2019年09月12日

人生を終わりから逆算して考える編

60歳を過ぎたあたりからだろうか・・・
来年どうする、5年先はどうなんて考えなくなりましたわ。
計画や予想なんてそのとおりに行かないのが現実だもんね。

将来どうするこうするというより75〜77歳位が自分の寿命と考え、後10年ちょっとでこの世からおさらばするんだと考えてみる。
そう思ったのは孫が結婚するまで生きているだろうかと考えた時に仮に上の孫が30で結婚するとした場合、後24年後、秀さん88歳・・・
過去の暴飲暴食や不摂生によりそこまで長生きするとは思えない、多分

せいぜい長生きしても77歳位かな?
そう考えるとあと11年から13年しか残っとらんばい、それなのにベトナムでほけぇ〜っとしとって良かと? と思わないでもないのですが
後5〜7年位はホーチミンにいるような気がしております。

で! 自分がくたばる時を想像してみた・・・

どこでくたばるのか? 
=やっぱ日本でしょ! 日本の秀さん家の墓に入ります! ってか息子が手配してくれないと入れませんがね!

どんな風にくたばるのか? 
=寂しがりやなのでやはり息子夫婦や孫に囲まれてくたばりたい! ん? これから少し優しくせにゃいかんばぃ!

何を残すのか? 
=大した財産は無いので残すのは家族と一緒に住んだ思い出だけになりそう。おっと!それとこのアホブログもね!

くたばる前にしたいこと? 
=生前お世話になった方々全員に順次せめて食事くらいはご招待してお礼を言ってからくたばりたい。

くたばった後に行くところは? 
=善悪プラス・マイナス自己採点では70点くらいでギリギリ地獄行きは免れそう・・・しかし天国に行けるのは100満点の奴だけだとすると無理ですわ。でも蜘蛛の糸が3本くらいは垂れてきそうな予感。

と・・・ここまで書いて一体全体お前は何ばかなブログ書いとるねん! と思わないでもないのですが、誰にでも必ずお迎えは来るので
自分の最後の時を想像してみるのも良いかも?

普段の生活に追われていると自分が死ぬことなんか考えることもないでしょうが・・・生き死には誰にでもついて回るものです。
昔の特攻隊の若い人たちをのことを考えるとくたばる時の最後の言葉は家族の幸福に加え日本という国の繁栄も祈らずにはいられないですね。

本日はこの辺で

また次回まで!



posted by 秀さん at 06:13| ハノイ ☀| Comment(0) | ベトナム生き方編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村