2008年05月01日

いちゃもん役人編

ベトナムで合法的に許可を取って活動を開始しようとする日本企業(個人も含む)場合は手間と時間と金がかかり大変である。

ベトナムの役所制度の複雑さに加え管轄官庁間の機能調整がなされていない。よって異なる機関で権限が重複してこともあるので様々な部署をたらい回しにされ疲れ果ててしまうのである。
法整備も遅れており行政の分かり難さや蔓延するワイロ主義にうんざりさせられるのである。
一般のベトナム人は役人達を人民の僕(公僕)なんて誰一人も思っておらずどちらかと言うと極力関わりたくない人達だと思っている。

秀さんも以前に税務署の担当官にやんわりと間接的に少額のワイロを要求されたことがあるが、幾ら少額とは言え何故に払う必要もないのにそんな要求を出すのかと!半分怒りながら無視していた。

後から分かったことであるが払ういわれはないのですが払っておいた方が何かと融通が利きますよという意味だったのだが・・・。

その意味が よ〜く分かりましたよ 後から・・・。
その後、完全にいちゃもんに近い形で報復されようとは思いもよらなかったのである。
その問題を解決するのに3部門にわたる役人達へ大変な時間とコネ(間に入る人間)と金が必要となり正直疲れて果てて精神的に参ってしまった。
ここまで大変な思いをするのだったらいわれのないワイロでも何でも払っておけばよかったと情けないが後悔したものである。

ベトナムで正規に登録した企業や機関で働いている外国人はみな税金コード番号が決められ期日内に納税しなければならない。
実際は年間の半分以上ベトナムに滞在する外国人全員に納税義務があるのであるが正規に登録していない会社?や機関?で勤務する者または個人はいわゆるもぐりで誰も税金は払っていない。
日本にサーバーをおいてインターネットを主にベトナムの地で様々な営業活動をしている連中も日本に住んでいる方たちは知らないだけで同じもぐり業者である。

もぐりと言えば陰でこそこそやっている感じがするが堂々とやってるので正規の業者だと錯覚するのである。
ベトナムはいい国です、もぐりでも堂々活動できる国です!冗談ですが・・・

何故にもぐりの外国人の把握ができないかと言うと在留許可やVISA延長を管轄する部門や警察や税務当局の連携が全く無いからである。
まぁ、有ったとしても役所間の相互コンピュータネットワークも構築されていない現状では管理できないしワイロでどうにでもなるのでお手上げである。

実際、役所の戸籍台帳には年齢の若い人でも誕生日の月だけあって生まれた日が判らない者が大勢いる国である。それ位の行政レベルだと考えた方が分かりやすい。

何事も法律や条例で明文化され一応厳正に運用される日本と、何事もお金とコネで融通が利くベトナムを比較した場合、あなたならどちらの国がお好みでしょうか?

日本に暮らすベトナム人から見れば何と融通の利かないガチガチの国だと思われているかも知れないがそのガチガチを守ることにより腐敗への歯止めをかけているのだ!と声を大にして言いたい!

でも、でも、でもですよ・・・もし、自分の身内や親戚が取り返しのつかない問題(過失に限るが・・・)を起こし刑務所に入るようなことになった場合・・・出来ることなら融通が利いた方がいいなぁと思いませんかぁ? 

ん〜・・思わない・・・そう、立派なお考えの方ですね。

誰でも身内ひいきになることは否定できませんがベトナムのその限度は世界基準をはるかに超えています。
それが改善されない限り先進国へのテクオフは難しい。
しかし、逆に先進国なんぞにならなくていいのではないか? とも思ったりする。

国家の在り方で、未だ国民の全員が幸せになると言う100%の正解を出した国はない 今後もないでしょうよ。

現在のベトナム・・・問題も多々あるが餓死者もおらず平和で明るく心は豊かである そう悪い国ではないと思い直した秀さんでありやす。



posted by 秀さん at 13:21| ハノイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナムぼやき編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村