2007年09月02日

旧マイレージ便り31〜最終回

31 「ANAもついにマイル乞食対策へ・・・」

JALに続きついにANAまでもアップグレード券の適用範囲を限定。どういうことかと言いますと、今まで上級会員向けに出してしたアップグレード券を使う場合に、今までは団体包括運賃以外であればほとんどの予約クラス(マイレージ便り1の6話参照)でエコノミークラスからビジネスクラス、ビジネスからファーストに無料でアップグレードできたものが、予約クラスの低いものはその対象から外すという暴挙にANAも踏み出したのです。

これは、マイル乞食にとっては非常に厳しい決定といえます。
未来永劫、ブロイラー並みのエコノミーシートから脱出は出来ないことになったのです。
今までは、5万円位しか払っていない格安航空券でも、アップグレード券を2枚出すだけで、空きがあれば身分不相応なビジネスクラスに乗せてくれました。

ぷんぷん臭う汚い格好したバックパッカーの兄ちゃんの隣に、高価な香水の香るお金持ちのお美しいお嬢さんが座り、万が一、億が一、ロマンスへ発展へ・・・といったようなことは死んでも無いが、
貧乏マイル乞食でも憧れのビジネスシートに座れるといった夢があったのですが、これからは士農工商、飛行機カースト制度の復活です。
現在、マイル乞食同士で、どのクラスまでがアップグレード対象か否かの議論が沸騰しております。

Yは当然として、Bまでとか、いやMまではOKだよとか、W/H/Gはまず無理だよな とか言った一般人には訳の分らない事で悩んでいるばかり〜♪〜♪え〜り〜ものぉ〜♪はるぅ〜は〜♪・・・

しかし、この暴挙に怒ったマイル乞食達が世界で一番航空券の安いスリランカのコロンボで発券して対抗するかも知れません。
2〜3ヶ月後に、CNNニュースで発表! 治安が悪いスリランカから、マイル乞食のレジスタンス運動勃発 てな記事が配信されたりするかもね! 無いわな。

秀さんも余っているアップグレード券 3月までに使い切らんと・・・
そう思う貧乏臭さが、ANAの嫌うところなんだろ〜なぁ たぶん。


32 羽田空港で無料サンドイッチセットを食べながら情報について考察」

空港には様々なラウンジがあります。航空会社のラウンジはセキュリティを通過した搭乗ゲートフロアにあります。
クレジットカード会社のラウンジは搭乗ゲートフロアからかなり離れた別のフロアにあり結構使いづらいことこの上ない。
またゴールドカード以上でなければ入れないし、飲み物もソフトドリンクのみで一人1杯までとセコイ事を言うのです。
これは、きっとわざと使わせないように画策していると思うのは秀さんだけかしら・・・

しかしながら大盤振る舞いのクレジット会社があります。アメックス(正式名称アメリカンエクスプレス)さん。

ここは、字のとおりエクスプレス(急行)、創業当初は馬車で荷物を運ぶ急行便会社だったのが、金品を輸送することも多かった為、その後郵便為替なんかの販売も開始、これが海外でも使用できるトラベラーズチェック(T/C)へと発展、今や世界に誇る金融会社となりました。どうじゃ、たまには秀さんもええ話をするでしょ!

そのアメックスが羽田空港に関しては、出発フロアにあるアルカディア(カフェ)をラウンジ代わりに使わせてくれるのです。
搭乗チケットとアメックスのカードをウェイトレスのおね〜さんに提示するだけで、サンドイッチ又はケーキに飲み物を付けて無料でもって来てくれます。
出発でも到着でもOKですが、到着だとわざわざサンドイッチを食べたいがために是が否でも来ましたってな貧乏臭い感じで恥かしいと言う人もおりますが、その者達よ、聞くのじゃ!世界を見渡してみれば飢餓で大勢の人達が亡くなっておる現代、そんな贅沢を言ってはバチがあたり申そうぞ。ぞ! 
まぁ、要は喰い意地が張っているだけと言われれば返す言葉が無い・・こう申す秀さんも、このサービスがあると分ったのはアメックスを持ってから相当時間が経ってからでした。

アメックスのパンフにもHPにもどこにも書かれて無いのです。知っている人だけが知っているという秘密のサービスなのです。
このサービスを知ったのは、エアタリフ(国際航空運賃)というサイトの書き込みを見てからです。いや〜、情報の有る無しでこんなに違うのかと深く考えさせられたひとコマでありました。
情報は大事だよ ほんま。でも、たったサンドイッチセット800円位のことで 情報について考察 なんて大層なタイトル付けんなってか? 
そのとおり




33 「中国の経済発展の象徴 上海について 」

最初の中国訪問は今から15年以上前になる。
仕事で香港から当時経済特区第1号であったお隣の深川に入り、それから沿岸部を北上し上海、北京へと移動した。

経済については資本主義的な要素を取り入れた経済政策をスタートさせたばっかりの時だと記憶する。
それから、十数年この中国の成長振り、特に上海は目を見張るものがあります。

人間、頭で考えた高邁な主義や理想、哲学よりも
うまいもんが食いたい、
立派な家に住みたい、
カッコいい車が欲しい、
可愛いネーちゃんをものにしたいといった即物的な欲の方がはるかに分りやすく頑張れるのである。
エンゲルスもマルクスもそこのところ よう考えんといかんかったのちゃうんか まったく!

今や上海の浦東地区には億ションが続々売り出されそれを、ニューリッチ層がバンバン買って、今やベンツも高級ブランド服も当たり前という現実に、毛沢東も天国か地獄か知らんがあの世で腰ぬかしとるかな? 多分。
しかし、一方、1年間の現金収入が1000円も満たない山間部の極貧地区ではヤミで子供の売買もあるという現実。
このとてつもないギャップをうまくコントロールしながら国を運営していかなければならない中国政府の苦悩を考えると同情に値する。
別にあんたに同情して貰わんでもええわい と言われるかもしれんが、勝手に同情しちゃる!

そうそう、いつもの様に脱線。
その昔、中国がまだまだ貧乏な国だった時に広州のレストランで食事をしていた時のことである。
ガイドからここの店は蛇が名物料理ですと言われ、本当は食べたく無かったが、そのガイドが喰いたそうだったので物は試しにと食べることになった。
この蛇は幾ら、この蛇は幾ら幾らとガイドの説明、値段もまちまち、結局、5千円位の蛇料理を注文した。
当時の5千円といえば中国人の1ヶ月分の給与よりはるかに多い。
まぁボラれたのかも知れんが・・、こんな高いモンは滅多に食べられんやろな〜 あんた達の給料では、と低俗な優越感にひたりながらガイドに恩着せがましく奢ったのであった。

お決まりの蛇の血を老酒で割って乾杯後、余り美味くないので蛇鍋を食べ残した後、爪楊枝でしーしーとマヌケ顔して歯をほじくっていた時、
ふと隣のテーブルの中国人風の顔の親父の腕がキラリと光った。
何と金無垢のローレックスではないですか、ちらりとそのとなりのご婦人を覗くとまた、これ立派な身なりで高級感一杯。
そのテーブルの2カップルとも我々は金持ちですといった雰囲気満々。
ガイドに小声で隣は、台湾から観光できた人たちかと聞いたところ、店の人に聞いたらしく 違いますよ あの人達は地元のお金持ちですと言われ、また、ご丁寧に 私達の蛇より高い蛇を注文していたとのガイドの勝ち誇ったような報告に、う〜ん と黙ってしまった。
蛇負け。いや、金無垢ロレックスと大蛇 対 ステンレスセイコーと青大将 の勝負! 中国人チームの勝ち! 以上15年以上前の思い出から。
また、タイトルと違うオチになってしもうたのぉ。許せ、所詮、秀さんのレベルはこんなもん。 次からタイトル名よく考えます。謝謝!



「34」 羽田空港、ANA、特割、満席

先週の金曜日、時間のゆとりが有ったので予約している便よりひとつ早い便に変更して貰おうと羽田空港のANAのカウンターで申し出た所、
「あいにく予約のお客様で一杯でございます。

特に本日は、特割の設定日ですので福岡行きは全便空席待ちとなっております」とのアナウンス。
全便満席とは驚いた。
特割航空券とは年間に10回程度、ある一定の期間を定めて、キャンペーンで片道7千円〜1万円で搭乗出来るといったシロモノです。
通常の東京〜福岡の料金が片道3万円程度、他の割引運賃でも2万円オーバーを考えると大幅にディスカウントした航空券です。
この航空券は搭乗の2ヶ月前から前金を払って予約するものです。その特割の設定日の全便が満席ということは、いかに安い航空券を皆が欲しているかの現れだと思う。
そういう、私も同じ苦労をして獲得した航空券ですが。この航空券は当日、その前の便に空きがあれば変更できるのですが、遅い便には変更出来ないという貧乏人泣かせのルールがあるのです。

航空業界では、あくまで高〜い料金を支払った人がお客さであり、安〜い航空券を握りしめている連中は、空気を運ぶよりましかぁ といったお情け搭乗組なのです。

しかし、満席の飛行機で、たかが1時間少々の飛行時間の中で全員に飲み物を配らなければならない、(それも笑顔で・・・)中には、私と同じようなむさいオッサンが何度も、やれスポーツ新聞、やれコーヒーのお代わりだの我が物顔で注文出すわ、やれ寒いから毛布持って来いだの、トイレの開け方が分らんだのおばはんが言うわ、てんてこ舞いのスッチーさん達の大変さを考えると、空港で颯爽と闊歩する姿との対比が悲しい、本日は何故かスッチーに同情を禁じえない秀さんであった。

帰りは仕事があり広島からの搭乗となったが、広島発羽田行きはガラガラ、やっぱ福岡って結構人が動いているんだなぁ って実感。

昔、昔、大学時代に出身は「九州 福岡です」とクラスメートに言った時に、真顔で 「○○よ、九州って熊が市内のいたる所に出るんだろう?」って言った酒井君!謝りなさい、今すぐ、全福岡県民に!全九州人に!謝りなさい。

それから、30年、今年はどこで熊が出ても当たり前になってしまった日本。
自然を壊すからこんなことになってしまったんだぁ〜っ。

結局、またまた、タイトルと結論が違うじゃな〜い、残念! 拙者、この性格変わらんもん〜 切腹!!!



35 「エコノミークラスのトイレで考えた顔のこと」

航空関係のサイト エアタリフに、エコノミークラスのトイレの数が乗客200名弱に対して4ヶ所しかないという書き込みを読んで一言。
確かに、長時間の飛行の間には飲み物サービスやミールサービスが結構あるので、調子に乗って食べたり飲んだりした後は、人間の身体は正直である、食即是便(大小)。

入れたものは出す! 

いたってシンプルな話である。快食快便は健康のバロメーター。
しかし、食事後に込み合うエコノミークラスのトイレで順番待ちしている姿は何ともいただけない。
人間の尊厳をないがしろにするかのように皆うつむき加減に順番を待っている。
あまりの人数の多さにそれじゃと空いているビジネスクラスのトイレに行こうとすると、「お客様こちらはビジネスクラスのお客様専用となっております。申し訳ございませんが・・・以下 本音

(お前らみたいな、エコノミーの、それも団体ツアーの安い航空券でこの飛行機に乗ってる奴に限って、バカバカ酒は飲むわ、不味い飯はお代わりするような勢いで平らげるわ、その挙句、どいつもこいつもトイレに駆け込む。 Occupied とVacantの意味も判らんで勝手にドアを開けようとする奴まで現れる始末。

入ったら入ったで中は汚し放題、いつもは付けない備え置きのオーディコロンなんかも付けたりして鏡見てんじゃないちゅうの!あんたらにはいい加減うんざりよ。漏らすまでエコノミーのトイレで並んでおきなさい!)

と思っているスッチーに注意される。
ビジネスクラスは20〜30名に付き1トイレ、ファーストだと10名に付き1トイレ、これがエコノミーだと50〜60名に付き1トイレとなるもんだからそりゃ込むのは当然である。

快適さは全て支払った対価に比例すると有名な経済学者が言ったかどうかは知らないが、漏れそうになるまで我慢するエコノミー搭乗者の顔と、何事もなかったような顔をしてトイレにスムーズに行けるビジネス以上の乗客の顔を比べればおのずとその表情に違いが出て当たり前。

古の中国貴族のような高貴な顔になるにはやはり顔にしわの寄らないような生活を心がけるべきである。
満員電車で押し合いへし合い通勤し、上司のや得意先に気を遣い、女房にこのカイショなしと怒られながら、ぺこぺこしながらやっとの思いで取った有給休暇の旅行。
その機内で漏れそうになるのを我慢しながら、仁王様みたいな顔をしてトイレの前で順番待ちをしているあんた!
人生もう一度考え直した方が良くないか!
・・・まぁ 俺もだけんど。

そういえば動物は所構わず、ポテッ ポテッと放出しぱなっし。
だから、しかめっ面した動物っていないのかしらん。



36 「マイレージだより最終回」

仕事の関係でベトナムホーチミン市に赴任することなり、その事前準備の為に同地に滞在中です。

以前に何度かこの地を訪れたことがありますが、ほとんど第一区(いわゆる中心地区で、東京で言えば銀座・赤坂・六本木かな?)のホテルの滞在でした。
今回は10区といってやや中心地から外れた地域のミニホテルでの滞在です。
朝は6時前にバイクの騒音で目が覚めます。この国では・・・目覚ましは必要ありません。ホテルの防音対策なんて建築段階から考えられておらず、外の喧騒がそのまま部屋に入ってきます。
空気は排気ガスで汚れており、その為か星空を見ることが出来ません。大半の人の移動手段がバイクというお国ですの仕方無いのかもしれません。
でも、うら若き女性がホンダのスーパーカブにまたがり颯爽と街中を駆け抜けていく姿は絵になります。
まぁ、腹の出たオッサンも駆け抜けて行ってはおりますけど・・。
路上における車とバイクの比率は1対1000か1対1500以上ではないかと思われます。
この国で車を運転すると言うことは100万匹のバッタの大群の中をよけながら飛ぶ鳥のような感じだろうと思います。
その超人的なテクニックに感謝状をお贈りします。

初めての人は目を瞑って乗車された方がいいかもね。滞在経験豊かな人に聞くと、タクシーでもボッタクリとそうでないタクシーがあるという。初乗り2kmまでが約100円程度です。赤いタクシーはダメとか、電話番号何番のタクシーは大丈夫とか、長く住んでいないと判らないことがあるようです。
空港で近寄ってくるタクシーは、市内まで決まってテンダラー(10ドル)テンダラーと言って吹っかけてきますが、実際は5ドル位ですので約2倍ですね。
日本のよう売価や料金がキチンと提示されている国から来ると頭にカチンくる方がおられますが、あまりむきにならず、東南アジアの入国のごあいさつみたいなものと考えた方が精神衛生上はよろしいと思います。

こんなかたちで始まるベトナム生活、どうなりますことやら・・・

来年より本格的に赴任生活となります。新たな年明けと共に新たな国で始動です。
美しいアオザイのおね〜様達に囲まれ、ウハウハの新年となる事を夢みつつホーチミン市10区のサモアイホテルよりマイレージだよりの最終回報告です。

次回からは、ホーチミン便りとして新に企画を考えます。
posted by 秀さん at 02:35| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧秀さんのマイレージ回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村