMAUq2ql.jpg

2016年秋トランプのアメリカ大統領当選からなぜかISISがテロをやらなくなって急に崩壊した。
2018年になると、北朝鮮の金正恩刈上げ君はミサイルを打つのをやめて平和に舵を切った。モンサントが裁判で負けた。バチカンの小児性愛の数々の事件が公になった。カナダ酒類大手シーグラム(Seagram)元社長の娘で同社の遺産相続人のクレア・ブロンフマン(Clare Bronfman)被告(39)が逮捕され、女性たちを性奴隷としていたとされる秘密結社とつながっていた罪で起訴された。ブロフマン一族とは世界のメディアを裏で牛耳る最大の酒マフィアと言われております。日本の在日企業の電通さんもブロフマン一族には頭が上がりませんぞぃ。

前にQさんの記事の時にも書きましたが今アメリカは内戦状態ですわ。トランプVSブッシュ、ヒラリー、オバマといった構図でしょうか・・・
民主党と共和党といった対立構造ではなく闇の支配グループと愛国者トランプ一派(米海兵隊、CIA,FBIの正統派を含む)との血みどろの戦いでしょう。秀さん、まさかまさかこのような事態になるとは想像だに出来ませんでした。
一方では、公開は出来ないのではないかと懸念された映画”Above Majestic” がなんと公開されました。秀さん、Vimeoに15ドル払って購入しましたぞぃ。でも日本語の字幕有りのやつですわ。字幕なしで鑑賞出来る頭があれば今頃ホーチミンでくすぶってはないですね! へい

この映画(予告編を下記に掲載しますが出来ればお金を払って全編鑑賞して下さいな!)の公開と先に述べた極秘起訴は関連しています。
都市伝説や陰謀論でひとくくりにされるようなものではなく元救急外科医のスチーブン・グリア博士がやっているUFOエイリアン暴露 ディスクロージャーよりは更に踏み込んだ内容です。

過去暇を見つけては世の中おかしいのではないかぃ? と考え調べて来た秀さんですがそれでも”Above Majestic” の内容は想像を超えていましたぞぃ。
ドル紙幣を刷っているFRBがなぜに民間企業なのか? 日本銀行はなぜ国営組織ではなくジャスダックに上場しているのか? 911で飛行機が突っ込んでいないのに第7ビルが自然崩壊したのか? なんてことも理解できるようになります。

いかに我々は洗脳され騙されて来たのかが分かります。
全編をご覧になられた方はこれらの事柄がまだ信じられない方ばかりでしょうが・・・トランプ大統領が今年8月に第6軍として 宇宙軍 を創設すると言った真意が理解出来るかと思いますぞぃ。

はぁ、本日は久しぶりに転載記事ではなく自分で書きました。

下記予告編&でもご覧いただき興味があれば本編をネットで購入してみてください。
将来に対して希望が持てるかも? です!













posted by 秀さん at 04:24| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナムで政治・経済雑感編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村