2017年10月11日

何度目の冠婚葬祭かな?編

ベトナムでは冠婚葬祭に関しては結構遠いご縁の方でも参加することが多い。お付き合いを大事にすることにかけては日本人の比ではないですわ。

昨晩は会社の運転手さんの実父が89歳で逝去されたとのことで社員さん達とは1日遅れですが秀さんも12区まで葬儀に行ってまいりました。
ベトナムのお葬式は日本のように静かなお葬式ではありませんで大音量の音楽の中で行われます。
仏前で3度ほど拝跪叩頭をして香典を受盆に置きその後軽い飲食をとりながら遺族のみなさんと少しお話をして終了となるわけです。
聞くところによればご尊父は子供13人、孫35人とのことで生前はお盛んなお方であった・・・と秀さんがアホな想像をしてしまいましたわ。秀さんの会社の運転手さんは12番目の子供だそうです。
長男長女とは親子ほどの年の差ですわ。

ベトナムで89歳なら大往生だと思います。
大勢の親族に囲まれてさぞや満足して黄泉の国へと旅立つことでしょう。

3代までの直系親族は白い葬儀衣装をまとい孫の頭には白い鉢巻のような被り物の中心に赤と青のまるい印があります。
赤い丸はCháu nội(内孫)青い丸はcháu ngoại(外孫)と色分けしています。

葬儀は三日三晩続くそうで運転手さんもほとんど寝ておらず疲労困憊状態でしたわ。
こころのなかでお疲れ様と言って帰宅した次第です。

帰宅したら孫のマー君が盛んに話しかけるのでしばしお相手をして自分の部屋に戻って仕事の残りを片付けてこうしてブログを書いております。

いつかは秀さんもあの世へと旅立つわけですが・・・出来れば葬式は日本でやってもらいたいなぁ なんて
自分勝手に思っておりますが果たしてどこでくたばるやら分かりませんねぇ、だって今ベトナムに住んでいるのも想定外でしたので。どこで亡くなろうと構いませんのでせめて無縁仏にはしないでご先祖が眠る日本のお墓に入れて下さいな! と愚息家族にお願いして本日のお葬式ブログは終了です。

本日の品友会、宜しくお願い致します。


posted by 秀さん at 05:14| ハノイ ☔| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

女性が仕切る秀さんの会社編

ベトナムでは女性陣が強いというのがデフォですね。
秀さんの会社しかり・・・

普段あまり会社のことはブログでは取り上げないのですが今回は特別に写真添付でご紹介いたします。
ここはベトナムですので個人情報保護なんてことは無視しますよ。

IMG_1622.JPG

一番手前のお方が喫煙撲滅運動家のHさんでごわす。
かれこれ十数年のお付き合いでいつ転けてもおかしくない秀さんの会社を支えてくれている陰のボスですわ。
有り難いことに秀さんの会社のスタッフは誰もが辞めずに長い付き合いをさせて頂いております。
それにしても女性ばかりの会社ですね。
ベトナムは女性が仕切っている国と言っても過言ではありません。

昨晩は少々飲みすぎましたが楽しい食事会でした。

これからも皆さんこのアホな秀さんを支えて下さいな!

ということで本日はこれにて終了!


posted by 秀さん at 08:32| ハノイ | Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

10月に入り暑さも幾分か和らいでまいりました編

ついこの間、正月かと思えばもう10月ですわ。
朝夕はずいぶんと涼しくなってまいりました。

ぼけ〜としていたら1年なんてあっという間ですね

光陰矢のごとし・・・
一寸の光陰軽んずべからず・・・

と昔の人は時間の大切さを戒めておりますが、まぁまぁ、そう急がんでもよろしおすぅ
人間誰もが生老病死の運命ですもん、少なくとも他人様には迷惑をかけずにその人なりに生きてさえいれば
どのような生き方でも良いのではないかと・・・ぐーたらな秀さんは思ってしまうのでありやす

そうは言っても嫁をもらい子供を授かると親として夫としての責任がどこからか出てきますので
何らかの仕事について収入を得て家族を支えなければならないのが世間一般が思う男のイメージですわ
でも今、自分のやっている仕事が天分だなんて方は何人いるのでしょうかねぇ?

秀さんみたいに転業・転職を繰り返した半端な人間には到底分かりませんが
一生天職と言える仕事に幸運にも付くことが出来た方は幸せな方なのでしょうねぇ
大半の方が思いとは別の仕事につかれ&疲れ、日々悶々としながらも家族ために頑張って仕事をしているのではないでしょうか
こういった考え方は古いのかもしれませんが、秀さん世代では当たり前の考え方というか世間一般の常識みたいな感じでしたわ
まぁ、高度成長&バブル時代を経験した方の考え方かも知れません

よく最近の若い人は欲がない、意欲がないなんて年寄りが言いますが
秀さん的にはちょっと違うような気がしております

別段格好良い車も欲しくない、家だって借家で構わない、自分の時間を削ってまで夜遅くまで残業なんてしたくない、会社の付き合い飲み会やきれいなオネエチャンがいるスナックやギャバクラも興味がない・・・

良いのではないかな?

考えてみれば時間に追われ家族といる時間も取れず母子生活みたいな生活をおくらせ、そのくせ自分を飾り付ける車や背広に高級時計なんてよくよく考えたら自分の見栄じゃん!
という答えが出てしまいましたわ。へい

ですので、今の若い人の方が我々世代より肩の力を抜いた自然な生き方・・・・
より自由で競争や諍いのないよりやさしい生き方なのではないかと思うこともしばしばです
それを草食系男子なんて言っている方々もおりますが・・・
どうなんでしょう? 無理に古い時代の価値観から今の若い人を見るってどうよ って思いますぞぃ

時代時代によって人間の価値観は違って当たり前ですもん
戦国時代じゃあるまいに日々これ戦場・・なんて気を張りつめた生き方をわざわざ選ぶ必要もないですしね
権力の有る無し、金の有る無しが評価の基準だった過去の時代からもう一歩今の世代の若い人は進んだ感覚の世代ではないかと 思っている秀さんでごわす
生きて行く上での価値観のバラダイムシフトが起きているのかもね?

まぁ、結論を言いますと南国ベトナムでのんべんだら〜んと生きている秀爺いの言い訳かも・・・ね!

スマソ

では、また次回まで ごきげんようさようなら



posted by 秀さん at 01:43| ハノイ ☔| Comment(4) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

第99回ホーチミン品友会開催のご案内

秀さんの家計と同じできゅうきゅうしておりますが第99回品友会開催のご案内です。
今月は秀さんの都合で申し訳ないですが品友会は10月11日(水)に開催です。
秀さんの不徳のいたすところで最近は参加頂く方も一桁が多く悲しんでおります。

是非、皆さま宜しくご参加のほどお願い申し上げます。

第99回ホーチミン品友会開催のご案内

日時 2017年10月11日(水) 午後7時〜

場所 和食 花水木 15A5Le Tan Ton Dist.1(スカイガーデンの前)

予算 35万ドン前後を予定

10月10日(金)午前中までにご参加の可否をブログ下にあるコメント欄にお書き下さるようお願いいたします。

以上宜しくお願い申し上げます。

posted by 秀さん at 06:36| ハノイ | Comment(4) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

慎ましい生活でも幸せな日々編

今日は久しぶりに親子で1区の日本食レストランに繰り出そうか!
ということでタイバンルーンの時津洋というちゃんこと寿司の店に行きました。
まずまずのお味でした。

下の孫の孝君はお手伝いさんとお留守番だったのですが・・・
お手伝いさん曰く、ず〜と泣きっぱなしだったとのこと。
生後9ヶ月の赤ん坊でも一人にされたのが分かるのがすごいというか驚きです。
遠い異国の地で親子3代にわたって暮らせることだけでも幸せと思っております。
昔の破産を経験していなかったら今のように親子3代で暮らすことはなかったでしょう。
神様は試練と引き換えに代わりのものを用意してくれました。
出来ることなら亡き妻にもこの幸せを味あわせてあげたいのですが無理な話ですね。

人間の一生には様々なことがありますがなぜか帳尻が合うというかよく出来たものです。
金は無くても家族と共に暮らせる喜びがある。
孫のマー君が母親に叱られた時には 爺ちゃん 爺ちゃんと言って秀さんの部屋に遊びに来てくれる
心底可愛いと思う孫バカの秀さんです。

食事から帰ったら下の孫が泣き止み笑顔になった・・・
こんな些細なことに今は幸せを感じております。
こういう生活が出来るのも息子の嫁が一緒に住もうと声をかけてくれたからです。
有り難いことです。
愚息も良い嫁をもらって果報者ですわ。
あと欲を言わせて頂ければ家族全員の健康を願うばかりです。

久々のブログがお前の幸せ自慢かい!

と言われても はい、そうですとお返ししておきます。

最後に賢者の皆さまのご健康もあわせてお祈りいたします。

有難うございます。


posted by 秀さん at 01:37| ハノイ ☀| Comment(0) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村