2019年10月03日

孫と過ごした5年間編

上のマー君が現在5歳6ヶ月、下のター君が12月で3歳ですわ。
二人の孫も11月下旬から日本の幼稚園に通うことになります。
その名は済世第一幼稚園と言いまして100年以上の歴史がある秀さんの田舎福岡北九州市にある私立幼稚園ですわ。

現在のホーチミンの日本幼稚園では二人で月10万円ほど教育費がかかっており家計に占める教育費の割合は高いので息子夫婦も大変そうです。
日本は10月から幼稚園も無償化されましたので息子夫婦も教育費で頭を悩ますことは当面はなさそうです。
ホーチミンも昔と違い日々の生活のコストは決して安くはなく日本食レストランで食べようとすると日本と変わらないかへたすると日本よりは高いところも多々あります。

秀さんが来た19年前と比べると あっと! 驚く為五郎ですわ って為五郎って何よと若い方々に言われそうですがね! 
はぁ〜、昭和も遠くなりました。

秀さん、お孫さんと離れると寂しいでしょう? といろんな方に言われます。

正直、めちゃ寂しいですわ。

幼稚園の送り迎えも大半が秀さんがやって来ましたので行き帰りの車の中でよく孫と話をしました。
下の孫も最近では随分と会話が成り立つようになって来ました。年は離れていても会話が出来るというのは嬉しいものです。
性格の全く違う二人の孫を爺から目線で観察して来ました。親の場合は子供の成長に対して直接的に大きな責任がありますが、爺さんは気楽なもので歯に悪かろうが甘いお菓子を買ってあげることに何のためらいもありませんわ。虫歯大歓迎! 駄目じゃこりゃ

太平洋戦争後10年経って生まれた秀さんの時代の日本と今の孫たちの日本とは偉く違うと思いますがどうんな環境であろうと人さまの営みは昔も今も大して変わりはありゃしませんわ。極論言わせてもらえば飯食って糞して寝るのが人間の人生の大半の営みですわ。

ただ単に生きるのではなく何のために生きるのか考えなさい! なんて哲学者みたいなことを言っては人生は楽しくはありません、へい!
それぞれが思うままにそれぞれの楽しいと思う人生を他人の目なんか気にせずにためらいもなく進んで行って欲しいと思っております。

ただ、一つだけ条件がありますね、人様や社会に決して迷惑はかけない範囲であればという・・・。

そういう秀さんは人様に迷惑かけっぱなしの人生でした。両親含め多くの方々に迷惑をかけ温情をもらい何とか今現在生かしてもらっております。

人間何のために生きるか? なんて難しいことを考え出すと顔が暗くなり歪み生気がなくなるのでしょう きっと!
居間で四肢をおっぴろげて間抜け面であおむけに寝ている猫のチーをみているとなんの悩みもなさそうです。

考え事して顔をしかめている動物ってみたことありませんねぇ、人間も動物の一員ですので本来人生はもっと気楽であっても良いのではないかと・・・あほな爺が夢想しております。

そんな動物たちも繁殖期になるとオス同士は熾烈な戦いがありその勝者がめでたくメスさんと子孫を残す権利を得ます。
人間様の場合は、幸運にも生死を分けた戦いなんかせずとも高望みしなければ誰でも子孫を残すことはできます。

勉強しろ、人より頑張れ、良い大学に入って大会社に就職しろなんて秀さん口が裂けても言いません。
人様、社会に迷惑をかけない範囲において思いっきり人生を楽しんで縁あらばお嫁さんを貰い縁あらば子供が出来その子供を育てながら人生の喜びを謳歌してくれたら良いなぁ〜 と二人の孫には思っております。

さて、人間も動物も植物も、よくよく考えると子孫を残すために生まれてきたのかもね?

生き物の中でカゲロウは成虫になってから24時間しか生きられません。(以下wiki)
その寿命の短さゆえ、カゲロウは口が退化しており、エサを食べることができません。
世界には2500種類のカゲロウが存在しますが、その中には数時間しか生きられない種も発見されています。
彼らはエサさえ食えず、繁殖のためだけに成虫となり、交尾相手を見つけて自分の子孫を残すことに専念しているのです。

でもね、いくら子孫を残したいとはいっても我々は人間ですので相手の合意なしにやってはいけませんぞぃ。

爺ちゃんが早くひ孫が見たいというのでその願いを叶えるためにことに及んでしまいました なんて警察で言わないように・・・

女性にも男性にもモテる人間になってくれたら・・・爺ちゃん本望です。

それでは本日はこの辺で



posted by 秀さん at 05:05| ハノイ ☀| Comment(2) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秀さん
こんばんは。
ご無沙汰しております。お元気でしょうか?
そうですか、さみしくなりますね。
でも、秀さん、元気だして下さい。
これからもベトナムホーチミン生活だより、
楽しみに読ませていただきます。
秀さんも済世第一幼稚園のご出身ですか?
Posted by けいこ at 2019年10月04日 20:25
けいこさん

有難うございます。
寂しくなるけど元気です!
なぜか私は幼稚園には行っていないのです。他の上の兄弟は行っているのに・・・
私と弟は保育園、多分年子だからかも?
って言っても60年前の話ですね。笑

いつもコメント有難うございます。





Posted by 秀 at 2019年10月06日 02:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村