2008年06月07日

日本が遠くなる編

ホーチミンで毎日生活しているといつの間にか日本で生活していた感覚が気薄になってくる。

ベトナムでも
TVやインターネットから日本で起きていることは知ることが出きるのではあるが気持ちの上では最近はベトナムでの生活が生まれてからず〜と続いているように感じてしまうのである。来越当初はベトナムに住んでいても心は日本の感覚のままでありお客さんのような感じがしていたのであるが現在はこの国にどっぷりと溶け込んでしまい良いことかどうか分からないがベトナム人感覚で生活するようになった。

以前にベトナムと日本を行ったり来たりしている3年間はそれほど感じなかったのであるが実際にベトナムで長く住むようになってからはベトナムでの出来事の方がより重要と感じるようになってきた。

まぁ、それだけ立ち位置がベトナム中心になってきた証拠であろう。
仕事は日本の顧客からの依頼を受けてやっているのであるがその依頼を実行に移すのはすべてベトナムでのことであるので日々ベトナムでの出来事の方が関心を呼ぶようになる。

長く住むと日本の観光客の皆さんが感じるような異国の地の新鮮味も驚きも感じなくなる。
まぁ、それくらいの感覚にならないとベトナムで本当の仕事をやっていくことは難しいのかも知れない。

これがニューヨークだと仮定したらどうであろうか?
若い人は喜ぶだろうが秀さんくらいのの年になって来ると欧米人に交じって
生活をすることは人種の多さ(肌の色の違い)、食文化、宗教、生活スタイルの違いの大きさからかなり辛いものだろうと思ってしまう。

若い時はアメリカやヨーロッパ大好き人間の秀さんでありやしたが
現在は全く行きたいとも思わなくなってしまった。

その点、ベトナムは肌の色もほとんど同じ、宗教は大半が仏教、食事や言語も中国文化をベースにしたもので箸を使い、年配者を敬うといった共通項目が多いので日本との親和性も高く、
何と言ってもつ中国と違い親日の国なのでそれが一番。

やはり日本を嫌いな国に住むほどつらいことはないと思う。

中国や1部の韓国人しかり、更に経験上から言えば、表には出さないが多くのアメリカ人は決して親日ではない。
南部に行けば未だにジャップにイエローモンキーの感覚の人も多い。

前回はベトナム人の仕事のやり方や考え方にやるせなさを感じたブログを書いてしまいましたが・・・良く考えると

日本人が住むにはそれほど悪い国ではないと反省いたしやした。
まぁ、ただ単に住むのと仕事をすることには大きな違いがありますが
悪い面については気長に待つことにしますわ。
秀さんが棺桶に入るまでにはこの国の金権体質も大きく変化していると思いたい。

話は急に変わりますが・・・・
家のバスタブの水道の2又蛇口に付いていたノズル付きのホースから水が漏れだしたので交換しようと思い、固いナットを少し叩いた途端に水道の蛇口そのものが半分にパカッと割れてしまい水が流れっ放しになったのには驚き 桃の木 山椒の木でありやした。

皆さん、想像して見てください!家にある水道の蛇口が半分にパカッと割れてしまうということを・・・日本ではまず考えられないでしょう。

メーカー名を見てみると何と!
TOTOと日本メーカー製ではありませんか!
修理屋に壊れた蛇口を持ち込み修理をお願いしました。
その蛇口を見るなり、これは中国製の粗悪品、TOTOとはロゴがありますが良く見て下さいな
少しロゴデザインが違うでしょうと言われマジマジとその蛇口を見た。
TOTOのロゴがやけに縦に長いのに気付きやした。

勝手な想像ですが・・・中国の東都という会社名かも?・・・な訳ないわなぁ。
ハイネケンビールもそうですが、とうとう(TOTO)ここまで来たか中国のコピー品とダジャレをいって嘆くしかありません。

TOTO
は旧社名は東洋陶器で、東と陶の名を取ってTOTOとなりました。
秀さんの田舎の北九州市小倉区に大きな本社工場があるのでよく知っておりやす。
中国の会社にコピーされるくらい有名になったことを喜ぶべきか悲しむべきか分かりませんが
店の人いわく日本製の
TOTOは品質は最高だが値段も高いので私の店では取り扱っていないとのこと。代わりに勧められたのが台湾製の蛇口900円也。

とにかくベトナムの家に使用される設備品の品質の悪さには驚きます。
電子レンジをつけると驚くほど熱くなる電源コードやら
霜が付き過ぎて冷凍食品が入らない冷蔵庫、熱湯が出ない温水器
差し込み口がすぐ馬鹿になるコンセントにいつも故障ばかりのエアコン・・・数え上げれば切りがない。

しかしそれがベトナム仕様ですので・・・心広く寛容の精神で秀さん精進いたしやす。

posted by 秀さん at 12:19| ハノイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナムぼやき編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村