2011年06月12日

第23回品友会終了報告とだらだらブログ編

へい、24名のご参加を頂きまして無事終了いたしました。
大雨の中、ご参加いただいた皆様お疲れ様でした。

次回はいつもの第2土曜日の7月9日(土)に開催予定です。

蝿ある、いや間違い、栄えある第24回、2周年記念ですので、
シェラトンかハイアットホテルで開催・・・・何てことは一生ありゃしませんが、
次回も楽しい会になりますよう皆様宜しくお願いいたします。
ご参加有難うございました。


さて、ご挨拶が終了した後は、いつものアホブログになる訳ですが、
品友会でもお話が出たブログ村の順位ですが、秀さんがほんのお遊びでブログ村にリンクを張ったのが3年前でごわす。

当時45サイト、実質は25サイトくらいだったと記憶しておりますが、現在のようにベトナムブログが150を越えるようなことになるとは思いもよらなかったですわ。
その3年前(2008年5月12日の記事参照)、一度は第1位を取りたいなぁ と思いその1ヶ月後に達成しましたわ。

第1位、優勝、トップなんて言葉は秀さんの人生で今まで縁がなかった言葉でありまして、お遊びの順位ですが喜んだもんですわ。へい。
あ〜た、それが今じゃ150以上のベトナムブログがひしめき合っておりますわ。

時代の変化と言うか、ベトナムに住む日本人が格段に増えたのでしょうねぇ。
政治・経済が低迷する日本、貧窮する国民生活、特に若い人たちを圧迫する現在のマイナス経済の日本とは裏腹にベトナムの人々の
「明日は今日より発展する!」・・・と誰もが確信しているように思えるよな楽天的なマインドが日々の生活に活力を与えているのでしょうなぁ。

実際、物価も上がってはいますが給料も比例して急速に上昇していますもん。
しかしベトナムの経済発展と言っても、外資流入により底上げが大きく、外資が100%撤退した後には何も残らないのではないかと思うほどベトナムに対する外国資本の割合は大きく、今後も投資熱は活発です。

前に記事に書きましたが、秀さんの事務所の隣りの家ですが、14ty(約100平米 5千6百万円)で売ると出ていたのですが、早いというかわずか1ヶ月くらいで既に買主が決まったとのことですわ。坪単価170万円ですな。

1区とは言え、中心地よりは少し外れの1本ヘム(路地)に入った場所でこの単価ですわ。
秀さんの福岡北九州市の家は220坪ほどありますが、多分それと価格は同じがそれ以上かも知れません。


どない思われますぅ〜?


不動産価格と言うものは気分かもしれないですね、誰もが今後更に上がると思えば上がり、その逆もしかり。

日本やアメリカなどは過去の不動産神話が崩れた経験をしましたが、新興国のベトナムは誰もが土地は永遠に上がるものだと思っているような節があります。

この件についてはある品友会のメンバーさんと話をしたのですが、
もうバブルのピークだろう、いやもうこのまま行くかもしれない・・・
などと議論はまとまりませんでしたが、秀さん的には国の興隆衰退は歴史をみれば分かるように時代ごとに入れ替わって行くものです。
世界の帝王アメリカさんの財政破綻も噂されておりますねぇ。
まぁ、日本もその内容は違えど1000兆円近い財政赤字を抱えております。ユーロしかり・・・


驕れる者は久しからず・・・・

ここで思い出すのが、平家物語ですわ・・・



祇園精舎の鐘の声

諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色

盛者必衰の理をあらわす

おごれる人も久しからず

ただ春の世の夢のごとし

たけき者も遂には滅びぬ

偏に風の前の塵に同じ


祇園精舎(インドのお釈迦さまのお寺)の鐘の音は、「永久不変なものはない」といっているように聞こえる。沙羅双樹(ツバキの一種。お釈迦さまが死を迎え るとき白くなって枯れた。)の花の色は、栄えている者が必ず落ちぶれるという意味を表している。思い上がったふるまいをする者は長くは続かない。それは単 に春の夜に見る夢のようだ。荒々しい強者もゆくゆくは滅びてしまう。それは、いかにも風が吹くと飛んでいく塵と同じだ。

高々生きても100年が限度の人間ですわ。
悠久の歴史からみれば、個人の一生なんて 

いかにも風が吹くと飛んで行く塵(ちり)のようなものでしょう。

そう考えると・・・人間の一生なんてはかないものですねぇ。
そのはかなさの中で何を支えに生きて行くかが問題ですねぇ。

経済活動=利潤を追求する活動と言い換えてもいいかも知れません=が全て と言う生き方そのものを考え直す時期に人類はさしかかっているのかも知れないと・・・

東電の放射能漏れ事故のことを考えながら ふと、思いましたぞぃ。


本日は朝早くから、取りとめの無い記事を書いてしまいやした。

今日も明日も命ある限り人間は生きて行かなければなりませんので・・・・


へい、


今から1階の台所に行って


はぁ〜、朝ごはん 食べますわ。



こんな結び か! と言わないで下さいまし〜


こんな むすび にしようとsさんからもらった鮭のふりかけを使う予定です。 
なんじゃ それりゃ ですね。

Sさん いつもお土産有難うございます。へい。


ではこの辺で
本日の品友会終了報告ブログはお仕舞いでごわす。


皆さま、本日もお元気で!



posted by 秀さん at 10:05| ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

第23回ホーチミン品友会開催のお知らせ編

さて、いつの間にか6月に入ってしまいましたねぇ。

月日の経つのは早いもんですわ。
早くないのは秀さんの駈け足くらいのもんで更に肥満になってよりボテボテになってしまいやした。
はぁ〜 情けないこってす。

はけるズボンが2本しかなくなっても不肖秀さん、日々元気にはみ出たおなかを揺らしながら日々仕事に行っておりますぞぃ。


その後皆さまどのようにお暮らしでしょうか・・・?



皆さまのご健勝を心よりお祈り





する・・・・前に自分の幸せを先に考えるている料簡の狭い秀さんでごわす。



さて、期待と夢はまったくと言ってよいほど膨らまない第23回ホーチミン品友会の開催のご案内です。

ぐ〜たら会長の肥満、いや間違い、怠慢のせいで会場はいつもと変わらな鼻水じゃない、花水木さんですわ。
たまには別の会場でやらんかい! というメンバーさんも中にはおられるのではないかとは思いますが・・・・

当面変更はいたしやせん! 

と言うのも花水木さんより賄賂をもらっているからですわ。
と言いたいところですが・・・・

へい、賄賂どころか最終の締めでお金が不足した時は秀さんがしぶしぶながら不足分を出すこともありまして、秀さんの生活貧窮度が更に増すはめになっておりますので、

今回からは会費は一人様、30万円ほど集めまして料理代支払い後の残金で豪勢に世界一周旅行でも繰り出そうか・・・なんて妄想はベッドの中だけにして起きますね。へい


以下 開催のご案内です。



日時 2011年6月11日(土) 午後7時より


場所 和食 花水木 15A5 Le Tan Ton  Dist.1


電話 (08)38242411(スカイガーデン前直ぐ)


予算 30〜35万ドン前後を予定



ご参加の可否を6月9日(木)までにコメント欄に書き込みお願いいたします。

お酒の持ち込み大歓迎です。また初参加の方も大歓迎ですよ!



以上宜しくお願いいたします。




尚、貧乏で会費が払えない・・・と言うお方がおられましたら、

へい、秀さんが 悪徳ユダヤ人金貸しの金利を上回る金利を乗せ、将来娘が生まれ成長したのちアラブの金持ちに売り飛ばす・・・・

ことを条件に貸し出しをいたしますのでご遠慮なくご相談下さいまし〜。

スミマセン、冗談はこの辺でやめておきます。


では皆さま、宜しくお願いいたします。
posted by 秀さん at 09:11| ハノイ ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

第22回ホーチミン品友会開催のお知らせ編

あっという間に5月に入ってしまいました。

ここ最近は事務所の移転や内装工事などもありましてバタバタしておりまして、ブログ更新も途切れがちの秀さんですが、お陰さまでアホはアホなりに元気で暮らしております。へい

さて、第22回ホーチミン品のある友の会の開催のご案内です。

あれ? 何かおかしくあ〜りませんか?


と言われますか・・・

へい、長い間、貧乏友の会という名称でやってまいりましたが、この度貧乏人の集まりみたいな名称はどうもねぇ とい方もおられまして、

まぁ、貧乏はデフォルトの生活なのに更に貧乏を前面に出すのもどうよ と言う秀さんの心境の変化も若干ございまして、
昔、昔セカンド名称として候補に挙がっておりました ホーチミン品友会 という名称もたまには使ってあげないといけないということでして、当面は品友会と言うことでご案内いたします。ほい



この件に付きまして、
苦情や疑問点(ウソ、誇大、わかりにくい、紛らわしいなど 苦情、お問い合わせ等がある方は・・・


深夜ベトナムの町を徘徊してしているベトナム人暴走族のお兄ちゃんに

広島弁でこう叱ってあげて下さい・・・・



うるさい
JARO・・・と

なんじゃそりゃですね。スマソ!

まぁ、会の名称なんてものはどうでも良いのでありまして、月に一回くらいは同じホーチミンに住む日本人同士(最近は多国籍になっておりますが・・)で料理つまみながらお酒の飲める方は飲んで、飲めない方はジュースでも傾けながら四方山話でもしましょう という至ってシンプルな趣旨の会でありまして、何の制約も規則もありゃしませんって。

参加したければすれば良し、気分が乗らなかったり他に予定があれば欠席するも良し、参加される方の自由でごわす。

前置きが長くなりましたが、第22回ホーチミン品友会のご案内です。

日時 2011年5月14日(土) 午後7時より

場所 和食 花水木 15A5 Le Tan Ton  Dist.1

電話 (08)38242411(スカイガーデン前直ぐ)

予算 30〜35万ドン前後を予定

ご参加の可否を5月12日(木)までにコメント欄に書き込みお願いいたします。

初参加の方も大歓迎ですよ!

以上宜しくお願いいたします。


さて、案内が済んだところで何を書こうか悩んでいるのですが、別段これっと言って話題がないのですが、今内装工事をお願いしているベトナムの業者さん、一応社長は大学の建築学科を卒業した中々インテリさんですわ。

実はこの社長さんが自分の家を建てた時に、例の喫煙撲滅推進協議会の会長である秀さんの会社の事務員さんが不動産登記する時にコネを使ってお手伝いしてあげた関係の人であります。

ですので価格は絶対安いはず! だと事務員さんが自信満々でのたまうので決定したわけですが、その仕事ぶりは、中々丁寧でベトナム人にあちがちないい加減さがない工事っぷりですわ。

パーテーション工事にしろ塗装工事にしろ手順を踏んでキチンとやっています。

正直少し驚いてしまいましたぞぃ。

だって、皆さんもご存知のようにベトナムの工事のいい加減さは半端ではないですもんね。

この業者さんだったら内容といい価格といい秀さん皆様に紹介しても大丈夫だと確信しましたよ。

前の事務所の時の内装工事業者に比べると月とすっぽんですわ。


秀さん昔の仕事で全国に数百のチェーン店を展開していました。また大きなものでは自社ビルも2棟ほど建てましたので工事業者のレベルは職人さんの段取りや手付きをみれば大体分かります。

さて話は変わりますが・・・内装工事をやっている時に引越しの荷物搬入という日本では考えられないことがふつ〜にあるベトナムです。秀さんの場合も全く同じケースとなりましたわ。

これは何が原因かと言いますと・・・ベトナム人は新築、移転、会社やお店の新設などは

いわゆる風水師みたいな方が、この日が良い! なんてことを何の根拠か分かりませんがのたまいましてそれに合わせて日にちを無理やり調整するものだからこういうようなことになるのですわ。へい

まだ雑然とした内装工事中の中・・・床にベンキの缶を二つ並べてその上に板を置きまして、豚のロースト、果物、お米、塩、花 等を飾りつけましてお線香を焚いてお祈りしましたぞぃ。

もうベトナムに住めばベトナム流に任せる秀さんですので何でも来い! って感じですわ。

従来の仕事に加え新しいビジネスも始めます。

時期が来れば皆様に改めてご紹介しますね。

まったりのんびりベトナムで暮らそうなんて思っていた思惑は様々なことがありまして・・・そうも言っていられなくなり申した。この件も皆様に自戒の念を込めまして改めてお話したいと思います。

ま、そんなこんなでバタバタしている秀さんですが、品友会で皆様にお会いできることを楽しみにしております。

では本日はこの辺で・・・失礼いたします。

 

posted by 秀さん at 05:12| ハノイ ☔| Comment(17) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

第21回貧友会終了報告編

へい、お陰さまで無事貧友会も終了することが出来ました。

老若男女併せて総勢25名のご参加となり大いに盛り上がり楽しいひと時を過ごすことができました。
ご参加頂いた皆さま、どうもお疲れさまでした&有難うございました。

中には日本、ハノイ、ビンズーン省から駆け付けてくれた方々もおられまして何とも有り難いことでございます。

ここまで貧乏人が集まるのなら今の国民を無視したお役人主導の政治に対して圧力団体にでもなろうか・・・何て物騒な話も出たテーブルもありましたが遠くベトナムに住む身、お上を頼ることなく庶民同士で支え合って地道にこつこつと生活して行く方が気楽で良いのかも知れません。へい

次回第22回貧友会は5月14日(土)に開催する予定ですので皆さま、宜しくお願い致します。


さて、相変わらず暑い日々が続いているホーチミンです。
お寒いのは秀さんの財布や頭の中身ぐらいでベトナムの方々は日々エネルギッシュにバイクの大群の中を右へ左へ・・・中には上へ(居ないかぁ?)と駈け抜けておりやす。
今回3名のベトナム人、1名のインドネシア人の方が初参加されましたが皆さん若く元気があって大変よろしおすなぁ〜。

若い人の中に入ると・・・おりゃ〜 やっぱじじいだわ としみじみ実感するメタボおっさん秀さんです。
若い人って人種に関係なく将来に対する夢があり動きも軽快で羨ましいというか、若い人たちの中にいるとなぜか楽しくなって来るから不思議です。

年配者が勝るのは人生における経験の多さ、失敗に対する防御免疫力くらいかな?

若い人も年配者も同じテーブルについて語り合える、そんな場に貧友会がなれれば本望です。

今日は日曜日ですね、また〜り ベトナムのアイスコーヒーでも飲んで英気を養って明日から・・・仕事  

と言いたいところですが、秀さん明日月曜日はある方とゴルフの約束をしたのでソンベゴルフ場で思いっきり地面を叩いてきますわ。

週末に行かんかい! って言われますか?

だって、月曜日は土日の半額ですもん!

貧乏人に100ドル以上する週末のゴルフは、リビアのカダフィー、いやアメリカのオバマ大統領、いや本命は、秀さんの財布の中で色とりどりのホーチミンおじさん達が認めてはくれませんわ。

ま、そんなこんなで、本日の貧友会終了報告ブログは終わりです。

皆さままた貧友会でお会いしましょう。


では、ごきげんよう、さようなら。
posted by 秀さん at 10:06| ハノイ 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

第21回貧友会開催のご案内編

へい、無事アホがホーチミンに戻ってまいりやした。

貧友会の会場のご案内をしなければと焦っていましたが・・・
何にも考える気力もなく、はぁ〜 結局いつもの花水木さんにお願いしようかと思っとりますばぃ。← まだ帰国早々で九州弁が抜け取らんごたあるけんね、ご勘弁を!

さて下記の通り第21回貧友会開催のご案内をいたします。
ご参加の可否を4月14日(木)までにコメント欄にお書き下さいますよう宜しくお願い致します。
初参加の方も大歓迎ですので強請って、じゃない 奮ってご参加下さいまし〜。

日時 2011年4月16日(土) 午後7時より
場所 和食 花水木 15A5  Le Tan Ton  Dist.1
電話 (08)38242411(スカイガーデン前直ぐ)   
予算 30〜35万ドン前後を予定 

さて、空港に到着してまず感じたのが・・・
やっぱベトナムは暑いというアホでも分かる事実ですな。
仕事用のスーツ姿でしたので あ〜た、直ぐに汗だくになってしまいました。
帰宅した秀さんがやっぱベトナムはメチャ暑いわ〜 と言うと

心やさしい愚息曰く、
おやじ肥満だからだよ! と・・・一言。

こ、こ奴めは・・・

日本と違って暑いでしょう・・・と普通のあいさつと言うか会話が出来んのかいな! 

とこんな子供を育てた親として悲しみくれる秀さんでごわす。

それじゃ何かい、痩せている人は暑くはないんかいな と突っ込みを入れたくなりましたぞぃ。
確かに秀さんのような肥満体型の者が汗だくになっている姿は誰しも見たくはないでしょうな。

デブと痩せ、みなさ〜ん どちらがお好み?

何て愚問をする秀さんはやはりアホかしら?

ま、普通の体型が一番ヨロシおすなぁ、なまった体を少し鍛えて原料補給じゃない、減量をしなければと思うだけの日々がかれこれ数年続いておりますが今後も秀さんの減量作戦が成功を収める日は永遠に来ないことを皆様にお伝えして本日の貧友会の開催のご案内は終了です。


早めにご参加の可否を下さいまし〜。どもでした。

posted by 秀さん at 13:13| ハノイ 🌁| Comment(16) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

ご無沙汰のお詫びと貧乏友開催のお知らせ編

しばらくブログ更新をご無沙汰しておりまして・・・どうもすみません。

で・・・・生きておりますぞぃ。

実は自動車免許の更新その他仕事で帰省しておりましてネット環境の悪さもありまして
更新が出来ないでおりました。

と・・・言い訳をしております。

日本は桜の季節です。
自宅の桜も咲いておりまして大震災や放射漏れの大惨事はどこ吹く風といった風情ですが被災地の皆様におかれましては大変な状況でさぞやお困りのことと胸を痛めておる秀さんです。
一刻も早い復旧を望みたいですね。

被災地の皆様、どうか気を落とさず頑張って下さい!



さて、第21回貧友会ですが来る4月16日(土)午後7時よりに開催したいと思っております。

開催場所等は改めてお知らせしたいと思います。

アホが一人ベトナムからいなくなったところでこの国が飛躍的に発展するような
ことは有馬温泉ですが、来週にはまたホーチミンに復帰いたしますので・・・

冷たい目ではなく心温まる目でお迎えくださいまし〜。

また時間があれば更新いたしま〜す。











posted by 秀さん at 08:51| ハノイ 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

第20回貧友会終了報告編

ご参加しただいた皆さま、どうもお疲れさまでした。 

・・・で、今回の報告は お・わ・り どす。 


おい、こらぁ〜 手ぬくな! とお叱りを受けるかも知れないですが、
アホな秀さんのことですので、そんなもんですわ。

いちいち料理の写真を撮ったりしやしません って。
最近はブログをやっている方も多く、デジカメや携帯電話でまめに写真を撮る方が多いですね。
秀さんいつも感心していますぞぃ。
もともと根がぐ〜たらな秀さんには出来ないことですわ。 

おっと! お礼を言うのを忘れておりました。にうさんウイスキー、yasukoさんマッコリの差し入れどうも有難うございました。皆で美味しく頂きました。Cam on nhieu!です。 

さて、次回第21回目の貧友会は4月16日(土)に開催したいと思います。
次回も皆さま、どうぞ宜しくです。
 


3月に入り気温も高くなりまして最近は熱い日が増えてきました。
今年は例年より雨季の到来が早い とも言われております。
日本ではそろそろ桜ですね、良い季節になります。
逆にホーチミンでは暑さと雨のシーズンがもう直ぐ来ます。
快適だった乾季ともしばらくはお別れです。

季節だけは貧富や賢愚の差に関係なく毎年全員に平等にめぐってまいりますな。
アホの秀さんも来週が来れば56歳になりますわ。 

両親の期待にまったく応えることなくアホな人生を56年間も過ごしてきたわけですが、
どうしてこのようなアホな人間がこの世に生を受けることが出来たのか・・・神様に一度聞いてみたい気もしますわ。

はるか昔から面々と続くご先祖様の遺伝子が途切れることなく続いて来たからこのアホの秀さんがこの世に誕生したわけですが、秀さんが思うにどこかの時代のご先祖様にきっとアホの遺伝子を持った者がおり、たまたま秀さんが生まれる時にそのアホ遺伝子が突然変化作用したのではないかと思いますねぇ。

多分・・・江戸時代のご先祖様かも知れないですわ。
そのご先祖様の思いが時代劇ヴァージョンなんてベトナムに一切関係ないブログを書かせているのかも知れませんな。 

こんなアホでも、また賢い方も毎年ひとつずつ歳を取り、最後はお迎えが来てこの世からおさらばする訳ですが、せっかく生命を繋げて来てくれたご先祖様の期待を裏切らないよう、これからは人様に迷惑をかけず正直に、且つ明るく生きて行(往)きたいと思います。 

まぁ、アホな面は秀さんに責任はないですわ、江戸時代のご先祖様の誰かのせいだ! 

と責任を転嫁するしかいまさらどうしようもないですな。へい。
 


賢者の皆さま、これからもどうぞ宜しくです。 良い日曜日をお過ごし下さいな。


本日はこの辺で失礼します。

posted by 秀さん at 09:42| ハノイ 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

第20回ホーチミン貧乏友の会開催のお知らせ編

恒例の貧友会の開催のお知らせでごわす。

早いもので第1回開催より1年8ケ月が経過しまして記念すべき(・・・何を記念するんやねん と突っ込みはなしね!)堂々の20回目の貧友会の開催です。 

いつものように花水木で開催しますが、別段秀さんが花水木のオーナーから裏で賄賂をもらっているわけではありませんぞぃ。まぁ、アホ面下げて鼻水垂らすことはありますが・・・へい。
要は他の会場を探すのが面倒なだけでごわす。
この決定にご不満のある方は陰でこそこそと非難せずに、秀さんに面倒・・じゃない、面と向かって文句を言って下さいまし〜。馬耳東風と受け流しますので・・・

何じゃそりゃ って言うことで下記のご案内です。
 

日時 2011年3月5日(土) 
            午後7時より午後9時30分(を目安にし・た・い・・・)
 

場所 和食 花水木 15A5  Le Tan Ton  Dist.1 (4階豪華特設会場へ)  

電話 (08)38242411(スカイガーデン前直ぐ)   

予算 30〜35万ドン前後 

今回は20回特別記念として、にうさんより貧乏人が普段口にすることが出来ない高級シングルモルトウイスキー1本頂きました。にうさんどうも有難うございました。 

お手数ですが参加の可否は33日(木)までにブログのコメント欄にご記入をお願いします。(予約の関係で)


 以上 

さて案内も終りました。皆さま、どのようにお過ごしでしょうか?

愚息が現在日本に帰省しておりまして、秀さん一人静かに心落ち着けてゆったりと読書にふける生活をしております ・・・

何てことは金輪際しておりません。
相も変わらず、ほけ〜と気の抜けたような毎日を過ごしているわけですが、貧友会のメンバーさんの中には公私にわたり精力的に毎日活動されている方もおられますねぇ。
そのエナジーはどこから来るのでしょうかねぇ。

年こいて来ると能書きばかり垂れて実際の動きとなると秀さんのお腹と同じでボテボテして何ともしまりがなくなるのが問題ですな。 

何ですぅ? お前のことじゃぃ と言われますか? 

そうですね、日本ではもう直ぐ春の季節ですので不肖、秀さんも老体にむち打ってサゾマゾじゃなぃ、仕事にゴルフに日々の生活を頑張ってまいりたいと思います。へい。 

テト気分も段々と薄れて最近はベトナムの人達も従来の動きに戻って来ているようで街中ではホーチミン名物の交通渋滞が見られるようになりました。

発展途上国のせいかベトナム人の皆さんも昨日よりは今日、今日よりは明日と夢を膨らませ家族や愛する恋人のため、はたまた自分自身のために日々頑張っておられます。

その活動的な活気あるパワーにふれるとなぜか元気をもらえるようで楽しくなって来る秀さんでごわす。

無理をしない程度に秀さんも頑張りますので賢者の皆さまも楽しく有意義な日々を過ごされますように秀さん心よりお祈りいたしやす。 

第20回貧友会のご参加をお待ちしております。
初参加の方もご遠慮なさらずにお申込み下さいませ。 


では本日はこの辺で失礼いたします。

posted by 秀さん at 02:16| ハノイ 🌁| Comment(16) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

第19回貧友会終了報告編


今回はテト明けの為、参加人数が一桁台だと思っておりましたが・・・

へい、計画性も何も無い貧友会らしくバタバタと締め切り後に参加者が増えまして、結局合計16名の参加を頂きお店の顰蹙なんのその11時過ぎまで盛り上がりました。

不肖、秀さんも久々に臭〜、こりゃたまらん というような臭いオヤジギャグを連発しましてメンバーの皆さまの呆れ顔には完全無視を決め込みまして一人張り切ってしまいやした。
すまんこってす!

次回は3月5日(土)の第一土曜日に開催する予定です。どうぞ次回も宜しくお願いします。 

今回ご参加頂いた皆さま、厚く怨霊じゃなぃ! 御礼申し上げます。 

さて、開催終了報告も終わりましたので、久しぶりに海外ジョークでごまかそうかと思っておりやす。 

皆さ〜ん! 次の20回貧友会でまたお会いしましょうね。 有難うございました。  


その−1

夜中に妻が目を覚ますと、隣にいるはずの夫がいません。 
1枚上に羽織って階下へ降りていくと、キッチンに座り一杯のコーヒーを前にした夫の姿がありました。 深く考え込んでいる様子で、じっと壁を見つめ……泣いていたのです。
 
コーヒーをすすりながら涙を拭く夫を見て、妻は尋ねました。 

「いったいどうしたの?どうしてこんな夜中にここにいるの?」 

すると夫は言いました。 20年前、初めてのデートをしたときのことを覚えているかい?16歳のときだよ」 

「ええ覚えているわ」彼女は答えました。 


「そのとき君の父親がオレの顔に銃を向けて、こういったことを覚えているかい?

『娘と結婚するか刑務所に20年入るかどっちにするんだ?』とね」
 


「ええ、それも覚えているわ、でもそれがどうしたの?」 


 すると夫は涙をもう一度拭いて、こう言いました。 

「もしあのとき刑務所を選んでいりゃ、今日出られてたんだ……。」




その−2



とある医者が看護婦と不倫の関係にありました。
 しばらくして看護婦が妊娠してしまいました。 妻に知られてはまずいと思った医者は、大金を看護婦に渡し、イタリアへ行って子どもを生むように伝えたのです。

不安に思った看護婦は尋ねました。「でも、私は子どもが生まれたら、あなたにどうやってえ伝えたらいいの?」 

「そのときは、スパゲティと書いたハガキでも送ってくれればいいさ」 途方に暮れつつも、看護婦はとりあえずお金を受け取ってイタリアへ飛びました。 半年程経ったある日、医者は妻から電話を受け取りました。 「あなた、今日ちょっと変なはがきが届いたわ。なんだか意味がわからないのよ」 「家に帰って読んでから説明するから、待っててくれ」 

そして夜になり…


帰宅した医者がハガキに目を通すと、いきなり気を失って倒れてしまったのです。駆けつけた救急隊が妻を慰めながら、心臓発作を引き起こした原因を尋ねました。 すると妻はハガキを拾って、こう読み上げました。


「スパゲティ、スパゲティ、スパゲティ、スパゲティ。2つはソーセージとミートボール入り、2つは具なし」



 その−3


「どうも最近、妻が浮気している気がする」 夫は週末のゴルフが終わると予定より1日早く家に向かった。 現場を押さえるつもりだったのだ。 夜更けのタクシーの中で夫は運転手に切り出した。「目撃証人になってもらえないだろうか?」タクシーの運転手は100ドルを受け取ると証人になることを引き受けてくれた。 タクシーが家に着いた。物音を立てず、抜き足差し足で寝室まで忍びよる二人。
部屋に押し入った夫は照明のスイッチを入れ、ベッドの上から毛布をはぎ取った。
 すると思った通り、そこには妻と見知らぬ男がいたのだ。 銃を裸の男の頭に向ける夫。 妻が必死に叫ぶ。


 「やめて!私がウソをついてたの!遺産を譲り受けたなんて話はウソだったのよ!」 「あなたにあげたコルベットを買ったのは彼よ」「私たちのクルーザーを買ったのも彼」「あなたのラグビーのシーズンチケットを買ったのも彼」「私たちの湖の別荘を買ったのも彼」「私たちのカントリークラブの会員権を買ったのも彼で、月々の会費まで払っているわ」

まくしたてる妻に首を横に振りながら、夫は銃を下ろした。
 夫はタクシーの運転手のほうを向き、尋ねた。

「おまえさんならどうするかね?」


するとタクシーの運転手は、こう言った。
 「オレならヤツが風邪を引かないように毛布を掛けてあげるね」  


・・・・・・・どうも失礼しました、へい



posted by 秀さん at 22:05| ハノイ ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

第19回ホーチミン貧乏友の会開催のお知らせ編

少し案内には早いのですが、テトが間に入ることもあって早めのご案内ですが下記のとおりです。  

日時 2011年2月12日(土) 午後7時より 

場所 和食 花水木 15A5  Le Tan Ton  Dist.1 (4階会場へ) 

電話 (08)38242411(スカイガーデン前直ぐ)    

予算 30万ドン前後(今回は正月帰省後の会ゆえ日本からのお酒の持ち込みはたんまり・・・無いか?)    

お手数ですが参加の可否は2月10日(木)までにブログのコメント欄にご記入をお願いします。(予約の関係で)


以上です。 



数えてみたら今回で19回ですと! 
月日の経つのは早いもんですねぇ。
19回の内一度も欠席をしていないのは秀さんだけです! って当たり前じゃん。

有難いことにこれまでに色々な方のご参加を頂きまして不肖秀さん、皆さまに心より感謝を申し上げます。
 
何度もかいておりますが、年齢・職業・性別・貧富に関係なく在越の日本人の方達が月に一度集まる会です。
この会に参加したから会社を首になった方もはたまた成功して大金持ちになった方もおりはしません。
一人くらいは大金をゲットして五つ星ホテルで会のメンバー全員に大盤振舞いをされるような方が現れても良いのではないかと思うのですが、日本と同様にベトナムもそんなに甘くはないですな。皆さんこのベトナムで日々仕事や勉学に精を出して頑張っている方ばかりです。 

本当か! と言われますか? 

へい、そのとおりでごわす。 そんな方々が月に1回の食事会で四方山話をするだけの何〜にも生産性のない集まりです。へい。 


最近は新規の仕事の関係でブログをお休みする日が多く、秀さん本来のまた〜と鼻毛を抜きながらアホブログを書く時間がなくなっておりやす。
昔々の秀さんの人生設計では45才になったら事業から足も手も顔も洗い、その後はおかあちゃんと海外旅行三昧でも・・・と虫の良いことを考えていたのですが

おっと!どっこい そんな甘い現実とは裏腹に40才過ぎてからメチャ大変な状況になりましてその後何とか最低限の生活を確保することが出来ました。
また縁あって一人ホーチミン市に寂しく暮らしていたのですが、これまたあるきっかけで愚息と一緒に住むようになって2年あまり経過しました。

つくづく思うことは一人ではないって良いなぁ と言うことです。
家族は有っても一人みたいな生活を長い間していた秀さん、決して寂しいと思ったことは無かったのですが、年を取るに連れて気持ちが変化したのでしょうか・・・仕事を離れての人と人のふれあいがとても大切で良いものだなぁ と感じるようになって来ました。
ベトナム人だろうか日本人だろうが関係ないですね。

人間は社会的な生き物です。一人では生きては行けません。
様々な人の支えがあって存在しているのだ と最近は思うようになりました。
 
それだけ人間が丸くなったということでしょうか? 


え! 何ですって? 丸くなったのはお前の腹だけだわ! と言われますか? 


まぁ そ、そうかも知れないですね、へい。 


お腹だけででなく性格も丸くなるように努力致します。 

それでは皆さま、楽しいテト休暇をお過ごし下さいませ。

posted by 秀さん at 02:39| ハノイ ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

第18回貧友会終了報告編

先ずは、ご参加頂いた皆さまへ、どうも有難う御座いました。
お陰さまで楽しい新年会となることが出来ました。
厚く御礼申し上げます。 

て・・・ことで挨拶終了っと!

今回は初参加の方が5名いらっしゃいまして秀さんも喜んでおりやす。
その内一名様はお隣りのビンズーン省から泊りがけでご参加頂き恐縮至極でございます。
またもう1組はご家族でのご参加、微笑ましい家族の絆を拝見させて頂き有り難いことでありやす。やっぱ家族って良いですわ。

その良さをもう少し前に理解しておれば・・・と反省しても今さら遅いでな。 へい! 

そこのおとうさ〜ん! 鼻の下伸ばしてカラオケなんぞに繰り出すよりは家族で温かい夕食のある団らんが大切でずぞぃ。ほい。
 

とは言ってはみたものの、本日愚息は朝からゴルフに行っておりまして、一人秀さんは台所で有り合わせの材料で焼きそばなんぞを作りまして一人侘しい朝食でごわす。
たまには、温かい味噌汁と焼き魚、だし巻き卵に海苔、お新香と行きたいものですな。
長くベトナムで暮らしていると日本では当たり前だった食事も忘れてしまいそうになるから情けないですわ。 

あ〜た、朝から焼きそばですもん! こんな食生活はいかんいかん、 いかんぞなもし〜 と思うばかりで炭水化物満載の食事に我ながら呆れてしまいます。へい。 

本日は久しぶりに朝からゆったりとコーヒーなどいれまして濃いめのそのベトナムコーヒーをちびちび飲みながらアホなブログを書いている訳でごわす。 

コーヒーとかけて亡くなったおかあちゃんと解く 

そのこころは・・・・ 


とてもコーシー・・・ ん? 間違いですな、とても恋ーしー いの間違いですわ。 

そんな訳で本日は朝一番に仏壇にお線香を上げまして日頃、金がなき、いや間違い、
恙無き 生活をさせて頂き有難うございます と感謝申し上げましたぞぃ。
 

恙無き で思い出すのが、昔々、聖徳太子の発案と言われる髄の煬帝(ようだい)い当てた手紙というか国書ですな、 

日出る処の天子、書を、日没する処の天子に致す。恙(つつが)なきや ・・・

と、
 この手紙を届けたのは小野妹子ですわ。

妹子と言っても焼き芋屋さんの娘さんではありませんな。
妹子と言っても男ですわ、こんな国書を持って行く妹子も大変でしたでしょうな。
そして妹子はもし煬帝が怒りまくってしまい、自分の首を刎ねるのではのではないかと心配して旅路の途中で泣いてしまいましたとさ、 その様子を歌にしたのが、

今は亡き作曲家の古賀政男でありやす。
 

そして生まれたのが・・・・

泣くな妹子よ〜♪ 妹子よ泣くな〜♫・・・
 

てな訳ないか! スマソ! 

まぁ、そんなこんなでアホの一日が過ぎて行きやす。 

それにしても、戦後の日本は国と国との対等かつ友好的な外交がないまま、アメリカさんの言いなりになってやって来ましたが・・・聖徳太子の時代、今から千数四百年位前でしょうか、
昔の日本よりプライドが無い国になってしまいましたわ。

本日の秀さんの朝食と同じように・・・情けなですな。 

秀さんの朝食は焼きそばでも構いませんが、国の外交はせめて、天ぷらそばくらいにはレベルアップして欲しいものです。何じゃ、そりゃですな。


それでは、賢者の皆さま、有難う御座いました。お元気で!


また、お会いしましょう。


posted by 秀さん at 13:27| ハノイ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

第18回ホーチミン貧友会開催のお知らせ編

ほけぇ〜と鼻毛抜いて日々生活していたら、あ〜た、もう今年も残すところ後2日程ですわ。

お金は貯まるのは遅いですが・・・早いものですねぇ、時の経つのは・・・。
年が明ければまたひとつ歳こいてじじい度が増して行きます。
年末年始に日本に帰られる在越の日本人の方、またタイやシンガポール等の国で正月を迎えられる方も多いでしょうなぁ。

秀さん年末年始は何するの? 

と聞かれることがありますが、別段これっと言って何もないですわ。

うちの家にゃな〜んにも無い、いるのはお前(愚息)とわしの二人だけ 

あ〜殺風景なもんじゃ な〜んにも無い! な〜んにも無い タンスにゴン!

と古いTVコマーシャルを思い出すほどな〜んにもイベントはありゃしませんが
この1年お世話になった方に感謝の言葉を述べ来年も皆さまが明るく楽しい一年となるますようお祈りするだけでごわす。

さて、第18回ホーチミン貧乏友の会(新年会)はタコの通り、いや 間違い、以下の通りです。



日時 2011年1月8日(土) 午後7時より
 

場所 和食 花水木 15A5  Le Tan Ton  Dist.1 (4階会場へ)

電話 (08)38242411(スカイガーデン前直ぐ)   

予算 30万ドン前後(特に日本からのお酒持込大歓迎)   

参加の可否は1月6日(木)までにブログのコメント欄にご記入をお願いします。(予約の関係で)

                                      以上


さて、新年会の案内は終りましたが、本日は秀さん会社?の忘年会をやりますわ
秀さん、会社のスタッフ、愚息に加え仕事に関係する、またしないベトナム人男女10名を入れて合計14名が参加する忘年会でごわす。


会食するお店でひょっとしたらどこかの若夫婦の幼い子供・・・


それもお嬢ちゃんじゃなくて、坊ちゃんが隣の席にいたりして・・・


その坊ちゃんが秀さんの忘年会の楽しい雰囲気に影響され

興奮して乱入して来て一緒に夜遅くまで乱痴気騒ぎを起こしたとしましょうか・・・

それを見て怒ったお父さんが、息子に向かってこう言います・・・

もうそろそろ・・・坊 寝んかい! 

ってオチがふと 浮かんでしまう秀さんの臭いダジャレ妄想疾病は来年も治りそうにありませんわ 賢者の皆さまどうかお許しを!

本日はこれにて失礼させて頂きます。へい〜

posted by 秀さん at 08:27| ハノイ 🌁| Comment(17) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

第17回貧友会終了報告編

ご参加頂いた皆さま、どうもお疲れさまでした。
初参加の方含め楽しい会が無事終了することが出来ましたのも、一重に皆さまのお陰です。
有難う御座いました。
 

・・・と一応、大人の挨拶風に書いてみました。へい。 

さて、今年最後の貧友会となりましたが、思えばTRINHさんと2人で贔屓屋で始めた貧友会ですが、毎回大勢の方のご参加を頂くようになりまして、中には貧乏とは縁もゆかりも無い方もおられますわ。
このブログをお読みになられている賢者の皆さまにこの際ですから正直にお伝えしておきますが・・・

ホーチミン貧乏友の会・・・
実はメンバーの皆さまは最低でも一人数億円以上の資産を持っている方たちばかりで、貧友会に参加することで日本の国税庁の追求から目眩ましする目的で入会されているのです。
 

とホラを吹いても虚しくなるだけですのでやめておきますね。 
同じホーチミンに暮らす日本人が月に一回位は集まってワイワイがやがやとベトナムの生活の愚痴や楽しさや秀さんのアホさ加減を肴におしゃべりするだけが目的で、他には、な〜にも理由はありゃしません。
また、来年も皆さま楽しく和気あいあいをモットーに集いましょう。 


長く続いた雨季も終りまして、待望の乾季の始まりです。
ホーチミンはこれから過ごしやすくなります。
ゴルフをされる人にとっては汗だくのヘトヘトゴルフから開放されるベストシーズンを迎えます。相も変わらずヘタなゴルフをしている秀さんですが、年内と言っても日本とベトナムの2種類ありますが、一応日本人ですので・・・12月31日までには、
目標として定めたスコア100切りを達成すべく時間がある時にはヒムラムの練習場に行こうと思っております。

別段100を切った所で、良いことが有るわけではありませんが、何といいましょうか・・・
人間って目標をひとつひとつ達成することによって向上して行くのではないでしょうか?
 

特に年末最後の月、ぎりぎりの12月に目標を達成し、自己向上をはかれた時には、
ゴルフ場の近くの工場団地で日本のある有名な作曲家の歌が流れるというのはベトナムに住む日本人は誰でも知っています。
 

さて、そのこころは・・・ 




工場の月、じゃない、向上の月でもない、へい、荒城の月・・・ 



こんなアホなおやじダジャレを書いていると滝廉太郎先生も・・・
滝の代わりに、ゴルフ場の池にボールを落としたる! と怒られるかもしれませんので、
やめておきますね。スミマセン。
 


皆さま、クリスマス&正月近し、年内最後の数週間を 


張り切・・・・らないで、また〜り 行きましょう! へい。

どうもでした。

posted by 秀さん at 01:19| ハノイ | Comment(2) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

貧友会締め切りました編

さて、恒例のホーチミン貧乏友の会ですが、お陰さまで早めに出席の可否を頂きまして有難う御座いました。

自称美男美女が一同に集まる貧友会ですが今回も楽しく和気あいあいの会となりますよう宜しくお願い致します。
和気あいあいと言っても、中には急に奥さんと大げんかなどをして当日暗い表情の方もおられるかも知れません。 

しかし、どうしたの? なんて質問をしてはなりませんぞぃ。 

何故って? 

へい、それは 和気あいあい ではなく 訳ありあり ですから・・・ 

いやぁ〜 どうもスミマセンな、語呂合わせにもなっていないダジャレを書いてしまう秀さんのこの性格はもうどうしようもなりません。
この思わず怒りを覚えるほどの臭いダジャレに耐えうる強い精神力・忍耐力をお持ちの方しか貧友会のメンバーにはなれませんって。 
更に・・・当日、秀さんの臭いダジャレをもっと!もっと! とご希望の方はご遠慮なくお申し出下さいまし〜。 
チャーリー浜さんもどん引きするような 臭ぁ〜 あ〜臭ぁ〜 というようなベタベタのおやじダジャレをご披露させて頂きますので。 

ご参加頂く皆さま、土曜日「花水木」で盛り上がりましょう! 

有難う御座いました。

posted by 秀さん at 08:31| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

第17回ホーチミン貧乏友の会のご案内編

毎月第1土曜日に開催予定のホーチミン貧友会の懇親会ですが
11月は事情により13日になりましたのでインターバルが短いのですが12月度の貧友会のご案内を下記のようにお知らせ致しますので
皆さま、11月30日までにご参加の可否をコメント欄にお書き下さるようどうか宜しくお願い致します。(参加人数数の場合は会場の変更も考えなければいけませんので・・・)

ま、いつものように楽しくやりましょう。 

日時 2010年12月4日(土) 午後7時より  

場所 和食 花水木 15A5  Le Tan Ton  Dist.1 (4階会場へ) 

電話 (08)38242411(スカイガーデン前直ぐ)   

予算 30万ドン前後(飲んべぇは別途追加予算 お酒持込大歓迎)   

特典 ビンゴ大会を開催して一等は豪華ハワイ旅行・・・

なんてことが出来れば貧友会なんて名前は付けませんわ。
ただ仲良く楽しくがモットーです。
 

以上です。 


しかし1年経つのは早いですねぇ。
あっという間にそろそろ12月ですわ。ベトナムでは来年のテト(正月)は2月3日ですが、やはり日本人は12月が師走、一月一日がお正月と相場が決まっておりやす。 

今頃、正月にたこ揚げたりコマ回したりする子供はおりはしませんが、
お年玉だけはがっちり貰うぜぃ と考えている子供は多いでしょうな。

前回の記事にも書きましたが、日本は景気の低迷で子供にあげるお年玉も景気指数に合わせて減額じゃぃ! なんて訳にはいかないのが辛いところですね。 

考えるに・・・ベトナムで迎える正月は何度目だろう と云うくらい長くベトナムに住んでしまいましたわ。
もう来年のテトの航空券や鉄道のチケットは完売みたいな記事を読みましたよ。
ベトナムはテトが1年で最大のイベントですもん。
家族・親戚、同郷の者たちとの交流の大切さがまだ残っている内が華ですね。
ベトナムも日本のようにだんだんとそのような関係が気薄にならければ良いのだが・・・
と思います。

今の日本の格差社会は人と人との結びつきが疎遠になって役人及び政治家、大企業を始め多くの者が誰もが自分のことだけを考える、「俺良し」的な風潮になり、「利他」の考えが薄れて来たからではないでしょうかねぇ。
少子高齢化が進み日本の国の成長もかってのようには行かなくなって来た現在、日本人同士が弱き人達を助け、お互いに支え合って生きる北欧の1部の国々のような、そんな社会を構築しなければ行けない時期にさしかかっているのかも知れません。 

生意気なことを書いてスミマセン。

貧友会の参加の可否の件、どうぞ宜しくお願い致します。


posted by 秀さん at 00:21| ハノイ 🌁| Comment(20) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

第16回貧友会終了報告編

ご参加された皆さま、お疲れさまでした。

合計28名のご参加を頂きまして・・・
知らないあ方はベトナムにこれほど多くの貧乏人がいるのかとお思いでしょうが
実際はお金持ちの方も隠れて参加しておりやす。
会の名称も貧乏&富裕者の会と変更しなければいけないかも?

いやいや、会員の皆さまが全員リッチになっても未来永劫このままの名称にしておきますわ。
最後は秀さん一人になったりして・・・・
まぁ、初めは一人でしたもんそれでも無問題ですわ。
最初はTRINHさんと二人で始めた会ですがこんなにも多くの方が集まる会となりまして
貧乏何するものぞ! と血気盛んでありやす。

お金は無くてもこころまで貧乏にならない! 

をモットーに今後も続けて行きたいと思いますよ。

アホな政治家がままごとをやって自滅している日本ですが、ホーチミン貧乏友の会はなぜかしら盛況です。

これも会長であられる秀さんというお方の素晴らしい人間性のタマモノだ! 

なんて言う方は一人もおりゃしませんわ。
まぁ、そりゃ当然ですな、へい。

しかし今回は秀さんの関係で知り合った2006年度のミス・ベトナムのマイさんと言う方が飛び入りで参加されたりしまして、どうもセレブの会みたいな雰囲気もありましたが、やはり会員の皆さんの長い間に染み付いた貧乏人のオーラが出まくりなのか早々に退席されましたよ。

それはウソです。本当は別に約束があると言うことでしたわ。

今回は初参加の方も多くおられ皆さんそれぞれに話に華が咲いていたようで幹事役の秀さんも喜んでおります。
貧友会に参加したところで、何のメリットもありゃしませんがそういう仕事を離れた会が有っても良いのではないかと思いますぞぃ。
人間、利害関係をベースに持ったお付き合いは疲れますもんねぇ。
昔、昔の秀さん、良く接待したり受けたりしましたがどちらも疲れたものですわ。

最近は本業の仕事の方が忙しくブログの更新も途切れがちですがまたアホなブログをボチボチ書いていきますのでこれからもどうぞ宜しくです。

皆さま有難うございました。

posted by 秀さん at 09:26| ハノイ | Comment(4) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

第16回ホーチミン貧乏友の会ご案内編

さて、10月も終りになりまして、ま、当然その翌月は11月なわけですが

11月に入った途端に秀さんがイケ面俳優になることもなく、急に美女がワンサカ言い寄って来ることもなく、朝起きたら家の前にベンツの贈り物が・・・なんてことも当然ありゃしませんわ。

ただ、ただ、ふつ〜に 貧乏人も金持ちも平等に月日はめぐるものでありまして、
これには神様はえこひいきや差別はしていないようです。
 へい、

案内が遅れておりました、栄えある本年度のミスユニバース、じゃないですな。
いつもの貧乏人の月1回の集まりですが下記のように開催いたしますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

日時
 2010年11月13日(土) 午後7時より 

場所 和食 花水木 15A5  Le Tan Ton  Dist.1 (4階会場へ) 

電話 (08)38242411(スカイガーデン前直ぐ)  

予算 30万ドン前後(飲んべぇは別途追加予算 お酒持込大歓迎)  

特典 貧乏人は自分一人ではない! と変な勇気をもらえる。 


以上でごわす。 

いつものように、ご参加の可否をコメント欄に11月10日(水)までにお知らせくださいまし〜。
特に今回は女性限定サービスとしまして、イケ面若手メンバーによる歌や踊りを披露しま・・・・せん。代わりに秀さんの1kgほど減量した立派なメタボ美をご希望の方にはご披露いたしやす。 

んなもんいらんってか? 

そうですな、秀さんもお腹の周りについたお脂肪様はいりません。
誰かご希望の方がございましたらご遠慮なく秀さんまでお申し付けくださいませ。 

それでは、皆さま宜しくお願いいたします。
初めて参加される方も大歓迎ですのでご遠慮なく!


 久しぶりに海外ジョークを披露して終わりどす。へい 


彼女に「もうビールを買うお金はないから、ビールをやめないといけないわ」と言われた。 

すると彼女が化粧品に65ドル(約6千円)も使っていることがわかった。

「どうして僕が買うものはあきらめなくちゃいけないのに、君はあきらめなくていいんだ?」と尋ねた。 


彼女は「きれいに見えるために、化粧品は必要だわ」と言った。


僕は「ビールは、まさにそのためのものじゃないか」と伝えた。 



彼女は二度と帰ってこないだろう。


posted by 秀さん at 02:03| ハノイ | Comment(18) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

第15回ホーチミン貧乏友の会終了報告編

へい、無事ホーチミン貧乏人の集まりである貧友会終了いたしました。

20名と聞いていたのですが・・・
貧友会らしく情報が錯綜しておりまして
当日ご参加の方が何と! 8名になり合計28名でしたわ。
初参加の方も多くいました。
幸い料理も何とかなりまして大変賑やかで楽しい会となりました。

最近の傾向ですが・・若手のメンバーさんの参加が増えて来ておりましてじじいやおっさんは肩身の狭い思いをすると思いきや、パンパンに膨らんだ腹と尻は隣りの座席にはみ出しておりまして、若造らに負けるもんか とその体力とは反比例して気持ちだけは鼻息荒く頑張っておりましたよ。 

しかし、秀さん、若い人が頑張る姿を見るのは好きですわ。

閉塞感漂う日本の若者たちよ! いざ来たれホーチミンへ!

そして事業での何でも良いのですが、ベトナムで成功して貧乏なむさいじじいやおっさんの集まりである貧友会を卒業して下さいな! 

成功の暁には・・・ 会長である秀さんにまぁ、ベンツの560程度で良いので運転手つきの車を毎日自宅までお迎えに上がらせます。
その車は秀さんの好きなようにお使い頂き、買い物でも高級レストランの食事でも全て私に請求して下さい! 

なんて言う若者が出てくるのを心より期待しておりますぞぃ。
 

何? あんた一体なに様やねん!  はぁ 単なるメタボのおっさんですが、それが何か?  

と自分への非難は一切無視するどうしようもないアホの秀さんでごわす。へい 

冗談はさておき、ご参加いただいた皆様、有難うございました。
また次回も楽しくやりましょう。 

と言ったものの・・・
会費は一人当たり割り勘で28万ドンという計算でしたが最終的に15万ドン不足でしたわ。

 犯人は誰だ! と言ってもホーチミンぐーたら地検特捜部ですので犯人は不明、迷宮入りでごわす。
また、貧乏人の集まりゆえ自ら自首をして来るような奇特なお方はおりゃしませんって!  

くそぅ・・・と一言つぶやいて秀さんと須崎です!さんが負担しましたぞぃ。

 秀さんが想像するに・・・5万ドンと20万ドンを間違えた可能性が大ですな。
だって色がピンクで良く似ていますもん。
逆に間違えてくれたら良いのですが、そこはやはり貧友会のメンバーさんですな決して多く払うようには間違え方はしませんわ。 

日曜日の朝からわずか700円くらいのことでアホが細かいことを言っていますな。
しかしですぞぃ、700円あればバンミーだと最低でも10個は買えます。
フォーとしても3〜4杯、
ヒムラムのゴルフ練習場でボール150個、
安い大衆食堂で2〜3人でビール飲みながら飯が食べられます。
果物ですとマンゴーにスイカ、りんごが数個づつ買えます。
秀さんの会社の食堂ですと7回昼食が食べられます。

 ええぃ くどいわこのおっさん! と言われそうなのでもうやめます。


よく考えたら愚息が会計責任者でしたわ。 

お〜し、あやつのゴルフバックからゴルフボール1個盗んだる!


では皆様、また次回の貧友会でお会いしましょう。  


いつものオマケ・・・・ 


にぎわう祭りの中、ある男が歩いていると占い師の小さなテントを見かけました。

占いなんて特に信じてもいないので、からかってやろうと冗談半分に中に入りました。

すると中には水晶を見つめる女性がいて、「ああ…」と話し始めました。

「あなたは2人の子供の父親ですね」

すると男はこう返しました。

「それはあんたが勝手に思うことだが、実はオレには子供が3人いるんだよ」


すると占い師の女性もこう返しました。



「それはあなたが勝手に思っていることです 」



・・・・・・世の殿方、こういうことのないように奥さんを大切に!



posted by 秀さん at 11:15| ハノイ | Comment(4) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

第15回貧友会最終のご案内編

本来なら当日まで受付をしたいと思うのですが、

会場の料理がお一人づつセットになっている関係で前日までに参加人数を知らせて下さいとのことなので
急かすようで申し訳ないですが 

本日2010年9月30日(木)深夜までを参加お申し込みの最終とさせて下さいまし〜。

 現在までに約20名弱のお申し込みを頂いております。
まだ席に余裕がございますのでご参加をご希望の方はコメント欄にお知らせ下さい。 

まぁ、貧友会に参加されたところで
いきなり給料がアップしたとか、ベトナム美女・美男にモテモテになるなんて幸運は決して起こりはしませんが・・・

月に1回の暇人の・・・いや訂正、日々忙しい中をぬって参加される訳ですので皆で楽しく、有意義な会になればと思っております。へい 

どうしても本日最終までに参加予定が決まらない方は当日の飛び込みも可ですが・・・
刺身のツマくらいしか料理は分けてもらえないと・・・覚悟を決めておいでまし〜。
 

まぁ、それは冗談ですがまだ参加の可否のご連絡を頂いていない方、どうぞ宜しくお願い致します。 

以上最終のご案内まで 


え〜、まだまだ続けます、パクリ海外ジョークを! 


何事も上には上があるものですが、あまりに遠い存在だと実感がわかないものです。
あるアラブの大富豪の親子の手紙のやりとりが話題になっていたのでご紹介します。
  


親愛なるパパへ 

ベルリンはとても素敵なところで、みんなは良くしてくれるし、僕はここが気に入っています。 

だけどパパ、僕は学校に純金のフェラーリ599GTBで通学するのがちょっと恥ずかしいんだ。 

先生やクラスメートはみんな電車を使っているというのに・・・・  




今日2000万米ドル(約17.5億円)をお前の口座に振り込んでおいたよ。 


あまり父さんたちを困らせないで 



さっさと電車を買いに行ってきなさい。 


愛してるよ 父より

posted by 秀さん at 09:48| ハノイ | Comment(5) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

第15回ホーチミン貧乏友の会開催の案内

金持ちと違い貧乏人の月日の経つのは早いもので・・・
この前開催したかと思うともう貧友会の開催の案内です。

別段なんの役にも薬にもならない貧乏人たちの集まりなのですが、ホーチミンに暮らす日本人どうし今回も楽しくやりまひょ。 

さて、今回も前回と同じレ・タントンの花水木で開催予定です。
一応、25〜26名まで可能ということですので人数的には大丈夫と思うのですが
万が一25名を超えるような参加希望者がありますと、体力のある若手会員が立食または逆立ちやピラミッドの形をして料理を食べるようなことになってもいけませんのでコメント欄に早めに参加の可否を書き込んで下さいまし〜。
宜しくお願いします。 

第15回ホーチミン貧乏友の会開催の案内 

開催日時 2010年10月2日(土)午後7時より
(時間厳守で・・と仏様・キリスト・アラーの神に加え、天照大神へもお祈りするだけ)
  

開催場所 和食 花水木 15A5  Le Tan Ton  Dist.1 (4階会場へ)

電話(08)38242411(スカイガーデン前近く) 

予算   30万ドン前後(飲んべぇは別途追加予算 お酒持込歓迎) 

以上です


さて開催案内も終わり、さてなにを書こうかと思いましたが
別段本日は何もネタがありませんわ。
そこで最近何故か連続掲載している海外ジョークを載せて本日は終わりです。へい 

以下、女 の文字を 男 に置き換えても可です。 


1.ハードディスク女
あなたの発言と行動の全てをこと細かに永遠に死ぬまで覚えていてくれる女。 
  

2.Windows
誰もが知ってる女だし、とにかくまともには動いてくれないけれど、彼女なしでは生活はできない。 
 

3.エクセル女
周りのみんなは出来る女だと言うけれど、使い道は基本の4つだけ。 
 

4.スクリーンセイバー女
機能的にはまるで役に立たない女だけど、エキサイティングで鮮やかで楽しませてくれる女。 
 

5.インターネット女
アクセスする(連絡とる)のが難しい女で関係を維持するのが大変な女。 
 

6.サーバー女
「尽くすタイプよ」と言うわりに、必要な時になると忙しくて役に立たない女。 
 

7.マルチメディア女
ひどいものを(化粧で)綺麗に見せるのが得意な女。 
 

8.CD-ROM
やたらとあなたをせかし、どんどん加速(エスカレート)していく女。 
 

9.Eメール女
彼女の言う10個のうち8個は全く意味がない。 
 

10.マウス女
即答で従順が売りの女だが、古い型は頑固なときがある。

11.
Vista 
派手で融通が利かない重い女。一般の男にはなかなか受け入れてもらえない。

12.
新製品女
なにしろ金がかかるが、すぐに陳腐化する。

13.
Mac 
熱狂的にこの子を好きな奴がけっこういるけど、大多数には見向きもされない女。服代の出費が激しくなる。

14.
光沢ディスプレイ女
派手で綺麗だけど、まぶしすぎて目が潰れそうになる。
 


15.ウイルス女
別名「妻」とも呼ぶ。思ってもいない時に突然現れたかと思うとインストールされ、あなたのリソース(資産)を食いつぶし始める。
彼女をアンインストール(排除)しようとした場合には、代償としてほとんど全てを失い、アンインストール(排除)しない場合は、それはそれであなたには何も残らない。


posted by 秀さん at 05:11| ハノイ ☔| Comment(19) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

第14回ホーチミン貧乏友の会終了報告編

いや〜 ホーチミンにもこれ程まで貧乏人がいたとは・・・

へい、計21名のご参加を頂きまして誠にあり難いとことでございます。

最近は秀さんのようなじじい会員よりは若手の会員の方が幅を利かせておりまして
貧友会も昔と違いかなり若返って来ております。

特に、この虫も殺さぬ心優しい、いたいけな秀さんのことを 「悪の首領」 などと知らない人が聞いたらどれだけ悪い奴やねん と勘違いされるような呼び名を付けたbleem氏の勢力が増しておりまして貧友会を乗っ取る勢いでございます。

まぁ、こんな貧乏人の集まりの会を乗っ取ったところで何のメリットもありゃしませんがね。
ご希望の方がおられましたら、民主党のように代表戦などはやりませんので気持ち良くお譲りしたいと思っておりますのでお申し出を! 

久々に愚息も会終了間近かに到着、しかし料理なんて何にも残っちゃいませんがな。
酒のも飲まずにオムライスを一人寂しく食べておりましたわ。
当日いきなりの飛び入り参加の方もおられまして今回も前回に引き続き盛況でごわした。

また会費の割には料理の内容は満足すべきもので、秀さんが喫煙撲滅運動家の事務員さんに、会員の皆さんは大金持ちだと大嘘を付かせて予約させた意義があったと言うもんですわ。
また次回もこの店を使っても良いかなぁ と思いましたぞぃ。

しかしですな、持ち込んだお酒が足らなくなり本来ならお店で注文すべきところを・・・
若い衆が店の前にあるスカイガーデンの敷地内にあるシティマートで焼酎を買いに走ると言う貧乏友の会ならではの何ともセコい現象を呈しまして
お店のウエイトレスのおねえちゃんにはお金持ちの会ではないことが その顰蹙に満ちた顔を見れば一目瞭然でバレてしまいましたわ。

そんな些細なことはお構い無しに貧乏人たちの夜は更けるのでありました。
しかし、この会は参加者が全員集まる前からワイワイガヤガヤと賑やかしいこと
お金持ちの方には遠慮と言うか奥ゆかしさがあるもんですが、そこは我こそは貧乏の代表と言う方ばかりで初っ端から話しに華が咲くから幹事役の秀さんも楽ですわ。

自己紹介もかなりお酒が入ってからやったもんですから中には・・・・

秀さんのように頭やお金だけでなく呂律が回らない方もおられましたぞぃ。

まぁ、そうは言っても月に1度の日本人同士の集まりは楽しいものですな。

参加された皆様、お疲れさまでした&有難うございました。


 気が早い話で恐縮ですが、
次回は10月2日(土)に開催いたしますので

貧乏でも逞しく生きたい という方がおられましたら是非ご参加下さいませ。 

どうもでした。

posted by 秀さん at 08:49| ハノイ 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

第14回ホーチミン貧乏友の会開催案内編

さて開催日も近づいてまいりましたので開催場所のご案内を 

と言うことで
下記の通りです。 

14回秀さんを励ます会・・・
じゃなくホーチミン貧乏友の会開催案内です。 

開催日時 201094日(土)午後7時より
(時間厳守で・・と仏様・キリスト・アラーの神へお祈りするだけ) 

開催場所 和食 花水木 15A5  Le Tan Ton  Dist.1 (4階会場へ)電話(08)38242411
                                             
(スカイガーデン前近く)
 

予算   30万ドン前後(飲んべぇは別途追加予算 お酒持込歓迎)  

ドレスコード他 

ホーチミン紳士淑女の皆さんに相応しい格好で・・・
貧乏でも気品だけは高く・・・無理か?
懇親会の内容について後日ブログ等に記載する場合は個人情報保護法により 個人が特定出来るような記述はご遠慮下され!
(例→悪の首領、アホの秀さんなど)
  

以上


さて、雨季本番のホーチミンですが賢者の皆様、いかがお過ごしでしょうか?

景気の良い人、悪い人、幸運な方 また その逆なお方 とまちまちでしょうが月に1回は貧乏人同士が肩寄せ合って四方山話をする位は貧乏神もお許し下さるのではないかと思いますねぇ。

何度も申し上げますが、貧友会に参加したお陰で営業成績がアップしたとか、会社の業績が上がった、急に恋人が出来た、大金が転がり込んだなんて人が羨むことは逆立ちして願ってもありゃしませんぞぃ。

逆に自分以下の貧乏人はこのホーチミンにいない と己のポジションが分ってしまい絶望にくれる人もおられるかもしれませんが、心配無用でごわす。

キッチリ会費はディスカウントすることなく平等に徴収しますのでせめて帰りのタクシー代、いや訂正、背オム代と会費を握り締めてご参加下さいな。 

この度は、いわゆる在越日本人のメインストリートと言われているレ・タントン通りでの開催でごわす。
大手企業の駐在員しか足を踏み入れることが出来ない貧乏人には禁断の高級立地での開催。
東京で言えば 銀座、六本木と言った所でしょうか?

そのお金持ち御用達のレ・タントン通りで貧友会も開催する運びとなりました。
近隣にはきらびやかなネオンが輝くお店が点在しておりまして目を凝らせばミニスカート姿も眩しいおねえちゃん達が店頭でアン、アン と今シーズンの月餅の餡とは違う意味の言葉を発して呼び込み等をしておりますが・・・
貧乏人には縁も円も、次いでにドンもない とお考え頂いた方が後々の侘しい生活を考えるとヨロシイようで・・・

さて会場の花水木さんですが、値段の割りにボリュームがありまして高級店の多いレ・タントン通りのお店の中では割りと庶民向けの価格を維持しているお店でごわす。

実は秀さん下見に行って来たのであります。

何と! 会長自ら会員の皆様の為に自腹でもって下見調査ですぞぃ。
この陰ながらの努力、気遣い 優しさ・・・(以下自画自賛文多数)が・・・
この会が長く続いている理由でごわす。

てなことはウソです。
過去の数回取引先と行ったことがありまして割りとリーズナブルなお店ですので開催場所にと言うことで予約した訳ですが、
まだお酒の持ち込み交渉などはしておりません。
最終人数が確定した段階で交渉するつもりでごわす。
 

今思えば・・・苦節1年と2ヶ月、
ん? 何の苦労やねん なんて野暮は言わないのが大人、お・と・な でごわす。へい

TRINHさんと二人で始めた貧友会も今では在ホーチミンの日本総領事館も驚くような数の貧乏人の集団組織となりまして国際貢献どころか日本の政治の貧困さを露呈させる事態となっておりまして・・・
いつかは日本の外務省から 会のネーミングを変えて下さい と要望が来るのではないかとアホが勝手に想像しておりやす。

まぁ、今の閉塞感一杯の日本の状況にマッチした名前と言えますな。
でもですね、逆に貧乏を楽しむくらいの心のゆとりがないといけません。
金銭的な貧乏より心の貧乏の方が悲しいことでごわす。 

同じ30万ドンを払うのだから 食ったもん勝ち みたいな浅ましい考えはサイゴン川に捨てて頂き
さぁ 会長 この美味しい料理、私の分もどうか食べて下さい! 

ってなことを言う会員さんが増えることを期待しているのですが・・・

日本の政治と同じように期待しても直ぐに実現するようなことではないですな。
だって会長自ら皆さんにお酒注いで回ってますもん!

ま、愚痴はこの辺にして、それでは皆様、4日(土)当日、楽しくやりましょう!

どうぞ宜しくお願い致します。

posted by 秀さん at 05:05| ハノイ | Comment(8) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

第14回ホーチミン貧乏友の会開催日時のご案内編


日本にしばらく帰っていたらもう今月も余すところ10日間弱になり申した。
貧友会の開催日時だけでも決めなければと思います。


で・・・今回からは月の上旬と言うことで秀さんが会長権限で下記のとおり勝手に決めやした。
へぃ すまんこってす。
           


    第14回貧友会 日時 2010年9月4日(土) 午後7時より
 



予約の関係と人数も増えて来ておりますので早めにご参加の可否をコメント欄にお知らせ下さいまし〜。


いつものように楽しい親睦会にしたいと思っております。 

皆様、どうぞ宜しくお願い致します。







臭いダジャレが無い時は皆様に素晴らしい休日が訪れるような気が・・・

しませんって!









posted by 秀さん at 06:35| ハノイ ☁| Comment(21) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

ホーチミン貧乏友の会第13回開催場所のご案内編


いよいよ近づいてまいりましたねぇ

在ベトナムの美男美女の日本人が月に一度集まる一大イベント! 

「ホーチミンデップチャイ&デップガイ ニャットバン パーティ」が・・・

・・・・・・・・・


ん〜、どうも悪い夢を見ていたようで・・・スミマセン

はい、恒例の貧友会の開催です。下記の通りご案内いたします。 


日時 2010年7月31日(土) 19時より

予算 お一人30万ドン前後(お酒持込可 呑み助は別途割り増し徴収)

場所:
OT XANHGreen Chilli)レストラン

住所:23B  Nguyen Thi Dieu st., Ward 6. Dist.3 HCM City

TEL:
 08-3933-0712 
MP:  091-314-8589(マネジャーYUKIさんVN人ですが日本語可)


以上です。


現在16名の参加を頂いていますが、あと2〜3名は席に余裕があります。
ご参加希望の方は早めにお知らせ下さいませ。


 

posted by 秀さん at 17:50| ハノイ ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

第13回ホーチミン貧乏友の会31日(土)開催案内編


鼻毛抜きながらほけ〜っと日々過ごしていたらもう7月も下旬ですわ。


そこで、第13回貧友会のご案内です


日時は2010年7月31日(土)19時〜 となりました。


また、場所は現在検討中です。


開催場所予約の関係で参加の可否を7月27日(火)までに
コメント欄に記入を宜しくお願い致します。

人数が確定次第開催場所を決定(予約)したいと思います。

初めての方も大歓迎いたしますのでふるってご参加を! 


以上 


さて本日は・・・


日頃からベトナム生活に不満を持っている方々と


鬱憤(うっぷん)を晴らすために


暗くて、狭くて、メタボのお腹の腹筋が悲鳴を上げる場所に


行って愚だをまいてきま〜す。
 


一体どこかって? 


賢者のお方はもうお分かりでしょう。 



へぃ、愚痴トンネル、いや間違いですな、
クチトンネルまで


7月2日のブログに投稿したお方々と行ってきま〜す。


神様はこんなアホな人間にも生きて行く中で
時には素晴らしい時間を提供してくれるものです。


この今を、この広い世界で・・・ましてやベトナムと言う国の中で
共に共有できる一瞬の喜びに心から感謝し、
一期一会のあり難さを噛み締めております。




メタボのお腹には少々クチトンネルは厳しいのですが行ってまいりま〜す。
 




では、皆様、貧友会へのご参加の可否を早めに・・・


宜しくお願い致します。










posted by 秀さん at 08:02| ハノイ ☁| Comment(23) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

第12回貧友会終了報告編

お陰さまで1周年を迎えたホーチミン貧乏友の会ですが、盛大の内に、いや、言葉をかえて言いますれば・・・

またもや4時間オーバーでAUGUSTAの店のウエイトレスの女の子達から「何で貧乏人はこんなに長い宴会をするのかいな?」 

と顰蹙を買いそうなほどで、要は秀さん含め暇人多いので仕方のないことであります。はい。

まぁ、人間利害関係のない方々とお話をするのは楽しいものです。
今回は新たに20代の若い年代の方が2名ほど参加されて会の平均年齢も下がりましたわ。
秀さん、若い人達と話をするのは好きですねぇ。

やっぱ若いってことはそれだけで素晴らしい! 

皆さまのお陰で賑やかにかつ楽しく無事終了することが出来ました。
参加されたメンバーの皆さま、どうもお疲れ様でした。

有難うございました。
 

さて貧友会はお陰さまで1周年、しかしまだまだ若造でありますな。
秀さんの貧困状態なんてかれこれ軽〜く10年は経過しておりやすぞぃ。

はぁ〜、貧乏自慢をしても何の役にもたちゃしませんが・・・ね。 

さて話はかわりまして、
本日ネットをサーフィンしていると
 貝と羊の中国人 (新潮新書)  加藤 徹 () ¥756  と言う本が取り上げられており、その本のさわりに部分がありまして興味が湧きましたぞぃ。

 以下転載します・・・・ 

中国大陸の東方に住んでいた農耕民族的な殷人は目に見える財貨を重んじてきた。
その仲立ちをしたのが貨幣としての貝だった。
貝を要素とする多数の漢字、寳、財、貸、貧、賞などその名残である。殷はまた商とも言った。
商人とは殷人のことである。

一方、殷を滅ぼした周は羊に基づく西方の遊牧文化の民だった。
東方農耕民族の殷人が多神教的だったのとは反対に西方の遊牧民族的周人は一神教的だった。
一神教的神は目に見える物質的な捧げ物より、善、義、儀など抽象的な行為を好む。
これらの漢字には羊が含まれている。その他、美、養、犠、議、羨など、抽象的な行為に関するものが多い。  

以上転載終わり・・・・・ 


どうやら中国人の内部にある「建前と本音」について語った本みたいです。 
中々面白そうな本なので8月に日本に帰った時にでも購入したいと思っています。 

中国の歴史的はかなり古い時代に殷と言う国があったことは皆さまご存知でしょう。

ことわざに、「殷賑を極める」という言葉があるように当時の殷の国の発展ぶりに他国の人が羨望の眼差しを込めて呼称したことが由来のことわざですね。

秀さんなど未来永劫不可能な・・・酒池肉林の生活を送っていた殷の紂王が有名ですが、少しネットで調べてみますと・・・殷の紂王の本名は受といいます。

天命を受けた者という意味で、正式な
諡(し、おくりな)は帝辛です。諡(し、おくりな)は、主に帝王・相国などの貴人の死後に奉る、生前の事績への評価に基づく名のことです。

仮に秀さんが皇帝だったとしたら・・・多分諡(おくり名)はアホ王、アホ帝で決まりですな! はい。 

さてその帝辛さんですが、秀さんとは違い美貌を持ち、弁舌に優れ、頭の回転が速く、力は猛獣を殺すほど強かったそうで、それゆえ臣下が馬鹿に見えて仕方なく、諫言を受けても得意の弁舌で煙に巻いてしまったそうです。

まぁ、皇帝だからやりたい放題でも良いのでは・・・? 

と思うのは金正日くらいですかね、まるで今の北朝鮮みたいですな。

その帝辛さん増長はつのり、神への祭祀をおろそかにし、重税をかけて天下の宝物を自らの物にし、尤渾費仲と言った佞臣を重用し、妲己と言う愛妾に溺れ、日夜宴会を開いて乱交にふけった。・・・

もう秀さんなんか枯れてしまってこんなことはもう羨ましくもない! と敢えて強がりを言っておきますわ。へぃ。
 

この帝辛さんですが、愛妾の妲己の言うことは、おそろしいことでも全部聞き、行ったそうでこの時、帝辛は肉を天井から吊るし林に見立て、酒を溜めて池に見立て、ほしいままにこれらを飲み食いした。

ここから度を過ぎた享楽の事を「酒池肉林」と呼ぶようになった。

また帝辛さんは紂王という名前の方が有名ですがこれは後々の人がつけた名だそうです。

紂は馬の尻掛け紐の意で姐己という女性のシリ馬に乗って、酒池肉林の生活に明け暮れ、自国を滅ぼした王というほどの揶揄が込められています。
600年間続いた殷の王朝も、BC1066年、紂王は周の武王によって滅ぼされます。
以後、殷、つまり商の社会制度、技術力は周の封建制によって取り入れられ、受け継がれてゆくのですが、殷の頑民(大工とか鍛冶屋とか職人根性の人)達は自分達の技術力を活して製品を売り歩き各地で生計を立ててゆきました。
それが今も残る「商人」の言葉です。
殷(商)は廃墟となりましたが、商の人が各地へと散ったことで却って文字が広まり、儒教や老荘の思想を記述し、法家の考えを伝え、仏教を翻訳して写経をすすめ、漢字として中国各地、日本に伝えられた・・・云々とあります。 

こうやって漢字が日本にも普及したという記述には何かの縁を感じますねぇ。

そう考えると、前にも書いたことがありますが、

貧友会の 貧 と言う字も 殷(商)の国の言葉が由来ですな。
 

おおっ! これで貧友会の終了のご報告とブログの内容に何とか関連性を見出しましたわ。

すばらしい! とアホが一人でご満悦です。
 

さて、次回の貧友会は8月7日(土)に開催予定です。

月末は皆さんどうも忙しい方が多いようなので今後は月の第一週目の土曜日に定期開催したいと思います。
時間は遠方の方もおられるので19時と言うことで。

貧乏人の集まりなので決して酒池肉林とはいきませんが・・・

ベトナムの四方山話で盛り上がれば良いですね。
 

では、本日はこれにてオシマイどす。

posted by 秀さん at 03:26| ハノイ | Comment(2) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

第12回ホーチミン貧乏友の会開催のご案内編

バタバタしていたらもう6月も下旬になっておりました。

遅ればせながら第12回貧友会のご案内です。
いつものようにAUGUSTAにて開催です。

お陰さまで
一周年を迎えることが出来ました。
一周年記念として
参加された皆さまには秀さん特性の豪華景品をもれなく進呈というような景気の良い話はありゃしませんって!

代わりに臭い親父ダジャレをお見舞い致しますので奮ってご参加の程宜しくお願い申し上げます。
初参加の方も大歓迎で〜す。 

日程等は下記の通りです。 

日時/     2010年6月26日(土)夜6時30分〜 
   
(時間厳守は諦めていま〜すがなるべくお願いしますね)

予算/     お一人30万ドン程度(お酒は飲み助は別勘定)

場所/     和食レストラン AUGUSTA(オーガスタ)

住所/     21 Nguyen Van Thu St.,,Dist.1, HCM

電話/   08-38226935HP

地図/ http://www2m.biglobe.ne.jp/~saigon/augusta4.htm 

以上  

お手数ですが参加の可否をコメント欄にてお知らせ下さいませ。
急なご案内で申し訳ございません。 
どうぞ宜しくお願い致します。 


追伸: 

今日は臭いダジャレ無しなのが・・・何かなぁ、初々しいと思うのは秀さんだけか・・・?

スマソ!

posted by 秀さん at 00:17| ハノイ | Comment(14) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

第11回貧友会終了報告編

皆さまのお陰で第11回貧友会も無事終了いたしました。
ご参加頂いた皆さまどうも有難うございました。 

今回は17名のご参加を頂き四方山話で盛り上がり幹事役の秀さんも喜んでおります。
貧友会は20代前半から60代後半の方まで年齢層も幅広くなり同じホーチミンに暮らす日本人同士、世代を超えた楽しい会するため今後も不肖秀さんメタボの身体にむち打って頑張って行きたいと思っております。
 

さて、秀さん貧友会の当日は朝も5時過ぎに起きまして前回ご招待を受けた幼稚園の園長先生のいるホーチミン市のはずれホックモンまで出かけましたぞぃ。

当初はバンセオの昼食を・・・
と言う話を聞いていたのですが前日突然話が変わって幼稚園の卒園式の来賓として参加をと言う話。

おぃ! 喫煙撲滅委員会の委員長の事務員さんに話が違うではないか! と言うが園長先生の決めたことなのであたしゃ知りませんわ と言われ泣く泣くネクタイを締め卒園式会場へ・・・

 2時間にわたる幼稚園児達の踊りや歌を鑑賞するはめになり申した。
何が悲しゅうて・・・・3〜5歳児の歌や踊りを暑い中鑑賞せにゃならんのかいな と汗だくになりながら来賓席に座っておりましたぞぃ。

 しかし幼い園児たちは一生懸命に演技をしておりまして微笑ましくはありました。
またベトナムの子供の多さにも驚きましたわ。
親御さん達は真剣な眼差しで我が子を見ておりましたわ。

事務員さんも私の娘は自分に似てこの大勢の幼稚園児の中では一番の美人だと・・・どの目付けて言っとるんじゃぃと秀さん。
日本一優秀な眼科の先生もさじを投げるような話ですわ・・・
親バカの典型を見るようで秀さんとしては応える言葉がありませんでしたわ。
まぁ、どの親御さんも我が子が一番可愛いと思うのは親の性でしょうな。
客観的に物事を判断することがわが子に関しては出来なくなるようです。はい。

その点、秀さんの子供なんて愚息と謙遜ではなく呼び、時には烏賊ですもん このように正当に評価しなければ・・・。はい。

さてやっと卒園式も終りもうこれで開放されるかと思いきや幼稚園の先生達とクチの果樹園で昼食をしましょう と言う言葉に

この世に存在する神様、仏様、全知全能の創造主に呪いの言葉を心の中に投げかけ行きましたよ。
果樹園でチョムチョムやジャックフルーツ狩りをした後は地べたにビニールシートを引いた臨時の宴会場が出来上がりまして・・・
当然野外ですから無論エアコンどころか扇風機もありゃしませんわ。

その中で・・・トドメをさしてくれるかのように熱々の海鮮鍋料理が出て来たときには あんた、もう言葉が出ませんって! 

身体の水分が半分以上蒸発するような昼食が終り・・・

これでお前も出所、おめでとう! 
と刑務所の看守から言われるかと思いきや・・・

トランプをしましょう! とのお声がけにもう秀さんはキリスト様になった様になり申した。

全ての怒りも憤りも我は許したもう・・・

1回5千ドンを賭けたトランプ賭博の御開帳であります。
幼稚園の先生が賭博とは どない思われますぅ?

最終的には秀さん3万ほど儲けて終了となりました。
事務員さんの娘にそのお金を小遣いとして上げてやっと開放されましたぞぃ。

まぁ初めての体験でしたのでそれなりに楽しかったですわ。 
卒園式行事が終り夜は貧友会の開催でした。

こうやって多くの皆さまとお会いするのも何かのご縁だと思いますねぇ。有難いことですわ。 

今後とも秀さんにご縁のある皆様方、宜しくお願い致します。 

本日は卒園式&貧友会のご報告まで

posted by 秀さん at 13:38| ハノイ | Comment(4) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

第11回ホーチミン貧友会のご案内編

TRINHさんから次回はいつですかとコメントがあったので 

おぅ そうじゃ貧友会の開催日を決めなければと・・・。

早いもんですねぇ。
もう11回目のホーチミン貧乏友の会のご案内ですわ。

場所は前回と同じAUGUSTA
オーナーのAさんも前回は会に飛び入り参加(入会)したのと一部屋貸切りなので遠慮なく大騒ぎ出来ると考えて、

ま、早い話が・・・開催場所をあれこれ考えるのが面倒くさいわぃ と言う秀さんのいい加減&ぐーたらな性格が一番の原因ですが、もう定例の店にしてしまおうかと思っております。

メンバーの方でご批判のある方は弊社の最強スーパーウーマンの事務員さんと舌戦して見事言い負かしたら再考しますわ。
なんじゃ、そりゃですな。
 

さて、今回は時間を少し早めて午後6時〜詳細は下記の通りです。 

日時/     2010年5月29日(土)夜6時〜 
            
(時間厳守のお願い・・・はベトナムだから無理か?)

予算/     お一人30万ドン程度
           
(お酒持ち込み歓迎、大酒飲みグループは別途支払い)

場所/     和食レストラン AUGUSTA(オーガスタ)

住所/     21 Nguyen Van Thu St.,,Dist.1, HCM

電話/   08-38226935HP

地図/ http://www2m.biglobe.ne.jp/~saigon/augusta4.htm

(初参加の方も大歓迎です) 

コメント欄にいつものように参加の可否の書き込みをお願いします。

 以上でごわす。


貧友会いう名前から参加を躊躇されている方もおられるやも知れず・・

今回の集まりで名称の変更を検討しましょうか?
そこで秀さん候補を考えてみました。 

ホーチミン美男美女の会 
(ウソこくな! と批難轟轟間違いなしなのでパス)

ホーチミン生活を考える会
(お前の生活態度を考えんかぃ! と言われそう・・)

ホーチミンアホの会
(会員は秀さん一人なので・・・会にならんわな)

ホーチミン貧富の会
(会員間の親睦がはかれそうにないのでどうも・・・?)

ホーチミン関係ない人の会
(ま、そりゃ他人同士ですので・・・)

ホーチミン哲学の会
(どう人生を生きるか何て議論は誰もやりたくなさそう)

ホーチミン秀さんを応援する会
(誰が応援するかぃ!このアホと言われそう)

ホーチミン好色の会
(これは寅さんにお願いするしかないですな)

ホーチミン放置民の会
(日本版ボートピープルじゃあるまいに・・・)

ホーチミンダジャレの会
(ほぅ〜チミはこの会には参加したくないとな!)
 


まぁ、どれも今ひとつなのでメンバーの皆さん良いお考えがあればご披露くださいまし〜。 

ではご参加宜しくお願いします。

posted by 秀さん at 18:23| ハノイ ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

第10回ホーチミン貧乏友の会終了編

参加された皆様、どうもお疲れ様でした。

お店の閉店時間もなんのそのお構い無しにワイワイガヤガと騒ぎまくって無事終了いたしました。
AUGUSTAAオーナーどうも有難うございました。
また、参加された方々へもお礼申し上げます。

初参加の方々も直ぐに打ち解けて話しに華がさいたようで幹事役の秀さんも喜んでおりやす。
次回は5月ですね。
その時まで皆様ご機嫌宜しくお暮らし下さいまし〜。
 

いつもだらだらと長いブログを書いている秀さんですが、本日はこれといって話題がありませんので過去ブログの中で一番短い投稿の日として記念し終わりにしたいと思います。 

なんじゃそりゃですな。
まぁ、少々飲みすぎが続いておりまして体調調整日と言うことでお許しを頂きたいと思います。 

それでは賢者の皆様、おやすみなさい。

posted by 秀さん at 01:28| ハノイ ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村