2020年08月13日

お盆ですが帰れない編

日本はお盆ですね、ベトナムにはお盆みたいな風習はないみたいです。

と書いたのですがどうやら中元節というお盆に似た風習があるようだと石川さんからコメントがありましたので訂正します。

まぁ、今の若い世代の方たちもお盆が大切だという意識が昔の人に比べると薄いかもね?
そういう秀さんも若い時は仏壇に手を合わせるとかお墓参りに再々出かけるなんてことはありませんでしたわ。
日々自分の周りのことばかりに目が向いてしまいご先祖さんのことなんて意識していませんでしたよ、へい

でもね、歳とってくると亡き両親のことやら祖父祖母が生きていたときのことを思い出したりするようになってきました。
特に優しい性格の父親との思い出に年甲斐もなく涙してしまうこともしばしば・・・
亡くしてみて初めて親の有難味が分かるのですが、もっと親孝行できたのではないかと自問しております。
ご先祖さんが面々と続いて来たからこそ今の自分や家族が存在しているわけで、自分一人で生きて来たのではないということが歳取って来るとだんだんと分かってきます。墓参りに行きたいのですが今年はコロナのせいで帰省も出来ず一人Thu Duc区のアパートでお盆を迎えております。
そのかわりと言っては何ですが息子家族が墓掃除&墓参りに行ってくれています。

そうだね・・・もう秀さんの代ではなく息子家族の代になったことを自覚しないとね!

そう思っていたら息子の嫁のVちゃんがfacebookに孫たちの墓参りの写真や庭で花火をする動画をアップしておりましたわ。
博多の姉夫婦が墓参りついでに家に寄ったようでVちゃんが手作りの料理でおもてなしをしたとのことで姉夫婦も喜んでいたとの報告を受けました。料理に裁縫、家や庭の手入れなど卒なくこなし手前みそではありますが良く出来た嫁ですわ。
11月が来れば丸1年日本で暮らしたことになりますが日本での生活にも慣れ家族4人で幸せな日々を送っているようで爺様の秀さんも安心しております。これから大変なこともあるでしょうが夫婦力を合わせて困難を乗り越えていって欲しいと願っております。

そんなことより最近は深酒ばっかりしているこの秀さんの方が問題ですわ、ったく!
生活習慣を改めないといけませんねぇ〜 へい

近い将来引退して故郷に帰ったなら毎日朝早く起きて近くの山(皿倉山標高622m)に登ろうかと考えています。
以前、会社&自分が破産して進む道を決めかねていた時にある方から誘われて毎日登っていたことがありましたので歳は取りましたが何とか出来るのではないかと思っているのですが・・・3日坊主になる可能性も十分ありですわ、やれやれ

さてと、本日はこの辺で失礼しましょうかねぇ

玄界灘の美味い魚を食べること楽しみに一人爺の夜は老け行く、じゃない更け行く












posted by 秀さん at 22:59| ハノイ ☔| Comment(4) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お酒はほどほどに・・・
涼しい時間帯に、体でも動かして、しっかり食べていつまでも、しょーもない親父ギャグでブログ書いてください!
Posted by のんのん at 2020年08月14日 12:48
のんのんさん

はい、ご忠告有難うございます。
努力いたします!


Posted by 秀 at 2020年08月14日 14:10
ベトナムも第二波で、また規制になり、アンザンもマスク義務づけ、30人以上の集会禁止となりました。
私の子供の保育園も1ヶ月休園。
こんな時に重なるもんで母親が95歳であの世に旅立ちました。姉二人で相続争いしてますが私はリモートで放棄手続き中です。

奥さんから「夏のテト」と言われてましたので今回調べてみたら中元節とやらがあるようです。
我が家では1日ごちそう作るだけみたいでお休みにはならないみたいです(年中休みで恐縮ですが)。

http://kaigaigo.com/vietnam-11600/
Posted by ISHIKAWA HIROSHI at 2020年08月15日 19:43
ishikawaさん

お久しぶりです。
中元節のことがお盆の風習だったとは知りませんでした。有難うございます。

遺産争いですか・・・ベトナムも最近は世知辛い世相になりましたね。
一説には末っ子がもらうと聞いたことがありますが、親と接する時間が少ないのでという真偽は未定ですが・・・

まぁ、互いに健康でぼちぼちやって行きましょう!


Posted by 秀 at 2020年08月15日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村