2017年12月03日

第101回(忘年会)ホーチミン品友会開催のご案内

今年最後の品友会になりました。
皆さまにとって今年1年はどんな年だったしょうか?
様々なことがあった方秀さんのようにまた〜りと無為な1年を過ごした方はおられないでしょうが・・・
今年最後の品友会ですので多くの方のご参加をお待ちしております。
楽しい食事会にしましょう!


第101回(忘年会)ホーチミン品友会開催のご案内

日時 2017年12月9日(土) 午後7時〜

場所 和食 花水木 15A5Le Tan Ton Dist.1(スカイガーデンの前)

予算 35万ドン前後を予定

12月8日(金)午前中までにご参加の可否をブログ下にあるコメント欄にお書き下さるようお願いいたします。

初参加の方も大歓迎です。
皆さまのご参加をお願い申し上げます。



posted by 秀さん at 07:20| ハノイ 🌁| Comment(9) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

何もないから良いのか編

孫の幼稚園の発表会(演劇?)に下の孫1歳&息子の嫁とその姉と一緒に7区の日本人小学校まで行って来た。
幼稚園3才児たちの演技?を見ていてふと思う 幼い子たちの邪心の無さは清々しい・・と。
ひきかえ大人になると無邪気になれないと言うか素直に何でも喜べなくなる。
読んで字のごとく・・・邪気 がありすぎて 直(す、素)になれないのでしょうねぇ。
秀さんのような偏屈爺は・・・特に

人間成長して大人になるに連れて様々なものが身についてしまう。
それは物であったり複雑な思いや感情といった形にないものまで含めてすごい量になっている。
会社の売上を伸ばさなければいけない、良い成績をとらないと・・・立派な家を建てないと・・・
あいつには負けたくない、見栄えの良い車が欲しい、人より優位に立ちたい、きれいなゴルフスイングを身に付けたい(秀さんの今一番の欲)、とどのつまりは金が欲しい等など人間の欲望には際限がないのあります。

子供も3歳くらいから自分のものと他人のものの区別がつくようになってくる。
さらに大人になるににつれてあらゆるものに対して所有欲が増幅されていきその所有欲を叶えるための様々な思いがこころの中を駆け巡るようになる。それを経済活動と言う?
そしてあらゆる欲が大きく本来の人間の無邪気な心を蝕んでいく・・・
アダムとイブにエデンの園で蛇がささやいたように・・・

エデンの園のお話を知らない方のために下記にネットに書かれた文から少し説明を・・・

神は天地を創造し、第六日目に自分を模って土で男を創り、鼻から命の息を吹き込み命を与え、アダムと名付けました。次にアダムの鋤骨から女を創り、イブ(エバ)と名付けました。
神は二人を苦しみの一切ない、天国のような楽園「エデンの園」に送り、美しくおいしいあらゆる植物を生やしました。そして園の中央には、「命の木」と「善悪の知識の木」を生やし、神は二人に言いました。
「人間にこの園をあたえよう。自分たちで耕し、守り、全ての木から実をとって食べなさい。ただし、善悪の知識の木の実は決して食べないように。食べると必ず死んでしまうよ。。」

そう言い聞かせました。

神の創った純粋無垢な二人は、羞恥心も猜疑心も持ち合わせていませんでしたから、美しいエデンの園を生まれたままの姿で、神の言いつけを守って幸せに過ごしていました。
ところがある時、知恵を授けられた蛇(悪魔の化身)が、イブの耳元でこうささやいたのです。
「この善悪の知識の木の実を食べてごらんなさい。決して死なないし、むしろ目が開け、神のように善悪を知る者となるのだよ。」
イブは蛇の言葉に惑わされ、とうとう禁断の果実を手にし、食べてしまうのです。
それは甘やかでおいしく、イブはアダムにも食べるよう勧め、とうとうアダムもそれを食べてしまいました。
その瞬間、二人の中に羞恥心や猜疑心、自己防衛、怒り、嫉妬、悲しみ…など、無垢とは反対の感情が芽生えたのです。
二人は自分たちが裸であることに気付き、すぐさまイチジク葉で身体を隠しました。
これを知った神は激怒し、約束を破った罰として女性には産みの苦しみを、そして男性には命を終えて土に返るまで、土を耕して食物を得る苦しみを与えました。
そして二人をそそのかした蛇には「一生腹で這い回り、あらゆる家畜や獣の中で呪われる存在となるのだ」と言いました。
アダムとイブには、エデンの園にある「生命の木」の実を食べて不死となる権利を与えないとし、園を追放されることとなりました。
「善悪の知識の木の実を食べると死んでしまう」という神の言葉通りになったのです。

以上が概略ですが・・・

神の教えを破りりんごを食べたことに対して人間生まれながらに原罪があるとは我々日本人は考えませんが
仏教においても同様に人間が生きるということは苦しみ(四苦八苦)だと言っています。以下同様にネットから

4苦は、生・老・病・死、8苦は「愛別離苦」「怨憎会苦」「求不得苦」「五蘊盛苦」。
さらに四苦八苦を生み出す原因は「状況の変化」です。
この世に存在しなかった人間が、ある日突然生まれる。生まれた人間は、少しずつ老いていきます。健康な人もいつかは必ず病み、そして最後は死ぬでしょう。すべては変化です。
この世にあるすべては変化しています。人間もまた変化していきます。でも人間は不思議なことに、「自分は変わらない。だから自分の周囲も変わらないはずだ」と考えているのです。
「変わる世界」の中で「変わらない」と錯覚することが、人間の苦しみを生み出します。
いつまでも自分が若いと思っているから、老いることは苦しみなのです。いつまでも健康だと思っているから、病気は苦しみなのです。いつまでも生きていると思っているから、死は苦しみなのです。

あらゆる物は、すべては変化します。
世界に変化しないものはありません。
当たり前のことですが、これを忘れてしまうことが人間の苦しみを生み出します。
すべては変化するのですから、あらゆる物事について「絶対にこうだ!」という根本的な性質もないことになります。これは人間にとっても当てはまります。
自分自身もまた変化しているのですから、永久に変わることのない「自分の実体」など存在しないのです。
世界が常に変化していることを受け入れ、自分も含めたすべてに実体がないことを悟ることで、人間の心は苦しみを離れて静かな安らぎの境地に至ります。

と・・・書いてありましたわ。

無から生まれ 成長するにつれてあらゆる欲を求めるも歳をとり病気になり最後は何も持たずに死んで行くのが人間様の定めだよ永久の命を持つ人間はいないのだから・・・と言えば何か悲しくなりますね。
神や仏は何故に人間を創ったのかと言いたくなりますねぇ。ったく!

欲にまみれた人生を歩んで来た秀さん・・・
そんな人間だから神や仏は邪気のない(今は)二人の孫を出現させたのかも知れませんねぇ
まぁ、この二人孫は秀さんのような欲にまみれた人生を歩まないようにしてもらいたいものですわ。

そりゃ、無理! だって秀さんの孫だもの ってか!

スマンのぅ、マー君とター君よ!
もし正反対に仮に欲にまみれて大金を稼いだらこの爺にも少し分けてくれよな! 
だめじゃこりゃ・・・

本日のだらだらブログはこれにて終了っと!

明日も何か棚ぼたでがっぽり儲かるようなうまい話がないかなぁ〜とアホな欲に期待して仕事に行きます。へい


posted by 秀さん at 05:04| ハノイ | Comment(7) | ベトナム日常生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

世界覇権形態の異変とは全く関係のない秀さんのゴルフスイング改造編パート2編

サウジアラビアの数百人に及ぶいきなりの王子&将軍、宗教指導者などの粛清=些細な汚職行為容疑で逮捕劇
イスラエルとサウジアラビアとカタール問題、レバノンのハリリ首相のこれまたいきなりの辞任劇&亡命?
北朝鮮とアメリカのやるぞやるぞ! の一連の応酬劇のその後の動きの鈍さなど
ここ最近の世界政治の動きのおかしさは賢者の皆さまも感じていることではないでしょうかねぇ?
実質的に破産状態のアメリカの財務状況、それに対するドル防衛陣(日本含)VS 露中の自国通貨により原油決済の動きやビットコインに代表される各種デジタル通貨の台頭や大暴騰・・・

世界の政治経済の動きの裏には我々が知らない陰謀?(戦後の流れを変えるような大きなパラダイム・シフト)が潜んでいるのではなかと勘ぐっている秀さんですが・・・・


そんなことに考えを巡らしたところでベトナムホーチミンにまで流れて来た貧乏人の秀さん一家に何の益にもなりゃしませんって!
もうすっかり日本の政治には幻滅を通り越してぴくりとも反応しなくなった秀さんですので過去に書き綴った政治経済ブログ記事のあまりの当たらなさに全て削除しようかと思っている状況ですわ。
そうは言っても我慢強いといわれる日本国民もこれ以上ふざけた政治が続くといつかは暴動騒ぎが起きるかもね? 

いや起きないだろうなぁ 政治意識のない国民性ゆえ奈落の底まで沈んで初めて分かるかも?です。

さて、そんなことより最近の秀さんの関心事は・・・ゴルフ
正確に言えばゴルフスイングの改造ですわ。

え! 今何て言った? ゴルフスイングの改造ってか! 何回目やねん!
どの口がそんなことを言うか! とお叱りを受けるのを覚悟で本日のブログを書いております。へい
約1年前に何十年と続いた100%手打ちスイングを撲滅すべき一大決心をしてやる気を出して愚息からレッスンを受けていたことは皆さまも遠い記憶にあることでしょう。

それが・・・途中から諸々と忙しくなったのを言い訳に・・・
その決意は今はどこ? 私は誰? 下手はへたなりにゴルフを楽しめればOK OK 無問題となし崩し的に
レッスンや練習を全くしなくなっていた秀さんですので誰も信頼はしない&無論愚息も100%信頼していないとは思いますが・・・

今回だけは、手打ちスイングと股関節&体幹を使った正しいスイングとの違いが漆黒の闇の中に薄ぼんやりと消えかかりながらもかろうじて浮かんでいるのであります。
二十数年におよぶヘタくそゴルフ人生で初めて正しいスイングの意味が分かったというか自分の意識下でおぼろげながら自分のスイングの間違いをはっきりと認識できた・・・ような気がしているのであります。
そう言っても歳も年ですので愚息の言うとおりに身体は動きません 口は良く動いて叱られておりますが・・・

でも今まで愚息の言っていること自体が分かっていなかったということが分かった・・・言葉遊びか!
と言われそうですが、そうではありません。

新しい発見と言うか・・・秀さんの理解力の無さ&勘の悪さ&運動音痴ゆえ出された問題の意味さえ分からなかった小学生が初めて問題の意味が少し理解できたような気持ちです。
答えを解く能力はまだありませんので努力を継続していくしかないです
この初めての感動を継続させるべく苦しいながらもゴルフレッスンを受けていく覚悟です。
何度目の覚悟かは聞かないのが大人の配慮というもんです へい

1年後の秀さんの上達ぶりを誰も楽しみにはしていないでしょうが・・・
自分自身のために頑張るつもりです。

1年後この記事を読んで・・・・どう思うかは秀さん次第ということで
本日は終了っと!



posted by 秀さん at 05:01| ハノイ ☁| Comment(0) | ホーチミンでゴルフ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

第100回ホーチミン品友会終了のご報告編

1泊2日、ブンタオ&ロンハイで開催の第100回ホーチミン品友会でしたが美味しい海鮮料理を頂き皆さんと楽しい時間を過ごすことが出来ました。皆さまどうもお疲れ様でした。

第100回品友会.jpg


新鮮な海産物をご用意して頂いた堀尾さんには大変お世話になりました。
改めてお礼を申し上げます。
有難うございました!

さて、ここホーチミンも雨季の最後の足掻きのように時々大雨が降る時がありますが季節は忘れずに乾季へと移行しております。これからベストシーズンを迎えるホーチミン市であります
下手の横好きで相変わらず下手なゴルフをしている秀さんですがこれから涼しくなるこの時期に練習を積んでいつかはベストスコアを更新したいなぁ〜 と漫然と考えてはおりますが根っからの運動音痴なんでしょうか・・・
愚息が言うことの半分も出来ないこの硬い身体が恨めしい・・・
結局、最後は自己流に戻る頑固なこの性格が一番の問題なのでしょうよきっと!
年は取りたくないもんですねぇ、身体だけでなく根性まで頑固になって来ております。ったく!
今年もあと残すところ1ヶ月半ほどになってしまいました。
ほけ〜っとしていたらもう年末に差し掛かっております。
月日の早さに驚く・・・ヘッドスピードの遅さに更に驚いている秀さんでごわす。

この1年も様々なことがありましたが、嫌なことは直ぐに忘れて良いことばかり考えるこの性格ですので無問題ですわ。
嫌なことで自分の心まで卑しくなるのは損ですもん。
何があろうとジタバタせずに受け身で乗り切って行きますぞぃ

来月は101回目の忘年品友会です。
12月9日(土)に開催予定です。
また、皆さまとお会い出来ることを楽しみにしております。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。


posted by 秀さん at 20:24| ハノイ ☀| Comment(2) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

第100回記念ホーチミン品友会開催のお知らせ編

だらだらと続けて来た品友会(旧 ホーチミン貧乏友の会)もお陰様で100回記念を迎えることになりました。
これもひとえに品友会を支えてくれた皆さまのご支援があってのこと・・・
不肖、秀さん感激にむせび泣いております。← 嘘つけ! 

2000年12月に初めてベトナムの土を踏み戸惑いながらもベトナムに馴染もうと努力して来ましたが・・・未だにベトナムという国の奥深さというか生き馬の目を抜くような金銭絶対主義の現実の前に幼子のように立ち尽くしている爺様の秀さんでございます。

車や高層ビル群は17年前には想像も出来ないほどに増えベトナムの高度経済成長を目の当たりにして来ました。安い店ではフォーが一杯3〜4千ドンで食べられた当時を思うと物価の急上昇に驚きを禁じえません。土地の値段は中心部では10倍以上に値上がりしたのではないかと思います。
かっての日本もそうでしたが国が発展する時の国民の経済的欲求パワーというか将来期待値が押し上げる波に年取ってしまった秀さんは飲み込まれそうです。いや、飲み込まれておりやす。

あんたが飲み込まれているのは・・・ そりゃ酒のことじゃろ って言われても返す言葉が有馬温泉ですわ。

さて、前置きはこの辺にして記念すべき第100回ホーチミン品友会はご参加常連さんの堀尾さん宅で海鮮パーティということで車をチャーターしてロンハイ・ブンタオ1泊2日の第100回記念ホーチミン品友会旅行を実施いたします。
既にceleさんはじめ8名のご参加予定を頂いておりますがご参加ご希望の方は11月7日までにブログしたにあるコメント欄または秀さんのメールアドレスまで参加希望をお知らせ下さい。

第100回記念ホーチミン品友会開催のご案内

日時 2017年11月11日(土)午後11時頃ホーチミン出発予定〜
   ブンタオにてホテル泊 
   12日午後12時ホテル出発〜昼食〜16時頃ホーチミン着解散

場所 ロンハイ 堀尾さん宅にて17時頃より 海鮮パーティ開催

予算 250万ドン〜前後を予定

ホテル手配の関係で11月7日(金)午前中までにご参加の可否をブログ下にあるコメント欄又は秀さんのメールアドレスまでご連絡下さい

初参加の方も大歓迎です。
皆さまのご参加をお願い致します。

以上宜しくお願い申し上げます。


posted by 秀さん at 06:21| ハノイ | Comment(6) | ホーチミン貧乏友の会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする