2020年07月01日

コロナ騒ぎでいつの間にやら7月ですわ編

3月に福岡に帰省してからかれこれ4ヶ月弱が経ちましたが未だ国の往来は出来ず閉塞感漂う日々ではありますが今の時代LINEやスカイプと言った無料で会話が出来る便利ツールがあるのでまだ救いがあるかもね?

秀さんの若いころは海外の人と無料で会話するにはアマチュア無線くらいしかツールが無かった時代ですわ。
今、アマチュア無線と言っても 何じゃいそりゃぁ? と言う人が多いのではないかと思いますねぇ。

アマチュア無線一級、小型船舶一級・・・
悲しいかな?秀さんの人物評は三級・・・
いずれの資格も遊び目的で取得したもので弁護士とか公認会計士とかの資格とは違いお金が出ていくばかりの遊びの資格では今の時代、何の役にも立ちゃしないですね 
その前に後者の資格には頭がついては行けません へい

しかし、今の時代お金を浪費する遊びよりはおひとり様キャンプとかハイキングとか自然を相手にする遊びが流行っているそうですね
義理の娘のVちゃんもデパートとか繁華街に出かけるより海や山に手作りの弁当持って出かける方が好き・・・と言っておりましたわ。

そう考えると、秀さんが育った時代は大量消費が善みたいな風潮が確かにありました
車でも新車でかっこいい奴が出るとめちゃ欲しくなったもんですわ。モノに価値を見出していた時代というか物欲大いに結構、けっこう毛だらけ猫灰だらけの時代でしたもんねぇ

今の若い世代はどうのこうのと年寄りが言いますが、今の若い世代の方がよほど地球環境にやさしい生き方ではないかと思いますぞぃ

モノやカネに動かされるのではなく、それらはあくまで人間社会生活を送るためのひとつのツールとしてクールに考える、モノも同じで移動と言うツールの中に電車やバスやと同列で車を捉える若い人が多くなったのでしょう・・・

今の時代、昔ほど新車は売れていないそうです。売れないから価格が高くなる、高くなるから余計に買わなくなる この循環だそうです。
逆に中古車は日本で見向きもされなかった時代に海外の途上国向けに需要があり今も海外需要が旺盛のため中古車の市場価格は決して安くないのだと聞きました

早い話が、需要と供給の関係ですもん、要らないものはだれも欲しがらないのが現実ですね。

話は飛躍しますが・・・
問題は、同様に婿さん嫁さんも要らなくね? と感じる若者が増えたことでしょうか? 

少子高齢化と言われてずい分と経ちますが嫁さんも彼女も要らない!必要あらばトイレがあるわぃという芸能人ではないですが 男&女 という異性間の惹かれあう強磁石のような恋愛磁気がうすくなって来ている時代なのでしょうかねぇ、難しい問題ですわ

動・植物の行いをみていますと種を残すために生殖活動に命をかけて生きているような感じですが、人間様は霊長類と言われるようにそこいらの動植物とは違い進化の過程で生殖というものを必要としない生き物になって行くのでしょうか・・・?

あれあれ、またまた悪い癖で話があっちこっちと飛んでしまいます 
題材にあったテーマで最後まで理論整然と文章が書けないのか! お前は! と自問するのですが
答えは・・・いつもの悪い癖でどうしようもありませんという回答になってしまいます、へい

しかし男女が惹かれ合わない人間の大量発生と言うことになれば世の中いったいどうなるのでしょうか・・・

いや別に 困らないし 一人の方が気も金も楽だし という人間ばかりの社会生活となれば・・・・

ネット(今よりも何百倍も速い)通信のみで最低限仕事で他人と、ゲームのアバター繋がり、ネットで注文したものはドローンで配達される、人と人との結び付きを面倒だと本気で感じる人間が多くなった世界・・・・

想像するに寂しがり屋の秀さんには到底生きていけない世界ですわ、今でも孫に会えないだけで心にぽッカリと穴が空いたようで毎日LINEしてウザがられている感じですもん

人と人がアナログ的に繋がらない生活は昔人間の秀さんには無理ポ ですわ。

人と繋がりたいから街にお酒を飲みに出かけ話をする・・・・

しかし調子こいて飲み過ぎて・・・

酒癖の悪さで人から嫌がられ・・・・

最後には人と繋がり難くなるこの性格・・・・

前項の説明から来る矛盾を解く答えをソクラテスともプラトンもニーチェも教えてはくれませんでしたので宿題ということで

次回までに考えておくことにします!


では、賢者の皆さん、お元気で!





posted by 秀さん at 06:18| ハノイ ☀| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

VAPEで虫よけじゃあるまいし・・編

たばこの代わりに数ヶ月前からVAPEに変えた秀さんですが・・・
今まで使っていたVAPEのPEN型機械に合うコイルがベトナムでは売っていないのが問題ですわ。

そこで、あれこれ思案橋ブルースしましてね、新しいVAPEを買おうと思いやけに安い価格のものがnetであったので飛びついてしまいました。

その結果は・・・へい、安物買いの銭失いとはそのまんま秀さんのことでありまして届いて来たものをみたら、あ〜た ほとんど味がしない粗雑な作りのコピー品ではありませんか!

スタッフにLAZADAで買ったから安心していたのに・・・と言ったところベトナムじゃLAZADAやショッピーは中国製のコピーがめちゃ多いとのこと、アマゾンもしかりとのことで店に行って買えばよいものを横着して慣れもしないベトナムのwebでコピー物をつかまされる羽目に陥ってしまった世間知らずの爺さんですわ ったく!

仕方がないので別のものを購入したのですが、今度は今までのものとは味が違う、リキッドは同じものなのに機械によってこんなに違うとは思いませんでしたわ。

そこでベトナムで売っているバニラ風味のリキッドを購入したのですが中に入っている食品用グリセリンの甘さがどうも気になってまたまた思案橋ブルースその2ということになりましてね

何か解決策はないかと無い頭を絞った結果、メンソールを足せば良いんじゃね ってことでメンソールを

(秀さんのガキん子のころはこれをはハッカと呼んでおりましたわ、それを知らない子供は友達からハッカではなくバッかかぁと・・・)

買ってきてリキッドに足したのですが・・・

どのくらい入れたら適量なのか事前に良く調べておけば良いものを・・・・適当に入れたらメンソールが強過ぎ 強烈! 

お前は虫よけ吸っているのかという状態になってVAPEではなくペーブになってしまいましてね、最後には頭に来てVAPEの機械やリキッドごと壁に投げつけて ハッカい、いや間違い 破壊しました というのは真っ赤なウソですが一体全体わたしゃ何をやっているんでしょうか? とめちゃ落ちこんでいる秀さんですわ。

まぁ、何事も経験 とは言われますが、やはり頭の悪い人間は賢い人の何倍も、いや何十倍もしなくて良いアホな経験と要らぬ出費を生むのであります。当然の帰結としてお金を浪費してしまい、その結果いまの貧乏生活が生じているわけであります。

物事の結果にはすべて最初にそうなる原因があるわけですが、秀さんの場合は頭が悪い! という一言に尽きる。


おお! 孫たちよ! こんな人生を送らないように・・・網とカゴを持って裏庭に行き精力・根性込めて全力で蝉を取りなさい、そうすればだんだんと頭が良くなると思う・・・



で、その心は・・・・


真剣蝉! じゃない進研ゼミ ってアホなことをいって本日は自分自身を慰めます へい





posted by 秀さん at 00:56| ハノイ | Comment(4) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

NETFLIXは解約してU-NEXTに変更した編

やはり欧米系の配信サービスなのかこれと言った番組を観てしまったらあとそれほど興味が湧かないので有線さんがやっているU-NEXTに切り替えましたわ。

海外在住なのでそのままでは視聴できないのでVPNをかましてベトナムで観ております。VNPは筑波大学がやっている無料のVPNサービスですわ。

主にドキュメンタリーが好きで最近ではNHKオン・デマンドの各種ドキュメンタリー番組を観ております。


はぁ〜 ふぅ〜


要はひとり身の生活の寂しさのつれずれに手紙を書く代わりにU-NEXTですわ


退屈しのぎにこんなもの観ているようじゃ棺桶も近いかもね? それで 棺桶に入るのは次はお前の番じゃ ってことで 

U-NEXTかいな! ってまたバカなことを言ってしまう己が怨めしい  へい


しかし、なんかいいことないっすかねぇ? 

と聞いてみたところで じゃぁ お前のいいことって何よ と問われれば 金? 女? 地位? 

金ってものは円も無けりゃ ドンもないですがな、

女? 家族構成を考えると想像するだけで顰蹙を買いそうでまたそんな自信ももありゃしません

地位? そりゃ一体なんですの? の秀さんですので関係ありませんな! 昔飼い猫で チィ〜 という猫はおりましたが・・・


早い話が良いこと=望むもの と考えると何もないのですわ 
贅沢しなくても構わない 女の人にモテる気力体力精力勢力いずれも無し、
地位や権威なんてものにそもそも何も感じない秀さんですので いずれも必要なし! という結論になってしまいます。

日々生きていますとそりゃ何かと問題が起きるのがここベトナムですが どんなことになっても命までは取られやしないですし、仕事に命を懸けるなんて顎がはずれそうなことは20年前に卒業したし、結局平々凡々な生活が性にあっているのでしょうかねぇ

でも一人はやはり寂しい、そんでもって毎日のように息子の嫁や孫たちにLINEをかけるのですが・・・・
暇な爺さんの相手するのも大変なのか、特に孫はTV-ゲームの方が爺より良いわ! なんて態度で悲しくなってしまう秀さんでごわす

会社の社員さんたちも今では要介護老人扱いで秀さんに対応しておりますわ

そう考えると・・・・爺って寂しい生き物ですねぇ 特に秀さんのように死に別れた爺は 何〜んにも ありゃしませんわ!

でも何もないのが幸せなのかもね? だって昔の破産時代のことを考えれば心の軽さは100倍幸せですもん!

コロナが終わり日本に帰省するのが今のところ第一希望ですわ 

まったく小市民的なささやかな望みですねぇ

家族との何気ないふれあいが一番の幸せ という秀さんですが飲みに出かけると人がころっと変わる この性格さえ治せば皆様から好かれる良い爺になること間違いなし! ・・・と思いたい へへい

それじゃ 本日はこの辺で






posted by 秀さん at 01:20| ハノイ ☀| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

コロナウイルスに関しての田中宇さんの記事の転載です編

孫の話しか書くことがないので手抜きの転載記事ですわ。

確かにコロナに関しては大騒ぎし過ぎと秀さんも思っております。
表に現れる発表と裏の情報は違うことを我々一般ピーポゥは考えなければなりませんねぇ
それにしても世界中てんやわんやのふりをして今後将来どうしたいいのかあほな秀さんにはよくわかりませんが
まぁ、凡夫は凡夫らしく平々凡々に悪いことをせず生きていくしか方法がないですね!


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
★新型コロナの脅威を誇張する戦略
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年3月、欧州のデンマークの政府が新型コロナウイルスへの対策を決め
ようとしている際、政府内の保健省の専門家たちが「新型コロナは、感染時の重篤性が
あまり高くなく、致死率もそれほど高くない。それほど危険な病気でないので、
人々の外出禁止や集会禁止、店舗や企業の強制閉鎖などの都市閉鎖策をやる必要
はない」という見解を保健省としてまとめた。だが、フレデリクセン首相をはじ
めとする政府上層部はこの見解を拒否し、与党を巻き込んで議会で保健省の政策
決定権を剥奪して実権のない顧問役に格下げする非常事態法を制定し、都市閉鎖
策を強権的に実現した。当時、保健省の役人側の専門家のトップである次官
(Per Okkel)が、政治家である保健省の長官(Soren Bostrom)に対して「政治面
のアドバイスをする時は専門家としての判断を停止することにした(専門家から
見て間違っている都市閉鎖策を政府が挙行するのを保健省は看過せざる得ないの
で、われわれ保健省の専門家は、専門家としての思考を停止することにした)」
という趣旨の抗議・皮肉的な電子メールを送った。

http://www.thelocal.dk/20200529/leaked-emails-show-how-denmarks-pm-steam-rollered-her-own-health-agency/amp
Leaked mails reveal battle over Denmark's lockdown

最近になって、世界的に、コロナの致死率が実際よりはるかに大きな数字として
誇張されてきた(コロナ以外の死因の死者が多数コロナの死者として計上された
り、致死率の分母である感染者数が実際よりはるかに少なく見積もられてきた)
ことが発覚し、都市閉鎖策をやるほどの病気でなかったという議論が、世界的に
専門家たちの中から出てきている。都市閉鎖策は、経済破壊と外出禁止による失
業急増やコロナ以外の健康被害、精神的打撃などの人々への悪影響が巨大であり、
コロナ以外の死者が急増する愚策だ。都市閉鎖策は、コロナ自体の解決策として
も不必要に事態を長期化させる(一時的に感染拡大が減るが、都市閉鎖を緩和
すると感染が再拡大し、何年も閉鎖と経済停止を続けねばならない)。都市閉鎖
策はひどい失策だという指摘が世界的に増える中、3月末に保健省の次官が長官
に送った抗議皮肉のメールが先日、地元の新聞にリークされ、デンマーク政府の
政治家たちが保健省の専門家たちの意見を抑圧して愚策の都市閉鎖策を強行した
ことが明らかになった。

http://www.zerohedge.com/health/its-all-bullsht-3-leaks-sink-covid-narrative
"It's All Bullsh*t" 3 Leaks That Sink The COVID Narrative

似たような話が最近、ドイツでも暴露された。ドイツ政府の内務省では専門家た
ちを集め、独政府のコロナ対策を評定する報告書を作らせた。報告書は、新型コ
ロナが毎年流行するインフルエンザなど一般的な他の病気のウイルスと同程度の
危険性しか持っていないのに、コロナがとんでもなく危険な病気であると誇張さ
れ、その誇張をもとに悪影響が巨大な都市閉鎖策が行われてしまったと指摘して
いる。報告書は「コロナで死ぬ人は、もともと他の持病などで今年じゅうに死ぬ
ような人々であり、コロナは、それ自体だけで死ぬ人がほとんどいない重篤性の
低い病気だ」「コロナに関しては、国家が最大のフェイクニュースの発生源だ」
「コロナの都市閉鎖のせいで病院に行けないコロナ以外の病人が急増、ガンなど
の手術が延期され死者が増えている」「政府は、都市閉鎖すべきでないと指摘し
た政府内の専門家の忠告を無視して都市閉鎖を挙行した」「都市閉鎖の悪しき副
作用が今後何年も続く」とも指摘。ドイツを含め世界的に採られている都市閉鎖
策を厳しく批判している。報告書の内容は、コロナ危機の発生以来、私が米欧の
オルタナティブメディアなどを見て書いてきた分析と大体同じだ。

http://www.strategic-culture.org/news/2020/05/29/german-official-leaks-report-denouncing-corona-as-global-false-alarm/
German Official Leaks Report Denouncing Corona as ‘A Global False Alarm’

報告書は5月初めに完成したが、内務省の最上層部(大臣ら政治家)は報告書を
公表しないことを決めた。内務省内には、鋭く厳しい内容の報告書を隠蔽しよう
とする最上層部のやり方に不満な勢力がおり、彼らは報告書をマスコミにリーク
した。ところがマスコミは最上層部とぐるで、もらった報告書について報道しな
かった。仕方がないので内務省筋はドイツのオルタナティブメディアに報告書を
リークし、こちらは報道された。この報道に対し、内務省の副大臣(Gunter Krings
国会議員)は「これは、省内の個人が勝手に書いたもの。妄言の陰謀論であり、
まじめに検討すべき内容でない」と、報告書を陰謀論扱いして取り合わなかった。
マスコミも、オルタナティブメディアの後追いで報告書の存在を短く報じたが、
その内容について分析や議論をすることを避け、事実上無視した。報告書を
リークした内務省内の専門家(Stephen Kohn)は更迭された。

http://www.ichbinanderermeinung.de/Dokument93.pdf
KM4 Analyse des Krisenmanagements

人類の多数を占める、政府やマスコミの発表を鵜呑みにしている軽信的な人々か
ら見れば、デンマークとドイツの事例はいずれも政府上層部の方が正しく、反対
論を出して潰された政府内の専門家たちの方が「陰謀論者」であり間違っている。
「どんな事案でもおかしな異論を言う少数派がいる。そういう奴らは潰されて
当然」「コロナはとても危険な病気なんだから都市閉鎖は当然だ」という話で終
わる。しかし、コロナ関連のこれまでの私の記事を読んである程度納得している
人は「新型コロナの危険性は大したものでないのに、各国政府はコロナの危険性
を誇張し、まっとうな反対意見を出す専門家たちを陰謀論扱いして潰し、悪影響
がものすごく多い愚策の都市閉鎖策を強行した」と思うだろう。これは「闇夜の
枯れすすき」を「単なる枯れすすき」と見破れるか、扇動されて「恐ろしい化け
物」に見えてしまうか、という話だ。

http://tanakanews.com/200516lockdown.htm
都市閉鎖の愚策にはめられた人類

http://tanakanews.com/200529corona911.htm
911とコロナは似ている

ロシアでは5月末、政府のコロナ関連広報の責任者であるミャスニコフ
(Alexander Myasnikov。医師・元テレビタレント)が、ロシア人にコロナに関す
る「正しい知識」を教えるためのテレビのインタビューの中で、コロナの危険性
についていろいろ語った後、最後にすでにインタビューが終わってテレビカメラ
が止まっていると勘違いしたミヤスニコフが「すべてはインチキな話だ。すべて
誇張されている。本当は、致死率がとても低い感染症なのに。なぜ、こんな大し
たことない病気への対策として、世界を破壊せねばならないのか。私自身、理解
できない」と本音を言ってしまった。この出来事からは、ロシアでも、ドイツや
デンマークと同様、プーチン大統領ら政府上層部が、コロナの危険性を誇張して
悪影響ばかり多い都市閉鎖策を続けていることがうかがえる。

http://www.themoscowtimes.com/2020/05/27/its-all-bullsht-russias-coronavirus-information-chief-says-of-virus-fears-a70398
‘It’s All Bullsh*t,’ Russia’s Coronavirus Information Chief Says of Virus Fears

ドイツやデンマークやロシアは、3月後半から4月前半にかけて、都市閉鎖の策
を開始した。この時期に英国や日本、フランス、イタリア、スペイン、米国など
世界の多くの国々が都市閉鎖策を開始した(日本は強制の少ない準都市閉鎖)。
時期的な一致から考えて、各国はバラバラに検討して都市閉鎖策を決めたのでな
い。当時、都市閉鎖策が妥当かどうか世界的・国際的に議論された痕跡もない
(国際議論があったなら非公式でも全く秘密裏でなく、何らかの情報が流布した
はずだが、何も出ていない)。考えられる筋書きとして、米国の覇権運営筋
(米英、軍産複合体、トランプ。トランプに乗っ取られた軍産)が、同盟諸国や
非米諸国を加圧したり説得したりして全世界を都市閉鎖策に誘導した、というシ
ナリオがある。国際社会、とくに同盟諸国をある方向に隠然と誘導する策をやれ
るのは軍産しかいない。生物化学兵器を研究している米軍や、世界中のウイルス
研究所にスパイに仕立てた研究者を潜り込ませている米英諜報界も軍産の一部な
ので、武漢でのコロナ危機の発症から軍産が手がけた可能性すらある。

http://www.webnewsys.com/2020/05/many-us-states-have-seen-lower.html
Many US states have seen LOWER infection rates after ending lockdowns that are are now destroying millions of livelihoods worldwide, JP Morgan study claims

米国(米英)の覇権運営筋である軍産はこれまで3回にわたり、覇権を強化する
ために脅威を誇張してきた。(1)第2次大戦の敗戦国となった独日の「悪さ」
を誇張して「永久の極悪」のレッテルを貼り、独日を半永久的に米英に従属させ
たこと。(2)ソ連やロシアの脅威や悪さを誇張して冷戦構造を作り、西側諸国
に対米従属を強いたこと。(3)911事件の犯人像を歪曲し、アルカイダなどイ
スラムテロの脅威を誇張して「テロ戦争」の構図を作り、世界各国をその構図下
に従属させようとしたこと。以上の3回のやり口と、今回のコロナの脅威の誇張
のやり口の類似性から考えても、コロナ危機の「解決策」として世界に都市閉鎖
を隠然と強要したのは軍産だと考えられる。

http://www.zerohedge.com/health/cdc-admits-covid-19-antibody-tests-are-wrong-half-time-virus-isnt-deadly
CDC Admits COVID-19 Antibody Tests Are Wrong Half The Time & Virus Isn't That Deadly

軍産は以前から、世界的な感染症(パンデミック)が起きた場合、その危険性を
誇張しつつ、同盟諸国や国際社会の全体に同じ対策を取らせ、世界的な感染症対
策を口実に世界政府的な覇権機能を行使・拡大する策を持っていた。米国のジョ
ンズホプキンス大学やMITなどの軍産の「研究(と称するプロパガンダ発案)
機関」が、それっぽいシナリオを何度も出してきた。Jホプキンスは昨秋、今回
のコロナ危機を先取りするかのようなシナリオを出している。シナリオは以前か
ら繰り返し出されてきたが、パンデミックが本当に覇権運営の道具に使われたの
は今回のコロナ危機が史上初めてだ。新型コロナの都市閉鎖策が持つ強烈な国際
政治性(パンデミック対策として頓珍漢なのに上から国際的に強行されたという
面)と比べると、以前のスペイン風邪もHIVエイズも、それほど国際政治的に
使われていない。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-8278009/it-TWO-MILLION-deaths-reach-herd-immunity-political-scientists-say.html
It could take TWO MILLION deaths across the US to reach herd immunity says political scientist at Johns Hopkins

覇権運営権を握る軍産の目標は従来、米国(米英)覇権の維持拡大だった。しか
し今回のコロナ危機の対策として世界的に上(軍産)から強要されている都市閉
鎖は、長期的に、世界経済を破壊して米連銀のQE急増からドルの基軸性喪失・
米経済覇権の崩壊につながり、世界各国をバラバラな人的鎖国状態にし続けるの
で政治諜報的にも米覇権低下を加速する。都市閉鎖は軍産の目標と正反対に、米
国覇権を自滅させる。世界への都市閉鎖の強要は、やり口から見て軍産の仕業だ
が、損得の道理からは軍産の仕業と考えにくい。

http://www.zerohedge.com/health/500-doctors-write-trump-warning-lockdown-will-cause-more-deaths
500 Doctors Write To Trump Warning Lockdown Will Cause More Deaths

この矛盾点は、すでに私の中で解決している。トランプ米大統領は、軍産と米国
覇権体制を潰して、世界の体制を軍産製の米単独覇権から、軍産登場前の多極型
(ヤルタ体制)に戻すために当選・就任した。トランプ当選後、軍産はロシアゲ
ートなど濡れ衣的な事件を作ってトランプを潰そうとしたが、この暗闘は逆にト
ランプの勝利となり、軍産は弱体化した。トランプは、弱体化した軍産を乗っ取
り、軍産の皮をかぶって軍産的な戦略を過激に稚拙にやって意図的に失敗させる
ことで、米国覇権と軍産を自滅させようとしている。軍産の皮をかぶったトラン
プによる覇権自滅策の一つが、コロナ危機で世界に都市閉鎖を強要することだっ
た(ほかに、中国敵視を強化して中国を対米自立させる策などがある)。軍産(
に入り込んだ多極派)が自滅策をやるのはトランプが初めてでなく、ブッシュ政
権のネオコンによるイラク戦争が先例としてある。トランプはネオコンのバージ
ョン2である。

http://www.zerohedge.com/political/unspoken-reason-lockdowns
The Unspoken Reason For Lockdowns

http://tanakanews.com/190527spygate.htm
スパイゲートで軍産を潰すトランプ

トランプに乗っ取られた軍産(軍産の皮をかぶったトランプ)は、どうやって各
国政府の上層部に、経済自滅を引き起こす都市閉鎖策をやらせるように仕向けた
のだろうか。ひとつ考えられるのは、情報や印象を歪曲する軍産の策を駆使して、
各国政府の上層部が誇張された新型コロナの脅威を信じ込み、自国政府内の専門
家たちの反論を軽視無視抑圧するよう誘導した、という筋書き。もうひとつ考え
られるのは、有事体制である都市閉鎖策をとることで各国の権力者や与党が強く
なり、野党や反対派を抑えられる点だ。ドイツのメルケルはもともと軍産系の
権力者だが、コロナ危機前に落ち目で、若手への権力継承を迫られていた。しか
し、都市閉鎖策の導入とともに権力を再掌握して強くなった。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-8347635/Lockdowns-failed-alter-course-pandemic-JP-Morgan-study-claims.html
Lockdowns failed to alter course of pandemic, JP Morgan study claims

http://tanakanews.com/180724trump.htm
軍産の世界支配を壊すトランプ

日本は、日米同盟の維持と引き換えに準都市閉鎖(非常事態宣言)を強要された。
英国も、米国との同盟維持と引き換えに、集団免疫策を引っ込めて都市閉鎖策を
やった。いずれも、都市閉鎖の自滅性をしりつつも、それより米国との同盟関係
を重視せざるを得なかった感じだ。米国自身も都市閉鎖策を導入し、その結果、
大量の失業と金融のQE依存、各地での暴動発生など、覇権の自滅への道を着々
と歩んでいる。

http://www.bloomberg.com/news/articles/2020-04-28/top-aide-to-u-k-s-johnson-pushed-scientists-to-back-lockdown
Johnson’s Top Aide Pushed Scientists to Back U.K. Lockdown

http://www.zerohedge.com/health/us-dramatically-overcounting-covid-19-deaths
The US Is Dramatically Overcounting COVID-19 Deaths

今回の記事ですでに書いた、ロシア政府のコロナ広報担当責任者であるミャスニ
コフが、テレビ出演時に、コロナの危険性が誇張されて広報されており、都市閉
鎖策がトンデモな愚策であることをうっかり認めてしまったことからは、ロシア
政府の最上層部つまりプーチン大統領が、コロナの脅威を誇張しつつ都市閉鎖を
やる愚策を同意ないし主導していることを示している。ロシア諜報機関の出身で
あるプーチンは、この愚策が米国の軍産(の皮をかぶったトランプ)の誇張策・
歪曲術であることを知っているはずだ。いや、最初は知らなかったので騙された
のか??。ロシアは4月初めから都市閉鎖策を急にやり始め、その時点でミャス
ニコフがプーチンからコロナ広報責任者に任命されてコロナの脅威を誇張した。
だがその後、5月半ばにプーチンは都市閉鎖をやめる方向に転換し、ほどなくし
てミャスニコフがテレビでうっかり(を装って)コロナの危険性が誇張されてい
ることを暴露した。プーチンが一時的にトランプに騙されていたのか、それとも
最初から愚策と知りつつあえて乗っていたのかは不明だ。

http://www.businessinsider.com/russia-coronavirus-info-myasnikov-says-alarm-virus-is-bullsh-t-2020-5
Russia's head of coronavirus info says alarm over virus is 'bulls---' - Business Insider

世界中の諸国が、コロナの危険性を誇張して都市閉鎖をやる愚策に乗ったが、唯
一この愚策を自国に導入するのを拒否し続けたのがスウェーデンだ。スウェーデ
ンは、都市閉鎖の強要以前に欧州などが採ろうとしていた集団免疫策を採り続け
た。軍産傀儡のマスコミやうっかり軽信者たちは、都市閉鎖の愚策性を棚に上げ、
集団免疫策を危険な愚策だと喧伝誹謗し続けている。国際的(軍産的)に信用さ
れている国であるスウェーデンを一定以上誹謗することは難しいので「集団免疫
はスウェーデンの特殊な文化に基づいた政策であり、スウェーデンと文化が異な
る他の諸国にはやれないことだ」という、まことしやかな解説のふりをした大間
違いのプロパガンダも流布している。集団免疫策は、奔放でない慎重な国民性
を持った国なら、どこでもうまくやれる。日本は、4月初めにトランプからの加
圧で都市閉鎖に転向するまで、宣言も検査もしない「こっそり集団免疫策」をや
って成功していた。

http://www.wsj.com/articles/freedom-and-swedens-constitution-11589993183
Freedom and Sweden’s Constitution

http://tanakanews.com/200428corona.htm
都市閉鎖 vs 集団免疫

奔放な民族性のイタリアは、スウェーデンの逆を行っている。イタリアは3月後
半から都市閉鎖をやり、同時にコロナ以外の死因の死者をコロナの死者統計にど
んどん入れることで死者数を誇張し、大変な状態を演出した。イタリアは、ドイ
ツが主導するEUから資金援助をもらうため、この演技を展開した。だが、ドイ
ツやEUはイタリアのインチキな演技を見抜き、思ったような資金援助をしてく
れなかった。あきらめたイタリアは都市閉鎖を解除し、こんどは逆に、できるだ
け早く外国人観光客にイタリアに戻ってきてもらって観光業で稼ぐ態勢に戻すた
め「もうイタリアのコロナ問題は解決した」「イタリアの新規のコロナ感染者は
弱いウイルスしか持っておらず、他人に感染させない」と言い出している。すべ
てはカネだ。軍産との約束も、儲からないなら終わりだ。イタリアは奔放で素晴
らしい。

http://uk.reuters.com/article/uk-health-coronavirus-italy-virus/new-coronavirus-losing-potency-top-italian-doctor-says-idUKKBN2370OP
New coronavirus losing potency, top Italian doctor says


この記事はウェブサイトにも載せました。
http://tanakanews.com/200604corona.htm

以上転載終了


posted by 秀さん at 01:07| ハノイ ☀| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

ビワの実をむしゃむしゃと食べてLINE編

すっかり寂しがり屋の爺になってしまった秀さん、ほぼ毎日のようにLINEで北九州の家族と連絡を取り合っています。

本日、日本の秀さん家族、いや間違い愚息家族は、家の庭で生ったビワの実を結構な数取って来たようでビワをむしゃむしゃと食べながらのLINEでしたわ。

しかし数百個以上もなっているこのビワの木は秀さん家族が植えたものではありません。
以前、20年近く家を貸していたご夫婦の旦那さんが庭いじりが好きで植えたものですわ。
ビワ以外にもあるとあらゆる野菜や果物を植えていたようでそのご主人が他界してからは放ったらかしになっていたので、収穫はほとんど無くなったようですがビワの木だけは根性があるのか亡きご主人を偲んで筑前琵琶を弾いて慰めているのかどうか分かりませんが沢山の実をつけて愚息家族を喜ばせているようです。

特にに愚息の嫁のVちゃんはビワを食べたことがなくえらく気に入っています。
ベトナムにはビワは輸入物以外は売っていないそうでその味を想像するのは難しいとのこと。仮に輸入物のビワを食べようと思ったら1Kgが400万ドン(約19,000円)位すると・・・Vちゃんが言っておりましたぞぃ。

LINE会話の相手をしてくれるのは主にVちゃんだけで孫二人は任天堂ゲームの あつまれどうぶつの森(ただし爺は集まらなくてもヨロシ!)なんてものにはまっておりまして秀さんの相手もなおざり・・・というかちょこっと顔を出したきり暇な秀爺の相手なんかしてくれやしません! 

ふむ~・・・これも成長して行く過程の一コマなのでしょうねぇ

上も下も孫たちには小学校、幼稚園で新しい友達が何人か出来たようで今後ますます秀爺の相手はしてくれないだろうなぁ~ と一人ホーチミンのアパートで寂寥感でむせび泣く・・・

というのは大げさですが一緒に住んでいた家族が離れるとこんなに寂しくなるとは思いもしませんでしたわ。

その寂しさを紛らわすために よしゃ! レ・タントンに繰り出そうなんて元気も最近ではなくなってきております。
軟弱極まりない男に秀さんはなってしまいましたわ、あ~ 情けないたらありゃしない

昔はどんな’ことがあっても男はくっとこらえて耐え抜くのじゃ なんて思っておりましたが、へい 今ではそんなものはどこへやら 
お父さん、そんなに寂しいのなら日本に帰ってきたら? という言葉に 垣根の垣根の曲がり角 焚火だ焚火だ~♪ へいこれは童謡ですね、そうじゃなくてそのお誘いに 動揺 している秀さんでごわす。

石川啄木の 

ふるさとの訛なつかし 停車場の人ごみの中に そを聴きにゆく

てな感じで望郷の念で一杯の本日の秀さんのブログでした。


秀さんもひとつ

ふるさとの訛おそろし ヤンキーの人込みの中 下を向きて走りいぬ



訂正! 北九州は今ではそんなに柄の悪い街ではありませんぞぃ! と小さく呟く秀さんでした

では、また次回



posted by 秀さん at 21:08| ハノイ | Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

北九州市はコロナ第2派で大変だぁ~編

正式な入学式ではないが簡易な入学式が本来なら今日30日(土)に上の孫のマー君の入学式がある予定だった、が・・・・
コロナさん第2派のおかげで中止のメールが学校から来たそうな

秀さん可愛い孫のためにランドセルと入学式に着るスーツや革靴をプレゼントしたのだがスーツはす~ッと意味が無くなってしまいやした。

コロナさんが爺様の気持ちを見事に粉砕してくれましたわ やれやれでごわす、へい

想えば6年前ベトナムのツーズー病院で生まれた上の孫のマー君ですが体重は平均の半分以下の未熟児で保育器の中でチューブにつながれており母親のVちゃんは涙を流さんばかりに憔悴しておりましたよ 加えて未熟児特有の未熟児網膜症になりわずか生後3ヶ月で網膜血管が異常に伸びるのを止めるためのレーザー手術なんてことになりまして当時はてんやわんやでしたわ。

未熟児網膜症とは、未熟児において眼の網膜にある微小な血管が異常に成長する病気です。子宮内での発育が30週間未満で出生した新生児にみられるとのことで 重症の場合には、微小な血管の急速で異常な成長によって網膜剥離が起こり、視力障害につながる可能性があるとのこと・・・・
術後半年ごとの検査を長く続け現在では全く問題なくなっています。また身長も6歳の平均児童よりは高く未熟児で生まれたハンディキャップは全く無いですわ。

性格も温和で優しい性格の良い子です!へい ←爺バカですが・・・

下の孫は健康優良児で声も大きく性格もハッキリしており自己主張は100点満点で男っぽい孫ですわ。マー君に買ってあげたスーツや靴も自分もはくといって兄から取り上げる気の強さは将来が楽しみ、いや少々不安?になるほどストレートな性格ですわ。

そんな性格違いの兄弟ですが家に片方が居ないと寂しがり毎日兄弟でくんずほぐれつしながら遊んでいます。

さて、北九州市のコロナの陽性者数ですが29日現在で検査数累計3,553人に対して累計陽性者数145人なので陽性者割合は4%位

陽性者数145人の内訳 は、入院等34人 調整中35人 退院 73人 死亡3人とのことです。

北九州市の高齢化率は30・2%(2019年1月1日現在)と政令市で最も高く、重症化するリスクが高い高齢者への感染拡大が懸念されています。早い話が持病持ちの爺婆が多い政令指定都市なので良く病院に行くわけでして医療機関でのクラスター(感染者集団)や高齢者施設での感染拡大は避けられない状況ですわ。

ちなみに政令市別 人口人口1万人当たりの病床数は196床で北九州市がトップですわ、爺婆に何かあれば直ぐに入院できる北九州市ですのでこのことが今回のコロナ第2派の医療機関でのクラスターに関係しているのかも知れませんねぇ
今までの3名の死者も多分?ですが持病持ちの高齢者ではないかと思いますぞぃ

毎年、インフルエンザ等による肺炎等で北九州市だけでも1000人前後は亡くなっているのでコロナの死者3名は大げさに騒ぐほどではないのですがなぜかマスコミや関係者が大騒ぎをしています。

歳をとれば免疫力が低下し病気にかかりやすくなるのは仕方がないですが・・・・今までの暴飲暴食不摂生な生活を秀さんも深く反省して健康的な生活を送らねばと思うだけで・・・実行が伴わないこの体たらく 
コロナに罹って人さまには迷惑かけるなよ! と天の声が聞こえてきそうです へい。

会社の経営もコロナのせいで悪化しておりますのでまだくたばるわけにはいかないですわ へい 頑張ります! 

ってことで本日は終了です。




posted by 秀さん at 03:31| ハノイ | Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

いやぁ素晴らしい辻井伸行さんのピアノ編

いつもは演歌が一番じゃぃ! 何てことを言っている秀さんですが昔々ガキん子の頃、K先生という北九州交響楽団にいたトランペットの先生から少し教わった時期がありますのでクラッシックも決して嫌いではないのですがその後ロックやジャズにはまり爺様になってくるとやっぱ 日本人は演歌が一番しっくり来る!なんてことを言っておりましたが

ひょんなことからリストのラ・カンパネラを辻井伸行さんのピアノで聞いたのであります。
彼のピアノの真正面からストレートに響くけれん味のない澄みきった音色を聞いて虜になってしまったのであります。
クラシック音楽でここまでハマることなんて今まで一度もなかったので自分でも驚きです。

生まれた時から盲目で障害を抱えていたにもかかわらず天性の才能と努力で世界でも一流の演奏家になりここまで美しい音を出せる奇跡に秀さん大げさではなく思わず涙ぐんでしまいましたわ。

年取ってから涙腺が緩くなったのもあるでしょうが秀さんの汚れた心根と違い何と穢れのない音でしょう・・・本人の内面がそのまま音に出ているようでその素晴らしさに心が洗われます。


クラッシック何じゃいそりゃ! なんて思わずにこんなくたびれた爺さんが年甲斐もなくが涙ぐんだ演奏を皆さんも是非聞いてみてくださいな!


まずは、リスト作曲のラ・カンパネラですわ。




次は、かのベートーベンのピアノソナタ 月光




同じくベ―ト―ヴェン ピアノ・ソナタ第8番 悲愴など素晴らしい演奏は多々あります。

しかし、YOUTUBEでタダで聞いて良いのだろうかと思ったりしております。


そんな思いでピアノを聞いていたらVちゃんからマー君の初登校ランドセル姿の写真が送られて来ましたわ。
正式な始まりは25日からだそうですが明るく楽しい小学校生活を始めてくれればと思っております。


誠寛初登校2.jpg

誠寛初登校1.jpg


コロナで色々大変ではありますがひと山超えればまた春の陽が輝きだすことでしょう!

本日はこの辺で




posted by 秀さん at 16:11| ハノイ ☀| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

ベトナム製ホームベーカリー編

コロナで暇しているだろうと思い数週間前に料理好きなVちゃんにホームベーカリーを買ってあげた。
料理は無論のこと時々はチーズケーキなども作っていたのであったら便利かな? 欲しいかなぁ?と思ってプレゼントしたのでありやす。
金額は1万7千円程、購入者のコメント欄の評価が高かったので日本のMK精工という会社の製品を楽天で購入して送りましたよ。

今では2日に一度は自家製パンを焼いているようで息子や孫たちにもめちゃ評判が良いということで送り主の秀さんも満足ですわ。
数日後焼いたパンの写真が送られて来たのを見ていたらコロナで暇していた秀さん・・・男のくせに何故か自分も欲しくなってしまいましてね、ベトナムでも売っているのか探したところパナソニック製のやつがあったのですが何せ値段が日本の1.5倍以上するではありませんか! 
それで日本製はあきらめて半信半疑以上の自信の無い気持ちで思い切ってベトナム製のホームベーカリー約9千円をnetで買いましたぞぃ。
名前は TIROSS 、金額の割に大きくて立派そうに見えるのがベトナムらしい・・・・

後日届いた製品の取り扱い説明書をみたら・・・・日本のそれとは違い数ページの安い紙質のペラペラなものでしたわ。嫌な予感100% 
ありゃ〜 こりゃダメかもしれないと不安な思いを胸に早速自家製食パンにチェレ〜ンジ・・・


で・・・結果は惨敗!

やはりベトナム製じゃぃ! とパンとは呼べない小麦粉の塊をゴミ箱に投げ入れ安もの買いをした己の馬鹿さ加減に落ちこむ。
2〜3日してやはりもったいないわいということで再チャレンジした


が結果は同じ惨敗2! ってシリーズものかよ ったく!

こ、この野郎! 以下写真参照=電子レンジと電気オーブンの間に鎮座している黒い塊に罵詈雑言を浴びせることひとしきり・・・

IMG_2385.JPG

一週間ほど放っておいたのですがやはりそこは貧乏性の秀さん、この説明書には一応英語とベトナム語があったのでもう一度ペラペラの取り扱い説明書をじっくり見ることに・・・


で、ふと気づいたのでありやす。計量スプーンの記述に

1Tbsp と 1Tsp の違い・・・・前者はテーブルスプーン(大さじ)後者はティースプーン(小さじ)であったことを・・・

ったく老眼の爺さんを痛めつけるようなほんの些細な b があるかないかの小さな違い

頭の良い子供には1分で解ける問題でも秀さんのような小学校時代普段授業を全く聞いていなかった生徒には相対性理論かぃ! と思われる難問題に思えたのであります。へい

当時・・・簡単な算数の問題が出来ずに出来るまで家に帰ってはダメ!という非常に差別的・屈辱的ななことが55年以上前の秀さんが通う小学校では日々行われていたのであります!
先に帰る子たちの優越的な態度や視線を今での思い出さずにはいられません、ほんと! 弱者には優しくなかった当時の秀さんの小学校教育でしたわ まぁ、今でも弱者には優しくないのは同じですがね! ったく!

さて、パンに話を戻しましょう

スプーンの量の記述の違いに気づいた秀さん、改めて分量とおり計って作り直したら へい! 以下のような食パンが無事出来上がったのでります。

IMG_2388.JPG

IMG_2387.JPG


IMG_2383.JPG


苦節2週間、待ちに待った完成品、随喜の涙を流さんばかりに感激しましたぞぃ! ←ウソです
今ではブドウパンやスイートパン何かも作っておりますが・・・・・


問題は、日本のそれと違い、1回あたりの最低量が2斤以上なのが問題でありまして一人で消費するには多すぎるので会社のスタッフの皆さんに持って行くのですが、最近はもうあきたので要らないと! 
一人暮らしであったことを考えずに買ってしまった大容量ホームベーカリー・・・・ベトナム製はこれがデフォ?


昔からこういう人に対しての言葉がございます! 必要以上に大きなものは買うべーカーらーず!・・・と



仕方がないので出来上がった食パンを手に持ち無言で情けない顔をして踊っております。

これを昔の人は パンと舞む と言ったそうな!



意地でも毎日パンを食べます!

では、本日はこの辺で







posted by 秀さん at 15:07| ハノイ ☀| Comment(2) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

毎日LINEしています編

ベトナムのコロナ騒ぎは国内に関しては通常に戻りそうなのでまずは何よりですね。

愚息家族の住む福岡県もどうやらステイホーム解除に向かうようで孫の小学校も来週から連絡会みたいな登校があるようで6月1日から通常になるとのこと。
ただしコロナで休んだ分は夏休みがお盆前後の11日間だけであとは登校みたい。入学式は今月の末頃に一応やるとのことなので秀さんが買ってあげたランドセル背負ってピカピカの1年生ですわ! 
でも4月ではないので入学式にコロナのアップリケがオマケに付いてきたような感じかなぁ〜 ←意味不明?

ここ最近は毎日Vちゃんや孫たちとLINEビデオで話をしております。一日中家にいるので三度三度の食事やらおやつやら掃除洗濯に庭の手入れ等で毎日忙しくて疲れます! と言っておりましたぞぃ

秀さんの田舎は福岡県と言っても北九州市なのでそれ程人口も過密ではなく、まして八幡東区なんてところは爺婆ばかりであまり外出もしない、元気の良い若い奴も家の近くにはあまりいない土地柄なのでコロナの影響もほとんどないみたいですわ。

北九州市と言ってもピンと来る人は少ないとは思いますが、海あり山あり都市高速に九州自動車道、新幹線も走っておりまた物価も安く暮らすには便利な所だと思いますよ、北九州市の中でも八幡東区は明治から昭和にかけては製鉄の町で新日本製鉄さんが海に近い平らな土地のほとんどを占有しておりまして一般ピーぽうはなだらかな坂道が続く高台エリアに住んでいる人が多く、中にはめちゃ急な坂道の途中に所狭しと家が建っているところも多いですわ。

秀さんの家(今は息子の家になっておりますが・・・)からは、北九州の国定公園に指定された標高622メートルの皿倉山が真正面にど〜んと見えますぞぃ。

昔々東京から田舎のJR八幡駅に降り立つと正面に皿倉山が見えましてね、あ〜 田舎に帰って来たんだなぁ と実感したしたものですわ。
麓からはケーブルカーが山頂まで開通しておりまして山頂からの夜景はそこそこ見ごたえがありますよ。

皿倉山の隣に帆柱山というものもありまして昔々豊臣秀吉の朝鮮出兵の折にはその山から船の帆柱にする木を伐りだしたことから帆柱山と命名されたと聞いております。また、近くには戦国時代の山城の跡、大きな貯水池などもありまして秋は紅葉がキレイですぞぃ。

海に関しては玄界灘ですね! 小倉生まれで 玄海育ち 口も荒いが 気も荒いの無法松さんや、小説家の火野葦平が実父のことを自伝的に書いた花と竜の主人公 玉井金五郎(若松の沖仲士のとりまとめ役・玉井組組長)さんなどのイメージも加味され北九州の人間は少々おっちょこちょいで単純、悪い言葉で言えば後先考えない気の荒いアホ?が多い土地柄と言われており同じ福岡県の博多の方々からは北九州は怖い場所ですたい! と言われております、へい

そういう秀さんも似たような者、考え方は単純=要はアホなので今までよく人に騙されましたわ、へい

ま、長い人生いろいろなことが起こりますね! 今回のコロナ騒ぎもそうですが・・・
でもね、ある時は苦しみながらも気を楽に持って半歩でも前に進んでいる内は何があっても大丈夫です へい!
山より大きなイノシシは出ませんって! 

コロナコロナと言ってもインフルエンザの一種みたいなもので大騒ぎすることではないのですがどういうわけか恐怖を煽りたがる人やマスコミが多くてその真意はいずこぞ! ってな感じで秀さんはとろ〜とした横目で眺めております。


やれやれLINEの話からいつものように脱線ですわ 

その内コロナ騒ぎも終わります! 今はじっくり構えて鼻毛でも抜いて過ごしましょう! へへい


それでは本日はこの辺で




posted by 秀さん at 01:58| ハノイ | Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

ごろんごろんしてたらもう5月編

無為に過ごしなさい! とコロナ大明神が命令したわけもないですが

コロナじゃない、ゴロンとしていたらいつの間にやらあ〜たもう5月ですわ

いやはや真面目に生きても生きなくても月日の経つのは早いですねぇ〜

つい最近まで寒い寒いと言っていた愚息ファミリーも今は少し暑いです 何て言っております。

桜が咲いて風が吹いて寒の戻りはあれど1年で一番すがすがしい季節になりました福岡は・・・
日本の家族は昨日は弁当持って皆で近くの海に遊びに行ったようです・・・

海を見ながら黄昏ている親子とは違い、肥満街道一直線のタカ君は海とは反対の弁当目線・・・・

海5.5.jpg


孫2人もずいぶんとお兄ちゃんになって来ました。これは先日Facebookにアップした写真ですが・・・
マー君は秀さんそっくりと多くの方に言われましたわ、自分では似ているとは全く思っていないのですが・・・
人さまの見る目とは違うのには正直驚きましたわ、へい

masa taka 052020.jpg


もう孫の話ばかりでブログのタイトルも 秀爺の孫だより♪〜 に変えないといけないですねぇ
コロナ騒ぎのせいで日本には勝手には帰れないのでなお更会いたくなってしまいます、へい
Vちゃんの話ではパンを焼こうと思ったら小麦粉がないのでスーパーに行ったらどこにも売っていなくて全滅とのこと
小麦粉がないのもコロナのせいか! でもなぜ? 
いずれにしても今回のコロナ騒動(バンデミックとは秀さんは思っておりませんが・・・)には困りものですね
それでは昭和レトロ満載の小林旭さんに登場して頂いて ここらでやめてもいいコロナ〜♪ てことで本日のブログはおしまい








posted by 秀さん at 09:08| ハノイ | Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

景色が鮮やかになったような気がする編

2週間くらい前からかな? アパートのベランダから外を眺めると今までと違い目の前にあったもやもやが取れたように外の景色が鮮やかになったような気がしております。大げさかもしれませんが地球の表面にかかっていた薄い膜が無くなり目にするもの全てが何か鮮明に見え明るさがが増したようですこぶる気持ちが良いのです。

まぁ、秀さんだけが感じていることではありますが・・・へい

世間では新型コロナで大騒ぎですが秀さん的には無問題、毎年インフルエンザや肺炎で数千数万人が死亡しているのに対し今回の新型ウイルスではまだ200名程度なのに全マスコミ上げての大騒ぎに違和感を覚えている秀さんでごわす。
死亡者の国籍も国は発表していないようですが日本国籍以外の人たちが多く亡くなっているような気がしますぞぃ 根拠はないですがね!
今回の新型コロナウイルスの死亡者の大半は超高齢者で持病持ちの方々だと言われています。
そんなに大騒ぎしてパニックになる程ではないのではないかとアホが勝手な想像をしております。へい

そうは言っても経済活動は大幅に減衰し、人の動きも制限されて拘束服を着せられたような感じで世界中大変な状況には間違いないのですが今までの忙しない時間に追われた生活の方がおかしかったのだとノー天気な秀さんは思うようにしております。へへい

秀さんの会社も今回の騒動でかなりマイナス影響を受けているのにも関わらずこんな考えをしてしまう秀さんは、少し頭がおかしいのでしょうかねぇ? 少しじゃなくお前の頭はすべておかしいと言われる方も多いでしょうねぇ でも気にしましぇ〜ん アホですから へい

そんなアホなことを考えていたら母親のスマートフォンを勝手に使い、おじいちゃんあしたひま? と6歳のマー君がメールを打って来たのには驚きましたぞぃ 6歳のガキん子が教えもしないのにメールは打つはLINEはかけて来るわで時代の違いをまざまざと見せつけられたような気がしましたよ、秀さんのガキん子の頃は携帯電話なんて宇宙人が持つ夢の機械でしたもん。

おじいちゃんもひまだけど・・・あ〜、二人とも退屈しているのだなぁ とどこにも遊びに行けない孫たちに同情しております。
でも料理上手な母親が毎日家にいて3度3度ご飯やおやつを作ってくれ二人の相手しているので寂しくはないでしょう。
3歳ほど年は離れていますが1日中兄弟でくんずほぐれつ(組んず解れつ)して仲良く遊んでいるとのこと、良いですねぇ へい

買い物以外どこにも出かけないので庭の草取りをしていますと言っていた義娘のVちゃんが玄関前の藤の花が咲いている写真を送ってくれましたよ。

ふじ.jpg

草取り衣装が本格的で笑ってしまいましたぞぃ、
雑草を刈り取ったら野菜や花の種をまくとのこと、しかし料理にせよ家事にせよ何でもせっとせとこなす良い娘でいつも感心しています。

草取り.jpg

孫やVちゃんに会えるのはいつになるか分かりませんがその時まで秀さんもホーチミンでの軟禁生活を楽しむように心がけます。

それでは本日はこの辺で








posted by 秀さん at 00:53| ハノイ 🌁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

要は暇なんだね編

一人で家にいると、わしは、退屈な〜のだ! って赤塚富士夫の漫画みたいなセリフを言ってしまう昭和の爺さんの独り言。
暇に任せて久しぶりにPIZZAを作りましたぞぃ、少し具を乗せすぎたかも

pizza2.jpg

ソースから生地まで自作ですわ。
早い話が暇、ひま、ヒマなんんです、はい。

インターネットで遊んでいてもしまいには飽きてしまう、秀さん世代の悪い習慣で何かしていないと落ち着かない
そこでPIZZAでも作ろうかと思いごそごそと台所でええ歳こいた爺が小麦粉をこねたりドライイーストで発酵させたりするのであります。
作っている時は楽しいのですがいざ出来上がると一人で食べても何かなぁ?と思うのであります。
やはり人間って人とつながっていないと寂しい
いったいいつからこんなに軟弱になったのかしら・・・?

さて、PIZZAに話を戻しましょう
ベトナムではコンビニには小麦粉は売っていないですね、米粉やコーンスターチは置いてあるのですが小麦粉は需要がないのかそれなりの店に行かないと買えません。一応、薄力粉〜強力粉まであります。秀さんが使っているのはBAKERS CHOICEというブランドです。
このブランドは8番 薄力粉、11番 中力粉、13番 強力粉と3種類ありましてグルテンの配合量別に番号で区分しております。

クラフト生地を薄めのクリスビータイプにするのかパン生地タイプにするのかは個人の好みですが今回はパン生地タイプにしました。
かといってもうどんを作るわけではないので中力粉をチョイスしました。
ドライイーストはずいぶん前に買ったものを小分けして冷凍保存したものを使いましたがちゃんと醗酵してくれましたぞぃ。


13.jpg

11.jpg

8.jpg

トマトソースに関してはコンビニでトマトを多めに買ってきて下処理を行い調味料を加えぐつぐつと煮詰めて作りました。
チーズに関しては、以前はフレッシュタイプのモッツァレラを使っていたのですが大きな塊(2kg位?)でしか売っていなくて保存していると直ぐに黒カビが生えてくるので今回は以前買っておいたカビの付きにくいハードタイプのチェダーチーズを使いました。

PIZZAに関しては過去何十回も作っているので手慣れたものですわ、へい

しかし、アパートのすぐそばにあるコンビニで良く買い物するのですが・・・この爺さん良く買い物に来るなぁ? とコンビニの店員さんに思われていることでしょうよ きっと!
秀さんのアパート近くのコンビニで爺さんがに買い物に来るなんて見たことないですもん。

最後に・・・・

今ベトナムではイースト菌の機嫌が悪くピザは上手にできないと言われました・・・

その心は、




VISAは発行しない 


といつものダジャレで本日は終了っと!







posted by 秀さん at 06:36| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

今月も品友会は無理そう編

開催したくてもお店が開いていないのじゃ仕方がないですね。ということで残念ですが当面新型コロナが落ち着くまでは品友会はお休みです。

日本でも緊急非常事態宣言が出されるそうですが、まぁ、働き過ぎの日本人ですのでもう開き直って全国民休んじゃったらどうですかね!
何ていい加減なことを言えば おい! 会社どうする このままじゃ売り上げ激減じゃぃ! こらぁ〜 と言われると返す言葉がないのですがどこにも外出せず家族全員家にいるだけならかかる経費は水道光熱費、通信費と食費代くらいですので一家団欒、普段忙しくてろくに会話も出来なかった家族との会話が弾んで良いんじゃない? なんてのんきなことを言っているのは秀さんだけでしょうか? 

秀さんファミリーの孫たちは毎日お父さんお母さんが家にいるだけで大喜びだと思いますがね! 
スーパーとか食料品店は開いているわけですから奥さんの手料理でひと月くらいは家族団らんなんて良いと思いますよ。

秀さんなんて外食も行けずアパートで今日は何食べようか? 面倒臭いからカップ麺でいいかって思うのですが何度も食べるうちに化学調味料の味が嫌になり今では自炊しております。とは言ってもスパゲティとか冷ややっことか野菜炒めみたいな簡単なものばかりです。

出来上がっても一人で食べる、10分もしないうちに終わってしまい 後かたずけで皿を洗っていると 何かなぁ〜 ぽつんと寂しさがこみ上げてくるのであります。
そこで福岡の家にLINEビデオをかけるのですが向こうはむこうで忙しい というのも20年近く秀さんの家を管理半分賃貸半分で住んでいてもらっていたおばあさんの引っ越しが全て終わったのが3月末(2ヶ月以上かかったそうな)だそうでVちゃん筆頭に息子と二人で家中の廃品処理や大掃除、庭の手入れなどなどめちゃやることが多くて全く片付いていないそうで・・・・暇な秀さんの相手どころではないようです。
広いだけが取り柄の老朽化したボロ家ですのであちこち修理や修繕をしなければならず時間もお金も大変そうです。

ただ孫二人はホーチミンと違いそこそこ広い庭もあるし近くに公園もありベトナムのように歩道が歩道ではない状況と違い普通に道を歩いて遊びにいける環境を楽しんでいるようです。初めて見た日本の桜の美しさも堪能したことでしょう。

考えてみると今の家も孫の世代で5代目ですわ。
秀さんの爺様が明治政府直営の大型高炉製鉄所(現在の新日鉄)が出来て景気が良くなる!と見込んで山口の萩から一旗揚げようと1900年頃に北九州八幡に出て来てもうかれこれ120年ですわ。当初は苦労したようですが煙突工事の親方になりその後酒たばこ塩酒といった専売公社品を中心とした商店を始めそこそこ儲かったようですが・・・・秀さん兄弟姉妹5人大学を出し、これが皆頭が悪く私立大学ばかりでまして兄・弟は現役では合格せずに予備校浪人までしてくれましておまけに男3人は皆東京の大学でしたので安サラリーマンの親父の給与では大変だったことでしょう。
その後株投資が好きだったおふくろさんが株で大損したりと色々ありましたが何とかキープしていたのですが不肖秀さんの代で無一文とな底辺まで一気に没落をしたわけであります。これからは息子夫婦および孫の世代になりますが・・・成功はしなくても一向に構いませんがせめて法名碑に小さく秀さんの戒名くらいは彫ってもらえれば本望です。やれやれ 抹香臭い話はやめましょうね へい!


ま、コロナくらいではどうってことはありませんので逆手にとって自宅待機をエンジョイしましょう! 
というアホの秀さんのブログでした。

では、また次回まで








posted by 秀さん at 01:23| ハノイ ☁| Comment(2) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

新型コロナウイルス検査されちゃった編

今日も義娘のVちゃんからいつものようにLINEが入りましてね、孫の姿が後ろに写っていたので会社の女の子スタッフが話をしたいと言うことで携帯を渡しましたわ。

Vちゃんやはりベトナム語に飢えていたのか会社のスタッフと1時間近くもLINEでベトナム語の会話をしておりましたぞぃ。
上の孫はまだベトナム語を理解出来るのですが下の孫はもうあきまへんわ、日本語オンリーになってしまっております。

いつの間にかバイリンガルよバイばいでしたわ。

いつか日本でベトナム語の学習をさせなければいけないですね。せっかく覚えていたのですから日本語以外にベトナム語&英語くらいは出来ないとね、これからの時代は はい。 

ってか爺が勝手に孫のことを決めるなよ! と言われれば返す言葉がないのですが・・・へい、スマソです。


家の備蓄食料も少なくなったので会社の帰り道運転手さんに頼んで大型スーパーまで寄ってもらい食料を少しばかり買いだめと言うほどではありませんがそこそこ購入しましたよ。スーパーの中はいつもよりお客さんは少なく買いだめなんか全く無さそうでした。
日本と違い食料に関してはベトナムは豊かな国ですもん。心配するベトナム人は居ないようです。

さて、ここからが本題です・・・

アパートに帰ってから少しまったりしていたらドアをノックする音が・・・
無視してたら更に大きく叩くので誰じゃぃ ったく・・・とドアを開けたら5人の男が・・・

おい! お前3月8日以降に日本からベトナムに帰って来たじゃろ って広島弁かい! ほんでもって今からウイルス検査するけんのぅ ということで防護服をきたおっちゃんから熱を測られ喉と鼻の穴左右に綿棒を差し込まれてふがぁ〜ふがぁ〜 しながら検査されましたわ。

検査の綿棒を入れる容器には秀さんの氏名がローマ字で書いてありました。

空港の入管から秀さんの入国データが通知されていたのでしょうかねぇ? 


お! ベトナムも結構やるじゃん! と少し感心しまししたわ、へい。

50数時間後に結果が出るけんね!もし陽性だったらお前は死刑! とは言われませんしたがベトナム政府、ことコロナウイルスに関しての動きや規制は日本とは違いめちゃ早いですわ。
コロナウイルス戦争と位置付けているのかもね! 戦争に関してはまだまだ現役だった人間が沢山いるので強いかもね!

ま、そんなこんなでコロナウイルス検査された秀さんでした へい










posted by 秀さん at 22:11| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロナのせいで当分Nerflixのお世話になりそう編

コロナコロナでベトナム政府も規制出しまくりで近々100%外出禁止令が出るのではないかと思っている秀さんですわ。

もう契約更新はやめようと思っていたNetflixなのですがコロナのせいで契約解除を思いとどまっております。
昔なら暇なときは本を読んでいたのですが、やっぱ歳こいてくると読書するのも苦痛になりましてね、もっぱら楽なものに流れるようになってしました。

昨年11月に息子家族が日本に帰ってから一人暮らしの寂しさを紛らわすために再々日本に帰省していたのですが今では帰国もままならず寂しさのつれずれにブログを書いています って井上陽水かぃ! って突っ込まれそうですが一人暮らしの寂しさに夜な夜な袖口を濡らしている秀さんでごわす。ったく嘘こくな!

今日もVちゃんが桜の木の下でポーズをとっている孫のLINE写真を送って来てくれましたが毎日遊びまくっている孫二人の屈託のない笑顔に慰められております。

日本の東京では外出禁止令が出る出ないなどと騒がしいようですが日本経済の大半を占める首都圏での封鎖は経済活動の大幅な低下を招きその結果、景気の更なる悪化、企業の倒産、失業者や社会的弱者の急増を招き長く続けば日本が大混乱に陥いることになるのでおいそれとは首都圏封鎖なんて出来ないのでしょうねぇ、かといって人命に大きな被害が出たら出たでこれまた大問題なので国の経済と国民の安全とのバランスをどう取るか難しいところではありますが、。経済なんて人々のマインドによつて左右されるものですのでアメリカのように太っ腹で一人1200ドル、子供500ドル、4人家族だと3400ドルくらい緊急支給すれば人心も少しは落ち着くのでしょうが、さて牛肉券を配ろうかなんて言っているバカ政権ではもうこれ以上この国のかじ取りなんて無理なのかもしれません 悲しいことですがこれが現在の日本の政治の実情ですわ。

愚痴をいっても始まりませんので、だいじょうぶだぁ〜 と志村けんさんのご冥福を祈りながら前向きに生きましょう! へへい



posted by 秀さん at 01:09| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

片足切断で弟が泣いているような写真編

一瞬見たときは何故に片足がない? 心霊写真か! と思いましたぞぃ 

90431322_2994210403972259_7440026135800315904_n.jpg


きちんと両足を揃えてから写真に写りなさい!と爺がイラクじゃない イランお世話を・・・

孫の卒園式の一コマなのですが兄と母親だけで写るのが気に入らないと駄々をこねて怒られて弟が泣く、晴れた空の下、笑顔の二人と泣き顔の下の孫の対比が面白い。

同じ兄弟でも下は気が強く我も強いが愛嬌は抜群に良い、上は素直というかお兄ちゃんらしくおっとりしています。
新型コロナの影響で未だに小学校の入学式があるのかないのか新学期は通常とおりスタートするのかなど分かっておりません。
そういう秀さんもコロナで日本に帰省できないのですがいつまで続くやら ころな生活 とダジャレを言ってみる65の春

桜大好きな秀さん、春大好きな秀さんでありますが秀さんの田舎の福岡北九州市の自宅の直ぐ近くにさくら通り(下記写真)という道がありまして桜ももうそろそろ見ごろなのではないかと思っております。

e251595.jpg


桜通り.jpg


人間様のアホな行いに関係なく自然はきちんと季節を運んで来てくれます。

冬の後に春・・・・義娘Vちゃんや孫二人も昨年11月中旬に日本に戻って初めての冬を経験しまた初めて日本の春を迎えます。
毎日が夏みたいなホーチミンでの生活しか知らない3名にとっては日本人が春を心待ちにしている気持ちが少しは分かったのではないでしょうかねぇ、

お義父さん 今日は少し暖かいで〜す! なんて気候のあいさつがありますもん!

これから良い季節になります、コロナなんかに負けずに日本の春・夏を楽しんで下さいな! ってことで 

兄貴は片足ホラーの写真の巻 は終了です。

また次回まで




posted by 秀さん at 19:44| ハノイ ☁| Comment(4) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

下手すればコロナウイル重篤みたいな人生編

ジェットコースターのような人生を65年間送って来たわけですが・・・
いつの間にか息子も40歳を過ぎ上の孫も4月から小学校に通うようになりました。

つらつら思うに・・・
実の親父のようにこつこつとサラリーマン生活を40年以上もやるような落ち着いた生活とは無縁の波乱万丈の綱渡りみたいな生活ばかり続いて来たような気がします。
自ら好き好んでこのようなはらはらドキドキの生活を選んだわけではなく結果的にそうなっただけなのですがね。

おお! うまく自分の思うように物事が進んで起業した会社が急成長して金回りも良くなって してやったり! と自己満足していたら思いがけないことが起こりいきなり破産に加え妻・父の連続の死去といったことが起こり無一文で死奈落の底に転落。

何とか這うよう這い上がってやっとこさ落ち着いた生活を確保できたかと思えばまたまた悪い癖が出て、やっぱもう一勝負するべぃ! と周りの反対を押し切ってベンチャー事業に飛び込んだのは良いが組んだメンバーと正邪の感覚の違いにより後先考えずその会社を去ったり、そんでもって新しい仕事につけば最後は情に流されいかんいかんとは思いながら冷たく突き放すことが出来ずいつの間にか2度目の金なし根なし草状態になったり・・・流れ流れてベトナムに住んでみたら人に騙されピンチを迎えること数回、よくよく振り返ってみても何とも落ち着きのない場当たり的な生活だったのかと思います。

運が悪けりゃ 今の新型コロナウイルスではありませんがいきなり重篤になり突然死してもおかしくはないような人生、突然死とは行かないまでも一つ間違えばホームレス生活をしていてもおかしくはないようなことが再々起こった人生なのですが有難いことにその時その時毎に人様のご縁を頂き、結果的には何とか生き延びて来ることが出来ました。言葉に言い表せないほど有難いことです。

若い時と違いこの歳になれば自分の実力なんてものは何もないことは分かりますわ。実力も大した学歴も無い秀さんのような人間は当時まだ誰でも楽に就職できた時代ですので大人しくサラリーマン生活を選んでおけば良いものを自己過信して勘違いなことばかりを仕出かしたのであります。今、ホームレス生活をしていないのは過去の良き人々とのご縁やご厚情があったお陰です。

会社では頑固で我がままで手の付けられない自分勝手な爺だとマフィアの女親分を筆頭に言われておりますが・・・
なぜか今夜はとても素直な秀さんがおります!

残念ながらコロナウイルスのせいで入学式には日本に帰れないけれど・・・
マー君よ! 君が背負う新しいランドセルは、爺ちゃんが過去お世話になった方々のお陰でプレゼントすることが出来たのだと・・・君が大きくなって分かってもらえたら嬉しいねぇ〜

ということで本日はこれにて終了っと!





posted by 秀さん at 02:23| ハノイ ☀| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

新型コロナのPCR検査の感度と特異性の問題(転載)編

ビジネス知識源より
【良質な経営・ビジネス・IT・経済・金融・知識の提供を目標に】
    

<427号:緊急号(2):PCR検査の感度と特異性の問題>


新型コロナについては、以下の状況です。メディアも混乱しているの
で、緊急号の(2)PCR検査の感度と特異度について、を送ります。

(1)中国では、新規の発表感染数の減少から、収束に向かっている
とされています。しかし共産党が新規感染の計画値を設定し(経済数
値と同じです)、省政府は従っているといわれ、実態は明らかでない。

確かに交通封鎖により、爆発的な拡大期は終わっているかもしれませ
ん。累計感染数は8万824人(3月14日、以下同)です。

3月12日に発表された新しい感染は、「8人/日」とされています。
「本当か???」と思える数です。主席の命令で、約1か月、停止し
ていた「経済の再開」が優先されています。党の命令は絶対です。

(2)欧州では増加が続き、WHO(世界保健機構)によって中国に代わ
るパンデミックの地域とされました。イタリア1万7660人、フランス
3661人、スペイン4231人・・・です。中東ではイランも1万1364人と
多い。

(3)米国では、PCR検査数を増やしている途中であり、確認感染数は
1678人(死者数41人)と少ない。一説では、中国より増えるはずだと
いわれます。欧州からの入国は全面的に制限し、国家非常事態宣言が
発布されています。

米国の医療機関では、収束を5月と見ている医師も多いようですが、
長引く可能性も高いでしょう。

(4)日本では、PCR検査数が1500件から1800件/日と少ないなかで、
確認された新規感染数は増加しています。国内確認感染数722人、死
者数21人、クルーズ船感染数696人です。日本では、「重症者の診療
ができなくなる医療崩壊を防ぐこと」が優先されています。検査可能
数では、8000人/日が政府の目標とされています。

実際の検査が、その20%程度の1500件台なのは、医療のパンクの防止
が目的です。おそらく1日では100人や50人以下の確認感染に抑えなけ
ればならないのでしょう。

世界全体では、確認感染数が14万201人、死者数5373人(3.8%)です
(3月14日:土曜日)。
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-world-map/

【テーマ:PCR検査の感度、および特異度に潜む問題】
調べていくと、「現在のPCR検査の感度と特異度(1-測定誤差率)」
には、
・経験ある医師によるスクリーニング(抽出)をせず、
・全数検査をしたときは、陽性と陰性両方の、誤差数が大きくなると
いう問題があると分かってきました。

あらゆる医療の検査で、感度100%、誤差数0%(特異度100%)はあ
りえないものだからです。ファジーなところが残ります。

【感度80%】
検査の感度は、陽性の人を1回検査したときの陽性率です。

ただ新型コロナのPCR検査では、まさに新型でありデータが少ないの
で、感度は統計的に確定していません。

現時点では、個人的な経験から70%から80%と言われます(ここでは
楽観して80%と仮定します)。真の陽性の人を100人検査したとき、
80人で陽性を示すが、20%の20人は陰性(=偽陰性)という結果です。

なお、偽陰性とされた真の陽性者20人の人を再検査すれば、感度80%
から16名が陽性になります。しかし、真の陽性の4名は、2回目でも偽
陰性とされます。これが、感度80%の意味です。

【特異度90%】
特異度とは、感度とは逆に、(1-特異度)が陰性の人を偽陽性として
しまう確率です。PCR検査の特異度は、80%〜90%程度と言われます。
これでも、ここでは楽観的に高く見て90%は正確であるとします。
100人の陰性の人を検査したとき10人(10%)は偽陽性になるという
ことです。

【検証モデル】
以上の統計的なデータをもとに、「人口に対する感染率が1%のウイ
ルス性の疫病」に対して、100万人の都市で、全員に対してPCR検査し
たと仮定します。(注)真の感染数は1万人です(感染率1%)。

PCR検査での80%という感度から、本当の感染数1万人に対して、
8000人が陽性と診断され、感染でも2000人は偽陰性になります。これ
は、「陰性かもしれない」という結果です。

(注)医療の検査全部で100%の感度はない。世論調査のように、ア
イマイなところが残ります。各種のガンの診断でも同じでしょう。総
合的な診断には、専門医師の、豊富な経験知が必要な理由です。

医療体制のパンクでの問題が大きいのは、「陰性の人を陽性としてし
まう特異度」です。検査数の「1-特異度90%=10%」を陽性にしてし
まいます。100万人の全数の検査をすれば、本当の感染は1%の1万人
なのに、「偽陽性が10%=10万人」も出てしまうのです。

以上から、経験知の高い臨床医によって感染の可能性が高いというス
クリーニング(抽出)を経ないで、ランダムに検査したときの、問題
が生じます。

真の感染を、100万人のうち1万人(1%)とした場合、1回のPCR検査
では、
(1)陽性の発見は、感度80%から8000人ですが、
(2)特異度の90%から来る、偽陽性(これも検査での陽性)が(1-
90%=10%)、つまり、100万人×10%=10万人もでてしまいます。

まとめれば、感染率が1%のウイルス性の疫病について、
・100万人に対して検査を実施したときは、
・陽性とされる人が10万8000人(真の陽性8000人、偽陽性10万人)も
出てしまうのです。

(注)2回検査なら、100万人に対する偽陽性の10万人が、陽性1万人
に減るでしょうか。それでも、真の感染数1万人に対して、1万8000人
が陽性になります。

【人口100万人の都市または県】
わが国の現在の法と厚労省の指針では、感染での陽性は、軽症でも入
院しなければならない。1回のPCR検査で、陽性と認定された人を入院
させれば、入院数は10万8000人になってしまうのです。

受け入れ可能な病床数からみて、入院はとても無理ですから、公共施
設、善意で提供されるホテルへの収容、または、多くが自宅幽閉にな
るでしょう。武漢では、バラックの強制収容所を作っています。

1回のPCR検査での発見確率は、「真の陽性8000人÷PCR検査の陽性10
万8000人=7.4%」という低い数値です。

(注)2回検査なら、1回目に出た10万人の偽陽性は、感度90%で1万
人に減ります。それでも陽性は1万8000人。実際の感染数の1.8倍です。

【見逃しが20%】
1回の検査で、「人口100万人の都市の10.8%(10万8000人)の人を陽
性として入院または武漢のように隔離しても、真の感染でありながら
入院・隔離されない偽陰性が2000人です。

2000人は「自分は白だ。PCRを受けた」と一層の自信をもって普通に
生活し、病院の外での感染を広げることになるでしょう。PCRの全数
検査をしても、その都市での感染の増加は止まらない。

【日本の全人口に対してPCR検査なら・・・】
日本の全人口に対して、1回のPCR検査した場合、10%(日本の全体で
は1260万人)が、PCR検査での陽性から、強制入院になってしまい、
検査する前に医療は完全にパンクします。医療のパンクとは、感染者
が軽症、重症にかかわらず、診療を受けることができず、自宅幽閉に
なるということです。

中国では、院内感染が40%だったとされますが、それも増えるでしょ
う。

【現状の検査体制は、ある程度は、正しい】
窓口で、医師がゲートキーパー医として、新型コロナへの感染を疑っ
た人のPCR検査を、専門病院に委任してコントロールしている、現在
のわが国の医療体制は「正しい」といえます。

100%の感度と特異度(測定誤算)のウイルス検査は、ないからです。
ここでは感度を90%としましたが、実際は、検体のとり方で71%に下
がるとする医師も多い。極端な医師は、感度40%と言っています。

【感度が60%と低く、特異度は高い簡易検査は、行うべきではないで
しょう】
3月末から利用可能とされる、インフルエンザのような簡易検査キッ
トの感度は高くでも60%とされます。特異度は不明です。「1-特異度
=陽性と誤差する確率」も、正規の検査より高いでしょう。

治療薬があるインフルエンザでは、医薬の処方を決めるために簡易検
査は有効です。

しかし陽性と決まっても治療薬がない新型コロナの「簡易検査」を実
施すれば、偽陽性の激増から、必要入院数は10倍以上に増えて、医療
の体制は崩壊します。つまり医療を受けられない人が増えた武漢のよ
うなパニックを、わが国にひき起こすだけでしょう。

メディアと一部の医師からは「検査を増やせ」という声の一辺倒です。
当方もPCR検査の誤差について、浅慮しかなかった。このため「PCR検
査を増やすべきだ」と書いてきましたが、恥を忍びつつ、今日、訂正
します。

新型コロナの確認感染数と収束の予想に、大きくかかわるからです。

【結論】
今回分かったことは、「有効な医薬」、「有効な対症療法の医療体
制」ができない限り、気温だけでは減らない新型コロナウイルスへの
感染の、世界的な広がりは収束しないということです。

ドイツの感染症の専門機関と、メルケル首相は、国民のうち60%から
70%が感染すると公式に発表しています。ドイツ医学は信頼に足るで
しょうか。

新型コロナの抗体が人体にはないので、抗体のあるインフルエンザ
(最大10%付近)より高くなります。80%は軽症です。その点は安心
できます。しかし免疫力が低くなった60歳以上では、感染後の死亡率
も10%付近と高い。新型コロナでは、特に高齢者対策が必要です。

治療医薬と体制は半年後でしょうか。1年後か? 早期であることを
期待しましょう。

大阪大学では、「有効なワクチン」が開発途中です。森下竜一教授と
バイオベンチャーのアンジェスは3月5日、新型コロナウイルスの予防
用ワクチンなどで共同開発に乗り出すと発表しています。

<通常のワクチンは病原体(ウイルス)を使用するため、開発、製造、
治療の各段階で一定の感染リスクは避けられないが、DNAワクチンで
はウイルスそのものではなく、遺伝子の設計図を使うため、感染の心
配がない。さらに大腸菌で大量培養できるため製造コストが安く、製
造に要する期間も通常ワクチンに比べ、短くて済む。通常のワクチン
は製造・供給までに5〜7カ月かかるが、プラスミドDNAを使うと2カ月
程度で済むと森下教授は説明する>という。(東洋経済からの引用)
https://toyokeizai.net/articles/-/335256

東京オリンピックでは、日本政府も、「どうやって、開催延期を発表
するか」という落としどころを探るプロセスになってきました。国民
を悲観させるのが怖いからです。仮に日本が収束期になっていても、
選手と、大量の観客を派遣する海外が問題です。

中止ではなく、1年か2年の延期でしょう。米国のTV会社からの、世界
への放映権(これがスポンサー)が決めます。日本政府と東京都には、
開催の決定権はありません。

【後記】
医学を含む実証科学は、測定の数字からのものでなければならない。
あらゆる測定器には、必ず、標準偏差の誤差があります。PCR検査も
同じです。現在の、PCR検査の感度と特異度を前提にして、検査、医
療の体制を組むべきです。

【観念の株価】
株価は、人間の観念であり期待の領域に属するものです。幻想的な期
待がバブルを生みます。現在の、世界の株価の暴落を、「金融緩和で
のバブル株価」と見るかどうかで、株価の将来予測が違ってきます。

◎当方は、20年2月までの、日米欧の株価の予想PER 18倍の水準は、
リーマン危機のあとの、超金融緩和によるバブル株価だったと判断し
ています。特に米国株は、自社株買い(年で5兆ドル)のバブルです。
バブル崩壊は、売りが売りをよぶ非合理な相場になるので、「行き過
ぎます」。

米国の感染数の増加と、人の移動の禁止が、世界の株価のカギです。
金融緩和で膨らみ切った株価の下落に対しては、金融的な対策は、一
時的にしか効きません。米国FRBが1%〜1.25%の政策金利を0%に下
げても、ドル安が起こるだけであり、新型コロナの収束の気配が見え
ない限り、「株価には一時的な効果」しかないでしょう。

3月13日金曜日のダウは、FRBが2日間で1.5兆ドル(157兆円)という
異例の、短期マネー投入(レポ金融)をしたことから、2万3185ドル
へと、1日で9.36%反騰しています。

日経平均先物は、3月13日の金曜日は、3か月1度の、未決済建玉の強
制清算日(SQ)で売りが増えて、1万7431円へと6.08%下げています。
その後は、米国FRBのレポ金融への巨大介入(2日間で1.5兆ドル:
157兆円)を受け、日経平均も1万8134円へと4%反発しています。

月曜日はどう動くでしょうか。投資家が、157兆円の短期ドルの増発
を見て、上げるか、効果がないと下げるかです。70%投資は、コンピ
ュータプログラムで行われていますが、売りとポジション解消のサイ
ンしか出さないので停止して、トレーダーの裁量になっているようで
す。

以上転載終わり

posted by 秀さん at 14:01| ハノイ ☁| Comment(1) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

自動車運転免許の書き換えで帰省するが編

新型コロナ騒ぎで日本に帰省したはよいが問題は帰りでホーチミンに戻って来る時ですわ。

帰省したけど入国規制された なんてギャグにも洒落にもなりませんわ。はぁ〜

今のところは日本人はぎりぎりベトナムに入国できますが3月以降はどうなるのか分からないので仮に入国禁止じゃぃ! 何てことになれば大困りの秀さんですわ。まぁ、あれこれ考えてもなるようにしかなりませんので帰省を中止するつもりはないのですがね!

しかしこの新型のコロナウイルス人工的に作られたDNA配置をしているとの話もありまして、やれアメリカがやったじゃ中国内部の政治闘争だの色々と言われておりますが熱に弱くそれ程の強靭さはないようで気温が上がってくれば消滅するのではないかと思っておりますがはてさてどうなることやらですわ。

多分帰国する時は空港カウンターやイミグレはガラガラでしょうからあまり並ぶことなくスムースに通過できることだけがメリットかも?
本当は帰国して秀さんの65歳の誕生日にあわせて家族全員で南阿蘇の温泉旅館を予約していたのですがコロナ怖いから行きません!! と義娘のVちゃんに言われ泣く泣くキャンセル料を払って解約、こんな形で新型コロナウイルスが秀さんの財布に被害をもたらしております。ったく!

まぁ、日本政府の後手後手の対応をみれば各国が日本人の入国を制限するのも無理はないのですが・・・

いずれにせよ帰りに無事に入国できるよう神様仏様、アラーの神にキリストその他天地創造のすべての神さんにお祈りするしかないですわ。

では、生還したらまたご報告します。



posted by 秀さん at 15:57| ハノイ ☀| Comment(6) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

肩の力を抜いて俯瞰した視点で考える編

昔々の中国の古典に出てくるような儒学者ではないですがゆったりとした衣をまとい歩みもゆるく何事が起ころうとも泰然自若とした心構えを持ちたいものだと出来もしないくせに考えるだけの凡夫の秀さんです。

そんな思いとは逆に今世の中はコロナコロナと大騒ぎの最中ですわ。
マスコミ上げて必要以上に危機感を煽っているのは裏に何かあるのでしょうねぇ、きっと!
マスク、手洗い、うがいと最低限の自己防衛をして後は自然に収まるのを待つしか方法はないでしょう。大騒ぎし過ぎだと思いますよ、へい。

さて、本題に戻って何故にここまでばたばたとした生き方しか出来ないのか? アホなりに考えてみましたぞぃ。
昔々の時代と違い人やモノや金、情報が高速に動いているからでしょうねぇ。そのスピードに無理にでも追いつこうとするために前かがみになり落ち着きを無くしてしまっているのでしょうかね?

江戸時代くらいまでは人間の寿命は50歳前後だったといわれます。
今はその倍までとはいきませんが右向いても左向いても爺婆ばかりの高齢者社会に日本はなってしまいました。寿命は長くなったのに人間の生き方は落ち着きなく慌ただしいとは皮肉なものですねぇ。
日々忙しいからと自分勝手に思い込み目の前のことしか見えずただただ目標もなく走っているだけではないかと自問自答している秀さんですわ。

人間なにが一番大事かというと、せっかく授かった命ですのでまずは、生きなければなりません。生きて子孫を残すのだと神様か創造主か分かりませんがそんな連中が決めたみたいですわ。動植物みなその営みは生まれ成長して生殖活動を行い子孫を残して死んでいくのが定めのようです。

余分なものをすべて脱ぎ去ってしまえば生きていくことはそんなに難しいものではないのですが、そこに過度な所有欲やら虚栄心やら他人の評判なんかを気にする小さな煩悩が生きていくうちにもたげてくるからいかんのですわ。

おりゃ、こんなに金持っとる!どうだ凄いだろう・・・ってことを言う日本人は少ないですがここベトナムでは意味のない自慢をする人間が多い、またそれをうらやましがる国民性が連中にさらに拍車をかけるからどうしようもない金かね主義の国になっていますわ。
昔々のベトナム人はそんなことはなかったと聞きます。本当かどうかは分かりませんがね

共産党政権がドイモイを始め役人利権、土地の高騰、その前の急激な経済成長がだんだんと金儲けた者勝ち! 手段は問わず・・・といったことになったのかどうかは確信はないですが農業国だったベトナムが外資を受け入れ世界中から急激に大きな金が流れて来るようになったせいでやはりそこに住む人間の考え方も変わったのでしょうかねぇ、まるでバブル時代の日本のように・・・

ベトナムの後を追うように経済成長が加速しているミャンマーですが、ビルマの竪琴の水島上等兵のようにすべて投げ捨て托鉢で一生食べていくと覚悟しても今ではそんな非生産型人種の坊主連中を養う国民的な心のゆとりはもうすぐ消滅していくのではないかとアホが勝手な想像をしております。

おい! お前はいったい何が言いたいの? 問われれば・・・

なまじタイトルが大き過ぎたのかうまく文章を書けずに結論なしで逃げ出してしまいそう、って もう逃げております。

やっぱ、アホはアホなりに無難な題材を選ばなければいけないようです、へい

早い話が、もうばたばたと日々働くのに疲れたからゆっくりしたいんじゃぃ! ということですが世の中そんなに甘くありませんで
グルコサミンや変性2型コラーゲンを通販で買うようになるまで働かなければ当面は秀さんの自由は無いってことですわ、あぁ〜悲しいのぅ

ってことで本日は終了っと!


posted by 秀さん at 12:07| ハノイ 🌁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

品友会の終了後どこにも行かず静かに帰宅編

自分でも驚いたというか2次会なしの品友会でした。
おう! お前もやれば出来るじゃん とふらふら遊びの神様に言われそうです。

何故にふらふらっと出かけるのか?
多分、仕事や家族とのふれあい以外でどこかに出かけるというのは人恋しさゆえの行動なのでしょうかねぇ?

人間って誰かとふれあっていないと寂しさでストレスを感じ元気が無くなる生き物なのでしょうねぇ、きっと!
おっちゃん連中が帰宅前の居酒屋のカウンターで酒のつまみでちびちびやるのも同じ理由でしょうねぇ、若い時はうはうはルンルンで帰宅して若い奥さんとの会話も行いも弾むのでしょうが・・・

歳こいて髪も薄くなり腹のまわりにぷよぷよとしたものがまとわりついて来ると奥方としてはときめきも感動もいずこへということになり子育ての忙しさも加わり旦那は二の次三の次で相手にされなくなって来るのであります。
そこで寂しがり屋の旦那連中は帰宅前に軽く居酒屋で一杯なんて気持ちになってしまうのでしょう、東京の新橋駅前周辺でよくみられる光景ですわ。

ライオンの生態を見ればよく分かりますぞぃ。子育て中の雌ライオンは発情しません。そこではぐれた雄ライオンは雌を獲得するために群れのボスである雄ライオンに決闘を申し込み無事勝利すればその雌ライオンを中心とした群れは新しい雄ライオンのものになります。
その時、新しい雄ライオンは前の雄ライオンの子供を皆殺してしまいます。これがいわゆるライオンの子殺しですね。
自分以外の種は皆殺しという壮絶なDNA保存本能が働く訳ですが、その時雌ライオンは子殺しを止めようとはしません。力を失って群れから追い出された雄の子供は殺されても仕方がないと動物本能が認めるのでしょうかねぇ? 冷たいもんですわ ったく!

奥方もこの雌ライオンと同じで歳こいて禿になり腹ぼての旦那には雄としての魅力なし、能力なしと判断して興味の対象をさっさと切り替えて、嵐や韓流ドラマの主人公に熱を上げるのでしょうかねぇ? 良くわかりませんはが、旦那は相手にはされないという事実だけは間違いなさそうです。へい

相手にされない寂しい旦那はふれあいを求めて居酒屋やバーのカウンターに座るのかもね?

年老いたライオンと同じように歳こいたおっさんや爺さんなんて金を出さなきゃ誰も好き好んで相手はしませんって!
あ〜寂しいのぅ〜  とぼやいて本日のアホブログは終了です!




posted by 秀さん at 03:59| ハノイ | Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

知らぬ間に1,700話も駄文を書いていた編

今まで投稿した記事が知らぬ間に1,702となっており驚いた秀さんでごわす。
まぁ、飽きもせずこんなあほブログをよくも書いて来たものだと自分でも呆れております。

長い間にはもう途中でそろそろ止めようかと思ったことも何度もありますが何となく惰性でずるずると続けて来ました。
ベトナムに来た当初はベトナムの風俗や文化・国民性の違いなどに刺激を受けてベトナムのことについてあれこれと書いてきたのですが
ここまで長く住みますと目新しいことなんて何もなくまた今では大勢の日本人の方が様々な情報を発信しているので敢えて書くことも無くなって来ましたので投稿する回数も激減してしまいました。

最近では孫の話ばかりで面白くもなんともない記事ばかりで恐縮しております。
だって自分で読んで面白くないのですから人さまが読んで面白いわけはありゃしませんって! 誰もが面白と思えるような文章を書くのは非常に難しいですもん。

話は急に変わりますが、秀さんの在留許可(VISA)は投資家としてのテンポラリーレジデンスカードですが、ベトナム政府もこの投資家VISAにも資本金の多寡にによって差別をつけるようになって来ました。以前は一律最高で5年間の有効期限だったのですが資本金の大中小で5年、3年、1年と制限を付けるようになっております。要は大きなお金を投資する奴は歓迎だがはした金しか持ってこない奴は適当にあしらえってことでしょう。
分かりやすいといえば分かりやすいですねぇ、こういった超露骨な現金な所が秀さん何ともベトナムを憎めない所ですわ。

何故この話をしたかと言いますと、今現在、丸3年のVISAがありますが次の更新では1年になりそう、また愚息家族からもいつになったら日本に帰るのかと聞かれておりまして後3年なのか5年なのかそれとも老老体にムチ打ちマック食って、いやバーガーキングかな? って10年頑張るのか・・・思案橋ブルースの秀さんですわ。

気力体力から言っても10年は100%無理なのでせいぜい長くて5年ひょっとしたら3年で店じまいの可能性も大いにあります。
会社自体は存続するでしょうが秀さん居ないあとは女親分さんに全てお任せして日本で慎ましやかなに隠居生活をする予定です。

義理の娘のVちゃんの話だとホーチミンも福岡(北九州)もそれほど物価は変わらないみたいなことを言っております。
ここ20年でベトナムの給与は4〜5倍にはなっていますもんねぇ、それに連れて諸々の物価も当然上がっております。アパートの家賃なんかは福岡よりホーチミンの方が高いかも知れません。

老後の貯えのない秀さんですので少ない年金をやり繰りしながら爪に火をともしながら、慎ましく生活していくしか方法がありませんが、はい!無問題です。

よくしたもんで、相当な強欲人間でない限り、歳こいた爺なんて買うものもそれほどなし女の子に入れ込む体力気力もなしエエ格好しようにも誰も振り向かず相手にもしてもらえないのでせめて孫が’小さい内はたまに小遣いでも上げて機嫌とって相手してもらうのが関の山ですわ。
20代の時と今の風貌を写真で比較すればその違いがすぐ分かりそうなものなのですが・・・中には俺はまだまだいけるわぃ! と勘違いする爺様がいるのが何とも哀愁を誘います。

そんな勘違い爺さんにならないよう・・・・うまくいい具合に枯れたら良いなぁ〜 と思っている秀さんです。


本日もまたまた話が脱線ですね、スマソ。


では、また次回まで




おっと! 本日品友会です。参加人数は非常に少ないですがご参加の皆さま、どうか宜しくです!










posted by 秀さん at 07:23| ハノイ 🌁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

テトも終わりもう2月ですね編

この前正月と思っていたらもう2月ですわ、早いですねぇ。
中国武漢発のコロナウイルスで世界中大騒ぎになっておりますが陰謀論者?の秀さんは驚きもしておりません。
いずれこんなことをやからした連中は天に代わってお仕置きよ! となると思っておりますがはたしてどうなることやら。

まぁ、そんなことより春から上の孫が小学校に上がることの方が秀さんにとっては一大事でごわす。というのもランドセルは秀さん担当でして色々調べていたらもう2月なのでモノによっては品切れ締め切りみたいなことが書いてありまして少々焦っております。へい

平均価格は5〜6万円みたいですが秀さんのこだわりでせっかくならコードバンのランドセルを6年間使ってもらいたいと思いwebで調べてみたら結構な値段ですわ約10万円!やはりこだわるとこういった値段になりますわ。とほほ・・・

昔々まだ景気の良かったころコードバンの靴を何足か持っておりました。とにかく丈夫で長く使い続けると光沢が増してなんとも言えない趣があります。材料は農耕馬のお尻の部分の皮を指すのですがこの馬のお尻、いや間違いお尻の皮の価格が値上がりしてコードバンの靴のみならず財布でさえ今は超高級品ですので今の秀さんには逆立ちしても買えません。サラブレッドなんかのお尻の皮ではだめであくまで農耕馬に限るそうです。

年老いてしぼんで行く秀さんと違い元気いっぱいの孫たちを眺めていると天真爛漫、澱んだような秀さんの疲れた目と違い生き生きとした表情は何とも微笑ましくて目尻が下がります。
問題は彼らが今後生きていくであろうこれからの日本ですわ。今の分けわかめな安部政権の体たらくぶりは歴代最高!
その学識のなさは世界一いや宇宙一かも知れません。国の首相自ら  今だけ、金だけ、自分だけ ですもんねぇ。日本という国が長く低迷しているのも頷けます。大人しい日本人の国民性ですが、いずれ最後には爆発するのではないかと期待していますぞぃ。

ぐだぐだと駄文を書いておりますが明日からまた仕事です。
当分はテト明け気分が抜けきらないベトナムの社員さん達に混じって秀さんもぼちぼちと始動です。

引き続き今年もどうぞよろしくお願いします!





posted by 秀さん at 21:09| ハノイ 🌁| Comment(2) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

テトで空港は大混雑だろうなぁ編

世界中からこのテトの時期はベトナム人が大挙して本国に戻って来ます。
またベトナム国内でも民族大移動で故郷に帰る人で飛行機やバスは満杯でしょう。

ベトナムもここ10年で大きく成長して大都市部では中流階級が大幅に増え、へたな日本人よりはよほどお金持ちですぞぃ。日本も昔々は海外旅行なんて夢みたい・・・なんてことを言っていた時期がありましてね。
新婚旅行のメッカは宮崎県が一番人気なんてことがありました。新婚旅行は海外が当たり前の今のご時世とはずいぶんと様相が違いましたぞぃ。

秀さんが学生時代・・・とっても40数年前ですが、日本人の多くが盆暮れには故郷に帰省するためにJR(昔は国鉄)の駅で夜行寝台特急の切符を買うために長蛇の列を作って並んででいましたよ。当時鉄道の切符はコンピュータ発券なんて夢みたいな世界でしたのでとにかく駅に並んで買うしか方法がなかったのでした。並んで切符を買うためのアルバイトもあったくらいですから。へい

今になって考えるとそこまでして故郷に帰りたかったのは何でなんでしょうねぇ? 
故郷に対する思いがそれほど強かったのは何故なんでしょう? 
国が経済的に成長してゆとりが出来て長期の休みに対応する遊びの選択肢が大きく広がったからでしょうか・・・
盆暮れは田舎に里帰りせずに家族で海外旅行や行楽地に行く人も多いですね。
手紙や電話の時代と違い今はインターネットの普及でいつでも顔を見ながら話が出来ますもんねぇ。

ベトナムではほぼ100%近い人がテトには田舎に帰省します。今後更に経済発展が続き人々が豊かになって行ったらこの民族田舎へ帰る大移動はなくなるのでしょうかねぇ?

どう思いますぅ?

秀さんが思うに、多分ベトナム人は変わらないと思います。
家族や身内にたいする思いの強さは半端ではないですもん。
賛否両論ありますが他人は入る余地の無いようなこの家族親族間の絆の強固さには驚きます。
それがある内はテト民族大移動は不変でしょう! 

ウキウキしているベトナム人に完敗です & 乾杯です!

皆さん、良いテトをお迎えくださいな

ではまた次回




posted by 秀さん at 21:19| ハノイ 🌁| Comment(2) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

テトは何しましょうか編

今年のテト休みにはやっぱり日本に帰省ですかね。
寒いの大嫌いな秀さんですので1年で一番寒い時期に日本に帰るなんて以前はありえませんでしたが
もう家族のいないベトナムのテトは寂しがり屋の秀さんには辛いのであります。

いつからこんなに軟弱になってしまったのかと・・・自問してみるのですが孫たちと暮らした5〜6年で腑抜けになってしまったようです。
秀さんも今年の3月で65歳ですわ。どう考えても、いや考えなくても世間一般では無条件で年寄りに分類される人間になってしまいました。

もうすっかり人生の最終回に入ってまいりました。これまでの生き方を思うに・・・波乱万丈の人生ですわ。

18歳で両方の両親の反対を押し切って今は亡き妻を九州から呼び出し東京で同棲を始めたことから歯車が少し狂ってしまったのかも?ね! 

学生の分際で生意気にも人様の娘をさらってしまい両親から感動ではなく半分勘当を食らいましてね生活のために今はもうありませんが当時の西新宿のスバルビル(富士重工の本社ビル)のテナントで入っていたフルーツパーラーで学校の授業が終わった夕方5時から夜9時30分まで調理場でアルバイト、同じ経営者が営む(こっちが本業)新宿の裏通りのぼったくりバーで10時から深夜2時まで同様に調理場で働いていました。

そのぼったくりバーですが調理場の仕事と言っても出すものは出来合いのものを切って盛る、炭酸の抜けたコーラに水を薄めたものを出すだけですわ。昼間のフルーツパーラーのマネージャーから夜の店で調理場で急に人が辞めたので手伝ってくれないかめちゃ時給アップするので・・・と頼まれて時給アップに目がくらんで引き受けたのが始まりですわ。当然、その店がぼったくりバーなんて知りもしませんでしたよ。

プロセスチーズと安いプレスハムを数枚にスライスしトマトにパセリをのせただけのもの=これを店ではオードブル?と呼んでいましたよ。
学生の秀さんが切って皿にのせただけのオードブル?が当時(今から48年前)の価格で1皿3万円ですわ・・・・

炭酸の完全に抜けたコーラに水を加えて適度に薄めウイスキーの水割りにしか見えない色の不思議な飲み物をホステスさんがパカパカ飲むのでありやす。
ですのでいくら飲んでも酔わない、客には本物のウイスキーを出す。当時の価格で一人お会計最低3万円以上は取っていましたわ。
でも、ぼったくるけど暴力はありませんでした。蝶ネクタイに黒服のマネージャーが明細を示してただただ お客様の召し上がった料金はこのとおりでございまいます ございます を繰り返すだけ。

逆に客が大声出しても明細書を示して支払いを催促するその繰り返し繰り返し・・・です。
当時は警察を呼んでも民事不介入でどうにもなりませんでしたわ。

会長(オーナー)は当時法学部では東大と同等くらいの中央大学法学部を中退した方でして黒にはならないぎりぎりのところで商売をやっていたインテリ?崩れの方でしたわ。フルーツパーラーの方は大学4年間アルバイトでお世話になりましたがぼったくりバーの方は秀さんが大学2年の時に閉店、というのは、当時同じようなぼったくりバーが、歌舞伎町の裏道に沢山あったのですがある店に入った学生さんが金の持ち合わせがなく怖くなってトイレの窓から逃げようと飛び降りて大けがをしたかなんかの記事が新聞に載り大問題になりましてね警察も巡回の回数を増やしたり店のライセンスの厳格化や取り締まり強化を図ったり、またぼったくりバーエリアとして客が近寄らなくなって激減したのが原因です。


18歳のいたいけな青年が福岡(北九州)から上京してたまたまアルバイト先のその系列店でそうとは知らずにぼったくりバーの調理担当アルバイトをやっただけの話ですが・・・当時、強烈に東京の凄さに驚きましたよ、だって当時時間給200円(フルーツパーラー)240円(ぼったくりバー)の時にぼったくられた客が当時の聖徳太子の1万円札を7〜8枚投げるように払うのを何度も目撃しましたもん。
あるところには金はあるんだなぁ〜 と東京のスケールの大きさに驚嘆したものです。

しかし、いまでもぼったくりバーは多々ありますねぇ、ぼったくり条例は現在は風俗関係だけですがこれを飲食業にも適用しなければ泣き寝入り被害者が増えるだけですね。

 ん? 加害者側のお前が何言うか! と言われますか?

当時うぶな学生の秀さんですので善意の第3者ということでどうかお許しを!


やれやれ、テトの話がいつのまにやら脱線ですわ。

いずれにしましても、皆さま良いテトをお過ごし下さい。
日本の皆さまへは、寒さ厳しき折、風邪などひかれなきようご自愛を!

では、また次回まで




posted by 秀さん at 13:16| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

第125回ホーチミン品友会(新年会&vn忘年会)開催のお知らせ

皆さま、
新年明けましておめでとうございます。
本年も品友会を通じてより良い交流が出来ればと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

ご無沙汰しておりましたが何とか生きております。
ご案内が遅れましたが下記の通り2020年度の品友会新年会を開催いたします。
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。



第125回ホーチミン品友会(新年会&vn忘年会)開催のお知らせ

日時 2020年1月11日(土) 午後7時〜

場所 肴や(ATEYA) 50 Mê Linh, Phường 19, Q. Bình Thạnh (37 Phạm Viết Chánhのコンビニ(ミニストップの直ぐ近く)
電話 0125 200 4323

予算 40万ドン前後を予定

1月10日(金)午前中くらいまでにご参加の可否をブログ下にあるコメント欄にお書き頂くか または ymt@yhk.com.vn(秀さん)まで
ご連絡をお願いいたします。

初参加の方も大歓迎です。
皆さまのご参加をお願い申し上げます。


posted by 秀さん at 21:21| ハノイ ☀| Comment(4) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

ホーチミンの飲み会は終わりあとは故郷の同級生と忘年会編

今までは年に1〜2回くらいしか帰省しなかった秀さんですが今後は孫会いたさに帰省回数が増えそうです。
帰省する回数が増えれば同級生に会う回数が増えるのは必然で今回も皆で忘年会をやろうなんて話も出て来ます。
有難いことですわ。また楽しみでもあります。

もう、ほとんどの同級生は自営業を除き定年退職を迎えておりまして悠々自適な生活をエンジョイしているのですが秀さんのように長い間中途半端な生き方をした者は年金も少なく蓄えなんてほとんどありませんのでTV番組のポツンと一軒家みたいに田舎で米や野菜を作り自給自足という訳にもいかず馬の目を抜いてまた戻すような激動のホーチミンでボテボテの老体に鞭打って働かなくてはなりません。
孫達にクリスマスプレゼントやお年玉もやらねばならぬ何かとお金は必要です。

お金のために働くのは本望ではありませんがお金がないと日々食べることさえままならないのが都会生活の現状ですので何らかの営みをして金銭を得なければならないのは自明のことであります。頭の良い人は省エネルギーで効率の良いアウトプットが出来ますが秀さんのような凡夫は非効率極まりない働き方しか出来ずハツカネズミの様に永遠に歯車を回さなければならない運命でごわす。
まぁ、それでも日々何とかおまんまは頂けているので無問題です。へい

おっと! 帰省の話がいつの間にやら別の話にすり替わっていますね。
いつもタイトルとは関係ない話に脱線してしまいますねぇ 転移性アルツハイマーという病名かもね?

話を戻して・・・

今回の故郷の同級生といえば高校時代の同級生です。約15歳から17歳の3年間ですのでかれこれ50年の付き合いになります。
50年間の風貌の変化は半端ではありませんぞぃ! 

爺婆になってくると昔はイケメン・美女だった者も加齢の風に吹かれ続けてこの歳になればもう見る影もありません。
残るのは青春時代に共に共有した思い出だけですがこれが歳こいて来ると妙に良いものに思えて来るから不思議です。

年寄りは過去を偲び 若者は未来を志向する・・・・今も昔も変わりませんねぇ

今回の帰省では、まずはご先祖様の墓参り、次に同級生と飲み食い、ほんでもって家族で温泉旅行、
孫たちに囲まれておせち料理、コタツでミカン食べながらゲームのお相手、初詣、その他諸々という予定ですがさてさてどうなることやら・・・


へい、本日はこの辺で





posted by 秀さん at 03:06| ハノイ ☔| Comment(2) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

品友会は終わりましたがまだまだ続く飲み会編

12月はやはり飲み会が多いですね。歳取ってくると連日の飲み会では気力体力が続かなくなって来ております。いい加減にもう若くはないということを自覚しなければいけないのですが・・・ついついお酒が入ると調子こいて最後まで行ってしまうこの性格はもう治りませんわ。ったく!

さて、今年ももう少しで終わりますが皆さまにとってはどんな一年でしたでしょうか?

なにはともあれ無事に死なずに一年過ごせただけで十分だと思えば不平不満はなくなりますねぇ
また、仮に死んでしまってもまたあの世があるわぃ と信じている秀さんにとってはどうなってもOK OK ノープロブレムですがね!
このようにノー天気で超楽天的な考え方をする方が楽ですもん! 長生きしてもたった100年ですから・・・ 

改めてこの一年を振り返ると5年間も一緒に生活していた愚息家族とのお別れがあり孫二人とも会えなくなってしまいました。
これを寂しいと思わずにこんど日本で会うときはその喜びが2倍にも3倍にもなると考えれば無問題ですわ。
要はすべて良い方に考えること。これがストレスなく楽に生きるための法則または公式なのではないかと・・・

嫌な過去を振り返っても元に戻れるわけでなし恨みつらみを言って自らの心を暗くするのは愚の骨頂ですわ

今年は義母が天寿を全うしてあの世へと旅立ちましたがこれで縁が切れたわけでなく見えない糸で繋がっていると思っている秀さんです。
実の両親や妻祖父祖母そのまた前のご先祖様達も同様でごわす。彼らに見られていると考えると悪いことは出来なくなりますねぇ、

大酒飲んで人様の貴重な時間を夜遅くまで浪費するのは悪いことではないのかい 秀さんよう? 

と聞かれれば沈黙するしかないのですが・・・誠にスミマセン!

結局は自分の思いばかりで人様の事情を深く考えていない秀さんが悪いのですが、歳が年なので相手の方が我慢して下さっているということにお詫びと感謝をいたします。

これから年末までもう少し飲み会が続きますがスマートなお酒の飲み方をしなければいけない! 
と思っている秀さんですがさてさてどうなることやらお酒の神様 馬鹿す(Bacchus)のおっちゃんに聞いてくださいな! ということで
本日のあほブログは終了です。



posted by 秀さん at 03:01| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

第124回ホーチミン品友会(忘年会)開催のお知らせ編

お金持ちにも貧乏人にも平等に時間は配られます。
その与えられた貴重な時間を大切にし有意義に使うのが賢者でして、逆に秀さんのような愚者は限りある時間を無為に過ごして浪費する。
この時間の使い方のうまい下手が長い間にはこれがお金持ち&貧乏人に分ける分水嶺となるのでしょう。
秀さんのようにここまで歳食ってくるともう手遅れというか開き直りというか運を天に任せるしか方法はありません。
生まれるのも死ぬのもお天道様の采配ですので無駄な悪あがきはせずにあるがままに流されて行くのも良いかな? といった心境です。

さて、今年も12月、1年の終わりの月となってしまいました。
本来なら年賀状の準備を始める頃なのですが今年は義母が長寿を全うして天国に召されましたので欠礼させて頂きます。
これで秀さんの親はすべて亡くなってしまいました。年を取るに従い出会いよりは別離の方が多くなります。
何万、何千年と繰り返されたことではありますが自分の肉親ともなりますとその悲しさは半端ではないですね。
宇宙の歴史からいえばほんのひと時ですがその短いつかの間に出会えたご縁に感謝しなければなりませんねぇ。

今回で124回になる品友会のメンバー様にも出会えた喜びに感謝しております。
こんな阿保ですが引き続きご交友のほどお願い申し上げます。


第124回ホーチミン品友会(忘年会)開催のお知らせ

日時 2019年12月14日(土) 午後7時〜

場所 肴や(ATEYA) 50 Mê Linh, Phường 19, Q. Bình Thạnh (37 Phạm Viết Chánhのコンビニ(ミニストップの直ぐ近く)
電話 0125 200 4323

予算 40万ドン前後を予定

12月13日(金)午前中くらいまでにご参加の可否をブログ下にあるコメント欄にお書き頂くか または ymt@yhk.com.vn(秀さん)まで
ご連絡をお願いいたします。

初参加の方も大歓迎です。
皆さまのご参加をお願い申し上げます。


posted by 秀さん at 20:39| ハノイ | Comment(8) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

Lineの有難みに感謝しなければ編

一人暮らしを再開してまだ10日もたってないのだが・・・・
仕事が終わってアパートに帰ると途端に寂しくなる秀さんでごわす。

妻が他界してもう20年以上になるのだが孫たちと同居する前は長い一人暮らしでも何ともなかったのだが息子家族と5年も一緒に住んでいたらいつの間にやら一人暮らしの寂しさがメチャ辛く感じられる軟弱極まりない情けない秀さんになってしまいましたとさ! やれやれですわ。

有難いことに義娘のVちゃんが気を利かせてか1日1回Lineビデオで声がけしてくれております。
上のマー君は日本の環境に慣れたのか楽しいのか分かりませんがママに催促されて面倒くさそうに携帯の前に顔を出すのであります。

うむぅ〜 こやつはもうオモチャ買ってやるまいと思ってしまう・・・

その点下のター君は秀さんの顔を見るのが好きなのか? ビデオ通話が楽しいのか分かりませんが愛想良く笑顔を振りまいてくれております。
そうは言っても10代になれば爺婆のことなんてどこ吹く風になるのは間違いないでしょうねぇ、まだ相手してもらえるだけでも有難いことだと感謝しております。

20年も人に貸していた広いだけが取り柄の使い勝手の悪いオンボロ家屋に庭木の手入れもせずに放置した荒れ放題の庭など惨憺たる状況なので家庭菜園を楽しみにしていたVちゃんもがっくりしているとのこと。おいおい時間をかけ手入れをして悪いところは直して下さいな!

グーグルのストリートビューで検索したら昨年度ですが家の様子があったので画像を貼り付けます。
玄関前の植木などの伸び放題の状況が分かるかと思います。

自宅.jpg


この家に比べれば今秀さんが住んでいるホーチミンの息子のマンションの方がどれだけ快適か、それでもお互いバーター契約ということで家賃は無料ですが秀さんの方が得している感じです。へい

孫二人は既に地元の幼稚園に通っていますが息子に関しては以前からお世話になっているゴルフシュミレーションの製造販売をしているメーカーの社長様とのご縁によりにゴルフレッスンプロとして採用して頂き来年1月から勤めるようになりました。有難いことです。

Vちゃんの方は働くの大好きなベトナム人ですので得意な洋裁や料理の技量を生かしてその内に何か始めるかもしれませんが当面は専業主婦でしょうかねぇ?。

いずれにせよ秀さんが望むことは、貧乏生活はベトナム時代含め慣れているでしょうから慎ましくとも家族仲良く元気で日本の生活を送ってくれればほかに何も言うことはありません。家族仲の良いのが一番! ですもん。

つらつら考えるに秀さんもあと15年やそこらで男性の平均寿命になりますので人生のエンディングに向けて総括をしなければなりません。
大酒飲んで愚だ巻いて他人様に迷惑ばかりかけていてはいけませんわ! 寂しい一人生活のつれずれにふらふらと飲み屋街に繰り出す誘惑に打ち勝つよう・・・賢者の皆さま、どうか応援をお願いいたします。

孫会いたさに日本及びベトナムの年末年始は長期間帰省することは間違いありません。

ほけ〜としていたら明後日からもう12月ですね、ミカンもコタツもないベトナムですが孫へのお年玉を稼ぐために少し頑張らなければ・・・
と思うだけでいつもどおりの秀さんですわ、生きているだけで儲けものと思うようにしております。

それでは本日はこの辺で失礼いたします。




posted by 秀さん at 08:33| ハノイ 🌁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村