2007年08月19日

旧マイレージ便りJ〜S

11. 「ベトナム ビザ要らず」

中国に続きベトナムも観光での短い滞在であればビザが要らなくなりました。

昨年まで仕事でベトナム出張が年間5〜6回程あり、元代々木のベトナム大使館まで自分でビザ申請に行っていました。
不思議なのは、いつ行ってもビザ申請で並んでいるのは若い女性ばかりでした。
何故に若い女性がこんなにもベトナムを好きなのか私にはわかりません。ベトナム雑貨がブームだから?男の私に取っては全くピンとこないのですが・・大都市ホーチミンでさえインフラ整備が十分でなく、グチャグチャメチャクチャなバイク(中国製のホンダのコピーモノが大半)の大軍団が大量発生したバッタの如く道路の大半を占領して、発狂したように走り回っており、怖くて道路を渡れない。大げさじゃなくて本当にびっくりするって、ほんまでっせ。

ベトナム料理の生春巻きやフォーも飛びっきり美味いとは思わなかったし、社会主義の国なのにメチャ乞食は多いし、戦争関係の遺物以外はそれほど観光する所もない国というのが私の印象です。
多分仕事じゃなかったら観光だけではどちらかというと行かない国の一つかも。
でも最高にいい事が一つだけあります。人間性が最高なのです。たまたま私が知り合った人達が全員有名大卒のエリート達ばかりあったのかも知れませんが、本当にシャイで真面目で可愛らしい人達が多くすごく好感が持てます。
この事が多くの女性を引き付けている最大の理由かも知れないなぁ。おっともう一ついい事がありました。
結構ベトナムの男性は小柄な人が多く、身長166cmの私でも堂々人生ってな感じがGood。余り関係無いね、尻切れトンボで今回は終わり。


12. 「2月のハワイは断然お得広告と女房殿のこと」

旅行関係のサイトを覗いていたら、「2月のハワイは断然お得 安さ爆発」の広告あり。

あちこち海外旅行に行く私だが、ハワイだけは除外。辛い想い出の場所。

亡き妻の最後の旅行という事で家族全員ビジネスクラスを奮発して、最高級ホテルに泊まり、毎日リムジンをチャーターし、美味いものを食べ、好きなだけ買い物をさせてやった想い出。

癌とは知らずに単なる胃潰瘍だよと言って妻を誤魔化し続けた後に、いよいよ余命数ヶ月、後は思いっきり想い出を作って下さいと医者に言われた後の家族旅行。
女房殿は快気祝いの旅行と信じて大はしゃぎ・・・周りの家族は本人の前では楽しいねぇ サイコー!と同調していたが心の中はぐちゃ濡れ涙。
大好きな服を買いまくって喜んでいた女房殿よ!今は天国でファッションショーでもしてるのかな?形見分けの時に1回も着ないままのその時の服をみた時はさすがに堪え切れなかったよ。
モノより想い出って言う車のCMがあるけれど、私の場合はモノが想い出だな。いかんなぁ、少しセンチになってしまったわい。
それつけても真冬の東京中年独り暮らし・・あぁ・・今晩は熱燗で1杯やるか! ぐび〜 ぐび〜  ひっく!

13. 「ハイアットゴールドパスポート」

全日空や日本航空のマイレージ上級会員向けに、世界的なホテルチェーンがホテル会員プログラムの上位ステータスを無料でくれるキャンペーンが時々あります。

私はハイアットのダイアモンドステータスとスターウッド系(ウェスティンやシェラトンetc)のプラチナをキャンペーンで取得。ハイアットですと一番安い部屋を予約してもクラブフロアーに無条件でアップグレードしてくれますし、スターウッドですと最高スイートまで無料アップグレードしてくれます。当然、朝食、ティータイム、カクテルタイムとクラブフロアでアルコール&おつまみ ティーケーキ等全て無料で頂けますし、部屋には必ずウェルカムフルーツやクッキー、チョコレートが置いてあります。

バンコクのシェラトングランデで昔、食べきれ切れない量のフルーツが出てきた事があります。また、フィットネスジムやサウナ&プールも無料です。
航空会社のマイレージ同様ホテルプログラムも旅行者の中でも通と呼ばれる人達は必ず押さえております。

また、1年中キャンペーンをしており、2泊してマスターカードで払ったら1泊無料とか、ホテルpointボーナスキャンペーン等で直ぐに無料宿泊が出来るようになっています。

マイレージを使ってビジネスクラス、高級ホテルでスイートにアップグレードして貰って、物価の安い東南アジア大判振る舞いした後に日本に帰ってきて6畳1間の安アパート見たとたん自殺したくなるのは私だけでしょうか?
  悲しい時ぃ〜 
     自分では金持ちのつもりで東南アジアに行ったけど 
                現地の人の方が余程リッチだった時
                   悲しい時ぃ〜



14. 「ユナイテッド マイルばら撒きキャンペーン」

昨年に続き、ユナイテッド航空がマイルばら撒きキャンペーンをやっている。アーリーバードキャンペーンと言って、今年の早い時期にユナイテッド航空利用でアメリカ往復すればガッポリボーナスマイル上げますと言うようなもの。

倒産して再建途中の航空会社のくせにマイルばら撒き過ぎっちゅうの。唯でさえ会員数が多く特典航空券利用が中々出来ないのに、更にマイルばら撒いてどうするの!おかげでスターアライアンス系の航空会社利用にマイルを振り替えてしまうので、全日空やらシンガポール航空なんかも特典航空券使い難くなってしまった。

タイ航空を見習うべき! マイルキャンペーンはほとんどやらない、ロイヤルオーキッドクラスとか言う大げさなビジネスクラスの名前を付けているが、実際は狭い古い旧式のシートは有名、ミールは時々何の料理名か判らんもんが出てくるし、スリットの入ったドレスを着たスッチーは何故かしら、おっちゃんには冷たそうに感じる。気のせい? いやいや エコノミーに座ってるおっちゃんに笑顔振り撒くわけ無いじゃん。スッチー達がキャビンの裏側で話してるよ 「そろそろ腹の出た豚達にエサでも与えるかっ」 って。そ、そこの アンタだよ! 金が無くても若くて格好良いか、若くは無くても金持っているかじゃないと可愛いスッチー連中が相手するわけ無いじゃん。

世の中全て同じ、おっさんは金を持って無ければ鼻も引っ掛けられないって・・試しに銀座の高級クラブにでも行ってごらん ん? そんな所に行く金が無いって 同感。 
どんなに入れ揚げても、金持ちのジジイから目一杯ブランド品を買って貰ってる若く可愛いホステスが、洋服の青山で買った背広に、ダイエーで買った合皮の靴履いて口説いてるおっちゃんを好きになる事は、死んでも無いって事よ。

じゃ〜ぁ 金の無い中年のオヤジはどうすれば・・・・  その答えを捜し求めて幾年月・・・・平成○○年 厳冬 

 
             
15. 「ゴルフとマイレージ」

空と提携しているゴルフ場でホールインワンを出すと3万マイルプレゼントするキャンペーンをやっています。

イヤハヤ、商魂たくましいと言うか、最近の何でも提携ブームに驚くばかりです。
ホールインワンと言えば、昔同伴のメンバーの人でホールインワンを出した人がいましたが、本人以外誰もグリーンを見ておらず、本人だけが大騒ぎしていたと言う悲しい物語がありました。「入った 入った」と1人騒いでいたのですが、「何が 入ったの うん?」てな感じで、同伴者に恵まれて無いというか、薄情というか、結局、人間は他人のことには、全く気をかけて無いと言う事が証明されたような話でした。
セルフプレーだったので、前の組のキャディさんがたまたま目撃していたので、ホールインワンの証明をしていただき、保険は下りたようです。後に記念のゴルフボールが贈られて来ました。

いい歳した大人が小さなボールを捧で打って、小さな穴に入れるだけの事に、何故にこれだけ熱心になるのでしょうか?こういう私も、ゴルフを始めるまで、何が悲しゅうてあんなことやってるの、と思っていましたが、いざ自分で始めるとその面白さにはまってしまいました。
国際的なプロの人達は、ゴルフをゼロから始めても13回ラウンドすると超A級となって、同伴者にこう言うそうです、「俺の後ろに立つな」・・・理由は・ゴルフ13・・とか言ったくだらないギャグを言っては皆さんに寒い思いをさせた過去の事につきましては、わたくし、深く反省しております、被害に遭われた犠牲者の皆様のご冥福を心からお祈りいたします。



16. 「ゴールデンウィークの馬鹿高い料金に一言もの申す」

今年も早いものでもう4月、街角には初々しいフレッシュマン達が闊歩しています。
真新しいスーツに身を包んだ若い人達を眺めていると春が来た事をひしひしと感じられる今日この頃です。

さて、今回の話題は、ゴールデンウィークの旅行代金の事です。このシーズンの旅行代金の馬鹿高さに呆れるのは私だけではないと思います。
普段、6〜7万円位の旅行代金が15万〜16万円位に跳ね上がってしまいます。なんでぇ〜な? 教えて〜な! つまり航空会社がそれまでと一変して強気の値段しか提示しないからです。需要が多いと、モノの価格は上がり、その逆は下がる。まぁ経済活動の中では当たり前の事と言えばそれまでですが、それにつけても3倍近くまでなるのに、不景気だ不況だと言いながらも、平和な日本国民は我も我もと何百万人もの人達がこのシーズンに海外旅行へ出かけエンジョイします。
家族4人位で土産やら買い物やらすると軽く100万円位のお金が吹っ飛んでしまいます。
福岡家族4人の殺害犯の中国人留学生が100万円にはなると思って家族全員を殺して海に車ごと沈めた事件がありましたが、GWの旅行代金位で殺されては遺族もたまったものでありませんよ。

話が脱線しました。しかし、どうでしょう、飛行機に乗っても40歳〜60歳位のボテボテのスッチーの対応、パイロットはアル中、飲み物サービスは昆布茶のみ、墜落しても保証しない誓約書にサインさせられる、でも値段はバカ安の航空会社があったとしたら貴方なら乗りますか?
まるでドリフのコントに昔あったような旅行だったら・・・そりゃ旅行じゃないって・・か? でも最近は旅行会社も企画が行き詰まって、こんなスリルと不安と不快を売り物にしたらどうでしょうなんて言い出す新入社員がいたりして・・・そんなことは無いわなぁ! 脱線しまくり じゃんじゃん!



17. 「プレミアムエコノミーの席」

飛行機は3クラス(F=ファースト C=ビジネス Y=エコノミー)やCYの2クラス、Yだけのモノクラスと機種や路線によって様々だが、最近はCとYの中間みたいなクラス(正式にはYだが)がある。

全日空で言えばプレミアムエコノミーと(PY)言います。ビジネスクラスには及ばないが、普通のエコノミークラスと比べるとシートピッチが広く、レッグレストも付いているので疲れ方が格段に少ない代物のである。しかしながらこの席に座れるのはエコノミークラスを正規普通運賃で購入した人とある。

ちなみに東京ーバンコクとすると正規普通運賃は約25万円もするのです。今時、こんな運賃で乗るような御めでたい奴は、エスキモーのオカマを探すようなもので、ほとんどいないのが現状です。そこでその席が埋まらないまま飛ばすよりは日頃修行をしてまでその航空会社の飛行機に乗ってくれるマイレージ乞食、いや言い換えます、マイレージ上級会員様に対して当日PYの空きがあればお情けでその席に乗せてあげるという施しシステムがあるのです。

ちなみに、全日空ですとロンドンやニューヨークと言った欧米線はほとんどPY設定となっています。
問題は小生が好きなバンコク線ですが、これがPYがあったり無かったりで定まらないのです。
当然、かしこい上級会員達は必ず事前にネット上でPY設定ありか否かを調べております。小生も昨年の夏の旅行の時、予め調べ、当日上級会員のカードをカウンター嬢におもむろに提示し、空きがあればPYの席をお願いしますと申し出た所、あいにく本日は機材変更によりPY設定では御座いませんと言われた時の憤りと無念さは未だに忘れられない。勝手に当日になっていきなり機材変更するなちゅうの!ささやかな庶民の楽しみを当日奪うような航空会社は二度と利用せんぞ!と怒ってみても、どっぷり首までマイレージ戦略に取り込まれているマイル乞食がいまさら航空会社を変える訳ないだろうと腹を読まれているのが現状であります。

悲しいかな、何も考えずに当日カウンターでファースト1枚くださ〜いな と簡単に言えるようなそんな人間に私はなりたい・・・・お前には無理だって、ふん、イランの内戦じゃないイラクなお世話ってことよ。


18. 「涙のパスポート 続編@」

1月8日からのバンコクゴルフ旅行が息子のパスポート切れでパーになったお話はマイレージだより第10話でお話をしました。
その時の航空券をやっと使う時がきました。連休明けの5月6日(木)〜5月11日(火)4泊6日(機中1泊)の日程でリベンジとなりました。
バンコクのベストシーズンは11月〜3月位までで、タイの正月(ソンクーラン:水かけ祭りで有名)がある4月からは暑い雨季に入ります。雨季といっても1日中雨が降っている訳ではなく、短時間のスコールみたいな雨が止むとカラッと晴れます。

タイ人の気性も似たような所があり、悩み事があっても、くよくよと長くは悩まない、何でも明るく楽天的な所がスコール後の天気の様です。余り全身に力を入れて生活するとその暑さのせいで倒れてしまうのかもしれません。

ゴルフ場の若いキャディさん達のお客さんそっちのけの屈託のないお喋りや笑い声、てれてれとした仕事ぶりに腹を立ててはいけません。彼女達から見れば、くそ暑い中で何をそんなに気張ってゴルフをするのかぁ〜に〜ほん〜じ〜ん、私たちわからな〜ぃ!力抜いて サバ〜イ・サバ〜イね 。

のんびりとした彼女達のおおらかな生き方の方が本来の人間の姿なのかも知れない
とバンコクに行くたびに思います。

前に行ったゴルフ場ではキャディの女の子達がゴルフ場の中で犬とアヒルを飼っていて、ティグランド近くに寝そべっていた犬がなじみのキャディさんが来ると尻尾ふりふり擦り寄って来るわ、アヒルもエサを貰おうとガァガァと鳴くわ、それに対してキャディは仕事そっちのけでエサやっている姿をみた時に怒るどころか笑ってしまいました。

ほんとに優しい人達です。大半が敬虔な仏教徒ですので血を吸う蚊さえ殺さない人が多いですよ。

ゴルフしてマッサージして美味い料理を食べて、スナックで飲んでカラオケ歌っても精々1万5千円前後です。

すばらしきかなタイ王国、楽しきかなバンコク、どうか息子よ2度と前回のような悲劇が起こらないように必死に仏様にお祈りしなさい。


19. 「ネパールのカトマンズでロングステイ」

将来私は、物価の安い国に移住とは行かなくてもロングステイしたいと常〃考えており、どの国がベターかインターネットで調べるのが好きです。
ある時飛び込んで来たコピーに興味を持ちました。ネパールのカトマンズに移住しませんかと言うもので、そのお手伝いをする事をビジネスにしている日本人の方のサイトです。

イヤハヤ、世界は狭くなったものだなぁとつくづく感じました。カトマンズ=エベレスト登山のスタート地点位しか認識が無かったのですが、そこに日本人を住まわせようとする人がおりそれをビジネスにしようと考えるその発想に乾杯です。

4万円で結構な生活が出来ると書かれております。果して何人の日本人が住むのかは未知数ですが、結構応募する方もおられるのではないかと思います。
帰りたくなったら日本に帰って、行きたくなったら行けばいいのですから。現地の高給取りの給料が月に1万5千円位だそうです。今の日本の毎月の国民年金の掛け金程度です。

生活に追われひぃひぃ言ってる日本という国にこのまま住むのが本当に良いのか真剣に考えてしまいます。
仮に日本で初任給を20万円とすると、ネパールでの初任給は4千円以内、フィリピンで8千円位、バンコクで1万2千円位です。
20倍から50倍の給料格差がある訳です。単純に計算すると、日本の100万円はそれらの国で1,600万円〜5千万円の価値があるということ?やっぱ日本脱出しかないでしょう!

家族がいる?子供が小さい?娘を大学まで行かせたい?両親の面倒をみる?彼女や友達と離れたくない?

フン!こんな理由でこの日本にしがみついているアンタ!一生海外移住は出来んぜよ!

そりゃ俺もじゃけんど・・・


20. 「AM/PMで、しこしこマイレージ」

この前、久しぶりにマイレージ記録を覗いたら、AM/PMで購入した商品についてのマイルが加算されいてちょっぴり嬉しかった。

200円に付き1マイル、コンビニでそんなに大きな金額の物を買うことはないので、精々1〜2マイルの加算しかならないけれど、チリも積もれば山となる。

その内、コンビニで買い物して、おらぁハワイに行ったもんね!ってな奴が現れるかも?100年はかかるわ。
あの、コンビニでカードをかざす度にチャリーンという音にはまってマイル修行する者達に神の声が・・おおっ!ささやかなり、庶民よ 1円も1マイルも無駄にせず貯蓄に励めよ!いずれの日にかファーストクラスは汝らの頭上に輝かんことを・・奮発して買ったドリームジャンボ宝くじ3千円、見事にはずれ、またマイル修行に精をだす秀さんであった。参りやした。
posted by 秀さん at 12:01| ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧秀さんのマイレージ回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村