2017年12月10日

人数少なかったけど和気藹々の101回ホーチミン品友会終了編

5名の参加と少ない今年最後の品友会でしたがゆっくりと色々な話が出来て楽しかったですわ
ご参加いただいた皆さまどうも有難うございました

歳を重ねるに従い1年経つのがとても早く感じられます
新生児が1年経てば1歳の赤ちゃんになりますがその1年と秀さんのような爺様の1年とではその価値も違うのではないかと思ってしまいます
若い世代の1年はまるで若葉が急速に成長して実や花を咲かせるためのエネルギー補充のための充実した年であり、爺の1年は墓場までのマイルストーンですので同じ1年でもそのクオリティは違うのではないかと・・・アホが勝手な想像をしております。

今日ふと、昔父親から習っていた詩吟の時間の時、親父が秀さんに語った論語の一節を思い出しました
友を持つならこの論語にあるような松や柏のような者を友に持ちなさいと言われたのですわ
その言葉とは

歳寒、然後知松柏之後彫也
歳寒くして松柏の凋むに後るるを知る
意味 気候が寒くなってから、はじめて松や柏が(他の植物の葉が枯れ落ちるなかで)
   枯れないで残ることがわかる(そのように君子の小人の違いも平穏な時はわからないが、
   いざ苦難にみまわれた時に人の真価がはっきりわかるものだ)

親父さんが亡くなった後、秀さんがこの一節を思い出したのは昔むかし会社が倒産&連帯保証人として自己破産して無一文になった時ですわ
前述のように本来の解釈とはは少し違った親父さん特有の解釈の言葉でしたが・・・

始めた事業が年々成長して行き会社の規模が年商10億円から数十億円〜最後は数百億円に急拡大し周りからチヤホヤされ多くの人(無論、飲み屋のお姉ちゃんもわんさか)が集まって来たのですが・・・
いざ、会社が倒産し自分も破産して無一文になった時に、春夏に様々な色で咲き誇っていた草花が冬になると姿を消すように秀さんの周りには誰もいなくなってしまいましたわ
その大苦境の時に秀さんを励まし支えてくれた人たちもわずかばかりいました
そんな方々を秀さんは柏や松といった冬になっても葉を落とさない常緑針葉樹にたとえて心から人の優しさや有り難みを感じたのでした。
勢いの有る無し金の有る無しに左右されず普段どおりお付き合いをしてくれた方々を松や柏にたとえた記憶は今でも鮮明に覚えています
連帯保証の金額が20億円以上でしたので金銭的な援助は望むべくもないのですが
全て失ったと思っていたダメな自分にもあたたかい声をかけてくれる人がいるということに勇気をもらった思い出であります この思いは今でも秀さんの大切な宝物です

この歳まで何とかかんとか生きて来れたのも人さまのお陰です
自分一人で頑張って来たなんて自意識過剰だった当時を振り返ると穴があったら入りたい心境です
歳をとっては子に従えではないですが頑固爺にならないよう気を付けねばと思います

でも・・・三つ子の魂100までもの秀さんですので無理かも?
頑固爺だけれど・・・人には感謝を忘れない爺ということでどうかお許しを!

また、来年品友会を通じてお会い出来れば良いですね

この1年どうも有難うございました
また、来年もどうか宜しくお願い致します



posted by 秀さん at 05:37| ハノイ ☁| Comment(2) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

金玉ぶろぐさんからの転載です編

自分で褌はいた金玉おじさんなんて言ってはいますがまだ若い人ですわ。
元ゴールドマン・サックスにいたようなのでそりゃ、一般人が知らない裏情報もたくさん知っているでしょうよ。何があったのか山奥に住んで農業のかたわら色々なイベントを開催している面白い人ですわ。

しかし、本人も言っているように今回の記事はすこしやばいというかよくもここまで書いたのもだと驚いております。下記の転載しますが・・・興味のない方はスルーして下さいな。

ソフトバンクへの追徴課税 白いワンちゃんは地獄の番犬 デューク一族について

さて、最近、あれやこれや
トークライブで忙しくスルーしてたんですが。
最近はなんだか色々ありますね。
何か裏でかなり大きな動きが起きてる気がしてます。
以下は書いてるうちに興奮して危ない話になってしまいますた。
すぐ消すかもしれません。

最近、サウジの王子達11人大量逮捕。
そしてCIA本部へのアメリカ海兵隊の突入。
以下のニュースも関係しているのでは?と思いました。
あのソフトバンクさんが追徴課税を食らったというニュースですね。
ソフトバンク62億円申告漏れ…追徴課税17億
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171203-OYT1T50009.html
2017年12月03日 12時38分
外部委託した開発費の計上時期を意図的に前倒ししたとして、ソフトバンクグループの通信事業会社ソフトバンク(東京)が、東京国税局から2015年3月期に約1億4000万円の所得隠しを指摘され、重加算税を含め約4500万円を追徴課税されていたことがわかった。
経理の誤りなどを合わせた申告漏れ総額は、同期までの3年間で約62億円で、全体の追徴税額は約17億円。同社は既に修正申告し、全額を納付した。
まぁ、ソフトバンクは売上数十兆もある巨大企業です。
経理ミスもあるだろう。
そう思うあなた。
そんな、ほほえましい話じゃありませんよ。
ソフトバンクと言えばあの白いワンちゃんが印象的なCMの会社です。
韓国で犬と言えば、犬以下とか犬野郎とか侮蔑で使われたりします。
で、ケッセキという言葉は犬の子という意味で、それ以上の侮辱言葉です。
英語で良くサノバビッチ!
と映画などで罵ってる場面がありますね。
あれはアバズレ(bitch)の子供 (son of a bitch)という侮辱です。
それと同じようなものなのでしょう。
犬のお父さんのCM。

この意味は日本人はケッセキということにですから、笑って見てるのはどうかと思いますが。
まぁ、それは置いときましょう。
ソフトバンクと言ったらその昔、
あのオリックスとソフトバンクが日本債券信用銀行を買収してあおぞら銀行を作った話がありましたね。
覚えてるでしょうか。
2000年(平成12年)9月に日本債券信用銀行があおぞら銀行になりました。

で買収したのは、本当は、外資の乗っ取りファンド サーベラスなのです。

ソフトバンク、オリックスはサーベラスの単なる手下です。
ソフトバンク、オリックスは自分の持ち株をサーベラスに売り払ってます。
日本債券信用銀行→ソフトバンク、オリックス→サーベラスです。
サーベラスという名前はあの地獄の番犬サーベラスから来てます。
ご存知でしょうか。

日本では地獄の番犬 ケルベロスと言った方が良いでしょうか。

白いワンちゃんの正体は本当は地獄の番犬サーベラスなのです。
サーベラスと言えばあのリチャード・アーミテージさんの企業なのです。
で、まぁ、知ってる人は知ってる話ですが、
以下の禿げたおっさん。
ではなく、孫正義さん。(日本名である「安本」ではなく韓国名の「孫」を使っている)

この人は単なる操り人形ですからね。
裏にいるのは北尾さんです。

この北尾さんが孫さんを操り人形で動かしてるのがソフトバンクという企業グループです。
最近ソフトバンクはリップルと合併してリップルアジアも作ってますね。

で、この北尾さんってどういう人なの?
というとこんな経歴です。wikiにありました。
祖父 旧三井物産入社後、東洋棉花(現豊田通商)の五代目社長
家系には慶應義塾出身者が多い。母親は香港で生まれ、中国天津に幼少時代を過ごしていた。
1974年 慶應義塾大学経済学部卒、野村證券株式会社入社 総合企画室
1978年 ケンブリッジ大学経済学部卒(クライスツ・カレッジ)、野村證券株式会社海外投資顧問室
1982年 同ニューヨーク拠点(NSI)
1987年 同第二事業法人部次長
1989年 ワッサースタイン・ペレラ社常務取締役(ロンドン)
1991年 野村企業情報株式会社取締役(兼務)
1992年 野村證券株式会社 事業法人三部長
1995年 ソフトバンク株式会社の孫正義にソフトバンクの株式公開を担当したことが縁でスカウトされる。ソフトバンク株式会社常務取締役。
1999年 ソフトバンク・インベストメント株式会社(現・SBIホールディングス株式会社)代表取締役社長CEO
きたーーー!
ワッサースタイン・ベレラ銀行。
つぉぉぉお。
この名前、出ましたね。
分かりやすい。
こりゃ知ってる人は知ってる麻薬マフィア銀行ですよ。
知らない人も多いかもしれませんが。
その昔は、デューク・ベレラ銀行と言ったのでした。
もちろん経営してたのはあのデューク一族です。
全米最大の麻薬組織で知られるデューク一族。
その麻薬資金洗浄用の銀行でした。

スタウォーズの敵役、デュークー伯爵
デューク一伯爵は、デュークー一族をモデルに作られたのかもしれません。

デュークー一族は、あの白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(略称:KKK)の創立者でした。
そして全米で最大の麻薬取引一族でもあるのでした。
前大統領オバマさんの選挙参謀デヴィッド・アクセルロッドさん。
そして補佐官ラーム・エマニュエルさん。
このワッサースタイン・ベレラの経営者でした。
そしてベレラのアンドレ・イステル会長はリーマン・ブラザースの取締役でした。
アーミテージさんの資金はここから提供されているのでした。
まぁ、全部つながってるのです。
嘘と思うならデューク一族を色々検索してみてください。
とにかくデューク一一族は、昔から、中国のアヘン栽培、東南アジアの麻薬栽培を手掛けていた歴史ある一族です。
そしてCIAの創立に関わっているのでした。
ベレラ社の創立者ニコラス・デュークはCIAの創立者であり、デュークは第二次大戦中、児玉誉士夫と共に中国でアヘン売買を行っていた。
アヘン密売業者がCIAを創立し、米国の麻薬の黎明期、麻薬密売代金を回収して来たのもCIA創立者の銀行だった。
(アルフレッド・マッコイ著「ヘロイン」サイマル出版 上巻 P19)
そう。CIAの創立にも関わり最近はアフガンのケシ畑も手掛けている。
つまり麻薬の大元はCIAなのです。
そのCIAに海兵隊が突入した。
だから、麻薬銀行の末端にも、追徴課税が入る。
そういう流れなのです。
ちなみにあのホリエモンさん。
その昔、フジテレビ買収の時、ソフトバンク北尾さんには酷い目にあわされてましたね。
だから最近も、こんなツィートをしてます。
この北尾氏がビットコインのナカモトサトシと会ったなどという発言に
詐欺師のレベルと噛みついています。
こんな発言も。
北尾氏をけちょんけちょんに言ってますね。
https://newspicks.com/news/2342495?ref=user_100616

いやいや。
ホリエモン。
北尾さんはサイコパスとか。
そんな生易しいものではないんだ。。
詐欺師よりもっと上のモノホンのマフィアなんだ。
あのデューク銀行にいた人なんですから。
くほほほ。
くほほ。
って、ちょっと書きすぎましたかね。
しばらくしたら消すかもしれません。
まぁ、いよいよ悪の牙城が崩れてきたってことでしょうかね。
何かが裏でぶっ壊れ始めている。
本当にありがとうございますた。

転載終わり・・・・・・・・・・・・・

ビットコインの暴騰といいサウジの大量粛清、トランプの暗殺未遂など・・・
裏で大きな権力争いが起きていることは間違いないようです

が・・・毎日、南国ベトナムでほけぇ〜 としている秀さんには関わりのないことでありんす
12月に入ってもこの連日の猛暑は一体全体なんじゃぃ! とどうでも良いことに頭にきている秀さんのような凡夫には世界の軍事・政治・経済の裏事情など関係ありませんわ。

持たざる者 迷うことなし! この一言で終わりです。はい

では、また次回ごきげんようさようなら


posted by 秀さん at 00:47| ハノイ ☁| Comment(0) | ベトナムで政治・経済雑感編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

第101回(忘年会)ホーチミン品友会開催のご案内

今年最後の品友会になりました。
皆さまにとって今年1年はどんな年だったしょうか?
様々なことがあった方秀さんのようにまた〜りと無為な1年を過ごした方はおられないでしょうが・・・
今年最後の品友会ですので多くの方のご参加をお待ちしております。
楽しい食事会にしましょう!


第101回(忘年会)ホーチミン品友会開催のご案内

日時 2017年12月9日(土) 午後7時〜

場所 和食 花水木 15A5Le Tan Ton Dist.1(スカイガーデンの前)

予算 35万ドン前後を予定

12月8日(金)午前中までにご参加の可否をブログ下にあるコメント欄にお書き下さるようお願いいたします。

初参加の方も大歓迎です。
皆さまのご参加をお願い申し上げます。



posted by 秀さん at 07:20| ハノイ 🌁| Comment(9) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

何もないから良いのか編

孫の幼稚園の発表会(演劇?)に下の孫1歳&息子の嫁とその姉と一緒に7区の日本人小学校まで行って来た。
幼稚園3才児たちの演技?を見ていてふと思う 幼い子たちの邪心の無さは清々しい・・と。
ひきかえ大人になると無邪気になれないと言うか素直に何でも喜べなくなる。
読んで字のごとく・・・邪気 がありすぎて 直(す、素)になれないのでしょうねぇ。
秀さんのような偏屈爺は・・・特に

人間成長して大人になるに連れて様々なものが身についてしまう。
それは物であったり複雑な思いや感情といった形にないものまで含めてすごい量になっている。
会社の売上を伸ばさなければいけない、良い成績をとらないと・・・立派な家を建てないと・・・
あいつには負けたくない、見栄えの良い車が欲しい、人より優位に立ちたい、きれいなゴルフスイングを身に付けたい(秀さんの今一番の欲)、とどのつまりは金が欲しい等など人間の欲望には際限がないのあります。

子供も3歳くらいから自分のものと他人のものの区別がつくようになってくる。
さらに大人になるににつれてあらゆるものに対して所有欲が増幅されていきその所有欲を叶えるための様々な思いがこころの中を駆け巡るようになる。それを経済活動と言う?
そしてあらゆる欲が大きく本来の人間の無邪気な心を蝕んでいく・・・
アダムとイブにエデンの園で蛇がささやいたように・・・

エデンの園のお話を知らない方のために下記にネットに書かれた文から少し説明を・・・

神は天地を創造し、第六日目に自分を模って土で男を創り、鼻から命の息を吹き込み命を与え、アダムと名付けました。次にアダムの鋤骨から女を創り、イブ(エバ)と名付けました。
神は二人を苦しみの一切ない、天国のような楽園「エデンの園」に送り、美しくおいしいあらゆる植物を生やしました。そして園の中央には、「命の木」と「善悪の知識の木」を生やし、神は二人に言いました。
「人間にこの園をあたえよう。自分たちで耕し、守り、全ての木から実をとって食べなさい。ただし、善悪の知識の木の実は決して食べないように。食べると必ず死んでしまうよ。。」

そう言い聞かせました。

神の創った純粋無垢な二人は、羞恥心も猜疑心も持ち合わせていませんでしたから、美しいエデンの園を生まれたままの姿で、神の言いつけを守って幸せに過ごしていました。
ところがある時、知恵を授けられた蛇(悪魔の化身)が、イブの耳元でこうささやいたのです。
「この善悪の知識の木の実を食べてごらんなさい。決して死なないし、むしろ目が開け、神のように善悪を知る者となるのだよ。」
イブは蛇の言葉に惑わされ、とうとう禁断の果実を手にし、食べてしまうのです。
それは甘やかでおいしく、イブはアダムにも食べるよう勧め、とうとうアダムもそれを食べてしまいました。
その瞬間、二人の中に羞恥心や猜疑心、自己防衛、怒り、嫉妬、悲しみ…など、無垢とは反対の感情が芽生えたのです。
二人は自分たちが裸であることに気付き、すぐさまイチジク葉で身体を隠しました。
これを知った神は激怒し、約束を破った罰として女性には産みの苦しみを、そして男性には命を終えて土に返るまで、土を耕して食物を得る苦しみを与えました。
そして二人をそそのかした蛇には「一生腹で這い回り、あらゆる家畜や獣の中で呪われる存在となるのだ」と言いました。
アダムとイブには、エデンの園にある「生命の木」の実を食べて不死となる権利を与えないとし、園を追放されることとなりました。
「善悪の知識の木の実を食べると死んでしまう」という神の言葉通りになったのです。

以上が概略ですが・・・

神の教えを破りりんごを食べたことに対して人間生まれながらに原罪があるとは我々日本人は考えませんが
仏教においても同様に人間が生きるということは苦しみ(四苦八苦)だと言っています。以下同様にネットから

4苦は、生・老・病・死、8苦は「愛別離苦」「怨憎会苦」「求不得苦」「五蘊盛苦」。
さらに四苦八苦を生み出す原因は「状況の変化」です。
この世に存在しなかった人間が、ある日突然生まれる。生まれた人間は、少しずつ老いていきます。健康な人もいつかは必ず病み、そして最後は死ぬでしょう。すべては変化です。
この世にあるすべては変化しています。人間もまた変化していきます。でも人間は不思議なことに、「自分は変わらない。だから自分の周囲も変わらないはずだ」と考えているのです。
「変わる世界」の中で「変わらない」と錯覚することが、人間の苦しみを生み出します。
いつまでも自分が若いと思っているから、老いることは苦しみなのです。いつまでも健康だと思っているから、病気は苦しみなのです。いつまでも生きていると思っているから、死は苦しみなのです。

あらゆる物は、すべては変化します。
世界に変化しないものはありません。
当たり前のことですが、これを忘れてしまうことが人間の苦しみを生み出します。
すべては変化するのですから、あらゆる物事について「絶対にこうだ!」という根本的な性質もないことになります。これは人間にとっても当てはまります。
自分自身もまた変化しているのですから、永久に変わることのない「自分の実体」など存在しないのです。
世界が常に変化していることを受け入れ、自分も含めたすべてに実体がないことを悟ることで、人間の心は苦しみを離れて静かな安らぎの境地に至ります。

と・・・書いてありましたわ。

無から生まれ 成長するにつれてあらゆる欲を求めるも歳をとり病気になり最後は何も持たずに死んで行くのが人間様の定めだよ永久の命を持つ人間はいないのだから・・・と言えば何か悲しくなりますね。
神や仏は何故に人間を創ったのかと言いたくなりますねぇ。ったく!

欲にまみれた人生を歩んで来た秀さん・・・
そんな人間だから神や仏は邪気のない(今は)二人の孫を出現させたのかも知れませんねぇ
まぁ、この二人孫は秀さんのような欲にまみれた人生を歩まないようにしてもらいたいものですわ。

そりゃ、無理! だって秀さんの孫だもの ってか!

スマンのぅ、マー君とター君よ!
もし正反対に仮に欲にまみれて大金を稼いだらこの爺にも少し分けてくれよな! 
だめじゃこりゃ・・・

本日のだらだらブログはこれにて終了っと!

明日も何か棚ぼたでがっぽり儲かるようなうまい話がないかなぁ〜とアホな欲に期待して仕事に行きます。へい


posted by 秀さん at 05:04| ハノイ | Comment(7) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

世界覇権形態の異変とは全く関係のない秀さんのゴルフスイング改造編パート2編

サウジアラビアの数百人に及ぶいきなりの王子&将軍、宗教指導者などの粛清=些細な汚職行為容疑で逮捕劇
イスラエルとサウジアラビアとカタール問題、レバノンのハリリ首相のこれまたいきなりの辞任劇&亡命?
北朝鮮とアメリカのやるぞやるぞ! の一連の応酬劇のその後の動きの鈍さなど
ここ最近の世界政治の動きのおかしさは賢者の皆さまも感じていることではないでしょうかねぇ?
実質的に破産状態のアメリカの財務状況、それに対するドル防衛陣(日本含)VS 露中の自国通貨により原油決済の動きやビットコインに代表される各種デジタル通貨の台頭や大暴騰・・・

世界の政治経済の動きの裏には我々が知らない陰謀?(戦後の流れを変えるような大きなパラダイム・シフト)が潜んでいるのではなかと勘ぐっている秀さんですが・・・・


そんなことに考えを巡らしたところでベトナムホーチミンにまで流れて来た貧乏人の秀さん一家に何の益にもなりゃしませんって!
もうすっかり日本の政治には幻滅を通り越してぴくりとも反応しなくなった秀さんですので過去に書き綴った政治経済ブログ記事のあまりの当たらなさに全て削除しようかと思っている状況ですわ。
そうは言っても我慢強いといわれる日本国民もこれ以上ふざけた政治が続くといつかは暴動騒ぎが起きるかもね? 

いや起きないだろうなぁ 政治意識のない国民性ゆえ奈落の底まで沈んで初めて分かるかも?です。

さて、そんなことより最近の秀さんの関心事は・・・ゴルフ
正確に言えばゴルフスイングの改造ですわ。

え! 今何て言った? ゴルフスイングの改造ってか! 何回目やねん!
どの口がそんなことを言うか! とお叱りを受けるのを覚悟で本日のブログを書いております。へい
約1年前に何十年と続いた100%手打ちスイングを撲滅すべき一大決心をしてやる気を出して愚息からレッスンを受けていたことは皆さまも遠い記憶にあることでしょう。

それが・・・途中から諸々と忙しくなったのを言い訳に・・・
その決意は今はどこ? 私は誰? 下手はへたなりにゴルフを楽しめればOK OK 無問題となし崩し的に
レッスンや練習を全くしなくなっていた秀さんですので誰も信頼はしない&無論愚息も100%信頼していないとは思いますが・・・

今回だけは、手打ちスイングと股関節&体幹を使った正しいスイングとの違いが漆黒の闇の中に薄ぼんやりと消えかかりながらもかろうじて浮かんでいるのであります。
二十数年におよぶヘタくそゴルフ人生で初めて正しいスイングの意味が分かったというか自分の意識下でおぼろげながら自分のスイングの間違いをはっきりと認識できた・・・ような気がしているのであります。
そう言っても歳も年ですので愚息の言うとおりに身体は動きません 口は良く動いて叱られておりますが・・・

でも今まで愚息の言っていること自体が分かっていなかったということが分かった・・・言葉遊びか!
と言われそうですが、そうではありません。

新しい発見と言うか・・・秀さんの理解力の無さ&勘の悪さ&運動音痴ゆえ出された問題の意味さえ分からなかった小学生が初めて問題の意味が少し理解できたような気持ちです。
答えを解く能力はまだありませんので努力を継続していくしかないです
この初めての感動を継続させるべく苦しいながらもゴルフレッスンを受けていく覚悟です。
何度目の覚悟かは聞かないのが大人の配慮というもんです へい

1年後の秀さんの上達ぶりを誰も楽しみにはしていないでしょうが・・・
自分自身のために頑張るつもりです。

1年後この記事を読んで・・・・どう思うかは秀さん次第ということで
本日は終了っと!



posted by 秀さん at 05:01| ハノイ ☁| Comment(0) | ホーチミンでゴルフ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする