2018年07月04日

もう7月ですねぇ編

いつも口癖のように言っている言葉・・・

月日の経つのは早い、特に年取ると殊更早く感じられるのであります。
それだけ残された人生時間が少ないと言うことでしょうねぇ。

その限られた時間の中での唯一の楽しみが二人の孫の成長を日々見ることができることですね。

今思うに秀さんの祖父祖母に対する言動を今の歳になって反省しております。
明治生まれのお二人でしたので長男最優先の志向が強く次男三男はおまけみたいな感じでしたので祖父母と秀さんの関係はあまり良くなかったのが事実でごわす。
特に祖父にはよく暴言を吐いたこと・・・
今ではとても反省しているのですが当時はガキん子の秀さんでしたのでものの道理がわかっておりませんでした。
今頃スミマセンと言っても遅いのですがね! 改めて・・・申し訳ございませんでした! 爺さま 

明治時代に故郷の山口県萩から現在の北九州市八幡東区、明治時代は八幡村に出てきたのが祖父です。
八幡村は明治22年に町村制施行により、遠賀郡尾倉村(111戸)大蔵村(145戸)枝光村(109戸)が合併して発足。
明治32年当時の明治政府がこの八幡村に日本で初めての国営の製鉄所(現在の新日本製鉄)を建設して鉄の生産を通じて欧米に負けじと国力の増加をはかろうという国策事業ですわ。
その規模の大きさに魅力を感じた?爺さまがよっしゃ! おらも一旗上げるべぃ と故郷を後にしたのだと聞いております。
当初は煙突をつくる仕事から始め親方になりその後ある方のご縁で地元(現在の遠賀郡水巻町)の婆様を嫁にもらって一人娘の母が出来、その母に養子の父をもらいその両親に3男2女が生まれる。
その4番目の子として秀さんがあまり期待されずに?誕生・・・・流れ流れて越南は放置民市に住むようになったのであります。へい

爺様が故郷を離れて現在の福岡県八幡に住みついて120年が経過しましたわ。

家も墓も残っているので秀さんもいつかは日本に帰って最晩年をおくるとは思うのですがその時期はまだ未定です。

長く異国の地で暮らしているからかどうかはわかりませんが父母祖父母兄弟と暮らしていた幼い時の思い出が溢れ出て来る時があります。
ホームシックではなく外国人としてベトナムで暮らしているときに感じるほんの些細な違和感というか何とも説明できない思いが秀さんを
故郷への望郷の念を強くさせているのかも知れません。

ベトナムの税務署が会社に乗り込んできましてね・・・5年間分の査察ですわ。
約1月以上調べましたが何の問題も無しだったのですが・・・・

なぜに黄金のお饅頭を5千万個もあげなくてはならないのか? 疑問に感じる内は、まだまだベトナム未熟者でごわす。
そのくらいで済んだことを喜びなさい って言われてもね! 
これでも相場の半額だそうです・・・・おいおい!


難題難問が続出する越南での商いですわ。

ま、嫌になったら帰国すればよろし! 

でも帰国できない越南の方々はこの国で頑張るしか無いのですわ
そりゃ、甘い気持ちじゃやっていけないでしょうなぁ と半分同情する秀さんでごわす。

本日は、脈略のない話で って いつもですが

これで終わります!



次回、品友会は7月14日(土)です。
また、ご案内しますのでよろしくです!












posted by 秀さん at 09:31| ハノイ | Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

トミカ・プラレール新幹線の取り合い編

長くからの知り合いのUさんから孫向けのおもちゃをもらった。
Uさんおもちゃのみならず数々のお土産有難うございました!

さて、そのお土産のおもちゃですが4歳のマー君にはトミカプラレールの新幹線セット、1歳半のター君には幼児向けのおもちゃを・・・
ところが下のター君はお兄ちゃんが遊ぶ新幹線が気になって仕方がない。というのもレールの上を動くから。

そこで当然ター君は手を出そうとする
そうなるとマー君が、これは俺の! これは俺の! と言って一切触らせない。

結果どうなるかというと・・・ター君は大泣きしてママを呼ぶことになる
その鳴き声は半端ではなく家中に響き渡るので家族一同大迷惑なのであります。
泣くことは赤ちゃんの持つ唯一最強の兵器ですわ

そこでマー君にお兄ちゃんだから弟にも遊ばせてあげなさいとVちゃんがいうが、

だめ! たかひろは新幹線壊すもん と自分のことは棚に上げてのたまうのであります。
挙句の果てにはおじいちゃん、マー君が幼稚園に言っている間、プラレールを預かっておいてなんてことを言う誠に器量の狭い孫に秀さんあんぐりでごわす。

上の子がセコいというか下の子が年より成長がはやいのか約3歳違いではありますがトミカのプラレール紛争が毎日繰り広げられている秀さん一家ですわ。

そこで息子と考え出した案は、昔秀さんが買ってやってマー君が粘土をつけまくって壊した同じトミカの新幹線プラレールを分解修理することになり申した。

ドライバーを使ってその蓋を開けてみると粘土が各部品に詰まりまくり、配線の断線、電池接触部分の金属の断裂、連結部分の破損などとてもじゃないが直ぐには修理できないと判断するが一応、配線の断線は半田ごてで直してみた。

すると愚息、親父なんでベトナムで半田ごてなんか持っているの? と不思議な顔をされてしまいやしたぞぃ

自分でも不思議でなんで半田コテあるのだろう・・・? 
そういえば10年ほど前に半田コテとハンダをベトナムで買ったことを思い出しましたが何故買ったのかは不明?のアルツハイマー予備軍の秀さんでごわす。へい

さて、断線はひとまずOKと電池を入れ替えてみたがモーターは回らず。

やっぱこりゃ無理や と愚息にいうと、モーターやギヤを取り付けてあるボックスの外から眺め細いドラーバーでしきりにボックス内に詰まった緑色の粘土を掻き出しているではないですか
いやぁ、そんなことをしても動かないとおもうよ・・・と秀さん
ひとしきり粘土を掻き出した後、愚息がスイッチを入れてみると なんと! 弱々しいながらもぶ〜んと動いたであります。

粘土を掻き出すことでモーターの切替部分の接点が復活したのだと思うと・・・少し自慢げな愚息の顔

こうなれば3両編成のつなぎ目の破損箇所もごそごそとあちこちから代わりになりそうなものを引っ張り出して来て切削、接着して
かれこれ2時間近くかかって修理完了したのが下記の写真ですわ


IMG_1804.JPG

親子2代での涙のトミカ・プラレール新幹線の修理完了、しばらく二人で鑑賞しましたぞぃ

最後はター君のためというよりは二人の大人がどうせやるなら全て直そうと半分意地になって半分楽しんで親子の共同作業が完了したのであります。

このように孫も男の子2人となると所有欲のせめぎ合い、葛藤があるのでございます。
所詮、男、オスはあらゆるものの所有のために闘争を行う生き物ですのでマー君、ター君も自然といえば自然ですね。
ましてこの生き馬の目を抜くようなベトナムですのでみんなで仲良く順番に遊びましょう! なんてことを言っても生き残れません へい

良か、よか、 男は闘争してナンボのもんじゃ! と時代に逆行したことを言うアホ爺の秀さんですわ
それにしても、孫の話以外のブログ書かんかい! おりゃ〜 と言われる前に本日は終了っと!

皆さん、良い週末を!








posted by 秀さん at 08:20| ハノイ | Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

ベトナム人のようにやる気がないのかなぁ〜編

久々自分のブログをみたら今月の投稿は2件のみ。
1件は品友会の開催案内なので実質は1件、その内容もブログ更新しておりませんが元気です! みたいな意味のない駄文・・・・
10年以上前と違い現在では様々なベトナム情報が様々なメディアやネットで満載で情報不足でベトナムが良く分からないなんてことはありゃしません。

政治や経済の尖った文章を書く気力も意味もあまりないと思うようになって他の方の書いたものの転載記事ばかりをのせるようになって自分で考えることも億劫になってしまいました。
おやじギャグも全く受けず、お前の生き方の方がギャグみたいだな と言われるような始末ですわ、へい。

はぁ〜、もう秀さんのベトナムブログもそろそろ店じまいの時期になっているのではないかと思ってしまうのであります。

冴えない爺様のブログなんぞこの広世の中で何の価値もないことは重々自覚はしております。
私的な出来事や個人の思いを勝手気ままに書きなぐってている駄文ですがだらだらと10年以上継続して来ました。
継続は力なり! なんてことはもっと高尚なことをやっている方に向けられる言葉でありまして
知見もない、風采も上がらない、身長もない、おまけに金もないイケてない耄碌爺の世迷い言みたいなブログに存在価値はあるのかと日々自問しておりやす。

平々凡々の日々の中でなにか良いイベントがあると昔は少しは興奮したものですが、今は何の感動もなし、平々凡々の日々が真の幸せな時なのだ なんてことを言い出すとそろそろお迎えも近いのではないかと思う・・・

昔々50年くらい前にせっせと書いた亡き妻へのラブレターを妻の葬儀が終って1年位あとになって義理の母から箱一杯もらった時に

秀さん、よくもこんなに何ページもの恋文を何通もよく書きましたねぇ〜 

と義理の母に言われた時に赤面したことを思い出す
まぁ、それらを書いた当時はニキビ面の完璧なテッパンのあほガキだったのでまだ許されるでしょうが・・・・
60をとうに過ぎていまだに今のような駄文を書いていては全く進歩がないなぁ 思うのでございます。

しかしよくよく考えてみますと
過去、銀座で毎晩豪遊していた時や欧米の高級車やクルーザーを乗り回していた時期もあれば会社の連帯保証人として23億円もの負債を抱え二進も三進もいかなくなって無一文で奈落の底に沈んでいた時や突然の失業、転職また失業、数回にわたりベトナム人に騙されたこと等など波乱万丈ありながらも・・・・

今もこうして日々天道様を拝むことができ慎ましやかではありますが最低限3度3度のおまんまを頂け2人にも孫に囲まれて遊んでもらっていることを考えると人間は生きているだけで有り難いものなのだとつくづく実感できるのであります。

こうやって駄文を書けるものも生きているからこそであります
やっぱ死ぬまで書き続けなければ・・・・と他人の迷惑を顧みず思い直すこの変節爺の秀さんでごわす へい

昔と違い経済状況も良くはなく世知辛い生きづらい世の中ではありますが人間自ら命を絶たない限り何としてでも生きて行ける
ということだけはこのアホの爺様が断言します

日本の政治や経済をみても将来お先真っ暗と思う若い世代の方もおられるでしょうが・・・
心を気楽に持てば 山より大きなイノシシは出ないのと一緒でなんとかなるもんですわ
大丈夫、だいじょうぶ、だいじょうぶだぁ〜 と昔の志村けんではないですが気持ちを明るく持って適当に流して生きて行きましょうよ ね!


結局こんな終わり方しか出来ない秀さんのあほブログですが、これからも宜しくおねがいいたしま〜す! っと こらしょ どっこいしょ

でした。

じゃんじゃん



posted by 秀さん at 16:33| ハノイ ☁| Comment(4) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

元気にしております編

ブログ更新が出来ないほど忙しいわけではなく・・・
要はダレているだけの秀さんですがお陰様で健康で日々元気にしております。

だったらブログ更新せんかい! と言われても返す言葉がないのですがね!
長くブログを書いておりますと更新の波というか気がのる時とそうでない時が出てしまいます。
このムラっけがいけないのですが、根がいい加減な性格ゆえ仕方がないのですわ。

最近の話題といえば、ロサンジェルスエンゼルスの大谷翔平君の大活躍ですかね。
彼が出場する日は必ずTVを観ております。
いやはや打者と投手の2刀流で本場メジャーで大旋風を巻き起こしています。
193センチという長身23歳という若さお金に囚われず自分の夢の実現にひたむきな姿は爽やかで観ていて気持ちが良いですわ。

それにひきかえ・・・・
上からみても下から見ても横から見てもぽっこりと膨らんだ腹部に動きの悪そうな体系にくたびれ果て人に不快感を与えそうなこの老醜の秀さんの容姿・・・老いとは醜いものですわ ったく!
約40年前に撮った結婚式の写真アルバムを孫に見せてもお爺ちゃんとは言われません
老いて朽ちゆく老人と若さ爆発で颯爽とメジャーリーグで驚異の大活躍する23際の若武者では比較対象にはなりゃしませんねぇ
でもね、人間には人それぞれの人生があり過去があり自己の歴史があるのですわ
まぁ、その爺ちゃん歴史を時あるごとに孫に伝えることを老後の楽しみにこれからもぼちぼちやっていきますわ

本日は、生きております! 秀さんは死んではおりません報告まで

引き続き宜しくお願い申し上げます。へい





posted by 秀さん at 05:08| ハノイ ☔| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

わか葉(タイバンルーン)に納得編

時には愚息家族を誘って新しくできた日本食レストランや居酒屋に行く秀さんですが・・・
食にうるさい愚息夫婦にここ最近はダメ出しされてめげていた秀さんですわ。

2週間くらい前に知り合いの友人に誘われて初めて入った店が28タイバンルーン1区にある わか葉 という店でその内容に満足した秀さん

よし! 今日は土曜日だし家族で外食や! と愚息夫婦を誘ったところ・・・
親父の行く店は最近結構ハズレが多いしなぁ〜 ヘタな店に行くより嫁の飯の方が格段に美味いもんなぁ と言われ行くのをためらう愚息&義娘・・・・

あなた達はフード評論家かい? と言いたくなる秀さんでごわした。
結局、猫のチーだけを残して出かけたのでございます。

で・・・・結果はというと食通VIP御一行様皆さまご満足の様子に胸をなでおろす秀さんでしたわ

最初に出てくる1〜2品でだいたいその店のレベルが分かる、また料理の出てくるスピードが遅い店はハズレが多いと過去の経験値で能書き垂れる秀さんを横目に見ながら あまりお酒飲み過ぎないようにね! お義父さん と心配される秀さんでごわした

食べ物は難しいというかその人その人の味覚や好みの違いも様々ですので同じものを食べても人により評価が分かれる
酒飲みか酒飲みでないかも関係ありますねぇ

帰り道にレタントンのファミリーマートさんに寄ってマー君に小さいけん玉(なぜにベトナムで売っていたのかは謎でしたが)やアイスクリーム、納豆などを買いました

親子3代でホーチミンに住んでいる家族はあまりいないのではないかなぁ〜 と思いながら
ささやかな幸福感にひたりながら帰宅しましたぞぃ


o0260022410522896767.jpg





posted by 秀さん at 05:08| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

ベトナムの女性はたくましい編

まぁ、タイトルのとおりですわ。
言葉を変えて言うならば働き者です。

日本のように専業主婦の方はほとんどいませんねぇ。
子供が1歳になればさっさと子供をお手伝いさん任せにするか託児所に預けて働きに出る。
会社で働いているにも関わらずface bookで物販をしたり、家にお金のある人は不動産の売買(転がし)をしたりとお金儲けに余念がありません。

長きにわたって戦乱の世が続いたベトナムの歴史的な背景もあるでしょうが何かにつけてベトナム女性はたくましいのあります。へい
会社の管理職も女性の方が多いのではないかと思いますぞぃ。
南国の男性がまた〜りとしているせいか100%カカア殿下のお国ですわ。

しとやかな風情の女性も探せばどこかにいるのでしょうが・・・
悲しいかな、秀さんの過去のベトナム生活において一度たりとも遭遇したことはございません。
皆さん、ほんとうにお強いお方ばかりでごわす。

まぁ、他国の女性のことをあれこれ言う資格は秀さんにはありませんねぇ

旦那が事故か何かで急死したとしてもベトナム女性は生活苦で泣きわめくようなないでしょうよ きっと!。
逆に言えば、ベトナムの男性の肩にかかる家族に対する責任は日本人のそれよりは相当軽いと思いますねぇ。

あ! 

この旦那と一緒になって失敗こいたわぁ〜 

と思えばさっさと離婚するということもしばしばです。
日本の離婚率も最近は上がって来たとはいわれますがそんな比ではなりませんぞぃ ここベトナムでは・・・

経済的に自立しているというか、日本では就業規則違反になるかも知れないほど副業に力を入れている方が多い。
秀さんの会社で日本の化粧品の卸販売部門がありますが最近良く話が舞い込んでくるのがネットワークビジネスで化粧品の販売をしたいので安く売ってくれませんか? という話ですわ。
店舗も持たずに売れるのかいな? と思っているのですが定期的にそこそこ購入する方もいて結構な副収入になっている女性もいるので驚いておりますぞぃ。

経済的にも精神的にも強いベトナム女性、これが更に肉体的にも男性より強くなったら・・・・へい

気立て優しく見目麗しいたおやかな日本女性を探しに日本に帰国します! って言ってみたいですが・・・

己の容姿と年齢&収入を考えたら100%無理と笑って諦めた63の春・・・・

はぁ、悲しいのう・・・






posted by 秀さん at 19:02| ハノイ 🌁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

日本の政治はメタメタだが若い人は頑張っている編

日本の国の政治は皆さんご存知のように嘘つき首相を筆頭にボロボロの状態ですが・・・
大谷翔平君のように若い人は世界の舞台で驚きのパフォーマンスですわ。
23才・・・お金ではなく自分の夢を叶えるためにアメリカ大リーグで真っ向勝負・・・
素晴らしい青年ですね。
まだまだ日本も捨てたもんじゃないですわ。

それにひきかえ63才にもなってボテボテと重い体を引きずりながら暑い南国の地で非効率な仕事をしている秀さんのような老人は何も誇るものがありませんねぇ。
やっぱバリバリ働けるのは30代〜50才くらいの20年間ですかね?
気力体力の衰えに加え物事すべてに対して否定的に考える老人特有のマイナス思考がよりネガティブな考え方を助長しているのでしょうよ きっと!
年寄りの話を聞いたって夢のある話は出てきませんもんねぇ 悲しいかな・・・

かと言って今更日本に帰ったところで年寄りがやる仕事は皆無でしょうから儲かりもしない今の仕事を継続しながら愚息家族の家に居候させてもらいながら孫に遊びの相手をしてもらうのが良いのかも知れません。
また品友会などで気の合う日本人仲間と酒を飲み交わすのも楽しみの一つです。

人間は社会性動物ですので一人ぽっちでは行きていけません。
人と人とのふれあいがあってこそ人生の楽しさがあります。
袖ふれあうもなにかのご縁と言われます。
この異国の地で縁あって知り合った皆さまに感謝しなければいけませんねぇ

本日は品友会ですわ。
いつものように人数は少ないですが楽しい食事会になれば本望です。
どうぞ宜しくお願いいたします。


posted by 秀さん at 03:13| ハノイ ☁| Comment(2) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

ついにベランダ自殺じゃない喫煙決定編

家仕事でパソコンに向かって考え事をしているとついつい煙草が手放せなくなって本数が増える秀さんですが・・・

遂に義娘のVちゃんから大目玉を喰らいましたわ
それどころか会社の大親分、ベトナムの女マフィアのHさんにあんたのところの老いぼれ社長が家の部屋で煙草を吸うのは子供達の健康に悪いので何とかして下さいまし〜 と・・・直訴したものだからさぁ 大変・・・

孫の健康を考えない爺様がどこにいますか? 
え! おい、こりゃ〜 怒怒怒×10倍の憤怒の形相・・・
自分勝手なことはやめて家族のことも真剣に考えて下さいと・・・数十分にわたりネチネチと説教を喰らいましてね海の底でじっとしている沈黙の艦隊状態の秀さんでしたわ

女性2名からの毒の部屋クリーンアップ作戦により秀さんの前線基地、いや間違い、喫煙基地は壊滅してしまいやした。
前線離脱してベランダ塹壕に逃げ込むしかこの猛攻撃には耐えられませんでした
この2名によるホットラインは喫煙だけでなく、夜何時に帰ったか? 昨晩は大酒飲んでいないか? 等など CIA KGB 顔負けの鉄壁な諜報網がありまして逃げ場がありません
年取って自由を剥奪される哀れな爺様にだれも同情はしてくれないのでおります

悲しいかな 老いては子に従えではありませんが・・・
両名の絨毯爆撃&バンカスター爆弾攻撃で秀さんのささやかな楽しみである飲酒や喫煙といった戦場での唯一の楽しみにも制限がかかるようになりました。

秀さんのガキん子の頃なんてそこらじゅう喫煙者だらけで誰も注意する人なんていなかったのですが・・・
そもそも喫煙率は戦後すぐの70%台から現在は25%以下に下がっているのに肺がんの患者は逆カーブで上昇しているという事実から煙草は癌になるなんていう認識は根拠がない学説をもとに導き出されたプロパガンダと秀さんは思っております。
まぁ、それでも煙草の臭いに不快感を覚える方も多いので場所を考えて喫煙をしておりますよ

会社でもベランダ、家でもベランダ・・・・
悲観してベランダから飛び降りて両名に孤独な年寄りの楽しみを奪う絶対権力に抵抗の意地をみせようか!なんてアホなことは考えませんが自分の部屋の中でも自分勝手なことが許されない状況になってしまいましたわ へい

マー君とター君のためにベランダに出てたばこを吸うこの優しさに追い打ちをかけるように
マー君が、爺ちゃん、ママが煙草は毒だって
だから煙草吸うのをやめてよ! と言われてしまいましたわ

ベランダで吸うから煙草そのものは吸わせてよ・・・若い女性の唇は吸わないから・・・
とアホな返事をするこのアホ爺様にハッピーな老後は保証されませんわな! へい

本日はこのへんで また次回まで


posted by 秀さん at 10:46| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

テトが近くなって来ましたねぇ編

何度目のベトナムの正月か忘れてしましたが・・・
今年も日本へは帰らず、いや帰れずベトナムもしくは近隣アジア諸国で旧正月を過ごすことになりそうです

秀さんの会社のような吹かずとも飛んでしまうような毛細血管企業でもテト前には強盗のセリフのように・・・・

おぃ! 出すもんをはよう出さんかぃ! おりゃ〜 

と社員さん達から強い目線で合図を送られるので月末の給料と同時に出しましたよ はぁ〜
テトの帰省の前にあれやこれやと買い物もあるでしょう
普段休みの少ないベトナム人ですのでボーナスを手にテトくらいは楽しんで下さいな へい

日本ではまた雪が降っていると聞いております
世界的に気候がおかしいようですが 地球様も生き物ですもん 人間様と同じように機嫌の良い時悪い時もあるでしょうねぇ 
日本の気候のように寒いのは秀さんの財布も同じです! 
違うのは一過性か慢性かの違いだけですわ

まぁ、金は無くても何とか生きてはいけますので無問題の秀さんです。ハイ

10日(土)にテト前の品友会を開催する予定です
改めてご案内を出しますがどうぞ宜しくです

本日はとりとめのないブログになってしまいました

在越の日本人の皆さん、テトまでもう少し 頑張って下さいな!

では、また次回



posted by 秀さん at 22:44| ハノイ | Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

私もサッカーで大騒ぎしてみたいもんだ編

U23のサッカー決勝進出決定で街中大騒ぎのベトナムですね
日本は早々に敗退したリーグですのでベトナムが決勝戦に出るとは驚き桃の木山椒の木です
まぁ、ベトナム人の気持ちは分からないでもないですが・・・
市内いたる所で大渋滞を引き起こす程熱くなれるその熱い性格が羨ましいですわ

って・・・・言ってはみましたが人さまのことは言えません 

このアホの秀さん、ある会食の席(300人参加)で泥酔してしまいまして・・・
途中から記憶がぶっ飛んでしまいましてね、家では義娘のVちゃん、会社ではヤクザな女親分のHさんから
今何歳ですか! 自分の行動が恥ずかしくありませんか? と長時間にわたり大説教を食らって心底メゲております

あ〜あぁ〜 自分でも返す言葉がございません。
平身低頭のみでございました

酒は飲んでも飲まれるなとは言いますが・・・
飲まれて飲んで 酔いつぶれて わめき散らす63歳の爺の味方をしてくれる人などありゃしません
悲しいのぅ と一人布団に入って寂しさに寝返りを打つのであります

でもね! 孫のマー君だけはいつのどおりおじいちゃん お爺ちゃんと話かけてくれるのが唯一の慰めです

可愛いのぅ お前さんは ワシの宝じゃ! と言ったら
爺ちゃん、明日花火を買ってよと言われてしまいましたわ

おう、おう、何でも買うたる 船でも飛行機でも新幹線でもお望み次第じゃ
と言いたいところですが・・・財布の中身と相談たらやはり花火くらいが分相応ですね

ベトナム人はサッカーで熱く燃えていますが
秀さんは当分はおとなしく自宅謹慎であります
自宅で孫と花火でもしながら当面はほとぼりがさめるまでおとなしく暮らすことにいたします

では、本日はこの辺で


posted by 秀さん at 02:32| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

人に騙されない生き方編

長くベトナムに住んでいると様々なベトナム人と接するのでありますが
一括りにベトナム人とはこうだ! と言うことは日本人同様に到底出来ません
人の価値観や考え方は様々でありまして、自分と違う考え方だから悪いとか良くないとかは言えません
そもそも価値基準が違うのですから・・・

日々生活を送るには大金持ちの人は別にして我々一般庶民は誰も毎月幾ばくかの金銭を得ないと生活が出来ないのが現実です
仙人じゃないのですから霞を食べては生きては生けません
お金を得る最短最速の方法は他人様が持っているお金を奪い盗ることですが早々簡単には行かず失敗した際には自由を奪われ刑務所行きとなるのでリスクが高すぎてほとんどの日本人は実行しませんわな

しかしこれが国が違えば状況は少し変わって来ます

例えばベトナムという複雑な社会主義国の場合ですと直ぐ人を信じる日本人の性格ゆえ他人様(日本人)のお金をうまく巻き上げることに成功したベトナム人が多く存在します
ということは逆に騙された日本人も多く存在するということですがな へい

まぁ、秀さんのその中の一人ではありますが過去多くの日本人がその手口は違えど騙され裏切られた事実を知っております
それと取り返そうとしてもこの国特有の事情によりほぼ100%近くが回収不能というのが実態です
警察、検察、裁判所含めあらゆる行政機関がお金やコネ、権力の有る無しで何とでもなる社会風土ですもんまして外国人である日本人のために正義の鉄槌は決して天からは降っては来ませんので結局のところは泣き寝入りという最後を迎えるのが大半ですわ

じゃあ どうするか・・・・

へい、人と一切関わらないのが一番ですわな

でも、それはちょっとさみしい・・・

良い人とだけ付き合えば良いではないかと・・・

ここベトナムでは良い人も時間の経過とともに悪い人に変わるから難しい

また、誰が良い人なのか悪い人なのか見極めるのは難しい

あれほど信頼してたのに・・・・と言って嘆かれる日本人の方の多いこと多いこと

あ〜た、ここはベトナムでっせ 生き馬の目を抜くようなお国柄ゆえ直ぐに人を信用してしまう甘ちゃん日本人の嘆きの屍が過去累々と折り重なっておりますがな

その点ベトナム人は正しい

家族以外は一切信用しないという姿勢は徹底しており自己防衛のための保身術を経験上身につけております
へい

ましてお金が動く時は必ず契約書署名公証・・・と100%保全書類を残すことはデフォルトです
しかし、それはベトナム人には有効でも日本人には伝家の宝刀とはなりません
仮に裁判まで持ち込んだととしてもこの国の裁判制度は気が遠くなるほどの時間が必要です
金と時間がただ虚しく出ていくだけで・・・・金額によっては採算が合わないことが多い

結論! 人に騙されない生き方とは・・・

初級:
1.人と一切関わらない
2.秀さんのように騙されるようなお金&勘違いの恋愛感情を持たない

中級:
3.逆に騙す

上級:
4.可哀想な人に喜捨したのだと心底思い込む
5.元から自分のものではないこの世の預かりものだから世の中にお返ししただけだと神の領域に踏む込む

ってことで本日は終了っと!


posted by 秀さん at 09:41| ハノイ 🌁| Comment(2) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

仮想通貨が暴落ですが・・・編

秀さんにとってはビットコインもアルトコインも全く関係ないことですわ
大愚さんの記事をそのまま貼り付けます。
この方の考え方分析の仕方には秀さん尊敬というかその明晰な頭脳に憧れております。
本業はお医者さんですが様々な社会現象を分析する能力は大学教授以上だと思います。

秀さんのような凡夫とは違いますねぇ。

そりゃそうだ!だ! へい

以下転載開始・・・・・

仮想通貨大崩落  

1516130401.jpg

実需がどの程度あるのかが判明するまで皆逃げるでしょう
クリックすると元のサイズで表示します

この技術には実需があるが

相場で取引されるようなものなのかは別の話

実需の前に投機市場ができてしまっているので

話が逆なわけです。

歴史上もっとも似ているのはチューリップバブルでしょう


チュウリップは実需ではありますが、百円がいいところ。珍しいものでも1000円しないでしょう。それが投機の対象となった場合、額が10000倍になる

盆栽も今こんな感じになりつつある

盆栽バブル。しかし盆栽は百年くらいはザラなんで、買ったといっても転売まで持たせられるかどうか、という特殊な商品。生きているので品質を維持できない。植木屋においておいて維持費を払うことになる。

ビットコインはまた上がるでしょうが振動が収まるのは北朝鮮問題の解決までかかるかも。

地政学リスクを感じて金が上がっています

仮想通貨から逃げた金がこちらに移っているのかもしれませんが

キンは表のお金ですね。

ビットコインは裏のカネの側面がある

どういう風に規制すれば、表と裏が均衡するのか

裏は必ずしも犯罪ではない

税に把握されない経済と把握される経済の間を行き来していて、本当の創業エネルギーは把握されないところからくる

江戸時代はこの典型で、把握される経済のコメにしがみついた江戸幕府はどんどん税を取り、贅沢して取りすぎて貧乏になって

把握できない商業はどんどん豊かになった。密貿易もそうです。薩摩と長州と土佐というのは財源は密貿易でしょう。


実体経済はこの税把握できない経済と把握できる経済の総体が経済です

あまり把握しすぎると国が潰れる。共産主義はその典型です


社会全体のため税金のために働く人間なんかそんなにたくさんいるわけはないのです。

電磁気力の表現に虚数がついているように、エネルギーは別次元へ移って再び元次元を戻る(超紐理論によると物質の最小単位は11次元だそうだ。あちらへ抜けてこちらへ戻る、を繰り返しているわけです)

これからの経済学は表と裏の両睨みになるでしょう。

課税1本だけでいくと経済はぶっ壊れる。

だから簿外資産があり、へそくりがある。むしろ経済の本質はそちらにあるのかもしれない


把握できない%を半分程度にすると経済はうまく回るのでなかろうか?

転載終了・・・・・・

posted by 秀さん at 16:14| ハノイ 🌁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

これだから日本人は凄いねぇ(大愚さんのブログから)編

仮想通貨で最も重要なのは量子コンピューター  

今の量子コンピューターでは無理で

パソコン大のものが必要です

ビットコインの採掘に現在のCPUでは限界がある。電気を食い過ぎて、中共は禁止したほどだ


量子コンピュータでも日本がブレークスルーをしたそうです

開始>
東京大学 古澤明教授ら:
究極の大規模汎用量子コンピュータ実現法を発明 (1/2)
東京大学工学系研究科教授の古澤明氏と同助教の武田俊太郎氏は2017年9月22日、大規模な汎用量子コンピュータを実現する方法として、1つの量子テレポーテーション回路を無制限に繰り返し利用するループ構造の光回路を用いる方式を発明したと発表した。
終わり>

原理を発明したのも日本人です

それはともかく

仮想通貨、特に全世界の通貨のやりとりを仲介するタイプの仮想通貨の計算には今のPCでは無理です

一旦仮想通貨に変換しさらに相手の通貨に変換する。しかもその過程を記録しておく必要があり、相場変動より高速でなくてはならない

今の相場変動は1秒間に1000−100回取引しているので。

同一銀行内のやりとり程度なら今のリップル程度の技術でできる。

イーサリアムタイプで伝票ができ、リップルタイプで通貨間の仲介をする。

全世界同一通貨の無責任性で世界経済を破壊しかねないのがFRBのしでかしたことだ

自分を守るために先進国の銀行や経済を犠牲にしたわけだ。それがアメリカのしでかした最大の失策

経済上の大敗北である。それが原因で世界の金持ちに呆れらて中国、ロシアの台頭を許した

結局は$一つでは運営できない。ユーロも失敗だ。ドイツ人の経済帝国主義の下心で経済力の違いすぎるものを入れたので

ダダ漏れにされた。PIGSを仕掛けたのはアメリカ人の悪巧みだが

$一極という発想そのものが間違っているのである。

文化力、経済力が違うので国境をもうけなくてはならない


世界は相互互換のある仲介通貨が必要なのである。

高度な統一体である身体を見るとそうなっている。

細胞膜を持つ細胞が境を持っていて、臓器もひとかたまりになって、溶け合ってはいない

独立と共同が共存する必要がある

通貨もそうなのである。境を無くすと細胞膜を失った細胞のようになる。

臓器でいうと脳血液関門のない脳のようになる

直接全身状況の影響を受けてしまうのである

実際、EUはそうなった。

こういうことが起きないようにするには、統一通貨のように作動しながら、地方通貨が成立する均衡システムが必要である

それを可能にするのが、仲介通貨タイプの仮想通貨で、リップルやQUASHがそれに当たる。

流通通貨の仮想通貨化は世界経済にとって必然である。今の貨幣では遅すぎ。ネット経済に間に合わない。中共のような単一域内なら可能だが、基軸通貨化は無理。

世界経済の安定には複数の基軸通貨の共存が必要

しかし、それに伴う技術は幼児段階

でもPCの世界は昔からこうだった

当時のアメリカのICBMには伝説の天才技術者、ウオズニアックの作った

おもちゃPCであるアップル2のボードが載っていたそうである


ビットコインも、おもちゃ通貨レベルだ

appleIIというおもちゃに値段がついて大売れしているようなものである


技術はその発展段階を見ながら考える必要がある

いあの仮想通貨はおもちゃです

理由はCPUとメモリーがちょろいから。

だから、量子コンピュータが必要である。

最先端世界はすでに量子コンピューターに移行しているのです。

今の量子コンピューターはおもちゃですが

10年経てばインテルのCPUは陳腐なおもちゃでしょうね。

こういうことは使って見ないとわからないのですから
みなさん、

仮想通貨にはまってみましょう

そうすると世界が見えます。

ソンはもちろん覚悟でね。
posted by 秀さん at 07:43| ハノイ 🌁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

この1年のお礼と来年のご健康をお祈りして編

今年ももう終わりですね。
南国の年末にも慣れてしまいましてサンダルスリッパのクリスマスにも抵抗感がすっかり無くなりました。
早いもので息子夫婦に孫2人と同居するようになって3年が過ぎました。
親子3代同じ家で暮らせることは有り難いことだといつも感謝している秀さんです。

またこの1年、皆さまのお陰で楽しく無事に過ごすことが出来ました。
改めてお礼を申し上げます。有難うございました。
来年度も引き続き公私共に良きお付き合いをして頂けたら幸甚です。
皆さまのご健康とご発展をお祈りしております。

さて、年末のご挨拶も終わりまして何を書こうかと悩むのですが・・・
いつも小市民的なことしか書けない凡夫の秀さんです。はい
1年の終わりに散髪と歯の治療に行きましてね、さっぱりとした秀さんですわ。
最近は散髪に関してはボー・チー・サオ通りにある小奇麗なローカルの散髪屋さんに行っております。
整髪、ひげ剃り、耳掃除、顔パックしてもらって13万5千ドンでした。
どういう訳か左の耳垢は非常に少なかったのですが右の耳垢はメチャ多かったのは何故?
家に帰ってその疑問を話をしたら・・・
息子の嫁のVちゃんがそれはお義父さん、右側を下にして寝るからです!
と言われ へぇ〜 そうなん? と驚いてしまった秀さんですわ。
耳掃除に関してはベトナム人の経験とこだわりの深さから妙に納得してしまいましたよ。
歯の治療に関しては歯の裏の詰め物が2ヶ所取れましてその治療と歯石掃除をしてもらって80万ドンした。前に比べると20%位の値上がりです。インフレ下のベトナムでは毎年モノやサービスの値段が上がるのがデフォですので納得するしかありません。

会社の方では早めの大掃除をしました・・・いえ、間違い、してもらいました。
ボテボテと動きの遅い老人の秀さんの出番はありません。若いスタッフの皆さんが1階から4階まで不要なゴミをテキパキと片付けて大掃除ですわ。大量に出たダンボールは1kg2千ドンが相場だと後からスタッフさんに聞きました。ちなみに調べてみますと日本の古紙ダンボールの相場と同じですわ。

今年の目標のひとつである正しいゴルフスイングを身につけるは・・・
まだまだ道遠しの状態ですが諦めずに根気よく来年も息子からレッスンを受けたいと思っております。
仕事の目標は?
はぁ、そんなもんありゃしませんって!
まず秀さん本人が昔のように事業家頭ではなくなっておりましてPDCAサイクル(plan-do-check-act cycle)なんて考えはとっくに放棄しておりまして無計画の出たとこ勝負みたいな感じで社員任せでやっているのでいい加減なもんです。へい
日本と違い商習慣の違いやお役所問題等様々な問題が交通事故のように突発的に出てくる国ですので連日猛暑のベトナムで妙に力入れて気負い込んでも思いとおりにならないことばかりですので、脱力してぼちぼちマイペースで行くのが頭の悪い秀さんのやり方ですわ。へい

まぁ、そんなこんなで2017年も終わりをつげようとしております。
来年1月のホーチミン品友会の新年会は1月14日(日)午後17時〜 を予定しております。
また、来年皆さまとお会い出来る日を楽しみにしております。

この1年どうも有難うございました。
皆さま、良いお年をお迎え下さい!


posted by 秀さん at 08:49| ハノイ 🌁| Comment(4) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

12月は諸々と予定が入り忙しい編

毎日ほけ〜としている秀さんですが今月は何やかやと忙しいのですわ。
日本からの来客が毎週続いてその対応に追われておりました。

さて、今年もあますところ10日ほどになってしまいました。
師走と言う実感は長くベトナムに住んでいるのでないですわ。
悲しいかな季節感ゼロの日本人になってしまいました。
日本からのお客さんから今年の日本は寒いと聞いてはおりますが寒いのは秀さんの財布くらいでピンときません。
しかしここホーチミンも最近は朝夕は涼しくなりました。
日本からのお客さんは暑い暑いと言われますがね!

話は変わりますが・・・
1歳になったばかりの下の孫のター君、まだ5〜6歩ですが歩けるようになりました。
お兄ちゃんのマー君は体重半分の未熟児で生まれたせいか歩き始めたのは遅く1歳半くらいだったと思うのでター君は早いですわ。マー君は少食、ター君は過食の肥満児、気のやさしいマー君に気の強いター君、
同じ孫でもその性格は違い日々観察していると面白いですわ。

この1年家族が健康で過ごせたことが1番の喜びです。
無病息災のありがたさは歳を取るに従い実感するようになりました。
親子の仲、家族の仲、夫婦仲がとても良い秀さん一家です。
決して裕福な生活ではありませんが日々有り難いことだと感謝している毎日です。

この1年皆さまには大変お世話になりました。
こんなアホブログを長きに渡り続けて来られたのも皆さまのお陰と感謝しております。
また来年もどうか宜しくお願い申し上げます。
皆さまのご多幸とご健康をお祈りしております。


posted by 秀さん at 07:50| ハノイ | Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

人数少なかったけど和気藹々の101回ホーチミン品友会終了編

5名の参加と少ない今年最後の品友会でしたがゆっくりと色々な話が出来て楽しかったですわ
ご参加いただいた皆さまどうも有難うございました

歳を重ねるに従い1年経つのがとても早く感じられます
新生児が1年経てば1歳の赤ちゃんになりますがその1年と秀さんのような爺様の1年とではその価値も違うのではないかと思ってしまいます
若い世代の1年はまるで若葉が急速に成長して実や花を咲かせるためのエネルギー補充のための充実した年であり、爺の1年は墓場までのマイルストーンですので同じ1年でもそのクオリティは違うのではないかと・・・アホが勝手な想像をしております。

今日ふと、昔父親から習っていた詩吟の時間の時、親父が秀さんに語った論語の一節を思い出しました
友を持つならこの論語にあるような松や柏のような者を友に持ちなさいと言われたのですわ
その言葉とは

歳寒、然後知松柏之後彫也
歳寒くして松柏の凋むに後るるを知る
意味 気候が寒くなってから、はじめて松や柏が(他の植物の葉が枯れ落ちるなかで)
   枯れないで残ることがわかる(そのように君子の小人の違いも平穏な時はわからないが、
   いざ苦難にみまわれた時に人の真価がはっきりわかるものだ)

親父さんが亡くなった後、秀さんがこの一節を思い出したのは昔むかし会社が倒産&連帯保証人として自己破産して無一文になった時ですわ
前述のように本来の解釈とはは少し違った親父さん特有の解釈の言葉でしたが・・・

始めた事業が年々成長して行き会社の規模が年商10億円から数十億円〜最後は数百億円に急拡大し周りからチヤホヤされ多くの人(無論、飲み屋のお姉ちゃんもわんさか)が集まって来たのですが・・・
いざ、会社が倒産し自分も破産して無一文になった時に、春夏に様々な色で咲き誇っていた草花が冬になると姿を消すように秀さんの周りには誰もいなくなってしまいましたわ
その大苦境の時に秀さんを励まし支えてくれた人たちもわずかばかりいました
そんな方々を秀さんは柏や松といった冬になっても葉を落とさない常緑針葉樹にたとえて心から人の優しさや有り難みを感じたのでした。
勢いの有る無し金の有る無しに左右されず普段どおりお付き合いをしてくれた方々を松や柏にたとえた記憶は今でも鮮明に覚えています
連帯保証の金額が20億円以上でしたので金銭的な援助は望むべくもないのですが
全て失ったと思っていたダメな自分にもあたたかい声をかけてくれる人がいるということに勇気をもらった思い出であります この思いは今でも秀さんの大切な宝物です

この歳まで何とかかんとか生きて来れたのも人さまのお陰です
自分一人で頑張って来たなんて自意識過剰だった当時を振り返ると穴があったら入りたい心境です
歳をとっては子に従えではないですが頑固爺にならないよう気を付けねばと思います

でも・・・三つ子の魂100までもの秀さんですので無理かも?
頑固爺だけれど・・・人には感謝を忘れない爺ということでどうかお許しを!

また、来年品友会を通じてお会い出来れば良いですね

この1年どうも有難うございました
また、来年もどうか宜しくお願い致します



posted by 秀さん at 05:37| ハノイ ☁| Comment(2) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

第101回(忘年会)ホーチミン品友会開催のご案内

今年最後の品友会になりました。
皆さまにとって今年1年はどんな年だったしょうか?
様々なことがあった方秀さんのようにまた〜りと無為な1年を過ごした方はおられないでしょうが・・・
今年最後の品友会ですので多くの方のご参加をお待ちしております。
楽しい食事会にしましょう!


第101回(忘年会)ホーチミン品友会開催のご案内

日時 2017年12月9日(土) 午後7時〜

場所 和食 花水木 15A5Le Tan Ton Dist.1(スカイガーデンの前)

予算 35万ドン前後を予定

12月8日(金)午前中までにご参加の可否をブログ下にあるコメント欄にお書き下さるようお願いいたします。

初参加の方も大歓迎です。
皆さまのご参加をお願い申し上げます。



posted by 秀さん at 07:20| ハノイ 🌁| Comment(9) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

何もないから良いのか編

孫の幼稚園の発表会(演劇?)に下の孫1歳&息子の嫁とその姉と一緒に7区の日本人小学校まで行って来た。
幼稚園3才児たちの演技?を見ていてふと思う 幼い子たちの邪心の無さは清々しい・・と。
ひきかえ大人になると無邪気になれないと言うか素直に何でも喜べなくなる。
読んで字のごとく・・・邪気 がありすぎて 直(す、素)になれないのでしょうねぇ。
秀さんのような偏屈爺は・・・特に

人間成長して大人になるに連れて様々なものが身についてしまう。
それは物であったり複雑な思いや感情といった形にないものまで含めてすごい量になっている。
会社の売上を伸ばさなければいけない、良い成績をとらないと・・・立派な家を建てないと・・・
あいつには負けたくない、見栄えの良い車が欲しい、人より優位に立ちたい、きれいなゴルフスイングを身に付けたい(秀さんの今一番の欲)、とどのつまりは金が欲しい等など人間の欲望には際限がないのあります。

子供も3歳くらいから自分のものと他人のものの区別がつくようになってくる。
さらに大人になるににつれてあらゆるものに対して所有欲が増幅されていきその所有欲を叶えるための様々な思いがこころの中を駆け巡るようになる。それを経済活動と言う?
そしてあらゆる欲が大きく本来の人間の無邪気な心を蝕んでいく・・・
アダムとイブにエデンの園で蛇がささやいたように・・・

エデンの園のお話を知らない方のために下記にネットに書かれた文から少し説明を・・・

神は天地を創造し、第六日目に自分を模って土で男を創り、鼻から命の息を吹き込み命を与え、アダムと名付けました。次にアダムの鋤骨から女を創り、イブ(エバ)と名付けました。
神は二人を苦しみの一切ない、天国のような楽園「エデンの園」に送り、美しくおいしいあらゆる植物を生やしました。そして園の中央には、「命の木」と「善悪の知識の木」を生やし、神は二人に言いました。
「人間にこの園をあたえよう。自分たちで耕し、守り、全ての木から実をとって食べなさい。ただし、善悪の知識の木の実は決して食べないように。食べると必ず死んでしまうよ。。」

そう言い聞かせました。

神の創った純粋無垢な二人は、羞恥心も猜疑心も持ち合わせていませんでしたから、美しいエデンの園を生まれたままの姿で、神の言いつけを守って幸せに過ごしていました。
ところがある時、知恵を授けられた蛇(悪魔の化身)が、イブの耳元でこうささやいたのです。
「この善悪の知識の木の実を食べてごらんなさい。決して死なないし、むしろ目が開け、神のように善悪を知る者となるのだよ。」
イブは蛇の言葉に惑わされ、とうとう禁断の果実を手にし、食べてしまうのです。
それは甘やかでおいしく、イブはアダムにも食べるよう勧め、とうとうアダムもそれを食べてしまいました。
その瞬間、二人の中に羞恥心や猜疑心、自己防衛、怒り、嫉妬、悲しみ…など、無垢とは反対の感情が芽生えたのです。
二人は自分たちが裸であることに気付き、すぐさまイチジク葉で身体を隠しました。
これを知った神は激怒し、約束を破った罰として女性には産みの苦しみを、そして男性には命を終えて土に返るまで、土を耕して食物を得る苦しみを与えました。
そして二人をそそのかした蛇には「一生腹で這い回り、あらゆる家畜や獣の中で呪われる存在となるのだ」と言いました。
アダムとイブには、エデンの園にある「生命の木」の実を食べて不死となる権利を与えないとし、園を追放されることとなりました。
「善悪の知識の木の実を食べると死んでしまう」という神の言葉通りになったのです。

以上が概略ですが・・・

神の教えを破りりんごを食べたことに対して人間生まれながらに原罪があるとは我々日本人は考えませんが
仏教においても同様に人間が生きるということは苦しみ(四苦八苦)だと言っています。以下同様にネットから

4苦は、生・老・病・死、8苦は「愛別離苦」「怨憎会苦」「求不得苦」「五蘊盛苦」。
さらに四苦八苦を生み出す原因は「状況の変化」です。
この世に存在しなかった人間が、ある日突然生まれる。生まれた人間は、少しずつ老いていきます。健康な人もいつかは必ず病み、そして最後は死ぬでしょう。すべては変化です。
この世にあるすべては変化しています。人間もまた変化していきます。でも人間は不思議なことに、「自分は変わらない。だから自分の周囲も変わらないはずだ」と考えているのです。
「変わる世界」の中で「変わらない」と錯覚することが、人間の苦しみを生み出します。
いつまでも自分が若いと思っているから、老いることは苦しみなのです。いつまでも健康だと思っているから、病気は苦しみなのです。いつまでも生きていると思っているから、死は苦しみなのです。

あらゆる物は、すべては変化します。
世界に変化しないものはありません。
当たり前のことですが、これを忘れてしまうことが人間の苦しみを生み出します。
すべては変化するのですから、あらゆる物事について「絶対にこうだ!」という根本的な性質もないことになります。これは人間にとっても当てはまります。
自分自身もまた変化しているのですから、永久に変わることのない「自分の実体」など存在しないのです。
世界が常に変化していることを受け入れ、自分も含めたすべてに実体がないことを悟ることで、人間の心は苦しみを離れて静かな安らぎの境地に至ります。

と・・・書いてありましたわ。

無から生まれ 成長するにつれてあらゆる欲を求めるも歳をとり病気になり最後は何も持たずに死んで行くのが人間様の定めだよ永久の命を持つ人間はいないのだから・・・と言えば何か悲しくなりますね。
神や仏は何故に人間を創ったのかと言いたくなりますねぇ。ったく!

欲にまみれた人生を歩んで来た秀さん・・・
そんな人間だから神や仏は邪気のない(今は)二人の孫を出現させたのかも知れませんねぇ
まぁ、この二人孫は秀さんのような欲にまみれた人生を歩まないようにしてもらいたいものですわ。

そりゃ、無理! だって秀さんの孫だもの ってか!

スマンのぅ、マー君とター君よ!
もし正反対に仮に欲にまみれて大金を稼いだらこの爺にも少し分けてくれよな! 
だめじゃこりゃ・・・

本日のだらだらブログはこれにて終了っと!

明日も何か棚ぼたでがっぽり儲かるようなうまい話がないかなぁ〜とアホな欲に期待して仕事に行きます。へい


posted by 秀さん at 05:04| ハノイ | Comment(7) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

いつまでたっても懲りないアホ爺編

同じ異国の地に暮らす日本人どうし・・・
ここホーチミンでも様々な名目で定例の食事会が開催されています
秀さんが主催している品友会はじめ九州健児会、福岡県人会は月1回開催されています
それ以外にも日本からのお客さんの接待などで会食することは日常茶飯事なのですが
問題は・・・・2次会です いや3次会か?
いやいや、食事が終わったら直ぐに家に帰らないこのお調子もんのアホの性格が一番の問題ですわ

昔ゲームセンターのポスターに
「ここでやめる勇気、また来る元気」・・・
と書いてありましたがそれが出来ない不良爺い
ったく 学習能力ゼロです
最初の食事会で止めときゃいいものを調子こいて2次会3次会と繰り出すこのアホな性格は62歳になっても変わりません

財布は軽くなるわ健康にも悪い、息子の嫁には叱られるわで
深酒して良いことはな〜んにもありゃしませんって!

分かっちゃいるけどやめられない・・・と植木等状態の懲りないアホ爺いの秀さん

唯一の救いは、来月から秀さんの会社で売り出す予定の濃縮ミネラル水を飲んでいるので二日酔いが全く無いことくらいかな?

息子は仕事であるゴルフレッスンに出かけ、息子の嫁は孫2人連れてビンコムセンターに出かけ
ボケた頭で一人家でまどろんでいるアホ爺の秀さん

だめじゃ こりゃ  ってことで本日のブログは終了っと!


posted by 秀さん at 12:06| ハノイ | Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

何度目の冠婚葬祭かな?編

ベトナムでは冠婚葬祭に関しては結構遠いご縁の方でも参加することが多い。お付き合いを大事にすることにかけては日本人の比ではないですわ。

昨晩は会社の運転手さんの実父が89歳で逝去されたとのことで社員さん達とは1日遅れですが秀さんも12区まで葬儀に行ってまいりました。
ベトナムのお葬式は日本のように静かなお葬式ではありませんで大音量の音楽の中で行われます。
仏前で3度ほど拝跪叩頭をして香典を受盆に置きその後軽い飲食をとりながら遺族のみなさんと少しお話をして終了となるわけです。
聞くところによればご尊父は子供13人、孫35人とのことで生前はお盛んなお方であった・・・と秀さんがアホな想像をしてしまいましたわ。秀さんの会社の運転手さんは12番目の子供だそうです。
長男長女とは親子ほどの年の差ですわ。

ベトナムで89歳なら大往生だと思います。
大勢の親族に囲まれてさぞや満足して黄泉の国へと旅立つことでしょう。

3代までの直系親族は白い葬儀衣装をまとい孫の頭には白い鉢巻のような被り物の中心に赤と青のまるい印があります。
赤い丸はCháu nội(内孫)青い丸はcháu ngoại(外孫)と色分けしています。

葬儀は三日三晩続くそうで運転手さんもほとんど寝ておらず疲労困憊状態でしたわ。
こころのなかでお疲れ様と言って帰宅した次第です。

帰宅したら孫のマー君が盛んに話しかけるのでしばしお相手をして自分の部屋に戻って仕事の残りを片付けてこうしてブログを書いております。

いつかは秀さんもあの世へと旅立つわけですが・・・出来れば葬式は日本でやってもらいたいなぁ なんて
自分勝手に思っておりますが果たしてどこでくたばるやら分かりませんねぇ、だって今ベトナムに住んでいるのも想定外でしたので。どこで亡くなろうと構いませんのでせめて無縁仏にはしないでご先祖が眠る日本のお墓に入れて下さいな! と愚息家族にお願いして本日のお葬式ブログは終了です。

本日の品友会、宜しくお願い致します。


posted by 秀さん at 05:14| ハノイ ☔| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

女性が仕切る秀さんの会社編

ベトナムでは女性陣が強いというのがデフォですね。
秀さんの会社しかり・・・

普段あまり会社のことはブログでは取り上げないのですが今回は特別に写真添付でご紹介いたします。
ここはベトナムですので個人情報保護なんてことは無視しますよ。

IMG_1622.JPG

一番手前のお方が喫煙撲滅運動家のHさんでごわす。
かれこれ十数年のお付き合いでいつ転けてもおかしくない秀さんの会社を支えてくれている陰のボスですわ。
有り難いことに秀さんの会社のスタッフは誰もが辞めずに長い付き合いをさせて頂いております。
それにしても女性ばかりの会社ですね。
ベトナムは女性が仕切っている国と言っても過言ではありません。

昨晩は少々飲みすぎましたが楽しい食事会でした。

これからも皆さんこのアホな秀さんを支えて下さいな!

ということで本日はこれにて終了!


posted by 秀さん at 08:32| ハノイ | Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

10月に入り暑さも幾分か和らいでまいりました編

ついこの間、正月かと思えばもう10月ですわ。
朝夕はずいぶんと涼しくなってまいりました。

ぼけ〜としていたら1年なんてあっという間ですね

光陰矢のごとし・・・
一寸の光陰軽んずべからず・・・

と昔の人は時間の大切さを戒めておりますが、まぁまぁ、そう急がんでもよろしおすぅ
人間誰もが生老病死の運命ですもん、少なくとも他人様には迷惑をかけずにその人なりに生きてさえいれば
どのような生き方でも良いのではないかと・・・ぐーたらな秀さんは思ってしまうのでありやす

そうは言っても嫁をもらい子供を授かると親として夫としての責任がどこからか出てきますので
何らかの仕事について収入を得て家族を支えなければならないのが世間一般が思う男のイメージですわ
でも今、自分のやっている仕事が天分だなんて方は何人いるのでしょうかねぇ?

秀さんみたいに転業・転職を繰り返した半端な人間には到底分かりませんが
一生天職と言える仕事に幸運にも付くことが出来た方は幸せな方なのでしょうねぇ
大半の方が思いとは別の仕事につかれ&疲れ、日々悶々としながらも家族ために頑張って仕事をしているのではないでしょうか
こういった考え方は古いのかもしれませんが、秀さん世代では当たり前の考え方というか世間一般の常識みたいな感じでしたわ
まぁ、高度成長&バブル時代を経験した方の考え方かも知れません

よく最近の若い人は欲がない、意欲がないなんて年寄りが言いますが
秀さん的にはちょっと違うような気がしております

別段格好良い車も欲しくない、家だって借家で構わない、自分の時間を削ってまで夜遅くまで残業なんてしたくない、会社の付き合い飲み会やきれいなオネエチャンがいるスナックやギャバクラも興味がない・・・

良いのではないかな?

考えてみれば時間に追われ家族といる時間も取れず母子生活みたいな生活をおくらせ、そのくせ自分を飾り付ける車や背広に高級時計なんてよくよく考えたら自分の見栄じゃん!
という答えが出てしまいましたわ。へい

ですので、今の若い人の方が我々世代より肩の力を抜いた自然な生き方・・・・
より自由で競争や諍いのないよりやさしい生き方なのではないかと思うこともしばしばです
それを草食系男子なんて言っている方々もおりますが・・・
どうなんでしょう? 無理に古い時代の価値観から今の若い人を見るってどうよ って思いますぞぃ

時代時代によって人間の価値観は違って当たり前ですもん
戦国時代じゃあるまいに日々これ戦場・・なんて気を張りつめた生き方をわざわざ選ぶ必要もないですしね
権力の有る無し、金の有る無しが評価の基準だった過去の時代からもう一歩今の世代の若い人は進んだ感覚の世代ではないかと 思っている秀さんでごわす
生きて行く上での価値観のバラダイムシフトが起きているのかもね?

まぁ、結論を言いますと南国ベトナムでのんべんだら〜んと生きている秀爺いの言い訳かも・・・ね!

スマソ

では、また次回まで ごきげんようさようなら



posted by 秀さん at 01:43| ハノイ ☔| Comment(4) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

慎ましい生活でも幸せな日々編

今日は久しぶりに親子で1区の日本食レストランに繰り出そうか!
ということでタイバンルーンの時津洋というちゃんこと寿司の店に行きました。
まずまずのお味でした。

下の孫の孝君はお手伝いさんとお留守番だったのですが・・・
お手伝いさん曰く、ず〜と泣きっぱなしだったとのこと。
生後9ヶ月の赤ん坊でも一人にされたのが分かるのがすごいというか驚きです。
遠い異国の地で親子3代にわたって暮らせることだけでも幸せと思っております。
昔の破産を経験していなかったら今のように親子3代で暮らすことはなかったでしょう。
神様は試練と引き換えに代わりのものを用意してくれました。
出来ることなら亡き妻にもこの幸せを味あわせてあげたいのですが無理な話ですね。

人間の一生には様々なことがありますがなぜか帳尻が合うというかよく出来たものです。
金は無くても家族と共に暮らせる喜びがある。
孫のマー君が母親に叱られた時には 爺ちゃん 爺ちゃんと言って秀さんの部屋に遊びに来てくれる
心底可愛いと思う孫バカの秀さんです。

食事から帰ったら下の孫が泣き止み笑顔になった・・・
こんな些細なことに今は幸せを感じております。
こういう生活が出来るのも息子の嫁が一緒に住もうと声をかけてくれたからです。
有り難いことです。
愚息も良い嫁をもらって果報者ですわ。
あと欲を言わせて頂ければ家族全員の健康を願うばかりです。

久々のブログがお前の幸せ自慢かい!

と言われても はい、そうですとお返ししておきます。

最後に賢者の皆さまのご健康もあわせてお祈りいたします。

有難うございます。


posted by 秀さん at 01:37| ハノイ ☀| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

なるべく癇癪を起こさないように気を付けているのですがね編

歳もとしなので出来るだけ癇癪や怒りの感情を抑えるようにと努力はしているのですが・・・
はぁ〜・・・ここはベトナムですもん精神修行するには厳しい環境でごわす。

というのも約1週間ほど前から税務署さんがご挨拶にやって来ておりまして5年前の経理処理についてお調べをしておりましたがどこにも不備やごまかしはない。
問題有馬温泉ですので では、これで失礼しま〜す。さようならお元気で!

ってなことにならないのがここベトナ〜む でごわす。
何も問題がないのが問題かもね?
長い間5人で担当しましたのでお一人様〇百万ドン×5人で〇千万ドンでどうでっか 大将?
と・・・意味不明のご説明でごわした。
どうするか思案することもなく喜んでご寄付をさせて頂きますのでご安心下さい。
と言いたいところですが秀さんも人の子でごわす
血管がピクピクしながらこのいわれのない仕打ちに地球のマントルのような激熱の感情が抑えきれずに
もう、こんな国は☓☓になってしまえと大声を張り上げた次第ですわ

まぁ、最近は日本も他の国のことを言えた義理ではないのですがね
仮に突っぱねたところで後々のことを考えると江戸時代の農民のようにお上に逆らっちゃならねえぞ、留三よう
お代官様のどんなあくどい要求にもへいへい唯々諾々と従うのがワシら百姓の習いじゃ我慢するのじゃ、よいか・・・・

そう言っても おとう・・・このままじゃ銀シャリは一生食えないとしても麦やヒエやアワも食えない
水飲んで生きろっていうのかい おとう・・・

・・・・・

百姓とはそうして地べたを這いつくばって生きていくのが定めの民じゃ
増してわしらは異国の民じゃ 逆らうてもどうにもならん 辛抱するのじゃ 辛抱じゃ 
わしらのように学もねぇコネもねえだだ地べた掘り返すしか脳のない人間じゃが
きっとお天道さまはわしらの生き様はお見通しじゃ
我慢が肝心じゃ  留三
あの世ではきっと極楽浄土がまっていると思うて頑張るのじゃ 我慢が大事じゃ生きていきたければのぅ

・・・・

おとう、おら悔しくてくやしくてならねぇだよ
こんな国に毎年お江戸の幕府から1千億両単位のODAってどういうことだよ! ったく
おらあ、もう死にたくなっただよ おとう・・・・

まあまあ、そう短気を起こすでねぇ!
こんな時にゃ こんなコントでも見て気を紛らわすのじゃ 笑う門には福来たるじゃ 



ってことで世界では超有名な がまるちょば のパフォーマンスで心慰めております。

ま、明日大金拾うかも? と楽天主義で生きていくしかないっす この国ではね!








posted by 秀さん at 22:25| ハノイ 🌁| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

日本は加計問題で大変ですが編

日本の政治は腐りきっているのは今までとおりの平壌運転ですね。
その国の政治レベルはその国の国民のレベルと同じと言われるように国民一人ひとりが自国の政治のあり方を真剣に考えないと現在の安倍政権のように腐りきった縁故政治が行われ政治家のやりたい放題が許されてしまい我々庶民のための政治が行わることは無いですね。ったく!
それにしても100億円単位の税金の私物化には驚いてしまいます。
あ〜た、建築坪単価70万円程度のものが補助金を貰うために150万円になるという・・・
まるでベトナムの手抜き工事並み、いやそれ以上に無茶な話ですね。

ま、そんなこんなで日本の政治も揺れておりますが、ホーチミンに住む秀さん一家にはあまり関わりのないことですわ。

秀さん家の場合は、

加計問題よりは家計問題

の方がより重要でありまして日々貧乏生活をどうやり繰りするかが最重要課題でごわす。

そこでVちゃんの食費代負担を軽減するために秀さん、5日間ほど断食を行いましたぞぃ。
恒例行事で年数回実施しております。
2日目までが空腹感で辛いのですが3日目を過ぎると別段どうってことなくなります。
1日中休みなく働いている内臓さんに休暇を与えるべく時々断食(ファスティング)を行うのであります。
御飯食べないと疲れて動く元気もなくなるのでは?と思われるでしょうが・・・・
逆に頭スッキリ身体も軽くなり体内老廃物も排出されかえって健康になるから不思議です。
しかし断食中も水分だけは補給しないといけません。
脱水症状に気を付けながら断食をすることが肝心です。

さて、話題を変えて・・・

お盆も終わり孫のマー君も幼稚園再開です。
9時前に行って2時過ぎには終了ですので幼稚園で過ごす時間は5時間程度ですが普段ベトナム語の方が多い生活でしたので日本語で会話する幼稚園生活は必要です。
だって秀さん孫の話す言葉が分からないのは爺として辛いですもん。
孫と母親はベトナム語、孫と父親&爺とは日本語、Vちゃんと息子&爺は日本語ですので家の中でも日本語比率が高いと思いでしょうが・・・
そこはやはり、母と子が一緒にいる時間が長いのでどうしてもベトナム語の方が上達してしまう孫のマー君でしたが現在では日本語・ベトナム語半々ってな感じでしょうかねぇ。

ある晩のこと赤ら顔で帰宅した秀さんに向かってマー君が・・・・
お爺ちゃん! ディーニャウ と言うので首をかしげていた秀さん
Vちゃんにどういう意味? と聞くと・・・・

爺ちゃん、また お酒飲みに行ったと言うような意味です!!!
と言われ・・・唖然とした秀さんでごわす。
やれやれそ、そ、そんなベトナム語は覚えんでヨロシと・・・秀さん

2番めの孫にかかりっきりのVちゃんですのでマー君は今までのパパママ独占状態から弟中心の変化に少し赤ちゃん返り状態で弟のター君(たかひろ)には少しよそよそしい態度ですが将来は兄弟仲睦まじくお互いに協力してやって行くことでしょう。

IMG_1586.JPG

今月はことのほか来客多しでお付き合いに忙しい秀さんですがマー君に お爺ちゃん!今日もディーニャウ? と言われないように程々の酒量で帰宅するよう気をつけます。へい

それでは皆さん、また次回まで

ごきげんようさようなら



posted by 秀さん at 08:19| ハノイ | Comment(2) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

大愚さんよくぞそこまで言ってくれました編

全面的に賛成ですわ。
ま、転載そのまんまです。へい


大愚は日本の経済評論家を信じない  

陰謀論も含めて全く信じてません

なぜならカネの動きを言わないから

日本のカネがどのようにぬすまれているかを言わないやつは

全員、敵(偽ユダヤ人。グローバリスト)のスパイである

なんか正義のようなことを言うような奴も信じない

問題はそんなところにはない

カネが盗まれているところにあるのだ

なぜ、ふるさと納税が好まれるか

税の流れを納税者が指定できるからだ

国税を払っても

それを使って勝手にアメリカ様に51兆円も進展したり

自分の懐に入れるために

巨額の援助をしたりしているだけの「繁栄の弧」とか抜かして盗む安倍

麻生などの

自民党を見ていると

こいつらクズだ

とみなおもっっていて

ただ単に、カネを払うなら

日本人に払いたいと思っているだけなんである

直接渡してしまえば

ユダヤ人やその手下どもにに抜かれることも

自民党に抜かれることもない

創価学会に盗まれることもない

法人税を一切払わないアマゾンに持ち逃げされることもない

たったこれだけの真実を言わない奴は信用しない

こういうことをトランプが言っているので人気がある

世界的に

もうエリートはクズだと思われている

中共もカネを庶民に返していないし

欧州のエリートも同じである

要するにクズなんである

なぜ
プーチンが世界の指導力があるのかというと

カネを庶民に戻しているからだ

カネの流れを生活の流れを一致させているからだ

だから絶対の信頼を得ている

もし

皇族や王族が復活したければ

カネの流れを復活させれば

復活できる

相も変わらず誰かに持っていかれるようなことなら

誰も支持しないだろう

陰謀論もクソもあるか

カネを盗む奴がクズだ

たった一つのこの事実を言わない奴は

クズである。

要するにカネの持つ意味を盗まれているのだ

人間である限り全てに意味づけがある

動機は意味付けだから

税も一瞬の支払いも動機に、つまり意味づけになっている


それがただの

金額でしかないわけないじゃないか

自分のカネは等価交換した相手に渡したいのだ

何もしていない奴に抜かれるのは嫌なのだ

ユダヤ人の作った経済学なるものにはカネに数字以上の意味がないのだ

カネを市場価値と言い換えて

その市場を変動させて抜く

お前のしていることはなになのかということがない

つまり、「意味」がないのだ。

しかし、実際の人間の行動は全て意味行為である。いきものの定義は意味行為だから

当然

経済行為も意味行為である

当たり前だろ

だから、自分のカネを直接
現場に払いたいという思いが

ふるさと納税の爆発となって現れている

鳩山政権が、高速道路を日曜日1000円にしただけで物凄い勢いで観光が

立ち上がった。

直接道の駅で生産者にカネを渡せるから。わけのわからぬ農協にも渡さなくても済む

売国奴にカネを渡さず、売上を還流させれば

日本経済は低成長であろうがなかろうが、回るのだ。

回れば栄える

全くそれだけのこと。

それを言わない奴はクズであろうよ
posted by 秀さん at 16:53| ハノイ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

そろそろ6月も終わりですね編

1年の半分が経過しました。
若い時に比べると月日の経過が恐ろしく早く感じられます。
人類の誕生はいつ起こったのかは謎のままです・・・
また果たしてダーウインの進化論は正しいのか?
最近は進化論に否定的な学者さんの意見も多数出ておりまして人類の誕生から進化の経過は謎に包まれたままです。

まぁ、そんなことは秀さんのような凡夫の生活には関わりのなことでありまして毎日の些細な喜怒哀楽に左右される小市民的な生活者としては家族のことや仕事のことに比べるとその比重は小さいのであります。
幼いころ天体望遠鏡を覗いて宇宙の神秘に空想をはたらかせたものですが、日々の生活に追われるようになってからは若い時の空想 夢想には縁のない人間になってしまいました。

要は忙し過ぎるのでしょうねぇ

花鳥風月を愛でることもなく季節の僅かな変化にも無頓着になって日々の生活を送ることに精一杯で情緒感なんてものとは無関係の生活が成人してから長く続いております。
残された人生時間の少なさを考えるともう少し人間の内面的なことに目を向けなければいけないのでしょうが忙しいという逃げ言葉で自分を誤魔化して生きているような気がしてなりません。

人間は社会的な生き物ですから人さまとの関係がなくなれば生きていけない、仮に生きていけても寂しい生活になるのは分かるのですが時には喧騒を離れ自然の中に一人身を委ねて己の過去の人生や今後の生き方を考えてみたいという欲求が湧いてきますが複雑に絡み合った社会の鎖に縛り付けられて身動きできない自分自身の不甲斐なさにため息をついております。

かと言って社会的な関係を全て断ち切って仙人のような生活を送りたいと願っているわけでもなし。
考えがまとまらないアホの秀さんでごわす。

まぁ、難しいことを考えてもアホな人間には答えが出るわけでもないのでまた日々の生活に追われる毎日を繰り返すしかないのですがね。

親としての責任感が必要とされる父親ではなく無責任爺様として孫二人を可愛がることを老後の楽しみにして後しばらくこの世で生活させてもらいましょうかねぇ 

それではこれでアホ爺のぼやきは終了です

また、よろしくです。



posted by 秀さん at 08:35| ハノイ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

品友会のお礼と近況報告編

へい、相変わらずブログの更新回数が進まないまま雨季のホーチミンで呆け〜としている秀さんでごわす。
秀さんの頭は旧式のCPU(変?ティアムU以下)ですので同時並行して物事を処理する能力は生まれた時から持ち合わせておらずお金にもならない仕事を含めあれやこれやで忙殺されておりまして・・・
また、この非効率極まりないこの頭から煙が出ている状態ですのでブログの行進が、じゃない更新が止まっておりましてどうもスミマセン、どうかお許し下さいまし〜。

前回の品友会ご参加頂いた皆さま、どうも有難うございました。
次回7月の品友会はこれまたまた秀さんの勝手な都合で7月29日(土)に関西、じゃない! 開催となりますことを事前にお詫びしておきます。

さて、近況報告と言ってみたものの なぁ〜んにもありゃしません。
貧乏家族の日常なんて胸ときめく出来事なんてものは一切無く 日々退屈でワンパターンなのがデフォルトですわ。

やれ今日は雨が凄かったねぇ、
マー君が落ち着きがなく騒ぎ過ぎてうるさい、孝君がハイハイまでもう少しだわ・・・なんて他愛もない会話で1日が暮れるのでありやす。

また、お義父さんその話は前に何回も聞きました! って義娘のVちゃんに痴呆症を疑われたりして役立たずの爺さん扱いされて家の片隅でぷるぷると震えている状態ですわ

よし! 今度こそは今までのことを深く反省し決して怒らず真面目にかつ真剣に正しいゴルフスイングを絶対に! 絶対に身に付けるまで必死で頑張るからどうか教えて下さいと愚息に頭を下げてお願いしたことも・・・

ゴルフレッスンしないの? 

なに? それ? 状態に戻っておりまして

愚息から呆れ顔されても馬耳東風、カエルの面に小便状態の秀さんですわ。
所詮、凡夫の決意なんてそんなもんですわ ったく! 

ってお前のことだろうと非難されても・・・へい、へい あたしが悪うございましたと開き直るこの性格が
今まで数多くの艱難辛苦を乗り越えて来ることが出来た理由&数多くの問題を起こして来た原因です。へい

何も足さない 何も引かない のがサントリーウイスキー
何も出来ない 何も引くものがない 
何もしたくない 誰にも相手にされない のが秀さんです

もう歳も歳ですもん 気負わず やる気の無さを見せない程度に脱力して
この生存競争激しいベトナムと言う国でぼちぼちやって行くことにしましょう!

ダメじゃ こりゃ!

では、賢者の皆さま、また次回まで ごきげんよう さようなら〜



posted by 秀さん at 06:25| ハノイ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

第95回ホーチミン品友会開催のご案内

ぼけ〜 っとしていたら品友会の案内を出すのを失念しておりました。
遅くなって申し訳ございません。

下記の通り開催いたしますので皆さま、どうか宜しくお願い致します。

第95回ホーチミン品友会開催のご案内

日時 2017年6月17日(土) 午後7時〜

場所 和食 花水木 15A5Le Tan Ton Dist.1(スカイガーデンの前)

予算 35万ドン前後を予定

6月16日(金)午前中までにご参加の可否をブログ下にあるコメント欄にお書き下さるようお願いいたします。

以上宜しくお願い申し上げます。


posted by 秀さん at 08:52| ハノイ 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

目の病気が治らない編

かれこれ2週間、目が充血して腫れてゴロゴロ感が取れない。
途中ディエンビエンフー通りにある眼科専門病院で診察してもらったのですが・・・
細菌感染とのことで抗生物質の目薬と飲み薬を処方されたのですがその効果がないまま一週間が過ぎました。
秀さん目に関しては前にも複視になってモノが何重にも見えて1ヶ月以上治らなかった経験があるので少しナーバスになっておりやす。
もう少し様子をみて治らなければ別の病院に行く予定ですが・・・何せベトナムですもんあまり期待はしておりません。

まぁ、歳こいて来ると色々出てきますわ。
思った以上に老化・免疫低下が進んでいるのでしょうねぇ・・・やれやれでごわす。

さて、暦はもう6月ですね。
過去にもしつこくらい言っておりますが・・・月日の経つのは早いですわ。
最近ホーチミンは大きなスコールが来るようになりまして雨季も本格的になってまいりました。
急に降り出した雨にバイクを路上に停め素早く雨合羽を着るベトナムの人たちを見るたびに彼らの逞しさに感心する秀さんですわ。

話を変えて・・・日々の生活の方ですが
仕事の方は相変わらず貧乏暇なしで一体いつになったら会社設立当初計画していた利益を上げられるのか・・・
なんてことも最近は考えないようになってしまいました。
その割には営業マンを2名新たに採用する暴挙に出たりしており自分でも何を考えてるんやねん! と呆れております。
自分が下した結論はそれが仮に失敗に終わろうがベストチョイスだったと思うようにしております。
どんな経験もあの世に往けば懐かしい思い出に変わるだろうと良い意味で開き直って生きていますので無問題でごわす。
秀さんのような貧乏人は大きな財産・蓄えがあるわけでもありませんので死ぬまでゴソゴソと動いていなければ生活が成り立ちません。
貧乏暇なし、稼ぐに追いつく貧乏なしを実践して行くしか他に道はないのであります。
しかし日々決して豊かではありませんが毎日家族仲良く孫に囲まれて同じ屋根の下で住むことが出来ることを心から感謝しております。
今思えば・・・・昔倒産を経験せずにそのまま会社が順調に行っていたら今の家族団らん生活は100%なかっただろうと思います。
利益ばかりを追い求め心の豊かさを忘れていた当時の秀さんの間違った生き方を先祖の方々が無一文になるというつらい経験を通して教えてくれたのかもね?

へい、いつものように目の病気の話から脱線ですわ

皆さまのご健康をお祈りして本日の久々のブログは終了です

また次回までごきげんようさようなら


posted by 秀さん at 04:16| ハノイ ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする