2019年08月19日

お盆も過ぎて何を書こうか編

台風とともに過ぎ去ったお盆でしたが秀さんは墓参りにも帰らずホーチミンでゆるゆるの生活を送っておりました。
途中孫とダラットに行きましたが寒いのと小雨でだらっ〜とは出来ませんでしたがね!←この臭いダジャレを止めれば秀さんの将来も開けるのかも知れないですがね。へい

本日、自分のブログを覗いてみたら今月は1回しか投稿していないでは有馬温泉ですわ。 
ったくやる気のかけらもありゃしませんねぇ。

原因は何かと思って考えてみたのですが、2000年にベトナムに降り立ってから約19年、ベトナムも近代化が進んで今ではホーチミン市では日本と変わらない感じですので昔感じた異国感が無くなってしまい別段これといって書くことが無くなったのが原因かも知れません。
昔と違いネットで検索すればベトナム情報なんて有り余るほどありますもん。秀さんが書く情報なんてもうなんの価値もありゃしませんわ。へい

そんなこんなでここ最近は孫の話ばかりで読むに耐えない記事ばかりですわ。
おっしゃ! 今日はこんなことがあったからブログに書こう! ってな元気の良さは今はもう無いです!

強いて書くなら息子家族の日本帰国が来年から今年の11月に早まりそうなことくらいですわ。
約5年間ほど3代にわたって暮らしてきたホーチミンでの生活も残り数ヶ月になりそうです。

孫がいない生活を想像するだけで秀さんは寂寥感で胸が苦しくなりそうなのですが・・・
その孫たちは爺の気持ちなんて全思考の1/20くらいしか占めていないでしょうねぇ。何があろうと母親が一番、2番めは兄弟か、3番めに父親、4番目に幼稚園の友達かな?、5番目におもちゃ以下その他・・・・
爺のことなんて自分の気が向いた時に考えるくらいでしょうねぇ、それで良いのだと思いますよ。

若葉のように日々成長して行く孫たちにとっては日々萎んでいく爺のことなんて考えずに自分が欲するとおり自由気ままに進んで行くのが世の定めと言うもんですわ。自分を振り返ってみても同じですので。

今になってとうの昔に亡くなった祖父ともう少し話しておけば良かったなぁ と後悔しているのですが秀さんの爺さまは明治生まれの無口な人で孫も長男が絶対一番、次男三男はオマケみたいな感じの人でしたので会話が弾むことはありませんでしたよ。
秀さん家では長男が跡取り息子で特別待遇でしたので爺様から何か秀さんが喜びそうなものを買ってもらったという記憶はほとんどありません。
長男である兄貴は爺様から色々買ってもらったことは秀さん僻み根性でよ〜く覚えておりますぞぃ。
64にもなってこんなことを言っている自分が情けなくなるのですが・・・この浅ましい根性は治りそうにありませんな! と開き直っております。

その代わりと言ってはなんですが両親からは目一杯の愛情を受け取って育ちました。特に父親には可愛がってもらいました。
秀さんの部屋の小さな位牌の隣に置いてある写真を眺めては昔の思いと感謝の気持ちで胸が一杯になる時がございます。
孝行したい時に親はなしとはよく言ったもんですわ。

孫が日本に帰ったらどうるすか・・・へい、2〜3ヶ月に1回の割合くらいで福岡に帰ることは間違いなさそうです。
孫が将来結婚してひ孫が生まれるまでどうも秀さん長生きはできそうにない(過去の暴飲暴食ゆえ?)ですから生きている間はしっかりと孫の成長を見届けようと思っておりますぞぃ。

これを世間一般では・・・・孫バカ爺と言います!

ありゃりゃ、また孫の話になってしまいましたね、スマソ

では、本日はこの辺で








posted by 秀さん at 17:17| ハノイ ☀| Comment(1) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秀さん
こんにちは。ご無沙汰しております。
日本は今年も酷暑です。なんとか生きております。(笑)。
さみしくなりますが、秀さんのダジャレを楽しみにしておりますよ。
どうぞお元気で。
それでは失礼いたします。。
Posted by けいこ at 2019年08月20日 16:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村